管理栄養士・栄養士のコミュニティ エイチエ

チエノート

転職ノウハウ

2022.01.07

2022.06.23

求人数増加は年3回!管理栄養士・栄養士の有利な転職時期と退職・入職のポイントを解説!

カバー画像:求人数増加は年3回!管理栄養士・栄養士の有利な転職時期と退職・入職のポイントを解説!

こんにちは、管理栄養士の渡部 早紗です。

突然ですが、転職を考えているみなさんは、いつ頃転職を検討されていますか?

「今すぐにでも転職したい!」「お世話になっている職場に迷惑をかけない時期に転職したい…」とさまざまな気持ちがあるかと思いますが、実は転職が有利に進む時期があるんです!

また、転職が決まったあとは、退職や入職の流れも気になるところ。お世話になった現在の職場にも、これからお世話になる転職先にも、迷惑をかけずにスムーズに手続きや準備を進めるには、何に気をつければよいかわかっていると、気持ちに余裕ができますよね。

転職活動の開始から退職・入職までをスムーズに進めるポイントがありますので、ご紹介していきます!

1.管理栄養士・栄養士の求人の特徴

管理栄養士・栄養士の求人の特徴は、欠員募集がほどんどであり、なおかつ求人側が強い『超買い手市場』という点です。

管理栄養士・栄養士の配置は加算や補助金対象になりにくいため、利益を出せる余力が少ないこと、また、収益の上限は給食費の上限であることから、なかなか増員できる職場は少なく、採用側はギリギリの数の管理栄養士・栄養士のイスしか用意できない現状です。

そのため、欠員が出たときの募集が中心のため求人数自体が少なく、一つの求人に対して多くの人が応募する傾向があります。

求人側、つまり採用する側が強いため、いかに求人側が求める経験や人物像にフィットしているかだけでなく、いかに求人側が求める入職期日に来てくれるか、というポイントも重要になります!

更に、求人を出してから閉じるまでの平均期間はおよそ2か月と短く、適正だけでなくスピード感も求められる市場です。

2.求人数が増えるのは年3回!5月とボーナス後と年明け以降!

では、年間の求人推移で求人数が増える時期を見ていきましょう。
グラフの通り、求人数が増えるのは5月ボーナス後、そして年明け以降の3回です。

5月が増える理由

まずは5月にグッと求人数が増えます。なぜなら、新卒や4月入社で「ここの職場、合わなかった…」と感じる方が最初に辞める時期のためです。

「切りよく4月入職で…」と考えている方がいたら、1ヵ月ずらして5月入職で動くのも狙い目ですよ。

ボーナス後は 夏:6月~7月 冬:12月~1月

この時期は想像しやすいと思いますが、みなさんせっかくなら、ボーナスをもらってから退職したいですよね?そのため、夏は6月~7月、冬の12月~1月あたりのボーナス支給後も求人数が増えやすいです。

年明け以降

そして、最も求人が多い時期が年明け以降の1月~3月です。きりが良い3月末で退職して、4月から新しい職場へ行く人が多く、年末~3月にかけて「3月末で退職します」という話が出るので、求人も12月から増える傾向があります。

特に保育園は、卒園・進級の時期である年度末いっぱいで退職する人が多く、求人がグッと増えます。

3.狙い目は、求人数が多い月の月初~月中 に入職できること!

転職の狙い目は、先ほどご紹介した求人数が多い月の月初~月中に入職できることです!

グラフの通り、みんな辞めたい時期は同じであることが分かります。

では、採用側の心理としてはどうかというと、引継ぎや退職者の有給消化を考えると「求人を出したその月中」もしくは遅くても「翌月月初」には後任に入職してほしいものです。

つまり、”みんなが動かないけど、採用側が一番欲しい時期”を狙って転職活動をすればライバルが少ないため、行きたい職場からの内定がもらいやすくなって有利!というわけです。

4.転職活動を開始するのに最適な時期とは?

求人が増え出す1ヵ月前に始めるのが一番の狙い目。これを踏まえると、1年間の中で転職活動を開始するベストは11月頃でしょう。

履歴書や面接対策などにかかる期間と、求人が増える時期を逆算して、11月から少しずつ転職活動を開始してみてはいかがでしょうか?たとえ時間がかかったとしても、12月~3月は求人が多めです。

切りが良い4月入職を目指すのではなく、年度内に入職できるように動いておくと、ライバルに差がつけやすいですよ!

年末年始などの長期休暇でじっくりと考えてから転職を決断するケースも多いので、長期休暇前から動き出しておくといいでしょう。

ボーナス前に転職する場合は、せっかくのボーナスが貰えずに損をする気持ちになってしまいますが、自分にとって良い職場と出会える確率と、1回のボーナスを天秤にかけて、転職を考えてみてくださいね。

また、他の時期は不利だから動かない方が良い、という意味ではないので注意してくださいね。

5.円満退職するための手順とは?

めでたく転職先が決まったら、次のステップは退職に向けての準備です。
退職するとはいえ、今までお世話になった職場にできるだけ迷惑をかけたくないですよね。

スムーズに退職を伝える方法4つと、引継ぎのポイント2つ をご紹介します。
*スムーズに退職を伝える方法
退職は最低1か月前には伝える
目安は1ヶ月前ですが、職場の規定によって退職報告の期日が決まっている場合もありますので、転職を検討した段階で、就業規則をあらかじめ確認しておきましょう。

まずは直属の上司に退職の旨を伝える
いくら人事や社長と親しい間柄であっても、直属の上司に先に伝えないことはマナー違反です。もちろん、仲の良い同僚に「内緒だけど…」と伝えるのも控えたほうがいいですね。ほかの人経由であなたの退職が上司の耳に入った場合、退職までお互いが心地悪さを感じることになりますので、まずは直属の上司に伝えましょう。

退職理由は角が立たないように伝える
狭い業界なので、退職をしても別の場所で関わる場合もありますから、円満に退職できる理由にしましょう。

退職理由のコツとしては、現在の職場や人を否定したり、傷つけない理由を挙げることです。例えば「以前から気になっていた業界・分野に挑戦したいと思う」「今後を考えて○○の経験を積んでいきたい」といった前向きな伝え方をすると角が立ちにくいですね。

「もっと成長したいから」「キャリアアップのため」といった内容は一見素直で良さそうですが、「ここでは成長できないのか…」と、職場を否定されたような気持ちにさせてしまい、上司や同僚の方が不快に思うこともありますので、気を付けてくださいね。

退職日を相談ベースで決めていく
退職日は、有給消化を加味しながら、上司と相談しましょう。上司としても、新しい人を採用したり、引継ぎをしたりといったスケジュールがあるはずです。退職を伝える際には、合わせて退職時期も相談しましょう。

上司と退職日のすり合わせが済んだら、他の部署への報告はどのように行うべきか、指示を仰ぐのを忘れないようにしてください。私の経験上、上司から人事には伝わっていたものの、総務に伝わっていなかった…!という場合もありますので 、上司に任せきりにしないように、確認を取っていきましょう。

*引継ぎのポイント
マニュアルは業務の流れが分かるようにしよう
退職の前には、引継ぎのマニュアルを作成します。

引継ぎマニュアルは、業務の流れや関わる人、日々の雑務のほか、特定の時期に発生する内容などをまとめましょう。

1日の業務の流れや、仕事の優先順位などをマニュアルに盛り込むと分かりやすくなります。また、業務において自分が困った経験を伝えてあげるといいですね。

業務に関するマニュアルと一緒に、書類の様式などをまとめたUSBなどを適宜準備しておくと良いでしょう。

荷物とデータは必ず返却!
自分のデスクやロッカーに私物を残さないように、荷物も整理しておきます。職場の備品である文房具などを間違って持ち帰らないように、きちんと返却しましょう。

仕事関係の書類や資料だけでなく、USBデータなども返却や削除をしましょう。転職先が同じような業界であっても、現職で携わった書類やデータを活用するのはNGです!

最終日まで着る制服や白衣の返却方法も確認しておきましょう。厨房用の靴は特に忘れやすいので、最終日にまとめる荷物リストをメモしておくといいですよ。

退職時に気をつけておきたいものが健康保険証です。健康保険証は退職日まで有効ですが、退職後は返却する場合が多いです。最終出勤日以降も、有給消化期間は有効なので、返却の方法を人事や総務に聞いておくといいですね。

6.入職前の手続きと準備

退職後は、いよいよ入職に向けた準備に移りましょう!

入職前に転職先から必要な書類や準備物の連絡がある場合が多いですが、事前に頭に入れておくといいですね。

入職前に準備しておくものは以下の通りです。
・年金手帳
もし年金手帳を紛失している場合は、再交付を申請する必要があるため、事前に確認しておきましょう。

・雇用保険被保険者証
雇用保険被保険者証は、職場で保管し、退職時に返却される場合が多いのですが、念のため確認しておきましょう。

退職後すぐに転職先へ入職する場合は、職場側が年金や健康保険などに関する手続きを行ってくれます。しかし、退職後、入職日までにしばらく間隔があく場合は、自分で健康保険の変更と国民年金の種別を変更する必要があります。

健康保険に加入していない状態では、もし病院にかかった際に困ってしまうので、忘れずに手続きしましょう!

手続きや準備が終わったら、入職先で役立つ勉強をしてみてはいかがでしょうか?勉強する内容は、以下の3つをおすすめします。
管理栄養士・栄養士の勉強
 ⇒転職先の分野に関するものや最新のデータなど
ビジネスマナー
 ⇒挨拶や敬語、電話応対、ビジネスメールなど
基本的なパソコンの使い方
 ⇒Word、Excel

7.有利な時期を見逃さず内定を勝ち取ろう!

最後に改めて念押しですが、管理栄養士・栄養士の業界は、超買い手市場です。そのため、今回お伝えした転職に有利な時期を逃さずに動けるよう調整して、内定を勝ち取りましょう!

栄養士人材バンクは、管理栄養士・栄養士の転職市場を熟知した上で転職の相談に応じております。生活背景も考えながら、よりベストな転職を叶えるための心強いサポーターです。上手に活かしてスムーズに転職活動を進めていきましょう!


参考文献・サイト

この記事をシェアする

渡部 早紗

プロフィールと作成記事はアイコンをクリック!