情報 入居者におにぎりと総菜1種 有料老人ホームに初の事業制限命令

回答:0件閲覧数:1232
2021/04/27 21:06:22

毎日新聞 2021/04/27 20:43

 神奈川県は27日、入居する高齢者が衰弱するような食事を提供していたなどとして、松田町の有料老人ホーム「シルバーハウス風の里」に対し、老人福祉法に基づき要支援・要介護者の入居を受け入れられなくする事業制限命令を出した。同命令が出されるのは全国で初めて。

 県は2020年2月、入居者に比べ職員が少なく、入居者への食事サービスが不十分だとして業務改善命令を出した。21年1月に女性入居者が誤えんで救急搬送されたが、同ホームは県に報告していなかった。県は町とともに2~3月に3回、立ち入り調査を実施した。

 その結果、要介護の高齢者10人を含む入居者13人を実質的に4人の職員で担当しており、食事も1人につきコンビニエンスストアのおにぎり1個と総菜1種類と不十分だったことが判明。町は3月2日、入所者全員に対する虐待と認定した。県も改善命令で指摘した項目が改善されていないとして、事業制限命令に踏み切った。【中村紬葵】

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/入居者におにぎりと総菜1種-有料老人ホームに初の事業制限命令/ar-BB1g6kMD

 

0人が回答し、3人が拍手をしています。