情報 東京栄養サミット2021 「ジャパン・ニュートリション」を世界に

回答:0件閲覧数:304
2021/12/09 20:56:10

【東京栄養サミット2021レポート #03】「ジャパン・ニュートリション」を世界に! 誰でも無料でアクセスできる英語版で日本の栄養が躍進する

2021年12月7日(火)、8日(水)に「東京栄養サミット2021」が開催されます。そのプレイベントとして、12月6日(月)13時より、特定非営利活動法人日本リザルツ、WFP(国連世界食糧計画)主催の会合が東京・永田町にある参議院議員会館の講堂にて行われました。
 このイベントでは、栄養改善をユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC、すべての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関するサービスを、支払い可能な費用で受けられる状態)の達成に不可欠な要素と位置付け、多様化する世界の栄養課題に対して、さまざまなステークホルダーが熱い議論を交わしました。
 さらに、このイベントの最後には、公益社団法人日本栄養士会会長の中村丁次氏の著書『臨床栄養学者 中村丁次が紐解くジャパン・ニュートリション』(以下、『ジャパン・ニュートリション』、第一出版)の英語版である『Japan Nutrition』の出版記念講演会が開催され、中村氏の講演の他、さまざまな方面からジャパン・ニュートリションが世界に発信されることによってもたらされる、世界の栄養課題解決への期待が語られました。

日本の成功体験を世界に発信する「オープンアクセス」

 ジャパン・ニュートリションとは、戦後の日本において、管理栄養士・栄養士が中心となって行った栄養改善の軌跡です。今回の「東京栄養サミット2021」において、日本栄養士会はこの「ジャパン・ニュートリション(=日本の栄養100年)」を世界に発信し、日本の栄養士制度、そして栄養士が広く配置され、活躍している日本の栄養改善の成功体験を、世界の栄養不良の撲滅に役立てたいと考えています。
 英語版『Japan Nutrition』は、2021年11月27日(土)に、シュプリンガー・ネイチャー社から出版されました。出版記念講演会では開会に先立って、公益社団法人日本医師会名誉会長の横倉義武氏から来賓挨拶があり、「管理栄養士・栄養士の皆さんとの絆が深まったのは2011年の東日本大震災での支援活動。日本医師会が立ち上げた被災者健康支援連絡協議会に日本栄養士会も参加してくれて、管理栄養士・栄養士の皆さんが率先して避難所などをまわり健康調査や栄養指導をし、被災者に栄養と食事の支援をしてくださったのは大きな力となった」と振り返り、その活動と基礎となっているジャパン・ニュートリションが英語版の書籍となり、世界中の人々に知られるきっかけとなったことを祝しました。

【追記:2021/12/09 20:57】
これを受けて中村氏の講演では、日本語版の執筆の秘話と英語版に至るまでの裏話が明かされました。
 「ある言語学者から聞いた話によると、歴史を表す英単語のヒストリーは"his story"。歴史とは何年に何がありと客観的に書かれるものであると同時に、歴史を動かした人物がいる、その人物たちのストーリーでもあるそうです。なので、日本語版の『ジャパン・ニュートリション』では、栄養に関わりの少ない人達にも読んでほしいという思いもあって、私の個人的な経験をおおいに含み、あえて主観的な目線で執筆しました。恩師である故・細谷憲政東京大学名誉教授に『中村君、これからは人間栄養学だ』と毎晩言われたエピソードもその一つです。出版した当初は、『この本は科学的なものではない』と批判を受けるのではないかと思っていました。ところが、シュプリンガー・ネイチャー社から英語版を出しませんかと声がかかり、『なぜ科学誌がこの書籍を?』と、とても驚きました」
 シュプリンガー・ネイチャー社は、世界中の研究者、学生、専門家のニーズに応える学術出版社。日本法人代表のアントワーン・ブーケ氏は『Japan Nutrition』を出版できた意義は2つあると説明しました。
 

【追記:2021/12/09 20:57】
「1つは、東京栄養サミット2021が開催される年に英語版を出版できたこと。日本が栄養不良を克服してきた100年の歴史を世界中の人々に共有できるのは重要なマイルストーンとなるでしょう。2つめは、『Japan Nutrition』は弊社の機械翻訳プログラムを使って日本語から英語に翻訳した初めての書籍です。この自動翻訳のテクノロジーを利用して、著者の中村先生に確認してもらうという作業を繰り返して英語版ができあがりました。さらに、中村先生から世界中の学生をはじめできるだけ多くの人々に読んでもらいたいというお話をいただいて、全文を無料でダウンロードできる『オープンアクセス』にしました。今すぐに、誰でもスマートフォンやパソコンで読むことができます」
 中村氏は翻訳中のエピソードとして、英語監修者から「『心のこもった料理』とはどんなものですか?おいしい料理ですか?高価な料理ですか?」と質問が届いたことを明かしました。そして、「料理に心などないのでたしかに不思議な言葉です。日本人は『心のこもった料理』と言われれば共通して思い描くものがあるということに気が付きました」と、言語だけでなく、食に対する感覚の違いを実感したことを述べました。実際に、『心のこもった料理』はどのような英語で表現されているか、英語版で探してみるのも面白いかもしれません。

【追記:2021/12/09 20:57】
ジャパン・ニュートリションで世界に貢献していく

 出版記念講演会の歓談の時間には、さまざまな立場から祝辞やジャパン・ニュートリションにおける活動、意気込みなどが述べられました。
 味の素株株式会社社長の西井孝明氏は、「このコロナ禍で読んだ書籍のなかで最も面白い本だったと思います。ヒューマンタッチで、人々のやりとりがまさに物語として表現されており、感動しました。特に2008年に国際栄養士会議を日本に招致したエピソードには私も涙しました。栄養は伝道師がいないと普及させるのは難しいということが、この本でよくわかりました。中村先生は著書の中で栄養士を他国でも養成して国際貢献をすると明確に書いています。人生100年時代ですから、中村先生には栄養改善の国際貢献の舞台をますます引っ張っていただきたい」と激励の言葉を述べました。

【追記:2021/12/09 20:58】
また、公益社団法人秋田県医師会会長の小玉弘之氏は、「秋田は保存食に多くの食塩を使うことから脳卒中の死亡者も多いのですが、書籍内の『栄養改善の歴史』の章にもあるように、管理栄養士・栄養士や食生活改善推進委員の力でかなり減塩の傾向にはなってきました。引き続き、栄養士会と連携をして食生活の改善をしていきたいと考えています」と、地域でのジャパン・ニュートリションの推進を宣言しました。
 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所国立健康・栄養研究所国際災害栄養研究室室長の笠岡(坪山)宣代氏は、「災害時に支援活動をする管理栄養士・栄養士の専門家集団(JDA-DAT)は日本で初めて誕生したものです。災害時の栄養もジャパン・ニュートリションの一つで、この分野も日本がリードしていけるように、"evidence to action"をモットーに研究や実践を進めています」と力強く語りました。
 また、参議院議員で医師の自見はなこ氏から届いた手紙が披露され、「栄養は、途上国はもちろん先進国であっても、社会保障政策を実現するうえで大切なものです。『ジャパン・ニュートリション』の英語版によって、全世界で栄養の理解が深まるものとなるでしょう」と期待が寄せられました。
 中村氏は講演の中で、「このような英語版の出版ができたことは、多くの人のおかげです」と謝辞を述べました。多くの人々の力によって英語版が無料で誰でも簡単にアクセスできるようになったこと、それは人々の期待の表れです。日本国内にとどまらず、世界中の多くの人がジャパン・ニュートリションを理解・活用し、世界に展開することで、栄養課題の解決を目指すことが求められています。

【追記:2021/12/09 20:58】
緊急的支援だけでなく持続可能な栄養改善へ

 出版記念講演会の前に実施された、第1部から第3部にわたる議論では、国会議員をはじめ、外務省、厚労省などの各省庁、国際機関、研究機関、大学、企業、財団、NGOなどの栄養に携わる多様なステークホルダーが一堂に会し、それぞれのこれまでの活動とコミットメントが発表されました。
 参会された林芳正外務大臣は、「明日からの『東京栄養サミット2021』を前にしたこのイベントで、さらに機運が高まっていると感じます。日本政府もコミットメントを発表しますが、皆さんも国際社会にコミットメントを発表し、具体的に行動をしていきましょう」と呼びかけました。
 日本栄養士会も中村氏が日本で栄養不良を克服してきた歴史を発表し、「現在の国際的な栄養課題の解決には、緊急の食糧支援や経済支援も必要だが、持続可能な栄養改善へと発展させることが大切だ」と述べ、2022年から2030年の間にアジアを中心に栄養士の養成を行い、栄養士制度の創設の基盤を作る支援をしていくことをコミットメントにすると発表しました。
 日本栄養士会は「東京栄養サミット2021」公式サイドイベントとして「ニッポンの栄養100年を、世界へ。世界の栄養課題撲滅に向けて、いま、日本栄養士会が果たすこと」を実施します。

https://www.dietitian.or.jp/features/commitment/20211208-3.html

【追記:2021/12/09 21:39】
ーーー

Japan Nutrition
Authors (view affiliations)
Teiji Nakamura
Provides a complete time series of nutrition improvement in Japan as a successful reference
Highlights how nutritional deficiency has improved through the introduction of nutrition policy
A must read for those interested in nutrition, diets, and how to improve malnutrition
This book is open access, which means that you have free and unlimited access

https://link.springer.com/book/10.1007/978-981-16-6316-1

ーーー

【追記:2021/12/17 11:20】
日本栄養士会「東京栄養サミット2021」でコミットメント発表、食・栄養の専門職を世界へ

日本栄養士会は12月8日、「東京栄養サミット2021」の公式サイドイベントとしてプレスセミナー「ニッポンの栄養100年を、未来へ」を開催し、世界の栄養課題の撲滅に向けたコミットメントを発表した。

中村丁次代表理事会長は、「世界では低栄養と過体重の二重負荷が起きている。新型コロナウイルスにより、その状況は深刻化し、飢餓は2019年に比べて15%増加し、世界人口の一割に相当する。特に、栄養の二重負荷はアジアとアフリカで深刻である」と現状を説明。

そこで「持続可能な栄養改善基礎基盤構築のための、栄養の専門職の要請と配置を行う」とし、「アジアを中心として、正式な依頼があった国に管理栄養士・栄養士等の教育や養成、栄養士制度の創設を行う。また、栄養士制度が既にある国に対しては、留学などを行い、スキルアップの支援を実施し、世界の栄養不良の撲滅に貢献する」と方針を述べた。

具体的には、2022年4月1日〜2030年3月31日の8か年を、
〈1〉当該国の情報収集、両国の人材交流およびカウンターパートナーの設定(2022〜2024)
〈2〉自立した学校給食制度の創設支援(2022〜2025)
〈3〉栄養士の教育・養成と栄養士制度の創設支援(2025〜2029)
〈4〉栄養士の就業支援(2029〜2030)
の4期に分けて活動を展開する。

このコミットメント実現の第一歩として、ラオス人民民主主義共和国の栄養改善プロジェクトが決定した。2022年から8年間を通して、支援を行う。

【追記:2021/12/17 11:21】
セミナーでは、野球の大谷翔平選手や鈴木誠也選手を栄養面からサポートする管理栄養士、大前恵氏が登壇。管理栄養士・栄養士の仕事の紹介として、トップアスリートの栄養意識に関するプレゼンテーションを行い、小学生アスリートにも対応できるバランスの良い「栄養フルコース型」の食事の工夫点も紹介した。

その他、戦後に国民の栄養不足を解消する目的で開発された栄養指導車(キッチンカー)に、国内外の栄養問題を解決するために新たに改良を加えた、日本栄養士会災害支援チーム(JDA-DAT)のニュートリション・エデュケーション・カーの展示を行った。

https://www.ssnp.co.jp/news/feeding/2021/12/2021-1213-1739-16.html

【追記:2021/12/17 11:30】
特集 東京栄養サミット2021

2021年12月7日(火)・8日(水)に、日本政府主催により、東京栄養サミットが開催されました。
サミットでは、各国政府や国際機関、企業や市民団体など様々な関係者が、栄養不良に苦しむ人々を一人でも減らすための取り組みを「コミットメント」として発表しました。

東京栄養サミット2021とは?

概要

東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせ、栄養不良の解決に向けた国際的取組を推進するため、東京栄養サミット2021が開催されました。
2021年は、2020年12月にカナダ政府とバングラデシュ政府が開催したローンチイベントを皮切りに、年間を通じて栄養改善に関するさまざまなイベントが開かれた「成長のための栄養:行動の年(Nutrition for Growth Year of Action)」です。

その最高潮ともいえる東京栄養サミット2021では、各国政府、国際機関、企業、市民団体などのリーダーが、食・健康・繁栄をテーマに世界の人々の栄養改善について幅広く議論し、今後の行動の方向性について共通認識を深めました。
また、世界の栄養改善に向けて実効性のある目標を設定するため、多様な関係者が、自らが実践する内容をコミットメントとしてまとめ、発表しました。発表されたコミットメントの達成度合いを世界全体で確認し合う体制を作り、世界の栄養課題の解決を目指します。

東京栄養サミット2021における5つのテーマ

東京栄養サミット2021の主要議題として、以下の5つが取り上げられました。

【重点分野】

Health:栄養サービスのユニバーサル・ヘルス・カバレッジへの統合
Food:健康的で持続可能なフード・システムの構築
Resilience:脆弱な状況下における栄養不良対策
【分野横断的なテーマ】

Data:データに基づく説明責任
Financing:栄養改善のための資金確保
背景・目的

【追記:2021/12/17 11:30】
第1回目の栄養サミットは、2012年のロンドンオリンピック・パラリンピックの機会に、当時のキャメロン英首相のイニシアチブによって2013年に英国ロンドンで開催されました。英首相、ブラジル大統領、アイルランド首相(EU議長国)、マラウイ大統領などが出席し、成果文書として「Global Nutrition for Growth Compact」(注1)が採択されました。
第2回目は、2016年のリオオリンピック・パラリンピックの機会にブラジルのリオデジャネイロで開催され、ブラジル保健大臣、DFID栄養特別大使、WHO事務局長、FAO事務局長などが出席しました。成果文書として「Joint Communique of the governments of Brazil, Japan and United Kingdom」(注2)が作成され、ブラジル、英国、日本政府による2020年に向けたイニシアチブが記載されました。

https://www.jica.go.jp/activities/issues/nutrition/tokyo_summit.html

0
拍手する

※こちらの質問は投稿から30日を経過したため、回答の受付は終了しました

0人が回答し、0人が拍手をしています。