給食時間のおかわりと分けきることについて

回答:3件閲覧数:325
2020/11/21 01:09:11

中学校で栄養士をしているものです。
クラスでの配膳のことで相談させていただきます。
給食当番が給食を配るのですが、当然ながら、均等に分けきるということができません。多くの場合、分け残してしまいます。多いときは1/3~1/2は残っているのでは?と思うほどです。
その場合、多くの担任がとる方法は以下のどちらかです。
①おかわりしたい人ー?と声をかけ、席を立って取りに来た一部の生徒に山盛りにする。それでも余ればそのまま残食になる。取りに来る生徒がいなければそのまま残食になる。
②そもそも声をかけずに放置。そのまま残食になる。

①は、活発な男子はいいのですが、それ以外の目立つことを恐れる生徒にとってはハードルが高く、本当は食べれるのに取りに来ない生徒が多いと感じています。また、一人当たりの適切な分量が配食されていないことも心配です。
②は論外ですが、忙しい中、先生も自分が食べる時間を確保したい気持ちがあるのだと思います。

そこで、改めて職員会議で議題にしようかと思ったのですが、ふと疑問が生じました。
学校給食において、全員に平等に分けきることは大切ですが、おかわりを楽しみにしている生徒がいることも確かです。分け残して食缶に入ったままの給食について、どのように扱うのが適切だと思いますか?

ちなみに私がクラスに入ったときは、余りにも残りが多いときは平等に配って回るようにし、残り1割くらいかな?と思うときはおかわりの声がけをするようにしています。

みなさまからのアドバイスをいただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

0
拍手する

3人が回答し、0人が拍手をしています。