刑務所や拘置所の管理栄養士はイメージが悪いのでしょうか。

回答:15件閲覧数:3258
2019/09/22 17:22:11

刑務所や拘置所で非常勤栄養士を募集してもなかなか応募がありません。
条件は悪くないと思うのですが、敬遠される理由はおそらく、仕事内容がイメージできないのではないかと思います。
条件的には悪くないと思うのですが、閉鎖的で特殊な施設なので、誤解されたり悪いイメージを持たれているのではないかと思います。
そこで、今後の求人の参考にしたいので刑務所の栄養士業務について皆さんが抱くイメージを教えていただけないでしょうか。
ちなみに刑務所は国の施設ですが、そこに勤務する管理栄養士は国家公務員(法務技官)、非常勤、委託会社職員の3通りです。
今回の対象はそのうちの非常勤管理栄養士です。参考までにある刑務所の求人条件はだいたい下記の通りです。
◇時給1,400円
◇週29時間勤務 残業なし
◇土日祝日休み 夏期休暇 年末年始休暇
◇賞与あり
◇保険あり
◇交通費支給
◇仕事内容
献立作成、発注業務、給食関連事務、
衛生指導、調理指導
基本的に調理を行うことはありません。
刑務所では、刑務官の監視のもとに受刑者が調理を行います。そのため、調理方法のアドバイスをすることはあっても調理を行うことはありません。また、受刑者らに接する機会も少なく、必要な場合は刑務官が同行します。
公務員栄養士は直接受刑者と関わることもありますが、非常勤栄養士の場合は必ず刑務官が立ち合いますので、怖い思いをすることはありません。
栄養士の他に食料係の刑務官が1~2名いて一緒に仕事するので、力仕事もありません。刑務所という特殊な環境なので、献立作成には制約がありますが、事務がメインです。
ご意見よろしくお願いします。

0
拍手する

※こちらの質問は投稿から30日を経過したため、回答の受付は終了しました

15人が回答し、0人が拍手をしています。

ランキング