ツルキチさんのマイページ

投稿履歴

献立レポ

お仕事Q&A

過去に投稿された質問はありません

なんでも相談

みんなのQ&A(回答)

回答

3の推測式?でなぜ25kcalを用いるのですか? 仮に糖尿病の人だってしっかり守れば必ず コントロール良好ですよ 人間のまず9割は30kcalで適正体重維持できますよ 計算したら、ご自分でその内容できるか実施してみるのが一番いいですね 自分ができなければ、患者さんや入所者さんには無理です ま、ちょうどいいのが1500kcalでしょうね、この量なら(普通に動いて)、まずまず適正体重維持できます、もう火を見るより明らかです、ちょっとスリム系統で!頑張って。

2024/05/23
回答

まず疑問点が非常に多くあります 150cm、64㎏の人が1500kcal程度のもの召し上がっていた、それ本当に信じられるんですか、kg/23kcal前後になるのでは? 1~2日はできるかもしれませんが一般的にはまず無理ですよ、仮に糖尿病の人であっても滅多にここまではやりません 64もある人がkg/23~25kcal以下で我慢できるはずがありません、たとえ知的障害ありとはいえ、むしろこういう人は多くなるのが一般的ですよ 入院中は粥とかペースト食と言うことですが、肝心なことは何kcal提供して毎日平均どのくらい摂取していたかが問題です、当然毎日できる限り厳密に計算しなければ確かなことなど言えません 粥にしてやっと1400~1500前後以下入っているからみるみるうちに減少してきた、それだけのことではないのかしら、だから以前は2000kca前後摂取していたということでは? 減少率が大きと言われますが、現体重が少ない人はともかく150で64もあれば適正体重にする場合月2㎏減少などチョクチョクありますよ、当然のごとく医師は言いますよ 栄養状態は問題ないと医師に言わせるなんて、と少し思ってしまいました そういう言葉は私たちが、医師に言うことではありませんか、どっちが管理栄養士なのか判らなくなってしまいます 9.9割医師の言葉は疑問に感じません、僭越ですが! ここでご自分が1週間kg/23kcalのお食事をしてみるととても良く判りますよ 勿論きちんと栄養計算して ですよ、BMI22で50kgぐらいじゃないですか 55kgだからまだまだ多いでしょ、確かに減り方の大きい場合多少いろいろありますが、この方の場合現時点ではまず問題ないと言えると思います これからの課題は、ま53kgぐらいになったら1500は確実に入れないと減少していく可能性が出てくるということで、今まではいいがこれからが問題ですよね、減少しすぎないように体調良好なのか、その人をよく観察していかないとですよね 50代だし、メンスがある若い女性などとは違うし、減らしすぎて何かが起こる可能性はほとんどないと私は確信できますが! 知的だけでなく他になにか疾患があればまた別でしょうが、わたしの結論はこんな感じですが。。頑張って下さい。

2024/05/19
回答

元々MNAは高齢者に使用する目的でのスクリーニングツールなので、使用してはいけないことなんてないですね、特に上記のような患者さんが多いということでなおさら問題ないのではとわたくしは考えますが 急性期とはいえ平均在院日数が16日とかでもないでしょう、問題ないと思いますよ、私の感じたことですが。

2024/05/19
回答

内容はしっかり把握できました、少しでも自信もって! 到底アドバイスなどできるわけではありませんが、少し私が感じたことを書いてみます まず大病院で最後の診察があり、検査をするということ、今の状況でできることをしていると私は判断しています、其れにより、どうしていくか決めたいと、もっともだと思います ベストな方法が取られていると本当に思われます、いわゆるできることちゃんとやっているじゃないと、やっぱり自信もってと言いたいですね その前に少し、今パソコンはもう小学生から使われています、全国の児童生徒にタブレットも100%近く配布できかなりの田舎でも使われているのが現状です、そこでワード、エクセル、パワーポイント等はどんなに遅い場合でも高1の夏休みまでには確実にレベルはともかくできるようになっていなければ、どのような職業でさえ生き抜くのはとても難しいと思われます、だから小学校からやっているわけで でもまだならばこれから少しずつ毎日やればいいし。。ある程度覚えてしまえばこっちのもん! 化学は、以前栄養士コース等選択する人は化学選択してないと受験できませんでした しかしそれで行く人が激減となり大学維持できず、選択してなくてもどこでも受け入れるようになったのです 笑、ま、高校の先生が受けさせてくれなかったから→それが可能に そのツケではないが、いつかどこかで最低限は必ず学ばないといけないので、大学入る前にどこでも膨大な宿題が出てそして入学、はたまた大学へ入ってからどこでも授業外で、補習補習でやっているのが現実、でもそれ終えればもうこっちのもん! 笑 栄養価計算は、あまり言いたくないが中学生でできるのが普通です、だってそれが出来ないと中卒で働くと言う人には義務教育なので長い人生、健康維持できにくいかもとなるわけで ま、言ってみれば比例の計算なので、化学や数学は嫌いでも比例の計算、割合だけはできないとね、基礎栄養なんて高校の家庭基礎で十分できるから これからの時代単純な作業と言われても何らかのライセンスが無いとなかなか大変です 高校でよく女子生徒が就くに事務でいいとか、昔と同じように言っている人いますが、何のライセンスもない事務の仕事なんて今どきほぼありません 栄養士の世界で生き抜くとなるとやはり管理はほしいし。。 ある程度までは誰しもが、それなりの頑張り努力はしていますが、キャパシテイオーバーしても意味ありません、親や先生には言えなかったら親しいお友達に話せるといいですが 焦らず自己肯定感を高く持つようにしましょう、そのままのあなたでいいのでは?

2024/05/16
回答

もちろんOkですよ、上司に許可?まさか 自分の勉強の在り方ですから、それらしてこそさらにいろいろ解り あれもこれもいろいろやってみてどんなことでもだいたい一つの確固としたことが判り 栄養管理や栄養指導もあらゆることが判り、自信がつき成果も出るということに なります、頑張って。

2024/05/15
回答

ここに書くことはあくまでわたくし個人の考えですので、お間違いのないように。。 上司と言うのは何職ですか、それがすごく気になりました 笑 仮に同じ管理栄養士なら、一緒に考えるべき問題なんだと私なんて感じましたが 病院独自となると、それが妥当性だけでなく検証済みのものなのかと言うところが問題になるのだと思われます、勿論こうこうこうで、ここを改変してやってありそれなりの~~と しっかり説明できればクリアーできると思われますが もし管理栄養士お一人でなら、すべての資料持ち、自分はこうしたいと確かなことを栄養に関わっている医師や事務系にご相談されるのが一番いいと思われます 何処もそうですけど、お一人で決められることではありませんし だって長い間仮にSGAでやってきたところだって、今回は変更するような気がします。。 ダメとかでなく、だってそもそもが主観的包括的であるわけで、その後ODAでやっているが、あくまで明確化、まあある種統一化かなのかな 今回は栄養管理体制の明確化なので、しかしまあ標準的な栄養スクリーニングを含むと書かれているので、クリアーはできるだろうと言う感じですが、絶対的なんてめったにあることではありませんよね、どんなことでも 笑 ねえ そう思いません? なので最初のスクリーニングの型はともかく、グリムは使われたほうがいいと思いますが >GLIMの項目を1部用いて、低栄養と重症度診断をしなければならない ・というか、スクリーニングで低栄養無しの人はグリムのところは低栄養非該当にチエックするだけで、低栄養に該当する場合はそれぞれ表現型と病因のどこかにチエックし、中度か重度にチエックするだけで、スタートし計画、モニタリング、評価、再評価、最後総合評価(終了)で完全に入院中の場合は終わる、私はかえってやりやすいと思いますが 慣れればどうってことないような気がしますが、私が感じたことでした、頑張って。

2024/05/15
回答

退院時には再評価ではなくて、退院時及び終了時の総合評価ですね(まあ最終と言うことで ) 今までだってスクリーニングして評価や課題が出た、患者の内容によっては5日で再評価、言えこの人はおそらく退院時で問題ないとかやっているわけで、ああ病院は初めての事でしたね、介護施設等とはかなり違いますし。。 新しい栄養管理計画書が出ていますので即ご理解できると思われます でも以前とほぼ変わりなく、グリムが追加されただけで。。笑 今回の改定の内容は栄養管理体制の明確化ですから、検証済みの確かなツールの下で 最後までしっかり評価を出そうということで、要は統一化するということですかしらね。

2024/05/15
回答

計画を立てたらとありますが、栄養管理計画書には 栄養管理の必要性のある人(大半がそうですが)の、栄養管理計画書には評価や課題、計画、栄養指導等必要かどうかなどに関すること、勿論経過とて、けどその経過を書かなければ、じゃあ再評価等は、どうなるの? どこの何を観れば、この人はじゃあ3日後に再評価、この人は退院時で問題なさそうだとか解るわけ? 最後は総合評価等書いて終了(退院)するわけで そして 患者の状態により、SOAPであろうとなかろうと用紙1枚で済む人もいれば2枚3枚といろいろな人がいるのでは? 病状は一人一人違うわけで、急性期、療養病棟等多少違いますし、栄養管理計画書かその写しはカルテに、添付しなければならないことになっていますよね まずは基本の栄養管理計画書の別紙23をご覧になった方がいいのでは? たくさん書いている職場って、右へ倣いする必要もないと思いますが 要は、ポイントを得た簡単明瞭他職種が観ても、即判断ご理解していただけることが何より肝心です、頑張って、お粗末でした。

2024/05/14
回答

>今年新卒管理栄養士として採用 ・でも大卒だよね~ >給与は基本給13万 ・まあ経営者は基本給を安くするのが手なんだけど、其れでも管理あるし安すぎるよね 高卒でも16万円の時代よ、いくら基本とは言え13万とはね、しかも病院でしょう >病院のHPに給与については掲載していませんでした ・新卒の職場で書いてないのはブーじゃないの? 就職課の先生に言うべきですね >面接で「給与については内定した際に教えます ・普通ありえないんじゃないのかね~ わがままとは思いませんが、平均とか標準てあるものね 13万円を22日で割れば1日5900円よ、普通は1日8時間勤務よね、最賃以下じゃない? ありえないですね、生家からなら少し甘えても他を探したいですね、私としてはこんな感じです。

2024/05/13
回答

これを読んでほんとに残念な気持ちさえ持ちます 抑々管理栄養士は食べることなので休みはない、どなたかが働いている職場、まず、最初に理解して就くことを考えていただきたい、それが嫌ならば就かない方がいいですよ いつもいつも感じます 例えば 医師、看護師、薬剤師、検査技師、警察官、保育士等々どんな職でもその職に就きたいと思えば、大半の人はその専門学校や学部に行きます、管理栄養士もしかりです、そのあとが肝心です 途中で職種を変えようとか、いやだとか言う人があまりに多い職種が管理栄養士です、なぜなのかしら、教員の様にすでに大学を選ぶ人が少ないとかならまだ解るのに 栄養士法をよく読んで、どういう職なのかぜひとも学んでいる時にしっかり理解し、職に就きたくない人は是非とも他の職を必ず選んで欲しいと思います 言ってみれば当たり前の事なんですが、その反対に必ずや就くぞと言う人はどの分野にしろ、必ずや手中におさめ、お子さんにしろ、患者さんにしろ、高齢者にしろ、それぞれの分野で極めて欲しい限りです、委託も悪くはないですが、一番やりたい、おそらくは多くの人が思っている栄養指導や栄養管理はできません、大学は就けてださないといけないので推す場合もありますが、ぜひぜひ直営の職場を選び職の楽しさをつかんでほしいと思います まだこれからの分野やスポーツ関係や薬局関係、外食関係等々あらゆるところで力発揮してほしいものです、付け加えます、委託を卑下しているわけではないのでくれぐれも誤解のないように 必ずや栄養士冥利に尽きるという時を迎えることができると確信しています 今回の様に仕事内容は嫌いではない、周りともうまくやっている、居心地も悪くない そんな職場滅多にありません、でしたら、なぜ変則勤務も自分の体になじませようと思わないのか、何から何までパーフェクトの職場なんてどんな職でもほぼありません それを悩むのならば、患者さんのところに行き、患者さんの声をダイレクトに聞き、栄養管理をしっかりと行い改善の成果を出して、自信をつけ、この職選んでよかったと思えるように命を駆けて頑張ってほしい限りです、お一人でも確かな成果をだせば、必ずや医師はじめスタッフや患者さんから指名されるようにもなり、居心地は悪くないどころか楽しい職場になります、そうなればますます患者さんからは信頼され、やりがいを感じられるようになりますよ、またそうなってほしいと願わずにはいられません 新卒で病院に就いたとなれば、優秀な方でしょう、ぜひ力を発揮してほしい限りです 辞めるとなれば本当に残念です、焦らず長い人生です、自分のペースでオンオフをしっかり切り替え、たった1度しかない人生を悔いのないように生き抜いてほしいと思わずにはいられません、ちょっと立ち止まりゆっくり考えてみてね、去るのはいつでも出来ます、では失礼します。

2024/05/13
回答

まず >正球性正色素性貧血と判断し ・とありますが、どなたが判断されたということですか? 医師?栄養士? 医師が判断することで、しかも正球性は貧血の中で一番多いですよね 7~8割くらい? 後大と小ですかしら その前に貧血と言われる場合は鉄欠乏性が最も多いですよね そうそうさらにその前に10以下となる方へ貧血食と言うことは、個人と言うより、クリティカルパスで行われている場合などの指示なのかしら それら頭に入れて考えると 個人ではなくパスの患者さん、でも患者さん大方は術前、貧血なくとあるわけでならば術後そうなったとみるのが普通なのでは? そしたら一般的に手術されたのですから当然急性出血などが考えられるし、いわゆる失血ですよね、手術のためにと言うことで あくまで2次性とか、続発性とか思われません? 私はこれだけしか書かれていなくても  そう思いますが、鉄欠乏でなければフェリチン値調べればすぐ解るのでは? 管理栄養士としては、じゃあカルテ観ればフェリチン値など検査してある場合は即記載済みなので解ります そしてスポーツ貧血ならば、抑々検査値の基本の見方が多少違いますものね 整形でそういう方が貴施設では多いとか言うのならば、今までのもので医師が統計処理したのがあると思われますが。。 いずれにしてもあなたのおっしゃるのが正しいのではとなれば、栄養指導上では大変なことになりませんか、私が不思議に感じるのはなぜ主治医にダイレクトにお聞きにならないのですかと言うことです。。あくまでこれだけの内容から、わたくしが感じたことで お粗末、頑張って! 違っているようでしたら正しい内容ご教授ください。

2024/05/11
回答

レセプト業務もお出来になるのかしら、事務でと言うことは ・月日、指導時間が漏れています 初回は30分以上、2回目以降おおむね20分以上   何時から何時とか  年月日は診療報酬明細書の摘要欄には記載(化学療法を実施している場合などは)  こういうのは将来的にもないのかな ・配布資料は、一番肝心な生活条件、し好を勘案した食事計画案等、これが無いと他にどれほどのものを配布しようがクリーアできず ・放射線科なのに、放射線療法や化学療法が無いのかしら。。  患者さんの内容によっては情報通信機器を用いて栄養指導行う場合、対面で行う場合  情報通信機器等を用いた場合は同一月に併算定不可とか。。 ・加算、非加算、点数等 (書いておかないと指導内容観ただけで、即判断できかねる場合あり、なので)記載しておかないとあとで困る、統計を取るうえでも、明細とかにあればいいですが ・栄養指導依頼書の方がしっくりくるかしら 笑、勿論指示書でもいいが、訪問介護方面だとかでは使われているようですが、診療の場合依頼書が多いと思われます その依頼書の中に指示が書かれているわけで あくまで医師から指導頼むよと言うことで基本原則は、頂くわけで。。笑 日本の場合は ざっと考えてこんなところかしら 医師の印ではなく、栄養士の印が欲しいなら欲しいのでは? 私たちのころはもちろん押印しましたが、栄養士名でもいいと思いますよ しっかり行いました、と言うことで 笑 3部つづりなのかな、以前はそうでしたが この頃は印不要説もだいぶん出ているし、時代も変わっているし、電カルなら別扱いになるのでは・・ 今月 今年度の新しい診療報酬早見表が出るので、それを参考にされたほうがいいですよ、上記のことはほぼ4年度の事で、おおよそできたら事務長や院長に最終確認をしていただき確かなこととしてスタートした方がいいですよ、頑張って。

2024/05/09
回答

まず15床の小規模病院とおっしゃるが、15床だと有床診療所になりますので、そこのところしっかりと把握されないと あくまで届け出は20床以上になっているから病院扱いなのか、もともと15床なのかで あらゆることが変わってきます 有床診療所としての扱いになると、栄養管理面では大きく変わってきますし、ここでは省きます 食事面では、要件を満たす場合は、入院時食事療法(1) は算定できます なので、そうなると、病院での基本的な事柄が書かれている 食事療養等の実際  を熟読し、それに沿わなければ加算算定はできないと思いますが。。今は変わられたのかしら  >特別食や療養食加算を算定する条件として「献立展開していること」とありますが、これは〝栄養計算ソフトで打って出力されている〟こと ・献立展開となると、おそらく常食に手書きで追加減少と言うことでしょうが、それではクリアーできないと思います、 あくまで(1)に沿うのならば加算算定したいならば、献立作成はその食種が必要な患者がいる限りは、毎日作成しないと算定は不可ですね 栄養計算ソフトとかは関係ないですね、何処かのソフトだろうと手書きだろうと特別食の内容が加味されている、基本に乗っっとっている献立が作成されていればOKですね 療養食扱いに関しては、定かなことは言えませんが、おそらく扱いとしては、特別食と同じだと思われます 腎臓食だってわざわざお一人でも必ず作成しないと算定は不可ですよね これらに関しては管理栄養士だけの責任ではありませんので、診療所長に確認をしないと なんともですね、すべて(1)でやるのだと言われれば、大変でもやらなければ加算算定は不可扱いになると思われます 糖尿病食とて同じ事、糖尿病食と名うった献立が作成されていなければアウトですね 元々非加算扱いの特別食ならば、常食のところに○○食は○○追加と記入した献立でもクリアーはできると思うけど 以上お粗末、今回で改訂した部分はないと思われるが正式に本に載ってこなければなんともですが、これらに関しては問題無いと感じます、頑張って。

2024/05/02
回答

未実施減算にならないと解釈していいですよね、告示にある通りですので ライセンス取りも、施設での栄養管理も頑張ってくださいね。

2024/05/02
回答

栄養マネジメント強化加算は、事業所が算定できる加算です  栄養マネジメント強化加算の算定要件は4つほどありますよね、  管栄配置だとか、ライフ提出等々で、これらクリアー済みではないのですか?    今回は補液も無理だと言うことで、利用者の状態等等鑑みて施設でそう決まった(ならば 笑) ならばこの場合、例えばあとは、もともとターミナルで入られたのだし、 ターミナルケア加算を考えるとかの時期ではないのですか だってもう食事の調整すら不可だから。。 そうすることによって適切な栄養管理をしているということになるのでは?? 勿論同じように計画書作成して補液に、、云々を記載する必要ないの? 両方算定するのは忍びないということならば、あくまで原則なので、強化加算は辞めて ターミナルのみにするとかは可能だと思われますよ 之が減算になるのならばマイナス何点になるのかな 11点?14点? 5点?? 栄養ケアマネジメント強化加算は3年の経過措置が設けられているので減算の適用は6年度以降ですよね この4月からの減算は、令和3年度から栄養マネジメント加算が廃止→→これは基本サービスとして行うことなのでいわゆる包括されたから基本中の基本と言うことで、できていなければ減算14点と言うことですよね 要するに最低限の栄養管理の基準を満たしていないということで これらで問題ないと思われますが、お判りになりまして? もし違うと言う方おられましたら教えてね 事務方にしっかりと説明し? またはお聞きして判らないのだよと、言うのならば 事務方しっかり研修して来いと言いましょう 笑 頑張って。

2024/05/01
回答

SGAを作成しているとのことですが、SGAは主観的包括的評価でいいですよね? それですとA.Bでおよそ判り、Cで栄養状態良好か、中等度の不良か、高度の不良かで今のところは判断するようになっているのでは? 私の元居たところでは軽度不良がCの評価のところにないので新たに作成し、やっていました(もうかなり前のことですが) 今では極度と言う名称があるのかな? どれほど例えば重症であったとしても、治療面でも栄養面でも高度とは言っても極度とは 言わないのではないのかしら 例えば医師から極度に悪いとは聞いたことありません 今回活用することが望ましいということで、グリム基準が出てきましたが、やはりそこでも重度低栄養とかなっています、確実にこれを使えではなくそれぞれの施設の内容等に応じて標準的な手法を位置づけていれば差し支えありませんとのこと、おそらく他部署からも仮にその名称(極度)を使用すればなにがしかまず、言われると思われます たとえばリフィーディングの人など、そんなに多く入院してきます? 長期絶食後に経腸栄養開始だとか、術後だとかに起こりえることが多いわけで 重度の摂食障害なんてなれば、もう骨川スジエモンじゃないが、観るからに明らかに 重度だねとか判ると思いますが そう躍起にならず、肩の力抜いて何らかの病気があるから栄養状態不良なことが多いわけで、あまり神経質にならずに、最初の評価はした方がいいのでは? ここがスタートですので。。 でここから低栄養リスク有りの場合、グリム基準による判定とかして、評価、栄養管理計画、実施、チェック、モニタリング、再評価 この繰り返し、改善、退院とかになるわけで  途中で計画変更とかも当然あることもあるし、一人体制のところだとなかなか大変ですが、数人いれば評価内容など一致しないようであれば、栄養士同士のカンファレンスを重ね、話し合ううちにだんだんと一致してくるようになると思います ぜひ頑張って結果評価など学会で発表していただきたいものです、頑張って。

2024/04/30
回答

>最初の3カ月限定で、月に2回まで算定できるとなっていますが、どのようなサービスを行った場合になるのでしょうか。 ・サービスの内容に関しては一応書かれていますよ、栄養改善加算のところ再確認してみましょ 栄養改善加算について (注16)のところに 栄養改善加算を算定できる利用者、栄養改善サービスの提供が必要と認められる者 サービスの提供は、以下のイからヘまでに掲げる手順を経てなされるとしっかりと記載されていますよ、ここでは イ~ヘ は省きます >必要に応じて居宅訪問することが要件に加わりましたが、訪問をしないとデイでの食事形態の対応や、喫食状況のみでは算定はできないのでしょうか ・だから必要に応じてだから、しない場合でも他の何らか?等もあるし、できますよね、ここに書かれている質問内容から観ると、じゃああなたの場合はおそらくしなくても算定できるなら全員しない方向に行くような。。? 下記の質問内容から観ても。。    あくまでそういうことではなくて必要に応じてだから利用者の状態如何と言うことが肝心です >例えば、毎回利用時に、栄養ケア計画に沿って栄養サービス(訪問以外)を行っていれば、週に1回利用の方では、月4回の利用のうちどの利用日でも算定できるということでしょうか ・1回につき200単位 月2回を限度 早い話2週に1回が普通など思われませんか? まして必要に応じてだから全員が訪問無しなんて場合はまずないと判断しますよね、一般的には! 通所だから来たり来なかったりいろいろあるのは当然ですが、1週間、2週間、3週間などバラバラであればじゃあ、どのように評価などしていますかと即質問が来ます とにかくバラバラでなど答えようものなら評価は、正確に正しく行われていますか等 疑問がすぐ出てきませんか そちらの施設也のもので、誰もが納得できる回答等があればもちろん問題などないと思われますが 管理栄養士が主になってやって、栄養改善の効果が期待出来ると認められる者については継続すればいいのですが、どうやってもそれなりの効果が出ない場合は、継続は不可と考えなければなりません、こんな感じかしら そんなかたくなになりすぎないで、肩の力抜いて行いましょ 頑張ってくださいね。

2024/04/30
回答

上司なんて言うのは、まあ6~7割はこんなもんですが、さすがに精神科にかかり薬が処方されている状態では、先が危ういなと感じてしまいます 病院の種類が書かれていないのでなんともですが、管理栄養士なので献立作成や発注が仕事ではあまりに寂しすぎます、力のあるあなたならなおさらの事 もう3年目?? ご経験はもっとあるような。。 本来の栄養指導や栄養管理面で成果を出すことは難しいのでしょうか、できるかぎり厨房を抜け出て誰かがどうだからでなくあなた自身がどうしたら栄養管理面で力発揮できるか考えたいものです、ただそちら方面に力を入れたくても療養病棟ばかりだとか介護関係がどちらかと言えば中心とされているところだといささか難しいのかも知れませんが 患者さんと直に向き合い栄養指導や栄養管理面を毎日行うとストレスも少なくなるし発散も結構できると思いますよ、嫌になったら病棟へ行く 笑 やる気出てきますよ 栄養指導や栄養管理面で成果や効果それなりに出すと本当に楽しくなりまさに自分が求めていたものだと痛感します それができないようであれば、やはり転職を考えられたほうがいいような。。 だって力発揮できないですもん、いずれにしても力発揮できるところでのご活躍を祈ります。

2024/04/28
回答

急性期病院の外来にかかっている方でも、安定していれば、毎月は測定しませんよ 数か月おき、もちろん今なお療養食加算とて可能だと思われますが 医師から指示が無くと言うよりは、医師がそう判断して決めることなので。

2024/04/27
回答

診断されていて、糖尿病食が提供されていれば加算算定できます。

2024/04/27
回答

栄養指導の対象患者がどのようであろうと、記載されていますよ 初回にあっては概ね30分以上2回目にあっては概ね20分以上と 基本的には入院中2回ですから、後は何回やってもいいが非加算となるだけで 入院栄養食事指導料について再確認しましょう。

2024/04/10
回答

>医師の指示があれば数値が改善しても加算としていいの ・あなたがおっしゃるようにその通りです、勿論記載されていますよ 自信もって頑張ってください。

2024/04/09
回答

>>【注】 イの(1)の①及び(2)の①については、入院中の患者以外の患者であって、別に厚生労働大臣が定めるものに対して、保険医療機関の医師の指示に基づき当該保険医療機関の管理栄養士が具体的な献立等によって指導を行った場合に、初回の指導を行った月にあっては月2回に限り、その他の月にあっては月1回に限り算定する。 ・上記には肝心なところが落ちています、特別食別表第3に対して、ですので しかもその部分の最後のところの編注にも注意事項として書かれています 診療点数早見表を熟慮しましょう、本当に判りずらいよね、管理栄養士の力で変えていきたいものです、頑張って。

2024/04/08
回答

サテライト特養は、言ってみれば地域密着型になりますのでその場合はできますよね、なので配置上は問題ないと思われます、ただ現時点では! この4月からのまたは6月からの内容変更等については別の事として、よろしくどうぞ いずれにしても地域密着型の場合は、かなりの場合までいろいろできますので、いわゆる許容範囲が広いですから、まああらゆる職種がそう簡単には集まらないし、頑張ってください。

2024/03/28
回答

60食を一人、4月からは90食の予定、アレルギー等の食事もある、 精いっぱい頑張っている様子が、私には手に取るように判りますが 手際よく、順序考えてさっそうと働いている様子が目に浮かびます ただ早出、遅出がないと言うのがおそらくネックになっているのでしょうね そのことが契約済みなのか口頭でだけなのかが、今回は問題になっていますよね 上司が後輩伝いであなたに言ってくるとなると、あなたの方が有利なのか? どういうこと(今回はもちろん分っていることですが)から変則勤務が、できないと 言うことで最初に言ってあるのですよね? あなたとしては! そこのプロセスが不明ですが、だからダイレクトには言えないから後輩伝えになっているのでは? >高齢の棚卸しをなぜ私がしなくては ・まあ他に4人いるがおそらくは、皆あなたほど仕事はできないと思いますよ 当然甘えなど思えません、ただできているからこそさらにと言ってくるのでしょう >挨拶しても素っ気ない返事が返って ・あなたは完全に業務においては自立していますから、でも他の4人はおそらくそこまではできないと思われます >普通なのでしょうか ・普通かどうかはともかく、子育て中だし、上司は少子時代のこと考えてほしいものですね 今後働き方を変えることはできるのですか? 変えようと思えば! たぶん無理でしょうね、と言って幼い子持ちであっても働きやすい職場ってそんなに簡単にありますかね? 之と言って意見はありませんが、ただ保育園関係だけのところはあるでしょうから そちらを探し、最初に今と同じように早出、遅出が今は無理なことしっかりと言ってそのうえで勤務できるところ探されるのがいいと思われますが、果たしてそう簡単にあるのか まあ病院よりははるかにあるとは思いますが、これ以上頑張ってなど私には言えませんが 現状はこんな感じかなと判断しています。

2024/03/28
回答

今は 管理栄養士への指示事項としては 当該患者ごとに適切なものとし、熱量・熱量構成、蛋白質、脂質その他の栄養素の量、病態に応じた食事の形態に係る情報のうち医師が必要と認めるものに関する具体的な指示を含まなければならない  となっていると思いますので、全部を書く必要もないのでは? あくまで医師が必要と認めるものについては具体的な指示が書かれていなければなりません、でそれなりに指示が書かれていればそれに回答するまでで 其の他は患者ごとに適切な、となっているのでそれなりに判断して記載すればばっちりですね じゃあこの患者は、飽和不飽和だけ、指示があったからと言ってそれだけで済むとは到底管理栄養士としては思えませんが それに+患者ごとに適切なと、あるので最低限の事は記載しておかなければなりません なので、最低限の現在の病態を理解していなければ、より適切な内容は書けないと思われるし、指導そのものも行えないと思われますが まったく解っていない医師などの場合は、むしろこのようになっているから最低限の指示事項は書いていただかないと、指導料もいただけませんと言いましょう 笑 ですから 未記入の場合などは、こちらから病態もdirectに聞き、それに応じてそれなりに最低限の事は書かなければと思われます、外来も入院もここのところは同じだと書かれていますよね この4月からは不明ですが、現時点ではこれでよいと思います、そうでない場合はどなたかご指導を。

2024/02/12
回答

医事課の言われているように、夕食の加算算定は心臓食で取れると思います ミニバランス等で既製品ですが、この場合は状況考えて加算算定OKですよね 静脈栄養の方は基本薬剤栄養になりますよね、CPは食品なので管の場合は経鼻栄養で入れるとかになりますよね、口からならばなぜ静脈とか言われてしまうし 静脈栄養の場合はそのまま薬剤栄養なので薬剤でお金いただく、その場合食事代はダブることになるのでいただけないと言うのが基本スタイルです ただし医師の一筆があれば両方可能だということ、以前はそうでしたが、今もそうなのでは?  静脈で2食分なのか、食事で入る分だけという考え方で1食分、流動の2の方で取れるのでは? もちろん医師のどうしてもこれでやってほしいと依頼が来たとかないと不可の可能性も、ただ静脈で1日分ならば薬剤からなので食事代はいただけませんね このように認識していますが。。 そしてこの場合医事課の言われている経管栄養食? として濃厚流動としての加算は取れません、算定できるとする場合は流動の既製品扱いで2で算定されるでしょう 私はこのように認識しておりますが しかしなぜ現役から回答がないのかしら、私はそういうことの方も不思議です、頑張って。

2024/02/04
回答

同年代ではありませんが >日々の業務内容が、圧倒的に多いと感じる ・急性期直営はこれらが普通ですね、ただそれぞれの病院でそれなりのやり方がありますから、主任ではなくその上の栄養部の最上トップがかなりしっかりしていないとそのしわ寄せが皆のところにかかってくることは事実です >主調理や盛り付け、仕込みなどの厨房業務は勿論 ・基本これらは調理師の仕事内容です、ただ病院によっては調理師ではなく栄養士の方ができるからと、でもね調理はやはり調理師が行うのがベストです 厨房は出来上がり確認だけでいいのか、常に管理が交代で入るのか、人員不足の時にだけというのが一番厄介で、これは改善しないとね、、もしそうなら。。最終確認だけと直前のどうしようもない緊急入院の食事準備等は管理が行うとか。。 ただすべての業務がローテではなく、それぞれ行い栄養指導だけはそれなりに全員にいくようにしないと不満だらけにはなりますね 笑 食数担当者は日々交代、1週間交代でもできるが、食材発注は担当者決めて1年交代とか、ある程度固定した方がうまくいきますね、考えてみれば財務大臣とかと同じ感覚ですから >外来栄養指導担当患者6名 ・1週間月金で5日なのに6人いるの? 疾患別でなく曜日別で行うのが普通です、誰でもできるようにしておかないと >透析クリニック担当患者5名 ?? ううんなんとも ・透析もそうだと思いますよ、腎臓や糖尿病。。其の他が関連してくるので、特別に区分けする必要ないのでは? 管理あるならだれでもできて当たり前です、常に勉強して誰でもできるようにしておかないと 其の他病棟担当者、嚥下関係担当者は当然いると思うが、これらも全員がある程度できるようにしておかないとね NST関連、ICU関連だけはすこし経験がないと、しんどいと思いますので別に担当者が居てこれから専門ライセンスを取得しようとか言う人、または上からの指示などで他の人は勉強しながら付けばいいし、 献立作成や栄養指導は全員がスムーズにどのような疾患であれできるようにしておかないとね 棚卸などは毎月と年1回、もう定期的に決めておき、お声がけがあれば全員で行う、そうすればすぐ終わります、食数関係の書類とかは担当者でしょうし。。 監査はトップが基本考えることで、常に法規通りの仕事をしてそれなりの書類はそれぞれの担当者が作っているので、監査だからと焦る必要もなく、常にだれもが書類を作ってやっているわけで、個人や小病院の様に、あれもない之もない、どうなっているか分からないなんてことはありえないことで、まったく焦ることないのでは? 監査でいろいろ言われたとか指導が入ったなどは、全員の責任ですから こういうことだから、多くの人が病院はあこがれるわけで、しかもそれなりに成果も出し学会発表等もありさらに論文作成等もあるわけで、日本の管理栄養士さんのリーダー役にもなり皆を引っ張って行ってほしいものです。

2024/01/31
回答

基本戻った時には、またもとの食事内容でよければ食事箋は当然必要です 出していただけなかったというのは、あなたはどうしてなのかとか、上がった時点でもう一度確認する必要があるからとかなにがしか医師サイドにアプローチしていたのかしら 腎食に戻すより少し様子観ようかとかで出していただけなかったのか様々考えられますし 単に医師が知らなかっただけなのか。。今どきはそんな医師もほぼいないのでは? そりゃ事務方よりお怒りがあるのは当然のことで、管理栄養士として食事分野なのに何も知らないのかと思われるのは普通のことで、しかしこれらのことで頭にこないで、今回ここで学んだのだから、おまけに年変わったばかりだし頑張って、ファイト、失礼します。

2024/01/09
回答

最初のころは5年でしたが、確かもう3年になっていると思います いつと言われてももうかなり前からですよ、なので受験できますよ。

2023/12/31

みんなのQ&A(コメント)

コメント

グリムは、あくまでアセスメントであるということ、そして低と出た場合は診断と言うことで表現、原因で重症度が判定されるようになっています 急性期とは言え入院基本料1(今回18日から16日に変更),3・5・6や療養病棟とかでは基本があくまで違いますので、病院と名がつけばすべてグリムがいいかとなると 医師サイドから当然疑問が出てくるかもですが、世界の栄養学会で基準を策定したものなので。。 でも炎症性腸疾患等等は日本独自の食事内容で好成績を出していたこと等考えると、一概にはね~ 笑 私などは、なので再評価と最後の総合評価は必ずしも一致しない場合もありですねと考えます、まあだから最後は総合となってはいるのだと思いますが、現役時代はそういうこと進言すれば医師たちと相談もできるし、本省の人たちの言葉も多少は聞けましたが。。今はね~ 笑 ただ最終的な総合評価を医師がするのでしたら、何のための管理栄養士?とわたくしなどは思います、私たちはあくまで栄養の専門家と言うこと声を大にして言いたいです 笑 お粗末でした、回答になっていなくて悪しからず、頑張ってください。

2024/05/17
コメント

えっ? だから急性出血だから、一過性の鉄欠乏性貧血だから術後しっかり食べて回復するわけで 加算が算定できるのではないのですか? あなたの回答を読むと算定不可のように聞こえますが。。。えっ? どうなんでしょう??

2024/05/13
コメント

横からなんてとんでもない、ありがとうございます 脂質異常症と同じ扱いではないの? 今は 鉄由来で医師の指示あれば同じように可能だと思われますが 診療早見表にはありますよね、違うのかしら 仮に変わられたのならば何年から変更したのか、理由も又知りたいものです ご質問有難うございました やはり変更したというのであれば、連絡していただければ幸いです。

2024/04/09
コメント

この回答でどうして無関係になると言えるのでしょう 食事療養費1・2、入院時栄養食事指導料・他外来・集団等々、特別食、加算非加算等等。。その他、多くの加算関係等はすべてつながりがあります 基本中の基本が書かれているこれらの本を熟読すれば、十分納得されると思われます。

2023/12/05
コメント

>黄疸がある場合に限られるという考えもあるようです ・あるようですではなく、単なる胆嚢炎や胆石症、胆のう摘出術後は認めない ただし、おっしゃるように閉そく性黄疸がある場合は認めるということですね この部分は特別食加算も療養食加算も内容は現時点では同じだと判断しますが。 これが診療報酬にも書かれているし介護報酬にも書かれていますよ、でも違うというのなら記載されている部分の書き方や受け取り方が違うわけで、どこかから必ず疑問点としてあがると思うのですが 常に上がっている? 笑 例えば医師会とかからが重要では?。。。 理解できにくい部分や解らない部分があれば、事務方や医師にダイレクトにお聞きするのが一番よく判ると思われますが、もともと医師なんて地頭がいいんだし、この文章が理解できない医師なんていないでしょう 笑 と思います いずれにしても介護関係や医療関係の人たちは、学会等で発表し論文作成し、できるだけ管理栄養士のコンセンサスを得ないことには法規なんて簡単に変わるものではないと思います、自治体によって介護関係は結構違う場合があるようですが、医療関係はほとんど見当たらないと思います、自身の経験上でも、頑張~れ。

2023/03/04
コメント

そうです、あと心臓食で取りたいのならば 依頼箋とかには高血圧ではなく、心疾患名、例えば心不全とかが書かれていて 減塩食6g未満が出ていなければ加算にはなりません、おそらく今もそうだと思いますよ ご存知の通り、心臓食は腎臓食に準じて取り扱うことができますから 栄養指導は非加算で行う場合もありますが、そこは主治医にこの書き方では加算算定できないので、こういう病名で書き直してほしいとか、それが不可の場合は算定は不可ですね、その辺の詳しいことになると案外知らない医師が多い。。 でも栄養指導は必要だからということで非加算でも行うのも一つの方法です しかしあまりに多くカウントすれば、せっかく加算スタイルが認められているのに無駄働きばかりするなと監査等では指導が入りますね 笑 かといってそんな不合理なことは一切しないと言うことで、すべて加算スタイルの患者ばかり行えば、すべて一致する患者さんばかりですか? 非加算の患者さんでも必要性のある患者さんはいないのですか、この病院にはとか! などとこれまた指導が入らないとも限りません なので適度に非加算の者も入れて、こんなに頑張っているんですよ、特別食や加算非加算等とにかく普通食以外はすべて加算スタイルにもっていくように診療報酬の方もできるだけ成果も出しますから変えてほしい旨、訴えていかないと ということになります、頑張ってくださいね、期待します。

2023/02/12
コメント

仕事をする上で大切にしていること、まずわたくしの場合病院栄養士としては、患者は明日の命がないかもしれない、どんなことや時であれまず相手のその立場になって物事を考えていくこと、自分のでき得る限りの力をもって少しでも社会復帰できることにお手伝いできればということを常に肝に銘じていました、少なくもこの患者さんよりは、たぶん私は明日の命はまだあるだろうなということで必ずや改善や完治すること願いながら、重複しますがくれぐれも焦らず貢献してほしいと思います。

2022/11/11
コメント

鼻腔栄養の事ではありません、食事療養の最初のところの事務連絡のところ、医科2021年4月現在の診療報酬点数表の1008頁にありますが。。現時点でも変更はないと思いますよ、平成18年度からですから、もし変更ならば事務レセプト担当者に内容詳細に聞いた方がよいかと思います。

2021/10/06
コメント

診療点数早見表に記載されています。

2021/10/06
コメント

DM食でムースだから加算算定できますが、ムースだけでは現在のところ非加算だと思いますよ、そしてムースは療養食だけれどムースだけでは非加算ですね 今回は加算算定でOKですが、ちゃんと1200入っていなかったということなのでは? 何度も何度も読み返して理解してから使いたものです、再度頑張って。

2021/09/03
コメント

血糖コントロール不良になることは、十分あり得ることですが、実際に減らそうという考えを持っている医師がいるかどうか把握できません、がおそらくそういう医師も居ることでしょう そのことが現在担当している患者にどのくらい影響あるかが問題で、すべての医師とタイアップしたわけではないし、常にモニタリングおろそかにせず観ていけば即影響しそうな患者かそうでないかは医師のご経験とか患者の他の疾患いかんで判断できるのではないのかしら どちらかと言えばもともと肥満傾向の人は、まずプアコントロールにはなりやすいでしょうし、スリム傾向の人は比較的良好なケースが多いのではと。。。

2021/08/29
コメント

??同じじゃないですよ、透析をしているということは腎臓の機能がほとんどないということですよ、透析患者の体重評価は基本がドライウエイト、中1日置いて何%増えているか、中2日置いて何%増えているかが問題です、それがおおよその基本より増えすぎていればどっちに転んだって大半は食いすぎ、飲みすぎと言うことで 一概には言えませんね もともと長い人生において、18前後でずっと来た人なのか23~24で生きてきた人なのかなどにもよりますし、患者さんがとてもそんなんではエラクテできそうにないとか言えば、医師に言ってあげたりしないといけない場合もありますし もともとドライウエイトは透析医が決めますので、管理栄養士がじゃあアップしましょう、少し下げましょうなんて簡単に言えることではありません エネルギーアップと言いますが、基本透析が始まれば塩分水分やカリウムリンなど、気にしなければいけないことはたくさんありますがごくごく普通のエネルギーで問題ないし、そのときこれじゃ腹減ってしょうがない、もう少し増やしてくれとか言われたらまずは体重の×30kclぐらい、それこそ一概には言えませんが許容範囲は35kcalぐらいでしょう、ガイドラインなどにも出ていますよね 蛋白質だって普通に摂取すればいいのですよ、補助食品って? 患者さんの 普通に食べたものを詳細に栄養価科計算してみました?何の栄養素が足りてないですか? 多くなりすぎないことが肝心で、何の栄養素が多すぎですか しっかり食べなくては、食べれば当然それなりにBUNは上がってきますが、それを透析で下げるわけで、上がらないような食べ方を今はしなければいけないのですか?? 当然たんぱく取っていれば上がってきますし、その上がり方が問題で上がりすぎていれば透析でも引ききれないし、体がエラクなるし、要するに食いすぎと言うことで 1~1.2g/体重/日あすたりが基本ではないのですか? これはいわゆる普通の量じゃないのですか 、そりゃ中にはいろんな患者がいるから上りが少ない人も居ますが、食べていて本当に少ないのか、怖いから食べていないのかその辺を管理栄養士が本当のところをキャッチしないと、 とりあえずはこんなんかな。 何の補助食品? 低たんぱくの高エネルギー食品? 今は透析やっているわけで 必要あります? 透析にならないように腎不全の人などなら解りますが、すでになった人は透析が長期間順調に行えることが、できる限り合併症を予防し、良好コントロール保持が重要です。

2021/07/18
コメント

透析の人は透析前後で計るわけで、その他に計っても意味がほとんどありませんよ、まあ途中これだけ増えているからって透析は中1日置いて休みは2日おいて、ほぼどのくらい増えているかでコントロールの状態を観ていくのでそのまた真ん中で計っても、まあ若い人で極端に増加などは多少は意味ありかもですが 特養ではね、意味ないですよね、まあ皆同じでないとと言う意味で計測しているのでは? 管理栄養士ならばその旨きちんと指導して、こうなんですよと、でもね~ 看護師もいるのだろうに、お気の毒様~。

2021/07/06
コメント

計ってないからと言うより適切な最低限の栄養と言う意味です。力ある方だと思いますので必ずできますよ、頑張って。

2021/06/06
コメント

えっ、認知のある人は胃ろうは作らないとは言っていません、ケースバイケースです、 この方は94歳、平均寿命もとっくに過ぎている、いろいろありだからですよ 例えば70歳で基礎疾患無し認知症重度だとしても造設するのでは?、一概には言えませんが また莫大な財産があり、家族の意向であと半年はどうしても等の時には、活かせることいわゆる延命だってする場合ありですよ、要するに人によりさまざま、それら総合的に判断してどうするかが重要です、それらを医師ともども理解したいですね、思ったことでした。

2021/03/08
コメント

経管栄養法により提供したときにとちゃんと書かれていますよ、診療点数早見表にもしっかり書かれています、詳しく経口経管問わずとあります >市販品のみを経口摂取で召し上がっている場合は経管栄養法を用いていないので、流動食のみを提供する場合であってもカウントできないのではないのでしょうか ・えっ、基本の基本が理解できていないのでは? じゃあ、食事代はどうするの? どこからいただくの? DPCでも食事は基本出来高ですよ、なぜ流動食のみの額で算定できないのですか?? 市販品の栄養剤の分は、患者には提供して、お金はどうするの?どこから出てくるの? 給食で購入して患者に提供しているのではないのですか? 食品材料になりませんか いただけなければ赤字も莫大になっていくのでは これが自院で作ったものなら(2)以外と言うことで常食扱いいわゆる640円算定できるということですよ >経鼻経管栄養になりそうです。そうなれば、流動食のみ提供の分で算定できる ・なぜこれはそう思うのですか、もちろん当然そうですよ >常食でもないので常食でのカウントは出来ません ・飯でなくてはカウントできないということではないのですよ 自院で作ったものなら流動だろうと3分だろうと常食と同じ640円いただけるということで、常食扱いと言う意味ですよ 書かれていることが全く。。のような気がして、読解力の問題ですかしら 医師に聞けば一発で、教えてくれますよ! 私たち凡人の頭とは違うので 私たちは10学んで7~8やっと理解できるけれど医師は2~3学べば10を知ります、話していてもうまくやれば多くのことが学べて、こちらのことを簡単に理解してくれ、悩んでいればそれはそうした方がいいねとアドバイスまでいただけます、それが医師ですよ、まあわたくしの経験からですが、頑張って。

2021/03/02
コメント

ウウン、ここに書いたことご理解できませんか? 食事療養何度も何度も読み直していただきたいです、カウントできますね 数本で補食とは? あくまで補食ならば主になる食事があるのでは? 一般流動とか、静脈栄養とかそれら考えれば、理解できていればお判りになるはずですが さもなければこの食事提供自体が適切とは言えないのでは? だんだんとアップにしろ、そうでないにしろだったらなにがしかの静脈栄養が入るとか 様子見だとか、何らかがあるはずですよね、とにかく何度も何度も読み返して下さいね 常食扱いなのか流動のみの額か判断できると思います。

2021/03/02
コメント

経鼻で高カロリー輸液が入っている場合は食事算定不可と言うことです 本来は入らないのが普通なので 経鼻でリーナレンは、高カロリー輸液ではないですから、食事は算定可です。

2021/02/28
コメント

くまくまさんへ、病弱者加算などは介護保険法でなく老人福祉法での公助の分類です 他に被服費加算とかその他たくさんいろいろありますよ、当然クリアーした人だけですから だれもかれもができるわけではありませんが、自治体で調査した結果認められた人だけです その施設のトップから今回の介護保険法と同じように改定になっている部分もあると思いますのでしっかり聞いてみたり調べられるといいですね、頑張って。

2021/02/09
コメント

焦って書いたせいか、誤字だらけごめんあそばせ 笑 。

2021/01/30
コメント

ううん、だから、なんですが胃切後は、非加算なので、膵流動だって非加算で、上がっていく場合は流動で安い単価のほうでなく普通の単価でいいですよと言うことではないの? 、 今現在は、だから非加算で、上がっていく場合は安い流動単科ではなく、普通の方だということで、とにかく3分のようにどんな状態でも米粒が入っている場合は、加算算定コースの場合は加算算定OKですね、あくまで流動の場合は加算にはなりませんよね、上記を読んでもそうだと言えるとそう解釈していますが。 診療報酬の方と入院時の実際のリォユ法を読むと、なんとなく解る。ような気がすると思うのですが

2021/01/30
コメント

ううん、今は責任者管理か栄養士でないとだめのようですね、令和2年度から変わっています! あ~よかった、食事療養の実際のところに書かれていました、ごめんあそばせ さしずめ私たちのころはよかったものですから。

2021/01/29
コメント

ううんそういう考え方ではなく、1算定予定病棟に一人専任でいて給食管理とかも行えば問題ないですね、他の病棟へは考えたくないですね、実績指数40以上はそんなに簡単ではないのでは、栄養だけでなくリハの職種の人たちと常に連携を取りながらなので、他の病棟何処ではないと感じますが もともと療養型病院でしょ、あと二人いて210床担当十分とはいかないのかもですが、可能だと思います、なのでここで一人非常勤栄養士を入れていただき全体を観てもらうようにする、とか食数担当とか食数も委託がやっているのか、給食も施設側でやっているのなら管理栄養士がもともと不足気味のような、詳細を聞かなければなんともです 他の病棟へ行くことは、それで専任の仕事果たせていますかなど、しっかり対処できますか行ってはいけないとかでなく、休みの日はできるだけ課題などでないようにしてあるとはいえ、どうしてもかかわらなければいけないことが出てきますのでその時にのみ、二人が交代制で受け持っていますとかになれば納得してもらえると思いますが データ算出などそんな簡単ではないと思いますが。。良いところだけピックアップすれば改ざんになるし。。いずれにしても頑張って。

2021/01/22
コメント

より正しい栄養管理、皆に解ってもらうよう言い続けること辞めないで 1例でも言い続けた結果よくなった改善例を、施設内で発表して成果を見えるかの状態にして 他職種に解ってもらえるよう奮闘し続けてほしい限りです、それをしない人があまりに多く 皆辞めてしまうので、栄養士なんて名ばかりだと言われ国民には信頼されにくくなり地位も名誉などもほど遠く、最悪意味ないじゃん、栄養士でいい、内は栄養マネジメントなんてとか言われてしないところがまだまだ多いのでは この4月からどう変わるのかも楽しみと言えば楽しみですが、恥の上塗りでもないのかと、時として感じてしまいます、要は高齢者医療に関して現役引退して勤務すれば、委託医であろうと嘱託医であろうとある程度お金がもらえると考える医師も多いので、問題ですが 若いころから高齢者医療に命がけで頑張っている医師に来てもらうとがらりと変わると思うが夢の話か、いずれにしても負けないで頑張ってほしい限りです。

2021/01/17
コメント

言いたいことが伝わっていないようですね 大方同じようなことだと推察します、あくまで基本で 介護保険持ってると診療報酬では算定できません。 ここの部分が、基本どういう意味か不明です。

2020/12/22
コメント

お世話になります 介護保険は65歳以上になれば全員持っています、支援・介護度が認定されているかどうかだけが問題で 特養や老健入所者は委託であろうとその医師のみの診察しか基本受けられないけど、だから介護保険、しかし特養でもショートロングなどでは特養の医師には看てもらえません 療養病棟などに入院すれば、もちろん通常は介護保険ではなく医療保険 介護度1や3の人で何らかのサービス利用者だって、自宅にいて医師にかかれば当然医療保険です、今は違うのですか、周りのデイなどに行っている人も皆医療保険で痛いところなどあれば医者に行きお金払っていますよん 今回は特別な?住宅にいてなので、質問者さんがおっしゃるようにその時にはどうですかと質問しています、で一切ダメなんですか? もともとがこういう場合は介護度が基本はついていない人が入所していてま、支援ですよね、今は他のサービス会社と契約を結び支援ではなく介護度は1とか2、ついているのかもですが、しかしその場合として、自分で行けない、で医師にに来てもらう、もうそのことが介護保険でないと診察には来てもらえないということかしら、なぜなのか納得できなくて。。 質問者さんにしてみれば全く逆のことで、悪しからず、真実が解りましたらどうぞご指導お願いいたします。

2020/12/21
コメント

エネルギー制限と言うよりは、適切なエネルギー量が不明な場合は、どんな場合でも糖尿病食の場合の算定は不可でしょう。

2020/11/12
コメント

指導する人だってこっちのほうが大事?など思うかもしれないし、医療現場はそれのカンファなどがあり話し合いで決まりますし(簡単な場合はすべておなじになりますよね)、介護福祉関係はあくまで介護保険で行うし、痩せや肥満とはいえ、その人の人生で長い間どうだったのか、体調良好の時はどのくらいと、許容範囲であれば問題ないでしょうし、だから人により違う、要するに一人一人生きている人間なのでその人にあったフオローをしないと、応用力ですね 最後に書いてあげればよかったとあとで思ったんだけど、そうもっと自信をもっていちいち全部上司に報告もね、そこまで指導してくれてあるのだからもっともっと自信をもって進みましょう。 優先順位とはいうものの、とにかく今行わなければならないことは何? ですよ 何に関してもあるでしょ、全然食べられていない人は最初に観るだろうし、栄養状態比較的良い人は多少はのんびり構えてもとなりません? もちろん差別ではないですよ。

2020/10/17
コメント

お金をいただくことなので、診療点数早見表ですよ。

2020/08/31
コメント

失礼1670でしたね

2020/08/20

お気に入り

みんなのQ&A

ブロックしたユーザー

プロフィール

ツルキチ

  • [性別] 女性
  • [保有資格] 管理栄養士
  • [上記以外の資格] 調理師、元NST専門療法士、元病態栄養専門師、元DM療養指導士、その他もろもろ
  • [都道府県] 静岡県
  • [現在の職場] その他
  • [過去経験のある職場]
  • [実務経験年数] 20年以上
  • [自己紹介]
    教職小中高10年ほど、後は特定機能病院のみ経験