ツルキチさんのマイページ

投稿履歴

献立レポ

お仕事Q&A

過去に投稿された質問はありません

なんでも相談

みんなのQ&A(回答)

回答

私が感じたことですが。。 >糖尿病患者さんの体重減少 ・ううん、この場合胃切後の合併症とかではないの、数年とはいえ何年前なのか DMだったらなぜA1cなど検査してないのか? なぜその辺医師に確認をしてないのか原因究明のためやDMのレベル観るためにも必要ではないのか 85歳とは言え、でもね~まあ他はまずまずなので、平均年齢すぎているし 自然に任せるのが自然かな~ >身長155cm 85歳、入院時50kg 現在40kg 半年で10kg減 ・今までは適正だよね、10㎏と言うことだが、このケースいつ一入院してきたのか、入院の治療目的は? ほぼほぼの検査結果なのに、この年齢、これらの疾患名あるも、いまはどれもおちついて体重だけが問題のようですね >Dr指示:DM食1600+減塩6g未満、きざみ1/2・全粥1/2+高カロリーゼリー 胃癌術後と胸水で苦しいため、ボリュームを抑えてDM1600続行 ・けど1/2→2分の1のことだよね、これと高カロリーゼリー?で1600も入るの? 気になるのは体重減少とHb値が気になるね、3年から5年後に貧血ひどくなる場合があるけど、全摘ではないにしてもね、またこれくらいの腎機能低下でこの値になるのも珍しいと思うし、そうするとやはり胃切後の後遺症かなと もちろん何とも言えませんが >今は全量摂取、調子が悪くても8割程度摂取可能 ・むしろ今は消化の良いこと考慮した胃潰瘍食と1600kcalのこと考えた食事提供が大なのでは 今も体重減小しているのかしら 毎日観察すればどんなものが食べられていて、どんなものは残すのか把握できればできるだけ全量摂取は可能なのでは、とにかくおいしく作ることですね 頑張って。

2021/03/05
回答

なんとも言えませんが、まあ普通に考えれば、職種別内容を少し入れるのがベストなのではないのでしょうかね~ だってでは公務員になれた場合は、あなたはここで何がやりたいのですか、何ができますか、市民県民国民のためにあなたの力をここでどのように活かしていくつもりなのでしょうかと問いたいもの! 頑張って。

2021/03/02
回答

デイケアと言うことですが、間違いないですよね デイケアとは通所リハビリテーション費と言うことで、介護保険使用です クリニックでやっているところ現在はとても多くなっていますが、中の職員さんでご理解できていない人がこれまた多く居るのも事実のようで 現在通所リハは、栄養改善加算、栄養スクリーニング加算、口腔機能向上加算などがありますが、4月からはこの栄養スクリーニング加算は、口腔・栄養スクリーニング加算タイプ1とⅡになるようですね >デイケアと栄養指導ってどういうこと? ・当然デイケアとしての基本部分の算定はできますが、そもそも栄養指導など項目にありません、内容的にあるのは上記のものです なのでデイで糖尿病教室をやるなんてすばらしいと思いましたが、お金はいただけないですよ、それともこの4月からはそれら出来るようになるのかな? と思いますが、何か変更あるのでしょうかね~。

2021/02/28
回答

基本は高カロリー輸液を行っている場合でも、食事提供の場合費用は算定できますね 抑々高カロリー輸液で何キロカロリー入っているのか 経鼻とかで高カロリー入っているなんてことはないよね 経鼻の場合、食事は算定できませんよ、なのでどちらかでないと ただ高カロリーでなく、薬価にない場合の流動いわゆる普通の流動ならもち、算定可能ですが 簡単に高カロリーと言いますが、普通は中心静脈栄養ですので何処から刺しているかなども、重要な問題で、ご存知のように末梢とは違いますから 食事で600前後しか入らないというのは、術後などではなくて? 一般的にいつまでたってもほぼ600前後しか入らないのであれば、方法が違いますよね、たとえば胃ろうとか他を考えることが基本で だから600ぐらい入れば次は700、800とアップしていかなければで、そして落ち着けばその辺で中心を抜くと思いますし、これだけではなんともですが 医師が国試取り立て? とか 普通はもうしばらく様子見てアップしてきますので、ここまでくればもう大丈夫と言うところで抜いて食事一辺倒になりますので けど経鼻の場合は、入れて居て食べるのってかなり大変ですよ、患者さんも鼻から抜いてくれれば食べられるかもなんてよく聞きました ただ思います、経験豊かな医師なら管理栄養士ならこの人抜いたら食べられそうかなどその人の毎日の状態、血液検査結果等から大方判断できると感じますが、頑張って、こんなんですが。

2021/02/28
回答

この濃厚流動は自院で調理されたものですか? 自院で調理されたものであれば、普通の額で算定できますね 市販品いわゆる既製品は、流動の場合は、通常の額では算定できず、流動のみを算定する額扱いになります、もちろん3食カウントできますね 基本は経口経管問わないのですよ、内容如何です 確か今でもそうですよ いわゆる流動食のみを取り扱う場合の注意点として書かれているのでは 流動だって飲んでいるではなく、召し上がっているのです、5~6品作って 中にはアイスクリームつけたなどもありなのでは、なので食べているということになります でも濃厚流動って、市販品なら大半が半消化態で濃いとはいうものの、 2kcal/mlタイプではないの? かしら。

2021/02/28
回答

病院て昔と違い結構ややこしくなっていますよね まず急性期は在院日数が18日~21日くらいまででランクも1から7まで現在ではあります、あとは地域一般入院で、日数が長くなります 回復期病院と銘打っている病院はないと思うが。。 >リハビリテーション病院は回復期と思ってよい ・そうですね、なのでリハビリテーション病院とか、回復期リハビリテーション病棟などになります しかし今はどのように掲げてもいいようなので 慢性期病院などさらにありませんよね、まあ療養病棟や療養病床とかのことを常に言っているのではないのかしら おっしゃるように臨床ならば、看護配置が7:1や10:1のところに就き患者さんのために勤務した方がいいと思います、まあ簡単には就けないようですが、しかしやる気だけだと思います、全国ではどこかに必ずと言っていいほど募集しているところありますよ 経験はどこでもつめるけど、臨床栄養は現実に目の前にいる患者さんにできて初めていろいろ理解できると思うので、ぜひ頑張ってやってほしい限りです それらを経験すると介護関係は、急を要することは少なくプロセスとか内容が非常によく解ると思うし、反対に俗にいう総合病院経験ないと簡単なようで介護関係だって、私に言わせれば皆さんが思っているほど簡単ではなくあなたがおっしゃるようにそれぞれの栄養管理がそれなりにできていないので、未だかって介護関係でご活躍している管理栄養士にはお会いできていません あくまで私はですから! 誤解のないように 笑 ケアマネなどからは管理栄養士とは言ってもね~と正直言わせてもらえば悪態ばかりついていますよ 笑 要は希望の病院に就けなかったから介護施設へ行くとかでなく、最初から高齢者医療に命を懸けるとか、介護保険を利用していて介護度3~5の人たちの栄養管理を専門にしたいとかいう人が出てこない限り、国民に信頼されて今は昔と違うんだね~管理栄養士さんてすごいよね、とはならないのでは 私の将来の夢は老健で、特養での管理栄養士だとかいう人は出てこないのでは 余分なことを書いてしまいました、ぜひぜひ病院の管理栄養士目指して就いてくださいね、夢は必ず実現しますよ、そうこんな私でさえ就けたのですから 大学や施設での実習や、介護福祉関係の内容がちゃんとどういうものかしっかりと指導されていないから、まあこういうことになるのでしょうね~ もちろんすべてなど申しませんから、就かれている方憤慨されませんように でも、自負かもですが私の職場に来た人たちは、それぞれ、病院へやっぱり就きたい、これで意思が固まったとか、やはり高齢者施設へ行くとか、幼稚園でおいしいおやつを作りたいとか皆さんそれぞれで、病院ばかり希望ではありませんでしたよ ちなみに病院希望でない人たちの意見として、人間のやることではない、自信がない、ついていけない、スピーディーすぎて私にはとてもできない、早番、土日出勤などはいや、人間関係が難しそう、けどやりがいはやっぱり一番ありそう 人それぞれの感想で、悔い無き選択をして学生生活謳歌してくださいな、あ、学生さんですよね~。

2021/02/28
回答

基本的に行政で働く場合は、認定資格等はほぼ無理なのでは 糖尿病の場合は病院や介護施設の現場で栄養指導担当何年とかありますので、そのうえで試験を受けますので 行政で入って例えば、事務系等から学校などに勤務場所が変更になっても、 臨床などやはり無理だと思いますよ、一般的には病院で10年ほど働いて行政担当したいからとなれば、その間に取得でき其れを引っ提げて、これからの行政に活かすことができるということで、どちらかと言えば現場も経験しているので採用されやすいというのがノーマルコースだと思いますが もちろん最初から就く人も居ますが 公務員試験の勉強量? 公務員は平均何でも基本が標準以上でないとね~ まして僭越ですが、ここでどのくらいなんて聞く人が。。。。 何もないと思えば、夜間で公務員学校へ行く人も多いみたいだし、すべてなんでも今までの人生で学んできたことがほぼ理解できて応用できている人など、1週間でOKと言う人も又居るでしょうし、ほんとにケースバイケースでその人如何です 国試は大学で模擬等があり、それらが常に範囲内であれば何も問題はないだろうし、知識などはほぼ3年でマスター済みなのでは、最終学年は就活試験等等、実習等で忙しいし、3年でやるところもあるのか、まあでも就く試験は開けてすぐ7月くらいまでが主ですものね、まあその他様々ですが、悔いのないよう学生生活謳歌しながら頑張って。

2021/02/24
回答

血清鉄もそうですが、まずフェリチンに先に目がいきます、そのレベルによって重、中、軽とランク分けするようになっていないのかな今のガイドラインは しかもこれ単位が書いてないので。。。 そうするとまずかなり低いあ、鉄欠乏性貧血だなと判断できるのでは? 判断診断は医師がしますからいいんだが、でじゃあヘモグロビンが枯渇になってはいけないからそうなる前に栄養指導しなくちゃと言うことで依頼が来た その場合に何でもかんでも加算の場合だけ来るわけではありません 全国の統計を取っても非加算で行っている場合疾患は問わず3割くらいは今でもいるのではないのかしら でこの場合はヘモグロビンが11.0 g/dlなので基本的にはこの時点では非加算で行うのが普通だと思います、10 g/dl以下にはなっていないので でこれが9.9 g/dlでしたら加算算定できますね でしばらく行い、改善してきて数値が11.5 g/dl になった場合に 医師がまだ必要と判断した場合は数値がOKでも加算算定できるとあるのは脂質異常症の場合、なので当然貧血もOKですね 笑 >Hb10以上で、貧血食の外来栄養食事指導料は取れるので ・だから非加算で行うのですよ、冗談じゃないと思うのならば今活躍されている皆さんでとにかくすべて加算スタイルにもっていってくださいな、諸先輩たちはそうしていろいろやってきたのですよ、ある程度の成果を出して説得させなければ診療報酬は変わりません 監査の時などは、非加算が無ければないで加算ばかりの患者さんばかりするなとくるし、じゃあと非加算ばかりやれば収支を考えろと言われるし、今2割8割か、3割7割ぐらいですかね 要は改善してよくなったという成果を出すことです、頑張って。

2021/02/24
回答

なんだかこれを読んで悲しくなりました、認知症は大変なんですが 私の疑問点、ほんとにたくさんあります まず認知症でもタイプは何かということそれによって薬も変わってくる その辺がはっきりしていない イレウスだからミキサー? これも確かな原因が不明なのでそうなるのでしょうが、消化のよいおいしいものを提供が最も肝心です 3分5分菜、粥は全粥程度までアップはほぼ可能ですよ、でも1年前ですものね 規則正しい習慣で暴飲暴食なければ、普通に必要量は入ると思います イレウスは原因が大体は究明できます、ただそれまでの人生で開腹手術などしている場合は、いつとは言わずなる可能性のリスクは高くなりますが、そうでなければ、薬が強すぎて。。精神科の場合はあるのでしょうかね~ それほど強い薬を使わなければ他にないのかしらね、いくら鎮めるためとはいえ、そこまでやるのならば、メリットよりデメリットの方が大きくなっているので、薬を飲むことの意味半減してしまわない? 主治医や薬剤師にしかとお聞きしたいなと 問題は患者の心身ともにのストレスが最高潮で、問題行動が出るのだと思われます、ある程度は対応する人の扱い方で改善はします、この場合そこをもう通り越してどうしようもない状態だと、私には思えませんが だってミキサーなら私の受け取り方はおいしくないし、いらんわ~、あんなもん食えるかと 今どきはミキサーしたあともう1度味付けしなおしておいしく出来上がっています?かしら これならば本人も納得して召し上がっていると思いますが、認知だからそんなん判らへん? とんでもないですよ、そこそこの判断可能だと思いますが 例えば粒粒のないコーンスープ、アイスクリーム、味噌スープ、米の甘酒、とかトマトジュース、実なし茶わん蒸しなど、はるかに召し上がるのでは? まず患者の心を解ってあげなければ、本当に薬ならばそうではない薬に変更するべきです、それを栄養士に言っても仕方ありませんが、と言うより認知症の病態をまず理解して患者の心に寄り添うことが今は一番大切なのでは そんなこと栄養士は関係ない? ウウンでもそれが順調になり心許せば食事はそれなりに進むのでは ミキサーはとびきりおいしいものですか? そのうえでこの人の必要栄養量はどのくらい、現段階では、ミキサー何kcal入っているあとこれだけ不足気味、一般食品で取れないから仕方ない栄養剤追加しようかとなるわけで、まず一般食品でおいしい食事提供を1度でも試みました? そちらでのミキサー食はおいしいものなのかしら そのミキサー食あなたも召し上がってこれならおいしい、いけると判断済みですかしら どこのどなたに聞いてもミキサーはね~ の言葉しか返ってきませんよ、現実は 腸もそれほど働かなくなっている?ってちゃんと食べていなければ余計働きませんよね 何でもかんでも栄養剤つければいいというものではありません、まして家族の言いなりならば、ライセンス持ちの意味がないのでは、確かにご家族の言うことは大事ですが、専門職としてこういう状態でこうこうこうだから、今はとか。。。 ちゃんとそれなりの説明をして自分が提供する内容の食事がその時点ではベストだと自信をもって対応しなければ、現時点では全く税金を使ってないのですか 加算はともかく基本の介護保険法、社会福祉法など利用はしてないのですか 利用していないのであれば、言いなりも仕方ないかもですが、でもそれならば専門職としての意味がないし、そういうところでレベルアップ計っても。。と考えてしまいます まあどうしてもサプリメントと言うならば、一般的に言われている内容強化でいいんではないのですか そもそも私に言わせればこの方はどのくらいの栄養量必要なのかその内容、分量さえお解りでないようなそんな気さえしますが、まずは基本を考えてそこに今の疾患状態を考えられて栄養管理してくださいな、期待しています。

2021/02/24
回答

これを読む限り施設側だけでなく委託側も問題で、実績は60gを超えているのならば設定量の見直しや食事箋の見直しをすればいいよね~ 監査で云々ではなく、約束された食事箋にのっとってこのようにということで、ではと言うことで委託サイドがそれにのっとって給食管理をお願いしているのならばそれに適した食事を提供してくださるということで 僭越ですが、しかし施設側がいわゆるちゃんとしていないから委託側がそりゃどう見てもおかしいということで最低限の60gの推奨量以上を提供しているのではないのですか だから実績はそうなるのであって、監査で指導が入るのはむしろ施設サイドですよね、まあ委託サイドの栄養士がなぜ言わないとなれば、委託されている立場であること考えれば当然言いませんよね とわたくしは思いますが、ま2~3年に1度は変更していくのが普通ですからしっかり改訂していきましょう、頑張って。

2021/02/23
回答

お疲れ様です、このごろ介護施設での栄養管理の症例が多いですね 笑 結局新たに始まる減算を心配されているのか、でも普通にやっていればね~問題ないと思うのですがね >やる気がないものに関してプランの記載はどのようにするのが ・様々ありますが、やはりケースバイケースでしょうね >家族は詳しい検査を高齢の理由から拒否 ・ある一定年齢になれば大半そうですよ >食欲不振のみの対応、食べられるようになった10月末退院 ・退院時、何食と言うか内容はどんなものなのか、が大事で >ムラがあり、エ〇シュア1日1本処方、施設では1/2食&栄養ゼリー ・エンシュアーはそちらで? 病院で? エレンタールでなくてエンシュアーですね? ある意味下痢止まらなくてまあ普通でしょうと 笑 年齢も書かれてないしこれだけではなんともですが、まず一般食品で3分菜、5分菜レベル、主食徐々に全粥、ハーフ食の分量、脂肪制限、エレンタール1包で1日分、赤味と言うのは炎症?発赤と言うことなのかな こんなんでやってみるとよいかも だってもともとが、IBDなど効能効果がある医薬栄養剤ですから ②は まず症状落ち着いていないので退院が早すぎましたね 胆血石? って胆のう結石ではなくて? 単なる誤字? 絶食した後、なぜ口から少しずつ入れないのか、入らなかったのか? 繰り返すこと、予想されていたってそうなの? それがあるうちは落ち着いたとは言えないのでは、53㎝で29kgは、それが今や25㎏、どう考えても落ち着いてなんていないよね 肝臓だけが落ち着いたって、黄疸や発熱で、でも本当に落ち着いていれば時々の熱発なんてないのでは? これでは栄養不良でより天国に近づいていってしまうよね 経管栄養の見直しと言うより口から少しずつ流動、3分菜、5分菜、おかずのレベルはこれくらいでも主食は全粥くらいまでアップできると思うので、まず口から少しずつ気長に入れることなのでは 口からは無理なの? 方法がハチャメチャで。。 白湯を経管で? 8月からって鼻腔で?  水分だけなら補液でなんともなのか、血管が取れなかったのか、10月初め経管栄養? と言うことは鼻腔で入って半消化態が入っているの? それとも末梢静脈で600kcal、一口に経管といえど、様々でちゃんと説明してくれないとまったく判りません 家族やケアマネでなく最終は医師ではないの? 飾りの医師なら変えてもらわなければね、まあその旨記載ですね、現状維持は維持でいいけど、この場合は現状維持ではなく明らかに悪化ですものね まずはおいしい、そうねこちらも脂肪制限で、おいしい普通の粥食や分がゆ菜を提供して、末梢静脈で600は入れてもらい。これを徐々に減らし食事量を少しでも増やしていくこと考えるのでは、焦ってやりすぎればどんどん体重は減少していきますし、もう最後になってしまいますよね もともともう口から入らなければ、鼻腔なのか末梢なのか、いずれにしても体重増加はないのでは と言うよりもう積極的にはほとんど不可能ですね 管理栄養士の意義や存在価値なんて自分で確立していくものですよ、看護師のようにできてもできなくても国民のだれもが認めている職種とは違います 臨床や介護施設で働きたい人は、肝っ玉据えて患者や利用者のために頑張ってほしいものです、書きたいこと書きました、いろいろなやり方がありますので自信持って邁進してほしい限りです、頑張って、失礼。

2021/02/21
回答

最後の栄養管理はほんとに難しいですね ましてこのようにするとかがないので大変です、要は特養でのと言うよりお一人お一人のいわゆる個人個人の内容が大切であって、皆違うから大変なんですよね >年齢90歳 要介護5 体重31㎏ BMI15.8 標準体重43.7㎏ Alb3.1g/㎗ ・ううん、身長はホボ140cmですね、褥瘡もなくアルブミンもこれならまあまあだし、気になるのは、体重減少なく過ごしているとあるが、微量でも増加の傾向もないということか、まあそうですね、まずは嘔吐が改善しているわけで 朝夕が200kcal前後、昼が400kcalなのか まず嘔吐があったが今は落ち着いている、43.7㎏はともかく35㎏で考えて30で1050kcal、考えるのは朝夕のハーフ食に、もうすこしプラスか、頻回に間食と言うことで少し午前と午後に増やすことを考えるのかなあ 90歳ですよ、なぜ少しでも普通の食品で栄養を取ろうとしないのか、永遠に生かせるつもりか、毎食2本なんて60歳代とかなら何としても活かさなくてはとか考えるが自然にを、考えたいもの >医師「嘔吐が起きたらどうするんだ。」 ・その様子見ながらまずは朝か昼か、間に少し増やしてみたいと言って医師を説得させたいね >「体重が増えて良いことはあるのか ・今増えるとかでなく何もなくてもこのままなら近い将来体重少なすぎるから褥瘡とかで痛みが出る可能性もありで、そうならないようにまあもう少しだけ増やしたいとか、まあ今を考えれば消極的にそのままでもいいにはいいが 特養で必要栄養量はどのように、ではなくて一人一人の内容を考えるのが管理栄養士なのでは? 高カロリージュース毎食2本等でもいいにはいいが、特養なのでごはんやおかずを食べて楽しみをもってもらいたいとなぜあなたはちゃんと管理栄養士として介護保険法の根本等自信をもって訴えないのか シリンジはともかく楽のみなどでゆったりと穏やかに入れる場合はもちろんありですね 萎縮あるのにって、食べられるということはまだ逝けないということです、私などにすればその人が医師のご両親でも医師はそういうこと言うのかなとまず思います、もっと高齢者医療に真剣に取り組めよと言いたいね 笑 >血液検査の結果とかは何もないからね ・無いではなくてたまには検査してこの状態でこれだけの状態維持している、と言う意味にてもチェイスなど考慮し、データベース化の実現をしてもらいたいものです 飲ませないと状態が悪くなって私たちのせいにされる、まさかそういう考えをする人も居るのかしら。ま管理栄養士がそうではないことをしっかりとフォローしてあげないとね >厨房が準備する時点で量を減らせばいい ・そういうことではなくて食を専門に勉強してきた管理栄養士がリーダーシップを取り決めたいもの、嚥下等問題があったら毎日観察に行き勉強すればいいのでは、ST云々もそうだがまずは何と言っても食べることは管理栄養士です それでこそ施設内でも大きな顔もでき皆が自分の言うことも聞いてくれると思いますが >今は何も起きてないから誤嚥性肺炎になったら ・なったらってならないようにするのが看護師ではないのといいよりたいもの笑 まあ何と言おうか医師も高齢者医療が解ってない人のようで、それにしても難しいよね、とにかく頑張って、言いたいこと書きましたお許しを。

2021/02/21
回答

ううん、整形外科って一応クリニックでしょ? 僭越です管理あるのかな、プロフィールではないのよね 無くてクリニックって、何するのかなと 食事つくりならば当然出来ますよね、ずっと調理やってきたということだし 違うの? いずれにしてもそこで何をするのかが問題で 主に飯作りなのか栄養指導なのか 少しずつすべてならばオールマイティーにフットワーク軽くどんどうん動かないとね 大半は意思決定自分で行わなければならずで それがまたいいという人も多いですからね 準備も何もいろいろな業務がありますが、 クリニックのようなところでならば、献立作成飯作りなどの給食管理 ですし、あとは前任者がどこまでやってあるのかで 自分が何をしたいのか考えないといけないし、また院長?とかの意思もあるようで そんなところでしょうか、あくまでわたくしの考えですが。

2021/02/20
回答

そりゃどう考えてもおかしいですよね、あなたがおっしゃるように調理師と言うライセンスがあるわけでその判断ができないのならば調理師の意味がありませんし、辞めてもらうべきですね 何のためのライセンス持ちを採用しているのか、ごねてもしょうがないとは思うが、考えればそのレベルだという風に考えてしまいますね、あなたほどの人、辞めさせて他の優秀な調理師を入れたほうがよさそうですね、あくまでわたくしの意見ですが。

2021/02/20
回答

1380円の時代に780円てほんとですか? 令和2年度の介護事業経営実態調査結果から見ると、材料費は40%前後ですよね、調理員等が6割、平成15~6年であってもほぼ同じですものね 人件費が5割以下のところは黒字が多いとか、一般飲食店だって食材費は30%くらい? まあコーヒーなどは10%でしょうが 笑 なのでこの値段はありえないでしょ 高齢者世帯からと利用者負担からの影響も勘案しつつで、まあ今後は施設ごとで検討することが必要だとなっているのでは 一人入所すれば病院と同じで基本にランクがあるとはいえそれなりに入るのですから、施設長などから金がないとか言われ、栄養剤も個人持ちでプラスだなんて当然あり得ないのに、そうしているところが多いようで、結局はトップ前後だけが多額の給料をもらっているのでは?? 笑 介護関係の場合、光熱水費は居住費ですし、こんなところでしょうか.

2021/02/19
回答

>「別に厚生労働大臣が定めるものに対して~」と記載 ・これは入院栄養食事指導料を算定している患者と言う意味ですよ 簡単に言えば、その人が退院後、老健、特養、療養型病院、介護医療院等等の医師や管理栄養士に対して情報を提供した場合に算定できるわけですよね 特別食限定と言うわけではないですね >がんや低栄養などの方も含める ・~も、ありだということで、ご理解できましたかしら。

2021/02/17
回答

ウウンと、まず検食簿の必要性はないですよね、だから記載する必要性はありません、Ⅰにおいては必須だがそうでなければ要はいらないということです、よって医師の言う通り 栄養士の負け! まあ勝ち負けではないが 笑 もちろんそのことは記載されていますが、Ⅱの場合についてなどは書いてありませんよ、だって必要性無いですから、大半がⅠなので 市の監査では、そりゃそうでしょ、ほぼ大半がⅠですから 管理栄養士か医師かですから、医師が適任には適任ですが必要性のないところでは医師などは行いません、忙しいし、合理的な考えしか、しないですから 良い知恵も何もⅠを算定できるようにするのが一番かなと感じますが。

2021/02/17
回答

回答ではありませんが、その前に800kcalでインスリンの人なんているの? 信じられませんが、糖尿病専門医?それとも科以外の医師? 腑に落ちなくて。。

2021/02/13
回答

まず腎臓病はと言うのはね~ 腎機能への影響が問題になる人は、増減を考えないといけないですが 制限ある人は、それなりに制限必要ですね、 大方あなたが考えておられるようでいいと思いますが、これご質問されるということは、たんぱく質、ペプチド、アミノ酸の違いってご理解済み?とか考えてしまいます、難しいことでなく簡単に違いが判ればどう体内で消化吸収排泄されるかと 管理ライセンス持っている人なら普通は理解していると思います、栄養管理するとき最初に知っていなければできないですからとわたくしは思います 大昔アミノバリュー(だったと思いますが )とかが一般に出回った時、特にスポーツマンなど飲みすぎで腎機能低下の人たちが出たということで、注意喚起などありましたよ いずれにしても頑張って。

2021/02/08
回答

>経口維持加算1は、医師、歯科医師、ケアワーカー、相談員を対象に ・うん?肝心な管理栄養士が落ちていますよ。もちろんちゃんと書かれているわけで、食事のことを専門に勉強している管理栄養士がリーダーシップとらなくてどの職種がなるのか、考えてしまいます けどケアワーカーなど書いてないのでは? ま新しいのが4月の終わりには出ますのでいいですが >経口維持加算IIは施設基準以外の医師というのは、嘱託医ではない医師で ・施設基準以外の医師と言うことなので嘱託医だって施設基準の医師ですよ そうではなくてⅡの場合は、医師ならば施設基準以外の医師でと言うこと、でも摂食嚥下に関しては知見を有する医師、その医師か歯科医師、歯科衛生士、またはSTが加わった場合はなので、ほぼOKなのでは? だって歯科医師かSTか歯科衛生士が居れば算定できるわけで 未だに特養など医師は常在でなくてもOKでしょ? 老健は常在ですが もう変わりました? 変わってないからあなたのところだって常在でなく委託医を頼んでいるのでは? >再入所時栄養連携加算は、今コロナ禍で病院のカンファに参加できない状況にありますが、電話だけで加算は取れるのか ・こんな時期だし、ケースバイケースとかでは、介護保険の更新の時などだって必ず居ないとできないので、電話で連携は取れてはいるもののと言うところでしょうか、こういう場合にこそQ&Aで聞きたいのですが  1回で400単位ね~、この辺は開けてみてからでないとなんともかしら 私などはチェイスで成果出ているならば算定も可なんて思うかな~ さて現職の人たちいかがですか、お粗末。

2021/02/06
回答

まあ愚痴と言うことなので、それとして伺いますが >「ケイキサレートが飲みづらくて毎回半分も飲んでいない」と患者さんが ・そこを話してくれたということは、患者さんがあなたにはある程度心を許していると判断できるのでは? そして指導記録に記載はいいが、記録上での提案ですか?それとも面と向かいこういうわけでとそれなりにお話しされたのかしら? よほどでない限り医師なんて他の記載場所素通り多いですよ 笑 間接的に訴えて解決なんてほぼないですよ、そんな暇じゃない!の一声ですよ 何より薬の事なので薬剤師になぜ相談しなかったのかしら、私だったら即薬剤師に連絡して患者がこのように言っているから少し相談に乗ってやってよと医師よりまず先に行きますね >もやもやしています ・そりゃ医師じゃなくてあなたが問題では、まず薬剤師、変化なければそこで、はじめて医師にダイレクトにしっかりと言って変えてもらうのが筋ではないかな~  >変更できない理由があるのかな?と考えていたのが馬鹿らしくなって ・なんでそう考えるのか、まず自分でそういうことがあるのかないのか勉強して薬剤師に相談すれば即解決することだと思いましたが 私などから言わせるとそういう考えがある限り医療現場で管理栄養士が他職種に認めてもらうなんて程遠いと思います、まあ愚痴なのでどう考えられようとかまいませんが、行きつくところは患者さんが解決しない改善しないということで残念なことです、いずれにしてもあなたなりに頑張って。

2021/02/05
回答

一応リスクの低い入所者にも、食事の際に変化を把握し、問題がある場合は早期に対応とかで、算定要件があります でもそう焦らず、開けてからでいいのでは 肝心なことだと思いますが、それよりチェイスへのデータ提出などあるし、フィ-ドバックの活用が大切で、科学的介護やデータベースの実現化に努めてほしいと願わずにはいられません、頑張って。

2021/02/05
回答

もう大昔第1回目に取得しましたが 今10症例なんですね、でもね~こういう質問が出てくるなんて私からすると思いもよらずで それぞれの疾患分野別、その他フリーで分れていると思いますが、患者抜粋するにも簡単に案外はやく改善した人、合併症がたくさんある人・無い人、インスリンの人、ひょっとしたらカーボカウント利用の人、入院患者、外来患者、高齢者、 1型の人、特に体重減量だけでかなり改善した人など、ほんとに様々です そういう人たちこの人は初回? 直近? 思います? 自分が担当し始めたときは、この状態、そこからどのような指導やフォローをしてどう改善したか、血液検査結果的にはこうなったとか、体調良好で社会復帰も遠からずとか様々の分野で改善しているとなればいいので そのプロセスを端的明快に記載し、結果評価を書くことですよね 当然、現在も継続中の人などもいらっしゃるのでは? 終了した人も、もちろんいらっしゃるでしょうし どちらでなければなんてありませんよ、ケースバイケースだと思いますよ 仕上がったら医師に観てもらえば、バッチりですよ、例えば同じ栄養士などは避けたほうが無難です、医師ならばここがこうだからこの書き方はおかしいとかここはないでしょうとか様々アドバイスもいただけると思います 私の周りの人たちは大半そうでした、自分だけでやった人たちは、その当時は皆不合格でした覚えがあります、今それに経験年数も短くなったのでは? とにかく頑張って。

2021/02/05
回答

お粥でもパンぐらいは食べられるのでは? 食パンとジャムとか、マーガリン入りロールパンとか一つつけるだけでも違うと思いますが お好み焼きなどでもいいのではないの、その他そうめんやうどんに胡麻ドレッシングかけでもいいし ジャガイモやサツマイモでもいいし、サトイモ増やしてもいいし、カボチャなどでもいいしいっぱいあるのでは? と思いますが。

2021/02/03
回答

そうなの? でしたらなぜかそりゃ療養食は加算を取っているので、取らない場合とどう違うなど聞かれたときになど、書類が別になっていれば判りやすいのでは けど別けるのかなあ~ 食事の伝票は別けますが納品伝票など別にしなくてもいいのでは? 今は別けるようになっているのかな~ お粗末。

2021/02/03
回答

一応可能だと思いますが、申請書出すときに可能ですよね?と再確認すればよろしいかと 多分4月からもOKだと、しかし確実なことは。。 現段階ではいいですよね。

2021/02/03
回答

まず経口移行加算は、全身状態が安定していることとあるわけで基本的にターミナル扱いは、其れだけでアウトなのでは 維持加算も特別な管理が必要で、その特別な管理とはご存知だと思いますが、食物形態、摂食方法等における適切な配慮のことを言いますよね、当然それらが行われているとか 再トライ? は不可だし、だよね ま、私は算定不可だと思いますが でもこういう入所者が多いとかならば、ターミナルの前段階とかプチターミナルとかなど設けるように考えるとかしないと、ターミナルっておよそ1か月未満くらいだよと良く医師から言われました 何も解らず簡単にターミナルなど言うなと、もっと勉強しなさいとよく言われました、やはり30日前後だと書かれている本が多いようですよ。

2021/02/03
回答

取れる加算て、抑々養護老人ホームは基本的に介護保険のサービスを提供する施設ではないのでありませんよ その介護サービスを利用する必要が生じた場合は、外部から契約を通して契約をしなければと思いますが まあ今どきは自治体によってその施設によって既に可能になっているところもありかもですね しかしこういうご質問をされるということは、養護老人ホームの特徴をご理解していないんだと考えざるを得ません、ネットを少し調べただけでも最低限のことは判りますよ、頑張って。

2021/02/03
回答

私も思いますよ、維持加算の注意点として特別な管理が必要な人で、その特別な管理とは食物形態、摂取方法における適切な配慮など書かれているのでこの場合は基本的には無理でしょう と思いますが、ずいぶん前のご質問だったのですね。

2021/02/02
回答

わずかなことですが、しいて言えば税抜きで3500円ですね、なので厳密に言えば多少はオーバーしてもいいということかしら、しかしこの金額も上げてもらわないと今時健康食食べられないよと何かの時には訴えていきましょうよ 笑、学校給食費や介護関係でも実際値上がりしている状態ですから、頑張って。

2021/02/01

みんなのQ&A(コメント)

コメント

経管栄養法により提供したときにとちゃんと書かれていますよ、診療点数早見表にもしっかり書かれています、詳しく経口経管問わずとあります >市販品のみを経口摂取で召し上がっている場合は経管栄養法を用いていないので、流動食のみを提供する場合であってもカウントできないのではないのでしょうか ・えっ、基本の基本が理解できていないのでは? じゃあ、食事代はどうするの? どこからいただくの? DPCでも食事は基本出来高ですよ、なぜ流動食のみの額で算定できないのですか?? 市販品の栄養剤の分は、患者には提供して、お金はどうするの?どこから出てくるの? 給食で購入して患者に提供しているのではないのですか? 食品材料になりませんか いただけなければ赤字も莫大になっていくのでは これが自院で作ったものなら(2)以外と言うことで常食扱いいわゆる640円算定できるということですよ >経鼻経管栄養になりそうです。そうなれば、流動食のみ提供の分で算定できる ・なぜこれはそう思うのですか、もちろん当然そうですよ >常食でもないので常食でのカウントは出来ません ・飯でなくてはカウントできないということではないのですよ 自院で作ったものなら流動だろうと3分だろうと常食と同じ640円いただけるということで、常食扱いと言う意味ですよ 書かれていることが全く。。のような気がして、読解力の問題ですかしら 医師に聞けば一発で、教えてくれますよ! 私たち凡人の頭とは違うので 私たちは10学んで7~8やっと理解できるけれど医師は2~3学べば10を知ります、話していてもうまくやれば多くのことが学べて、こちらのことを簡単に理解してくれ、悩んでいればそれはそうした方がいいねとアドバイスまでいただけます、それが医師ですよ、まあわたくしの経験からですが、頑張って。

2021/03/02
コメント

ウウン、ここに書いたことご理解できませんか? 食事療養何度も何度も読み直していただきたいです、カウントできますね 数本で補食とは? あくまで補食ならば主になる食事があるのでは? 一般流動とか、静脈栄養とかそれら考えれば、理解できていればお判りになるはずですが さもなければこの食事提供自体が適切とは言えないのでは? だんだんとアップにしろ、そうでないにしろだったらなにがしかの静脈栄養が入るとか 様子見だとか、何らかがあるはずですよね、とにかく何度も何度も読み返して下さいね 常食扱いなのか流動のみの額か判断できると思います。

2021/03/02
コメント

経鼻で高カロリー輸液が入っている場合は食事算定不可と言うことです 本来は入らないのが普通なので 経鼻でリーナレンは、高カロリー輸液ではないですから、食事は算定可です。

2021/02/28
コメント

くまくまさんへ、病弱者加算などは介護保険法でなく老人福祉法での公助の分類です 他に被服費加算とかその他たくさんいろいろありますよ、当然クリアーした人だけですから だれもかれもができるわけではありませんが、自治体で調査した結果認められた人だけです その施設のトップから今回の介護保険法と同じように改定になっている部分もあると思いますのでしっかり聞いてみたり調べられるといいですね、頑張って。

2021/02/09
コメント

焦って書いたせいか、誤字だらけごめんあそばせ 笑 。

2021/01/30
コメント

ううん、だから、なんですが胃切後は、非加算なので、膵流動だって非加算で、上がっていく場合は流動で安い単価のほうでなく普通の単価でいいですよと言うことではないの? 、 今現在は、だから非加算で、上がっていく場合は安い流動単科ではなく、普通の方だということで、とにかく3分のようにどんな状態でも米粒が入っている場合は、加算算定コースの場合は加算算定OKですね、あくまで流動の場合は加算にはなりませんよね、上記を読んでもそうだと言えるとそう解釈していますが。 診療報酬の方と入院時の実際のリォユ法を読むと、なんとなく解る。ような気がすると思うのですが

2021/01/30
コメント

ううん、今は責任者管理か栄養士でないとだめのようですね、令和2年度から変わっています! あ~よかった、食事療養の実際のところに書かれていました、ごめんあそばせ さしずめ私たちのころはよかったものですから。

2021/01/29
コメント

ううんそういう考え方ではなく、1算定予定病棟に一人専任でいて給食管理とかも行えば問題ないですね、他の病棟へは考えたくないですね、実績指数40以上はそんなに簡単ではないのでは、栄養だけでなくリハの職種の人たちと常に連携を取りながらなので、他の病棟何処ではないと感じますが もともと療養型病院でしょ、あと二人いて210床担当十分とはいかないのかもですが、可能だと思います、なのでここで一人非常勤栄養士を入れていただき全体を観てもらうようにする、とか食数担当とか食数も委託がやっているのか、給食も施設側でやっているのなら管理栄養士がもともと不足気味のような、詳細を聞かなければなんともです 他の病棟へ行くことは、それで専任の仕事果たせていますかなど、しっかり対処できますか行ってはいけないとかでなく、休みの日はできるだけ課題などでないようにしてあるとはいえ、どうしてもかかわらなければいけないことが出てきますのでその時にのみ、二人が交代制で受け持っていますとかになれば納得してもらえると思いますが データ算出などそんな簡単ではないと思いますが。。良いところだけピックアップすれば改ざんになるし。。いずれにしても頑張って。

2021/01/22
コメント

より正しい栄養管理、皆に解ってもらうよう言い続けること辞めないで 1例でも言い続けた結果よくなった改善例を、施設内で発表して成果を見えるかの状態にして 他職種に解ってもらえるよう奮闘し続けてほしい限りです、それをしない人があまりに多く 皆辞めてしまうので、栄養士なんて名ばかりだと言われ国民には信頼されにくくなり地位も名誉などもほど遠く、最悪意味ないじゃん、栄養士でいい、内は栄養マネジメントなんてとか言われてしないところがまだまだ多いのでは この4月からどう変わるのかも楽しみと言えば楽しみですが、恥の上塗りでもないのかと、時として感じてしまいます、要は高齢者医療に関して現役引退して勤務すれば、委託医であろうと嘱託医であろうとある程度お金がもらえると考える医師も多いので、問題ですが 若いころから高齢者医療に命がけで頑張っている医師に来てもらうとがらりと変わると思うが夢の話か、いずれにしても負けないで頑張ってほしい限りです。

2021/01/17
コメント

言いたいことが伝わっていないようですね 大方同じようなことだと推察します、あくまで基本で 介護保険持ってると診療報酬では算定できません。 ここの部分が、基本どういう意味か不明です。

2020/12/22
コメント

お世話になります 介護保険は65歳以上になれば全員持っています、支援・介護度が認定されているかどうかだけが問題で 特養や老健入所者は委託であろうとその医師のみの診察しか基本受けられないけど、だから介護保険、しかし特養でもショートロングなどでは特養の医師には看てもらえません 療養病棟などに入院すれば、もちろん通常は介護保険ではなく医療保険 介護度1や3の人で何らかのサービス利用者だって、自宅にいて医師にかかれば当然医療保険です、今は違うのですか、周りのデイなどに行っている人も皆医療保険で痛いところなどあれば医者に行きお金払っていますよん 今回は特別な?住宅にいてなので、質問者さんがおっしゃるようにその時にはどうですかと質問しています、で一切ダメなんですか? もともとがこういう場合は介護度が基本はついていない人が入所していてま、支援ですよね、今は他のサービス会社と契約を結び支援ではなく介護度は1とか2、ついているのかもですが、しかしその場合として、自分で行けない、で医師にに来てもらう、もうそのことが介護保険でないと診察には来てもらえないということかしら、なぜなのか納得できなくて。。 質問者さんにしてみれば全く逆のことで、悪しからず、真実が解りましたらどうぞご指導お願いいたします。

2020/12/21
コメント

エネルギー制限と言うよりは、適切なエネルギー量が不明な場合は、どんな場合でも糖尿病食の場合の算定は不可でしょう。

2020/11/12
コメント

指導する人だってこっちのほうが大事?など思うかもしれないし、医療現場はそれのカンファなどがあり話し合いで決まりますし(簡単な場合はすべておなじになりますよね)、介護福祉関係はあくまで介護保険で行うし、痩せや肥満とはいえ、その人の人生で長い間どうだったのか、体調良好の時はどのくらいと、許容範囲であれば問題ないでしょうし、だから人により違う、要するに一人一人生きている人間なのでその人にあったフオローをしないと、応用力ですね 最後に書いてあげればよかったとあとで思ったんだけど、そうもっと自信をもっていちいち全部上司に報告もね、そこまで指導してくれてあるのだからもっともっと自信をもって進みましょう。 優先順位とはいうものの、とにかく今行わなければならないことは何? ですよ 何に関してもあるでしょ、全然食べられていない人は最初に観るだろうし、栄養状態比較的良い人は多少はのんびり構えてもとなりません? もちろん差別ではないですよ。

2020/10/17
コメント

お金をいただくことなので、診療点数早見表ですよ。

2020/08/31
コメント

失礼1670でしたね

2020/08/20
コメント

生きている人間でだれも詳細に言えば違うわけで、インアウトのバランスが取れていれば それがその人にとっては最適です、マニュアルとかガイドラインとかあってもそれはあくまで基本なのでそこから一人一人皆ちがうということ その違いを判断していくのが口から入れるものでもちろん今は静脈や胃ろうとかもありますが、適切な判断をしていくのが管理栄養士だと思います 例えばこれだけ!ならば、ライセンスの必要はありません、そう感じます。

2020/08/16
コメント

契約金額が羽がるためとは?? どういう意味か不明で、下がるでいいのか、だったら基本が間違っていますよね、内容と金額はどんな場合でも記載されているのが普通ですし、あるべき姿ですから 利用者にリハビリは・・・特養など今は基本行うようにはなっては居ませんが人間は生きている限り疾患上現時点で動いてはいけない、動かしてはいけないなど以外は、やるのが普通ですし、またやるように法律を変えていかなくてはよくなる場合もまずはよくなりません 当然あなたのところだけが問題ではありませんが 自力摂取形のあるもの食べることが不可能ならば、介護度5とか4とかになる可能性も高いし、それなりの介護士の介護があり、食事も食べられるものだけ、飲めるものだけとかになりますね、管理だから形のあるもの、どんな人でも食べられるようになるなんてありえないです 可能な限り食べさせてとは言うものの、限度がありそれほど家で食べさせることができるのならなぜ入れているの、ご家庭で最後までフォローするよう伝えれば 家族もそれでいい、と言うことで医師も止めない、ならば多少何が起こってもとなりませんか、当然不足分もありでしょうね 入所させるときの上の問題ですね、一人ずつでも栄養士としてはモニタリングしっかり行い、悪化するにも統計出して一つのラインを作らないとと思います ご家族の言うこと聞きすぎでない? まともじゃないような、口から食べられる場合は確かに野菜など入りますが野菜全体の分量や果物などほとんど常識的な分量入っていないものね、金がないって考えられないそれなりの食費もいただいているわけで お金がお金が言う場合はどこかで誰かが、何かしているよね 経営に疎いとそれを探し出すこともできませんから、上からの言われっぱなしですよね 胃ろうを造らないのならば自然に口から食べられなくなれば、体重減少して自然に逝くしかないですよね、多少の栄養剤など使ったとしても 選択メニューも今だ、していないなんてそういうところあるの? どこでも大半もう、していますよ、バイキングなんて2~3回行えばどんなものならより多くの人が食べるか比較的こういうものは食べないとか解るわけで、よく食べるようなものは比較的多く出してもクレームなども少ないし、どちらに回っても安い法外の契約金額ではうまくいきません 栄養士の給料だってやすすぎれば、だれも来ないのと同じですよね、食費だって施設施設により多少は違うわけで、値上げすればいいのでは、反対だって言われたって不可能なら仕方のないことで、不可の人はご家庭で見ればいいわけで もっとご家族に言わないと最低限のことが言えてないですね、まあ施設のトップが問題なのでは、医師も止めない当然肺炎はありえることで、入所するときに家族のわがままがどこまで通るなどボーダーラインを決めるとかしないと デイべートと言う会議みたいなことご存知ですよね、八方美人的な考えでは、どこへ行ってもうまくいきません、施設側なら施設側の断固とした考えを、委託で受ける方ならば受ける身としてはそこまでなら断固やらないとか、それぞれの立場で考えを推し進めていく固い気持ちがないと、どちらの言い分もとなり両方受けて考えていれば、まとまるものもまとまりません、追加の内容で感じたことでした、職場変わるのもいいかもですね、悔いのないよう頑張って。

2020/08/07
コメント

献立なのが含まれる、ということなので、献立でもいいし、他のものでもそれらが解ればいいということですね、食事計画案とか、食品構成などでもいいということですね、何度も読めば理解できますので、頑張って。

2020/06/21
コメント

35年やってきましたが、ミカン缶は皆さんおいしくもも缶同様召し上がっていました よく使ったのはアスパラ缶やマッシュポテトなども、生のジャガイモの時もありましたが当然、色々変えないとね しかしあなたのところは問題ありかなと思えば避ければいいのでは 定義があれば、全国統一になり、どこでも同じ内容になります 無いから医師からもいろいろ質問でてきたり、病院によって様々ですよね 摂食嚥下だってコードがあり、およそこんな感じでとなっていてもホントに様々で 今最先端はどうなっているか不明ですが、今後定義は作られる時代は当然来ると思います どちらかと言えば今躍起になっていると言っても過言ではないのでしょうか、疾患に対しDPCになっているので、食事も必ずや統一される時が来ますね 当院では術後や、回復しきれていないときは3分菜ですが、なんせ3分は繊維が入っても微量ですよね、豆類など軟らかく煮て越して出せば仮に繊維とて多量には入りませんから 基本胃腸にやさしいものでいいと思いますよ、なので食材一つ一つは大きな差はないわ、と判断しましたが、2~3品は、そりゃやはりそれぞれの考え方や互いの経験等により多少はねえ~ じゃあそこでいいか悪いかと白黒はっきりつけるとなれば、患者が召し上がって何の問題もなければそれは良しと言うことになりますから 頑張ってください、期待します。

2020/06/18
コメント

病院勤務でした、問題あるときなどは皆と相談しますが、食種が150~200種前後ありましたので、と言うか自分たちで作りました。

2020/06/14
コメント

おっしゃっているように、少しずつ行っていけば薬局の管理栄養士の算定もそう遠くはないと思います、しかしそのためには薬局同士の管理栄養士さんが一丸となってそれなりの成果必要性を訴えていけば必ずや数年後には法律そのものも変わると思います ぜひあなたのお力で変えて行ってくださいね、期待しています、頑張って。

2020/06/11
コメント

焦る気持ちは解りますが、ご自分である程度できるところで頑張りたいもの サルコペニアは、透析患者で高齢者が特に多いと思えばそこからでもよいし、高齢者が多いのは今の日本は当たり前で、何がより先に必要かですね 臨床栄養学を購入予定ならば、様々ありですが病態栄養ガイドブックが管理栄養士としては適切だと。。 栄養指導等に関しての基礎的なことは、無床とはいえ、今年度改訂の部分も栄養士会のホームぺージなどにもありますが、それは今までが解っている人であれば問題ないですが、基礎が不明な人は、看護関連施設基準、食事療養等の実際を読まれるのが、いいかと もちろん今年の10月か11月ごろ最新が出る予定だとは思いますが、なんせ今必要ならば 買って勉強されるのもいいかと、あとはネットでも十分可能かと もちろん最初からネットでもたくさん出ていますので可能ですが、どれが最新か古いものかが消されてはいませんので注意が必要 入職されれば当然ありますが、診療点数早見表 などの目次を観れば、成り立ちが解るし、入院、有床診療所、無床クリニックなどの内容が即わかると思いますし、そうすれば 最低限の内容も解ろうというもの もちろんこれらもどこかのホームページにはそこそこ出ていますよ、特養にて勤務だったとのこと、単に保健所に聞けばいいとかでなく、基本が解れば聞く前にご自分で勉強し、その後こうであるのになぜこうなのか、その疑問をぶつけるのならば保健所等でもよいが、いまどきは臨時も多く、不明な点もいっぱいです その姿勢を持たないと医師と対等に、また互いに切磋琢磨しながら同等のレベルで話ができにくくなります 。。どうしてもならばエイチエの基に聞けばアドレスやその他教えてくださると思います 頑張って。

2020/06/08
コメント

そのバランスがその人にとって、かかわってくることなら問題はそのうち出てくることはあるでしょうね~、使おうとするスタート時によく吟味しないとね~ そういうことがあったとしても今は、これしか他にない、となればその時点から少しの間は使うでしょうし、一概になんて言えませんね、その中身と患者さんのことを考えて栄養管理するのが管理栄養士ですから、頑張って。

2020/06/01
コメント

この食の上がり方はこれはこれでいいのでは、少し気になるのがハーフ 全員ハーフに分食は少なくなりすぎてしまうという感じも無きにしも非ずで、一般の全粥と違い少し少な目の特別のものの全粥でこれが8割くらい食べられればご心配ありませんよとか、全量は若い人やもともとが大食いの人など、御飯のケースや、全量いけているなど言う人も居ますし しかし良すぎる人は、イレウスや嘔吐がある場合がありますから、とにかく焦らないこと、ああ、多すぎたなあと言う感覚はあまり持たせない方が、そういう場合は 食後しばらくして、体とにかく動かせないといけないので、テレビ体操やラジオ体操入れるだとか。。自信もって頑張って。

2020/06/01
コメント

Q&A等にもあります。

2020/05/26
コメント

そういうことであれば、当病院は栄養情報提供加算は基本的に算定していますと、パンフレットやリーフレットに記載しておけば問題ないのでは?  それがしてあれば栄養指導時に一言その旨連絡すれば済むのでは?と思いますが 難しいというより看護師ならば、栄養情報考えるより退院時共同を考えられたほうがよろしいのでは? 違うのかしら と思いますが。

2020/05/25
コメント

じゃあ例えば、低すぎて頻繁に低血糖起こしているわけ? 低血糖の状態ではなかろうかとかの症状が出ているわけ? それこそ主治医に相談しなければ、いくら糖尿病専門医ではなくても、最低限は医師としては解るだろうからね 若い時と違って、比較的コントロールは取れているのではないのですか? 高齢者で頻繁にコントロール不良なんて場合は、大体があまいもの食いすぎたとか、好きなものしか食べないとかで、とにかく医師と一緒に毎日入所者をしっかり把握していきましょう。

2020/05/13
コメント

打撲程度で、薬が処方されていても痛みが取れていないのでは? 痛みが無くならなければアップはしないのでは? おっしゃるようにまずは口当たりのいいおいしいゼリーやプリンやおそうめんとかそのうえで補助食品昼1pつけるとすれば付けるのかな、3食なんてもってのほかで 必要量に達しないからつけりゃいいなんて考えはもってのほかで そのへんで回復できなければ、基礎の体力や免疫力、筋肉等が減少していて復帰は難しいのでは、復帰と言えど今までのレベルに戻すのによ、そこまで到達しないからとつければいいというものではありませんよね、頑張って、これで仮にステッタとしてもここまでしてあれば栄養管理に問題はありませんよね。

2020/05/13
コメント

全額免除だなんて、そうそう多くいるものではありません、仮にレベルがあるにしてもですよ、今はランク下げて全額狙う人も居るようですが、それにしてもそんなに簡単にはなれません、もっともっと自信持とうよ あなたなら確実にできますよ、根拠?特にないが、面接の時だって、例えば全額免除で自力にて卒業しましたなど言っただけで、うん、この人採用しようなどなるのでは、ちっとやそっとのことではへこたれへんわと一般的には人事の人など思うと思うけどな、どんなことでもよい方向へ転換して使わなければ 笑 そういう一つ一つのことを、自信につなげていかなくては、頑張って、そしてお互いこういう気持ちでコロナ乗り越えましょ。

2020/03/29
コメント

もちろんそうならばとれますね。

2020/03/16

お気に入り

みんなのQ&A

プロフィール

ツルキチ

  • [性別] 女性
  • [保有資格] 管理栄養士
  • [上記以外の資格] 調理師、元NST専門療法士、元病態栄養専門師、元DM療養指導士、その他もろもろ
  • [都道府県] 静岡県
  • [現在の職場] その他
  • [過去経験のある職場]
    病院・クリニック
  • [実務経験年数] 20年以上
  • [自己紹介]
    教職小中高8年ほど、後は急性期病院のみ経験、 1951年生。