ツルキチさんのマイページ

投稿履歴

献立レポ

お仕事Q&A

過去に投稿された質問はありません

なんでも相談

みんなのQ&A(回答)

回答

新卒社会人3年め、違った3か月でしたね 涙が止まらないか~けどクリアーしなければね 耐えながら業務している、みんなそうですよ、ううん待てよ優秀な人はそうでもないのかもね、まあ一般人は大半がそうだと思うけど、もちろん小生も でも涙涙と言う感じではなかったなあ、今にみていろいつか私だってだれよりもできるようになるからなと自分に言い聞かせていましたね~ >新しく来る栄養士が来なくなったからと ・ううんここが運の尽き?といえるかも 笑 >入社1週間後から、飯の重量や完成品がどんなのかわからない状態で ・さすがにこれはひどいよね、まず献立作成して自分が作ったのを見て出来上がり予想はしていたものの、こうなんだとか上上、こりゃ、あかんわなどいろいろだと思うのよね、そこから学んでいくわけで、だからここで、できないからと泣くことはないよね >時間内に間に合いそうにないので先輩は常にイライラ ・その先輩だって新卒時は今のあなたと同じで泣いていたと思うよ >私もスピードを意識しながら検品を、必ずどこか抜けて、間違って ・この辺は習うより慣れろ、そのうちだんだんスピードアップできるよ >時間に間に合いそうになかったので、パートさんに ・ま、普通はパートと言えど黙っていてもお手伝いしてくれるんだけどね、それがレベル高いところとか低いところとかになるのでは、相手は新卒だからね、だれもが通過してきたところなので、本来はだれでもが人生の先輩として手助けをするのがノーマルでしょ、ま、負けず嫌いの人など頼まないと思うけど、ああ遅れるわと感じた人は自然に手助けしているのが普通の人間だと思うけどね、今どきは、テメエでやれと言う感じなの? か >私は物覚えが悪く、行動も遅いので ・そんな事改めて言う必要などないの、社会に出れば皆同じだから、早くするように心がけて五感を働かせ、全身で受け止め集中すること、威圧的な返事で? ウウンそんなつもりはないと思うよ、余分なことはあまり考えないこと、仕事覚えるまでは1~2年はかかるしその間はとにかく仕事に熱中することです、だれでもがそうしてきたのです、それでこそ少しその分野の仕事が解ってきたといえるのです お休みはゆっくりしましょう、心も脳も >新卒はみんなこのような経験をする ・しますね、早い人はバイトで皆経験するから、お金をいただくのは簡単なことではないと改めてバイト時に感じますし、とにかく、ま、焦らないで少し緊張しながら空を仰いで前進しましょう。

2021/06/14
回答

そうです、でも今人数入っていたかな、この辺は最新の法律でないと。。 今ここで断言は恐れ入りますがちょっと 介護関係は介護保険上の特定施設、食事を提供する特定給食施設、はたまた法律的には健康増進法、老人福祉法、社会福祉法、そして一番考える介護保険法といろいろな法律が関わってきてしかも言っていることがそれぞれ違う?ようなこともあり戸惑うばかり 障がい者関係は総合支援法がまず第一だと思うし、これができたときこれの1本化と思いきや全部今まで通り??割愛された部分があるにせよ、いろいろあって大変! 笑 要は一番お金に関する介護保険法(栄養士にとっては一番大事なような? )を重視したいし、ここで管理必置基準になっていなければ、当然給料関係してくるだろうし、また大きなことも言えないしと感じた次第、人それぞれいろいろな理由で就いていると思うし、あくまでわたくしの言いたいこと、それに自治体によって特定になったりならなかったりなど人の、努力以前の問題で変えられてしまうことなど私には我慢できないし。。お粗末 いずれにしても頑張って。

2021/06/11
回答

介護保険上での加算についてですが ケアハウスは特定施設には分類されますが、あなたのところが特定施設になっているかどうかは不明です、何故なら自治体によって特定施設の数が自治体の判断で制限されることがありますからまずは偉い人? に聞いてみなければ 笑 こういう施設は特定施設でスタートしても途中からそうでなくなる場合もあるようで、その反対に途中から特定施設になる事もあるようです そのうえで特定施設になっているのならば、口腔衛生管理体制加算、でもこれは栄養士に関係は薄いし、口腔・栄養スクリーニング加算、これは1回20単位、6月に1回限度、半年に1回で1単位10円か12~13円までですよね、約200円です、でもまあ介護職員と連携評価と言うことでもないよりはいいのか、この辺なのでは? まあ介護保険での人員基準から言うと栄養士は必置ではないから、栄養士は関係ないから情報も届きにくいのかもね、ま、頑張ってください。

2021/06/08
回答

透析食などはガイドラインがちゃんとあるし、食事療法基準があるので基本其れにのっとって作成するのでは? あくまで病院の場合のことですが 病院の場合は各会とかで決められているガイドラインやマニュアル等に沿って行いましょうとありますので普通はそれに沿ってですよね 基本的にはエネルギー、たんぱく質、食塩相当量、水分、カリウム、リンが記載されていますよね、そんなところなのでは? 条件と言えば条件になるのでは?

2021/06/07
回答

低残渣食についてですが、患者の状態がどのような状態の時に必要な食種なのかをまずしっかり考えたいものです そして消化器疾患術後すぐなのか、CDやUCの比較的安定している時なのか等が大事になってきて、それらにより内容も多少は変わってきたりするものなのでは? さらにそれら疾患に対しての専門医等にも相談したりすれば、おのずと当院ではこういう患者が多くこういう食事がより適切だろうし、順調に回復しているし、炎症性の人たちなども安定していて良好なコントロールが保持できているとなれば、使えるもの、この時点では避けたほうが良い食品など大まかな分類などもできようというものではないのか 1品1品いいのか悪いのか皆さんのところはどうかと言われてもね~。。 だからいろいろなことがいろいろなところで書かれているし、どっちなのとなるわけでご心配ならばまずは安全を考えて現時点では避けるのがノーマルな考え方なのでは? 早い話其れを食べても問題なければいいわけで 笑 (嫌みじゃなくていい意味で、ですよ) 要するにいろいろな考え方の人が居るし、患者の状態は様々で多くの症例を観ていきだんだんと確立できると思いますが 基本は食物繊維の多いものを控える、低脂質、ビタミン・ミネラル補給、消化吸収はもちろん考える、ならば自然と大まかに分類できるのでは? 無理ならば2段階にするとか、そちらでの意見がまとまらなければ、専門職の人たちのアンケート取ってみるとか、管理栄養指導士ではあまり意見が違う場合はほぼなかったですね、お一人職場ならば研修会などで討論するのもいいのでは? 一般的にはサバは使わないのでは? 患者も油多いのにいいのとほぼ質問が来ると思いますし、ここの食事考えているのかしらねなど言われかねない? 笑 まずは白身 安定期ならば使う人も居るでしょうね カツオやマグロ、さわら、トビウオ、赤魚等々サバ、さんま、いわし、ぶりなど使わなくても、アジなど安定期なら使うでしょう >3分粥食、低残渣食でかにかまぼこは ・そもそも3分菜で低残渣食って出来ます? 術後すぐならば5分菜くらいになった時点から低残渣の特別食にする意味あるのでは? 特に昔医師など術後は低残渣出してなんてよくきましたが、低残渣言うほど野菜はたくさん使っていませんし、乳製品はヨーグルトが多いしなどなどになるのですよね それこそ一般的には白身魚、卵、豆腐、ふわふわのはんぺんとか、麩などまず考えません?悪いわけではないでしょうが、5分レベルになれば違和感なく使えるのでは? >低残渣食で、使用食材としてパイン缶詰 ・缶詰めでも使わないのでは? でも今ならスイカなどもあるし ミカン缶やピーチ缶など使うのでは、何か少し感覚違うかな。皆さんおっしゃるように間違いとかではないですが >低残渣食の献立についてミルク系のゼリー ・まずプリンとか、実無し茶わん蒸しとか、乳製品はどうなのなんて考えるときに、ミルク系ゼリー出す? >使用不可にしていましたが ・もっと自信もって、あなたの考えを説得させて、ほんと自信もって、要は召し上がってしばらくして問題なく検査結果は安定しているとか、改善出来ていればその時点でのその人にとっては大丈夫と言うことなのでは、だからそれがより多くの人に言えなければいけないから心配な場合は避けるのでは >低残渣食に寒天のゼリー ・一般的には使わないと思いますが、頑張って。

2021/06/07
回答

おっしゃるように合っています、頑張って。

2021/06/06
回答

>栄養ケア立ち上げに伴い採用された ・ううん、この時点で土台つくりを自分がしなければいけないので大変だろうなと承知はともかく覚悟して入職しました? 笑 >各会議に参加、厨房の様子も知るために時々厨房業務に参加している ・自らそれをやるのは素晴らしいですね >厨房業務を担う栄養士さん ・管理と単なる栄養士としっかり区別したいもの、あくまで栄養士さんですよね >ご飯は計量していない ・こういうところがまだあるんですね~ >ご家族の差し入れや、利用者が好きなものを食べて ・地域の小さなところ20~30人未満のところですか、ええっと、一応特養ですよね、このままなら数年先減算間違いないですね 笑 でもだから採用されたのですが >約束食事箋は必ず作成するべきものではないのですか?基準になる物がないので ・必ずではありませんが、無ければ個人献立で全員の献立を作らないといけないのでかなり大変です、基準? そりゃその施設にどのような人が入所していてどのような食事が多く出ているか、どんな疾患持ちの人が多いとかそこからですから、1日何kcal必要な人が多いから、丸目で基本はいくつにしてとかなりますからね よその特養がそうだからうちもそうだということにはなりませんね、もちろん近いものにはなるでしょうが >実地指導(監査)で約束食事箋がない事を指摘されること ・栄養マネジメントがしっかりできていて、それなりの成果が出ていれば指摘はないと思いますが、なぜないのと問われてしどろもどろではね~ >今後作成する場合は、管理栄養士・栄養士が中心になって作成すればよいのでしょうか? 嘱託医はおりますが、食事に言及することはない ・と言うより療養食は、医師の依頼食事箋が必要になりますから、ほぼ素案ができた時点でこれでいきたいと思うけれど、医師から見てどうですかぐらいのご指導は仰がなければ、今後仕事をしていくうえでまずいことになりませんか >今後療養食加算を取る際は嘱託医に食事箋を発行 ・加算非加算ではなく、栄養マネジメントが行われている場合、食事箋は必要と事務処理にも書かれています >ご飯を計量していません、要求されれば大盛り、血糖値が不安定な方には目分量 ・これでは栄養マネジメント以前の問題で、栄養管理そのものができていないので減算対象です、1日14単位減算は積もり積もれば大きいですよ、特養は介護保険を使っていることをお忘れなくと申し上げたいです >なぜ管理栄養士を採用したのか ・自分で大きな声で言っていかなければね、そういうことが覚悟なんですぞ >しゃしゃり出でいいのか ・どんどん出ればいいのですが、人間関係をうまくやらないとね、あなたの腕の見せ所 >いいねを押して頂いたら励みになります ・私に言わせれば甘いですよ、介護士看護師他、最初は味方になってくれる人など居ないのでは、粘り強く、我慢強く、目に見える形で小さなことでも成果として出して上にも認められなければ、ちゃんとした土台ができた暁には、施設内全体から信頼はされますね、間違いのないことです、力振りしぼって! 頑張~れ。

2021/06/06
回答

まず食事中の水分量の簡易計算式の根拠と言うことだけれど、その前に人が1日に必要とする水分量で記載してある内容とて様々です、間違いとか言うことではありません、1日2000mlとか2200mlとか、最低限は体重×30ml前後観れば生きていけます、疾患ありや重篤などで、㎏/27~28mlだって当然ありです、要するにその人の今の状態を考えて常に変化してくるということです、そのことをまず頭に入れて水分は考えたいもの で食事中にと言うことで、ううん1食1食にどのくらい入っているかですね 大昔全部一つ一つの食品を成分表の水分から計算しました、でも昔の栄養士は皆そうですよ、牛乳とほうれん草はどちらが水分多いと思う? や、せめて主食の飯やパンや餅このくらいは覚えないとやっていけないのではと感じますが それらから判断して食事内容の重量の何%? と判断するのだと思います、それこそ根拠は成分表の水分でいいと思いますが、確かなこれと言ったものはないと思いますが >食材の総重量×0.6という簡易計算式は、どのような資料、テキスト等 ・確かなものとしてこれと言って聞いたことはありません、新たに出たのであれば必ず書かれています それにしても6割とは7割か7.5割くらいならよく聞きますが、これも考え方次第です 大方は飯の分量はどのくらい、パンは1食入っているのか、汁物が3回つけば(あまりある話ではありませんが)1人分150mlとして調理中の蒸発等考えても120ぐらいは計算するだろうし、牛乳等は100mlなのか200mlなのかでもかなり違うし、摂取量と考えればおやつのお茶、食事時のお茶など計算すればさまざま 1か月分すべて詳細に計算してみれば、主食は、粥の場合は、肉類平均は魚類平均は、野菜類は等々計算してもほぼほぼ合ってきますよ、昔の人は全部計算して出していたのです、 そこから施設の入所者様に当てはめ、詳細に出して学会で発表し論文を書いてくださいな、現時点であるのかなあ~、たぶんないと感じますが、十分納得できる事柄だと思います、 と、こんなことしか言えませんが、頑張って期待しています。

2021/06/06
回答

>うちの病院では、献立作成・調理・配膳を完全委託 ・いわゆる給食管理はお願いをしているということですね >検品の際は、委託側(病院の管理栄養士)が、現場に入って配膳チェックを行っています ・食材の検品ではなく、一人分の膳がOKかと言う意味での検品ね で、これは委託側がしている? 施設サイドの管理栄養士がしている? 上記の書き方だと不明! 基本は契約ですべてお願いをしているのならば委託サイドがちゃんとするのが当たり前ですね、それが不安??だから施設サイドでも行っている? と言う意味にとらえていいのかしら >検品チェックを単独で担当するようになったのですが、委託会社の配膳ミスが多い ・今は? 最近は施設サイドだけの管理栄養士が検品しているという意味ですね?? そもそも委託しているのになぜ施設サイドでまた検品しなければいけないのか、そこがなんとも、何のために委託しているのか、正しく出来上がっていてOKではないの? 無駄な働きは避けたいですね >現場の方がダブルチェックを行っているので、実質私は3回目のチェックになります ・業務内容がお互いになあなあになっているのでは? ちゃんと区別したいもの、もう1度再確認したいですね >簡単な配膳ミス(ふりかけが別の患者さんに配膳されている、ストローが付いていない ・これらは委託側にインシデント報告書やアクシデント報告書をしっかり書いて提出してもらうことです、委託サイドだけで解決できなければ、施設側の管理栄養士がしっかり分析していつもミスする人が同じなのか、だれがやってもミスするのか、だったらやり方が悪いのだろうし、流れや内容を再確認する必要があるならば、会議の時に議題として出すか言っても言っても改善されなければ委託先を変えなければいけないし 書いて提出してもらう時は、いつもあの人だからと考える前に、中には私じゃない俺じゃないお前書けなどと言われ仕方なく書いて出している人も居るから、事柄そのものをどうしてなったのかなぜそうなったのかちゃんと栄養士の目で正しく観て分析し、どう改善していくかなど考えたいもの もちろん委託側のここでの管理者とお互いによく話し合って改善したいもの、ちゃんとできれば劇的に件数は減少します、経験者からでした、頑張って。

2021/06/04
回答

一概には言えないが、大半はあくまで鉄分の欠乏に由来する患者の場合は加算算定できるので、ヘモグロビンだけでOKの場合だってあるのでは? 医師は貧血か! どの程度かとその時点で詳しく知る必要があれば、当然白血球や血小板、血清鉄、フェリチン等等検査していますから。

2021/06/03
回答

確実に安全ですなんてどんなサイトでも言えないと思いますが、少なくもそこそこ、ここは安全と判断してもよいのでは? レベルそのものはともかく、疑問に感じたらあなたご自身でなぜなのか理由等聞いてみればいいのでは それでも不安に感じたのならば、送らなければ面接できないのであれば結構ですとか、その場で観ていただくように持参しますとか 笑  トライするなら頑張って。 とにもかくにも、トライするなら頑張って。

2021/06/03
回答

もちろん1ですよ、医師のところで句読点になっていますから。

2021/06/02
回答

まず1、本来療養食は医師からの依頼の基に提供するもので、そのうえで本人(認知症ある人別)か、家族の同意が得られなければ療養食は介護施設では不可、得られなくて6g未満の食事提供ってえっ? お金がいただけないのに余分な労作をするわけ? だから栄養士は云々言われるのでは、お金をいただくから時間をかけて作成した献立なんですよ、違うの 病院は医師の言うこと聞いて治療して治るのが普通だと思うけど、介護関係はまず本人、家族の言うことですね、なので素直にスタッフの言うこと聞いて行えば基本的には体調良好になるケースが多いのでは? しかしその提供内容が必ずしもより正しいとは思えない場合も結構あるので改善が難しい。。 何のためにそれぞれのライセンスを持っているか考えたいもの 6g未満で非加算なんて、無駄なことはしないようにしましょう、加算を取られたくないのは誰だって同じなのでは? 説得しかなく聞き入れられなければ一般食提供ですよん 仮にかわいそうだなんて思うならばあなたの給料はどこから出るの?かな 特養老健等は加算算定してもショートのところは算定しているところ少ないですよ 2は今も変わりないと思うけど特養とか老健は原則配置医師が主治医にもなるが、ショートの場合はあくまで配置医師は関係ないと思います、原則施設外の自分にとっての主治医がそのまま活かされますし >配置医にお願いすればいいのでは無いかと、配置医の同意が得られない場合は、ショートステイでは加算は取らない ・同意が得られないに決まっていますよ、お金が医師としてもらえないですからね、ノータッチが原則ですから、あくまでショートは関係ないわけです、なので何かあれば例えばQQ車で病院に行く場合が大半ですよね、おっしゃるようにショートは加算算定しているところ少ないのが現状です、内もそうしましょうでも、もちろんいいですよね >時間的余裕がない(療養食は提供する前に献立を作る為)という ・ウウン一般食は献立、作成しないの? 一般食を作成するから即簡単に療養食もできると思いますが、まとにかく頑張って。

2021/06/01
回答

なんていうのかなあ~ 私に言わせると人の栄養管理ができていない?不明なのでこうなるのかなあと感じましたが 難しいこと考えるのではなく自分自身の栄養管理例えば1か月間徹底的にやってみたらすごくよく判り理解できると思うけど 朝起きていろいろやって朝食ざっと600kcal前後食べられたかなと、午前中はいつものこの仕事で昼食、おおまか600kcal前後、午後はよく動いた今日は! 夕食は8時500kcal前後か、風呂上り牛乳か単に冷茶かなど、ま、こんなもんで 翌朝朝飯前体重計測、いつもと変りなし。。。こんなんやれば自然に考えなくても適正体重維持でき健康保持とか、ここから介護施設の介護度がついている人たちのこと、疾患持ちの人そうなるとどうなる?とか スクリーニングって、ここでは 状況 で書かれていますが、要するにリスク者の選定、低リスク栄養者、高リスク栄養者?とおおよその判定で、いわゆる状況なので今の状態はと言うことになるよね、いろいろな言い方がありますが法規などの文言とは違うわけで、其れしかないのかいろいろな言い方があるのか、その区別はしなければ アセスメント、モニタリングは書かれている通りですが、書かれていることが理解できていればこのQはないような気が 医師はじめ看護師、薬剤師、栄養士等どんな職種もこのスクリーニング、アセスメント、モニタリングはあり、PDCAサイクルで回っています、栄養士は事細かく一つ一つの内容まで書かれていますが もっと考えれば人生そのものがPDCAサイクルです、それを考えないで改善を試みない人は60年生きても80年生きても進化してないのでは >空欄で良いでしょうか?今までモニタリングでも上から下まで全てを埋めていました。区切りが分かりにくくなんだか空欄が不安で… ・スクリーニングもアセスメントも令和3年度のところのQ&Aのところにもありますが原則的には記載するとありますよ、確認できない場合は空欄でも構わないと そりゃそうでしょ、だってなんだかんだ言っても総合評価欄があり、1か月、3か月6か月とありその時と比較してどう変わっている?とありますからいわゆる改善とか維持とかね これこそがああ改善している、ああ、年齢には勝てず他の理由もあるのか、維持が精一杯かとかなどになるでしょ 要はここが最も大事で なんでそんなに忙しいのか3区分に分けてやっているのでしょ違うの? 記録はこの様式例を自由に変更してもいいのだし自施設がやりやすいように皆で変更部分考えてもいいし、ただし必要な事柄が落ちていればアウトになるのはもちろんの事 モニタリングってモニターを見てどうなっている?みたいなことですよね 体に何かつけていれば判りやすいけど、そこまで重症ではないから、それが 計画を立て実施してみて目標達成状況はどんな感じ? となるわけで、成果測定、記録等など 最終的に総合評価、これが1か月3か月6か月と人により短期間から長期間まで、もちろん生きているから変化はあり、移動は常につきもの これの繰り返し、いわゆるPDCAサイクル 記録やチェック、状況を観察、だからここで他職種と意見交換とか栄養士の意見を通すとか 笑 目標達成とか で評価になるわけで もちろん見下げるつもりなど毛頭ありませんが、ううんやはりこれがアップアップとか判らないとかになると、実習で何を学んだのかと疑いたく。。 しかしご自分で分析できているので、良しとするか~、というより必死になっている様子はうかがえますが、ご自分である程度考えないと 栄養量などは1か月3か月6か月で考え方はいろいろあるのでは? 規定はないと思いますが、平均どのくらい食べられている?となるので1日だけ抜粋して100%と書いても体重が10%減っていたらどうなるのかなあ? とか思われません? とにかく頑張ってほしい限りです、記録は大事だけど記録にだけ神経がいっていて、入所者の肝心な様子の変更が把握できなければ栄養マネジメントしているとはいいがたくなってしまいます、まして老健などは何よりリハビリが大切になってくるし 人間の栄養管理ってそんなキチキチとしていることばかりではありません、この様式例に書かれている事柄は、偉ぶるつもりは全くありませんが、病院栄養士は皆ソラで栄養管理実施加算で患者訪問した時の5~6分で把握し(スクリーニング)、アセスメント計画、実施、モニタリング、評価の繰り返し、急性期基本料1の病院では3週間前後でPDCAサイクルしていますよ、あなたにとっては回答ではないのかも、とにかく頑張~れ。

2021/05/31
回答

まず焦らないで、3~4年たって統計出してみるとすごくよく判ります たくさん見学したって、まあ同じですよ、あなたなりのもの見つければいいのでは 伝えられているか、一方的になっていないかと言うことですが、どんな感じでも内容でもいいのですが、肝心は指導したことがそこそこは理解して食生活内等が変化してそれが検査結果に結びつき、改善されていて、しかも患者さんの体調がよくなった、以前とは違う、気持ちがいい、とか気分がよくなった等々前向きに明るく言ってくれて初めてそれなりの成果が出たと言うことで、自分の指導したことが活かされているとなるわけで 言い方は仮に下手でもいいし、流れがどうかなどおっしゃるように悩みはいつになっても無くならないと思います、でもそうなったときほんとにあなたがおっしゃるように、あの栄養士さんに聞きたい教えてもらいたいとなると、本当にうれしいものですよ、必ずなれます 焦らないでまっすぐ患者さんのこと第一に考えて今後も指導してくださいね、何よりそうなると医師からダイレクトに来るケース多いし、相談も多くなります、頑張って期待します。

2021/05/29
回答

でもサンプルはどれもすべて、特別な栄養管理の必要が否かどうかだけで 余分なことは書かれていないですがね まあ大半必要だから、別に栄養管理計画書が必要でそれに記入するわけで しかしどうしてもならば、ま、さしずめ私なら 治療終了後というか手術後と言うか、その辺定かではありませんが、主なる治療後は経口摂取へ、5分粥ないし全粥あたりで○○特別食へ、栄養指導などなど。。書くのかなあ~ 笑 兎に角現時点で考えられるもの記載とありますからね、おそまつでした。 

2021/05/27
回答

ふーん、とため息が出てしまいます、一口に病院管理栄養士とは言えど、どう考えても大病院ならば一通りのことすべて把握覚えるには3年は必要です、7年くらい居るとやっと何でもできるようになったのかなと言うレベルだとわたくしは思うのですが。。 一人職場ならオールマイティ―になるまでに2~3年はかかるのでは そして医師と討論勃発でも自分の意見主張して通し、それなりの結果が出る時のような気がしますが、軽薄短小の時代の今はやはり違うのかしらね 1年目で入ったばかりでスキルアップ?? 現時点でそれ考えます? 今の仕事もうすべて把握覚え、自分で何でもできるようになったのかしら、であるならばスキルアップも考えるのでしょうが、今はそんな余裕ないのが新卒社会人だと感じるのですが、どんな職種であれ新卒社会人はデートをする時間もなくプライベートな時間作るのさえ難しいというのが本音と言うか当たり前だと思うのだけれど。。。 そうすることでいつの間にか、自分が伸びていること感じるし、知らず知らず専門的な知識も実践できる内容を身に着けているのです、そこではじめてもっと高みを望みじゃあ患者さんに還元できるなにがしかの資格など身につけようかなど考えるのが普通のコースだと思うが。。別に普通でなくてもいいのだが 現在で栄養管理栄養指導、厨房管理などだれに聞かなくてもできているのかなど老婆心ながら余分なこと考えてしまいます 一般的に思うことですが これら出来ていないのに、先走りばかり言う栄養士が多すぎるから、栄養士なんて居ても居なくてもおんなじだとか、役立たずとか、医師や薬剤師、検査技師、看護師などから一目も置かれない人が多いのではないのか、そういうことが社会にダイレクトにつながっているから管理栄養士って何している? など未だに言われるのではないのか 今回の質問で改めて考えてしまいました、何はともあれネット調べればいっぱい出てきます、頑張って。

2021/05/27
回答

うん、まあ最後まで学歴はなんだかんだ言ってもそこそこは関係してきますね、でも途中から給与体系で特別昇給があるとか、毎年1段階ずつ普通は上がっていくと思うけど成果残す人にはそれなりに1段階途中で上がるとか、何等かはあるのが普通だと思いますが 年齢はいくつ違うのかしら? 2つ3つ?? このくらいでしたら同じぐらいは当然ありでしょうが、低いとなるとどんだけ~が大切な部分のような気がして 笑 本当に力あり成果出し、病院のためになっている場合はそのうち必ず上がりますよ 上は上で見方がそれなりに人により違うし、なんともと言う部分は確かにありますが、 その昇級試験て何なのか  そんな試験があるんですね いわゆる給与体系の級を上げる試験なの?  ま、いずれにしても頑張ってほしい限りです。

2021/05/26
回答

基本は透析食で6g未満であってもこの患者の場合、食塩相当量制限は今のところ必要ないとの医師の指示がある場合は透析食と言う食種名で加算算定できますね、もちろん個人献立を作成は当然のことですが しかし、今回はノーマルの制限がある場合について、パン云々の問題、まずは管理栄養士としては無縁のパンを考えたいもの、それが不可の場合、少なくも3食はどう考えても無理、可能ではないことしっかり指導しないと、不振のためにならば一旦は普通食に戻すべきではないのかしら 食塩相当量6g未満は重要事項ですから これがオーバーしていれば取れないと言うより、範囲をしっかり守らなければ特別食としての意味がないわけで、できないのならおそらくは食欲が上がるであろう普通食を提供とか考えないと、と感じました、ま、こういうことができない人は透析自体順調に長い間できるとは到底思えませんが、患者さんと良く話し合いをしながら、検査結果も観ながら主治医ともよく話し合って栄養管理してくださいませ、期待しています。

2021/05/25
回答

ウウン、考えとしてお楽しみ程度ならばどう考えてもそれほど多くの分量にはならないわけで、例えば100ml~200mlも飲むことは不可能に違いないのでは? 経管とはいえ、経鼻なのか他なのかそれぐらい書いてほしい限りですが その分量が飲める、食べられるのならば、今現在なぜ経管栄養なのかと疑問も生じるわけで ならばICUとかの例えば20mlも今は問題であるなんて場合ならともかくそのレベルの状態の人がまた介護施設にいるのは考えられないし、まあどう見ても100m以下なら問題ないのでは、私はそう思いますが、まあ体重20㎏なんて場合になどなれば、もともと体重が少ないし100は大きいから考えるけど40㎏前後ならば基本問題ないですよね あなたご自身は、水分について、どう考えて今水分はどのくらい入っていると判断されているのですか? 判らないから人の意見もいいのですが、まずあなたはどう考えてどうやっているかが問題でそれがしっかり言えないと栄養管理もマネジメントもあったもんじゃありませんよね、別にあなたがどうのこうのではなくて、介護施設などに勤務している人の栄養管理について毎回感じます、いずれにしても頑張って。

2021/05/23
回答

経験はありません、周りにはありますが、中には役目終え昇進する人もいますが、ごくまれなのでは。。。 出向ね~、出向は契約内容がどうなっているかが問題で、そこのところしっかり最初に聞いて納得してからでないと後々大変です、給料の支払い義務がどこなのかとか、業務内容は出来高なのか残業関係ないのか、何時間オーバーでもできてなんぼなのかとか、そりゃ考えものですよ、まして新卒3~4か月なんてありえるの? 今コロナ渦だし当然こういう働き方増えていたりして、即、クビなんてできない時代だし、ちゃんとご自分で派遣、左遷などとどう違うのかメリットデメリットなどしっかり聞くなりしてからお受けしないととんでもないことに、まあ就くこと自体無くなること考えれば仕方ない場合もあるのかもですが、業務内容以前の問題だとわたくしは思います、ちょっと感じたまでを、何でもいいとあったので書いてみましたが、落ち着いて考えて最低限聞くことは聞いて納得してから頑張って。

2021/05/21
回答

移行中でハーフならば、1400kcal??前後食べられるよになってから、腎食にすれば問題ありませんよね、半分しか食べられない状態なら腎食の意味がありません、当然非加算ですね 普通食でよりおいしい食事を提供してとにかく食べられるようになることが肝心ですので おっしゃるように今現在では、非加算になりますね、最低1000kcal前後あれば身長体重により腎食もあり得るでしょうが、700ではね、自信もってお進みください。

2021/05/21
回答

>医師に一言もなく指導オーダーをこちらで入れてもいいものなのでしょうか? ・ううん、当然担当栄養士が主治医に特食召し上がっているし栄養指導行いたいので依頼書書いてくださいねとこちらからお願いに行くのですよ、栄養に興味なければどんどん書いてくださる医師はそれほど多くはないですよ しかし今はチーム医療が行われるようになり、大昔とは違い俄然栄養指導は多くなりましたが いくら栄養が世の中全体に考えられる時代になってきたとはいえ、しかしやみくもに言っていけばどんだけの効果あるのと言われるのは当然であって、そこはちゃんと回答できるようにしてアタックしないとね、そういうことしないから管理栄養士だけはどんどん置いて行かれます >パスに組み込まれているものは、医師も了承の上だと思うので医師の指示として捉えられるかと私も思いますが…。 ・医師も了承とかよりパス内容作るときに当然管理栄養士も内容吟味に入り、ここで栄養指導入れて退院へとか言わなければ・・・思うで終わってしまいます 産後のGDMは正常化する場合が多いとは思いますが、将来DMやメタボなど発症しやすいので長期的管理が必要だろうし、まその辺は患者さんにより様々でしょうが 小児科なども今は栄養バランスよくない子多いですよね、まいずれにしても頑張ってほしい限りです。

2021/05/21
回答

>前の職場で献立作成をしていましたが、潰瘍食にじゃがいもを避けるなど考えてもみませんでした。むしろさつまいもの方が不向きだと思って ・おっしゃる通り全くその通りだと思います、なぜなのかしらね、まあいうなればジャガイモの芽のソラニンとかが問題になるとか?? 笑 だってあなたがおっしゃる通り、見当たらないもの、むしろさつまいもとかのほうが総合的に観ても避けるよね >純粋に疑問に思って知りたいだけなのです ・本当にわたくしも理解できかねますね、胃潰瘍はまあ、他消化器系の大手術後においても便秘に傾くか下痢のどちらかの場合が多いし、けど術後何か月ぐらい? 数年後? 等によっても変わるし、本来ならどちらにも傾かないで健康人と同じで排便コントロール良好になるわけで >具体的で身バレしそうな質問のため ・ここの人たちはすぐそれ言うけど、まさか様々多種多様問題点疑問点あるわけで判るなんてほぼありませんよ、頑張ってでは失礼。

2021/05/20
回答

あなたよりはほんの少しだけ長く生きてきた者の感想です まず1年前の話かと思ったぐらいですが、今のことでしかも医療系と福祉系、視野に入れるのは結構ですが、ううんできることなら1年前にすでにどっちかに決めてほしかったですね スタートは早い方がいいですから、しかも医療系なら歯科医院? なぜなのかしら ま、その理由はともかくとして、50年くらい前と違い、今や世界でトップの超高齢者国となり摂食機能、咀嚼機能等を含めた食生活指導や栄養指導等必要になってきましたが、まだまだ薬局や幼稚園などと同じようなレベルの分野ですもの どんなことを聞かれる? まああなたはここで何がしたいかですかしら 就くことは一生の問題です、人と比較などする必要もないし焦る必要もありません、本当に管理栄養士として就きたいならば、何と言っても必置場所を探すべきだし、そうでなければいかようにでもなるだろうし、自分でやる気があればどんなところでも改革開発改善など今の時代は可能です、夢をゲットするよう頑張って。

2021/05/18
回答

>糖尿病には減塩は必要ないと看護師から言われました ・糖尿病には必要ない場合もあると言うことで間違いではないでしょうね 肝心なことは、わたくしたち管理栄養士が栄養管理栄養指導等する場合は、疾患はもちろんですがその人を観ることですよね、要はひとりひとりの内容状況等をしっかり把握することが大切なので だからあなたが言われた、高血圧や、肥満、腎疾患、動脈硬化等等の合併症がある人の場合は、または予防する場合必要な人も当然出てくるということで、看護師が言われたように必要ないとは言えないということですね、それくらいは新卒にしたって経験ない人だって言えると思いますが、だから必要な人も居るということですね、自信持ってほしい限りです、そういわれたら他職種を説得させたいものです、臨床とはいえ最低限基本的な事なのではと思いますが またその見極めが管理栄養士は必要だということなのでは? >塩分はインスリンの分泌にも影響するので、2型には減塩は必要 ・今はそうなんですか? 2型がそうなら1型でも言えるのでは? 診療ガイドラインを観ても、食事療法はもちろん有効であるというのは推奨グレードAですが、塩分そのものがインスリン分泌にも影響するということ、どのように? なので何をどう注意したいのか、学びたいものですね、薬物療法のところには詳しく書かれているのかしら 10年ひと昔とは言いますがまさにそうですね、昔聞いたことあったっけかなと。。。 半分の回答で。。、頑張って。

2021/05/08
回答

ともに指示箋があっても、クリニカルパスや糖尿病教室の中の栄養士担当の栄養指導とかなら集団栄養指導になりますから 中身が全然違えば、初回は30分以上だからまあ二人になれば単純計算で1時間以上にはなるでしょうね また栄養指導記録を作成し、指導内容の要点及び時間も記入するから、前半親、後半子とかになるのかしらね これなら問題なくクリアーしますが 総合的に1時間二人同時に行えば、考え方見方によれば集団とも受け取られかねないし、時間記録もあるから時間が長すぎるとか、1時間もやって、まして初回だけではないなんてなれば、次回から時間が長すぎて無駄なことしている? なども詮索されかねません 合理的に済ませたいのは判るが、同時間の記録はしっかり考えて行いたいものです 最低限の基本は、レセプト関係者に聞けば教えてくれますよ、頑張って。

2021/04/28
回答

まあ難しいと言えば難しいのかも でも大学の先生たちは言っておりますよ、優秀な人達は皆病院へ就いていますよと けど優秀ってどうなのなんて思うよね 笑 中には棚ぼたの人も居るものね 抑々大学で就く時に病院へ就いている率がどのくらいなのか、多いところで卒業生の3割、個人のクリニックなども入れて 少ないところは1割もいません、そのことを考えると狭き門だとは言えるのか しかしその気になりあらゆるところにアンテナを張り、其れなりに考えて常に行動していれば少しずつ夢は実現すると思うけど 私でさえできたのですから、病院の種類もありですね、独立行政法人関係、私立大学付属病院関係、その他諸々、ホームページの職員採用状況チェックするだけでも様々ありです また大学の就職関係部署を常に訪れ情報をチェックし、ニュースは流してもらうとか >給食会社等に就職してから転職するのがいいのでしょうか ・まあいいという人たちは、要するに就くことできない人達は言うでしょう、無駄にはならないが、道はどんどん遠のいているのでは、中には行ってよかったという人も居るけれど >病院で経験を積むと、転職する際有利だと学校で言われたのですが実際の ・そりゃ有利でしょう、相当できる人達、できるだろう人達は、最初から委託や給食のみのところには就きませんから、最初はだれでも望みだんだん狭くなりそういうところしか行けなくなり、仕方ないからまあ就くという人達も裏を返せば結構多いですから 栄養指導やNSTは大変ですがほんとにやりがいがあります、実際にやった人たちからダイレクトに聞かないと真実は判りにくいと思いますが、頑張って就いてください、応援しています。

2021/04/27
回答

日本人の食事摂取基準 2020年版の実践・運用にすべて詳細に書かれています でもね、学生ならなぜ大学?学校?の先生に聞かないのかしら お金出して通っているだろうに、回答が正解だかどうかもわからない ここにになぜ聞くのかしら 信じられません、ま、どうでもいいけどあなたなりに頑張って 全部読み終え理解すれば、スッキリしますよ。

2021/04/19
回答

>糖尿病があるにもかかわらず、全粥食が提供されていた患者様がいた ・えっ?と言う感じですが、当然そういう患者さんだっているでしょう、だって常菜レベル、米飯でかたければ、軟菜、全粥レベルだってもちろん当然いるわけで >医師に糖尿病食への変更依頼を出したところ、必要がない ・当たり前でしょう! そんなバカなそんなこと解らん栄養士なら辞めちまえくらい大病院なら言われますよ >全粥食(1600kcal)のため ・軟菜レベル全粥で1600のものを作らなければ >当院は糖尿病食に対しては1200、1600、1800kcalの献立があり、あとは主食で調整し ・主食で調整はいいのですが、形態いわゆる粥でもある程度は作れるというところ見せないと >そのやり方もおかしいと言われました。たんぱく質も含めたすべてで調整 ・本当に当たり前! それでこそ栄養士なのでは? そこまで細かいとかでなく、ごくごく普通のことです 考えに考え抜いて頑張って。

2021/04/14

みんなのQ&A(コメント)

コメント

計ってないからと言うより適切な最低限の栄養と言う意味です。力ある方だと思いますので必ずできますよ、頑張って。

2021/06/06
コメント

えっ、認知のある人は胃ろうは作らないとは言っていません、ケースバイケースです、 この方は94歳、平均寿命もとっくに過ぎている、いろいろありだからですよ 例えば70歳で基礎疾患無し認知症重度だとしても造設するのでは?、一概には言えませんが また莫大な財産があり、家族の意向であと半年はどうしても等の時には、活かせることいわゆる延命だってする場合ありですよ、要するに人によりさまざま、それら総合的に判断してどうするかが重要です、それらを医師ともども理解したいですね、思ったことでした。

2021/03/08
コメント

経管栄養法により提供したときにとちゃんと書かれていますよ、診療点数早見表にもしっかり書かれています、詳しく経口経管問わずとあります >市販品のみを経口摂取で召し上がっている場合は経管栄養法を用いていないので、流動食のみを提供する場合であってもカウントできないのではないのでしょうか ・えっ、基本の基本が理解できていないのでは? じゃあ、食事代はどうするの? どこからいただくの? DPCでも食事は基本出来高ですよ、なぜ流動食のみの額で算定できないのですか?? 市販品の栄養剤の分は、患者には提供して、お金はどうするの?どこから出てくるの? 給食で購入して患者に提供しているのではないのですか? 食品材料になりませんか いただけなければ赤字も莫大になっていくのでは これが自院で作ったものなら(2)以外と言うことで常食扱いいわゆる640円算定できるということですよ >経鼻経管栄養になりそうです。そうなれば、流動食のみ提供の分で算定できる ・なぜこれはそう思うのですか、もちろん当然そうですよ >常食でもないので常食でのカウントは出来ません ・飯でなくてはカウントできないということではないのですよ 自院で作ったものなら流動だろうと3分だろうと常食と同じ640円いただけるということで、常食扱いと言う意味ですよ 書かれていることが全く。。のような気がして、読解力の問題ですかしら 医師に聞けば一発で、教えてくれますよ! 私たち凡人の頭とは違うので 私たちは10学んで7~8やっと理解できるけれど医師は2~3学べば10を知ります、話していてもうまくやれば多くのことが学べて、こちらのことを簡単に理解してくれ、悩んでいればそれはそうした方がいいねとアドバイスまでいただけます、それが医師ですよ、まあわたくしの経験からですが、頑張って。

2021/03/02
コメント

ウウン、ここに書いたことご理解できませんか? 食事療養何度も何度も読み直していただきたいです、カウントできますね 数本で補食とは? あくまで補食ならば主になる食事があるのでは? 一般流動とか、静脈栄養とかそれら考えれば、理解できていればお判りになるはずですが さもなければこの食事提供自体が適切とは言えないのでは? だんだんとアップにしろ、そうでないにしろだったらなにがしかの静脈栄養が入るとか 様子見だとか、何らかがあるはずですよね、とにかく何度も何度も読み返して下さいね 常食扱いなのか流動のみの額か判断できると思います。

2021/03/02
コメント

経鼻で高カロリー輸液が入っている場合は食事算定不可と言うことです 本来は入らないのが普通なので 経鼻でリーナレンは、高カロリー輸液ではないですから、食事は算定可です。

2021/02/28
コメント

くまくまさんへ、病弱者加算などは介護保険法でなく老人福祉法での公助の分類です 他に被服費加算とかその他たくさんいろいろありますよ、当然クリアーした人だけですから だれもかれもができるわけではありませんが、自治体で調査した結果認められた人だけです その施設のトップから今回の介護保険法と同じように改定になっている部分もあると思いますのでしっかり聞いてみたり調べられるといいですね、頑張って。

2021/02/09
コメント

焦って書いたせいか、誤字だらけごめんあそばせ 笑 。

2021/01/30
コメント

ううん、だから、なんですが胃切後は、非加算なので、膵流動だって非加算で、上がっていく場合は流動で安い単価のほうでなく普通の単価でいいですよと言うことではないの? 、 今現在は、だから非加算で、上がっていく場合は安い流動単科ではなく、普通の方だということで、とにかく3分のようにどんな状態でも米粒が入っている場合は、加算算定コースの場合は加算算定OKですね、あくまで流動の場合は加算にはなりませんよね、上記を読んでもそうだと言えるとそう解釈していますが。 診療報酬の方と入院時の実際のリォユ法を読むと、なんとなく解る。ような気がすると思うのですが

2021/01/30
コメント

ううん、今は責任者管理か栄養士でないとだめのようですね、令和2年度から変わっています! あ~よかった、食事療養の実際のところに書かれていました、ごめんあそばせ さしずめ私たちのころはよかったものですから。

2021/01/29
コメント

ううんそういう考え方ではなく、1算定予定病棟に一人専任でいて給食管理とかも行えば問題ないですね、他の病棟へは考えたくないですね、実績指数40以上はそんなに簡単ではないのでは、栄養だけでなくリハの職種の人たちと常に連携を取りながらなので、他の病棟何処ではないと感じますが もともと療養型病院でしょ、あと二人いて210床担当十分とはいかないのかもですが、可能だと思います、なのでここで一人非常勤栄養士を入れていただき全体を観てもらうようにする、とか食数担当とか食数も委託がやっているのか、給食も施設側でやっているのなら管理栄養士がもともと不足気味のような、詳細を聞かなければなんともです 他の病棟へ行くことは、それで専任の仕事果たせていますかなど、しっかり対処できますか行ってはいけないとかでなく、休みの日はできるだけ課題などでないようにしてあるとはいえ、どうしてもかかわらなければいけないことが出てきますのでその時にのみ、二人が交代制で受け持っていますとかになれば納得してもらえると思いますが データ算出などそんな簡単ではないと思いますが。。良いところだけピックアップすれば改ざんになるし。。いずれにしても頑張って。

2021/01/22
コメント

より正しい栄養管理、皆に解ってもらうよう言い続けること辞めないで 1例でも言い続けた結果よくなった改善例を、施設内で発表して成果を見えるかの状態にして 他職種に解ってもらえるよう奮闘し続けてほしい限りです、それをしない人があまりに多く 皆辞めてしまうので、栄養士なんて名ばかりだと言われ国民には信頼されにくくなり地位も名誉などもほど遠く、最悪意味ないじゃん、栄養士でいい、内は栄養マネジメントなんてとか言われてしないところがまだまだ多いのでは この4月からどう変わるのかも楽しみと言えば楽しみですが、恥の上塗りでもないのかと、時として感じてしまいます、要は高齢者医療に関して現役引退して勤務すれば、委託医であろうと嘱託医であろうとある程度お金がもらえると考える医師も多いので、問題ですが 若いころから高齢者医療に命がけで頑張っている医師に来てもらうとがらりと変わると思うが夢の話か、いずれにしても負けないで頑張ってほしい限りです。

2021/01/17
コメント

言いたいことが伝わっていないようですね 大方同じようなことだと推察します、あくまで基本で 介護保険持ってると診療報酬では算定できません。 ここの部分が、基本どういう意味か不明です。

2020/12/22
コメント

お世話になります 介護保険は65歳以上になれば全員持っています、支援・介護度が認定されているかどうかだけが問題で 特養や老健入所者は委託であろうとその医師のみの診察しか基本受けられないけど、だから介護保険、しかし特養でもショートロングなどでは特養の医師には看てもらえません 療養病棟などに入院すれば、もちろん通常は介護保険ではなく医療保険 介護度1や3の人で何らかのサービス利用者だって、自宅にいて医師にかかれば当然医療保険です、今は違うのですか、周りのデイなどに行っている人も皆医療保険で痛いところなどあれば医者に行きお金払っていますよん 今回は特別な?住宅にいてなので、質問者さんがおっしゃるようにその時にはどうですかと質問しています、で一切ダメなんですか? もともとがこういう場合は介護度が基本はついていない人が入所していてま、支援ですよね、今は他のサービス会社と契約を結び支援ではなく介護度は1とか2、ついているのかもですが、しかしその場合として、自分で行けない、で医師にに来てもらう、もうそのことが介護保険でないと診察には来てもらえないということかしら、なぜなのか納得できなくて。。 質問者さんにしてみれば全く逆のことで、悪しからず、真実が解りましたらどうぞご指導お願いいたします。

2020/12/21
コメント

エネルギー制限と言うよりは、適切なエネルギー量が不明な場合は、どんな場合でも糖尿病食の場合の算定は不可でしょう。

2020/11/12
コメント

指導する人だってこっちのほうが大事?など思うかもしれないし、医療現場はそれのカンファなどがあり話し合いで決まりますし(簡単な場合はすべておなじになりますよね)、介護福祉関係はあくまで介護保険で行うし、痩せや肥満とはいえ、その人の人生で長い間どうだったのか、体調良好の時はどのくらいと、許容範囲であれば問題ないでしょうし、だから人により違う、要するに一人一人生きている人間なのでその人にあったフオローをしないと、応用力ですね 最後に書いてあげればよかったとあとで思ったんだけど、そうもっと自信をもっていちいち全部上司に報告もね、そこまで指導してくれてあるのだからもっともっと自信をもって進みましょう。 優先順位とはいうものの、とにかく今行わなければならないことは何? ですよ 何に関してもあるでしょ、全然食べられていない人は最初に観るだろうし、栄養状態比較的良い人は多少はのんびり構えてもとなりません? もちろん差別ではないですよ。

2020/10/17
コメント

お金をいただくことなので、診療点数早見表ですよ。

2020/08/31
コメント

失礼1670でしたね

2020/08/20
コメント

生きている人間でだれも詳細に言えば違うわけで、インアウトのバランスが取れていれば それがその人にとっては最適です、マニュアルとかガイドラインとかあってもそれはあくまで基本なのでそこから一人一人皆ちがうということ その違いを判断していくのが口から入れるものでもちろん今は静脈や胃ろうとかもありますが、適切な判断をしていくのが管理栄養士だと思います 例えばこれだけ!ならば、ライセンスの必要はありません、そう感じます。

2020/08/16
コメント

契約金額が羽がるためとは?? どういう意味か不明で、下がるでいいのか、だったら基本が間違っていますよね、内容と金額はどんな場合でも記載されているのが普通ですし、あるべき姿ですから 利用者にリハビリは・・・特養など今は基本行うようにはなっては居ませんが人間は生きている限り疾患上現時点で動いてはいけない、動かしてはいけないなど以外は、やるのが普通ですし、またやるように法律を変えていかなくてはよくなる場合もまずはよくなりません 当然あなたのところだけが問題ではありませんが 自力摂取形のあるもの食べることが不可能ならば、介護度5とか4とかになる可能性も高いし、それなりの介護士の介護があり、食事も食べられるものだけ、飲めるものだけとかになりますね、管理だから形のあるもの、どんな人でも食べられるようになるなんてありえないです 可能な限り食べさせてとは言うものの、限度がありそれほど家で食べさせることができるのならなぜ入れているの、ご家庭で最後までフォローするよう伝えれば 家族もそれでいい、と言うことで医師も止めない、ならば多少何が起こってもとなりませんか、当然不足分もありでしょうね 入所させるときの上の問題ですね、一人ずつでも栄養士としてはモニタリングしっかり行い、悪化するにも統計出して一つのラインを作らないとと思います ご家族の言うこと聞きすぎでない? まともじゃないような、口から食べられる場合は確かに野菜など入りますが野菜全体の分量や果物などほとんど常識的な分量入っていないものね、金がないって考えられないそれなりの食費もいただいているわけで お金がお金が言う場合はどこかで誰かが、何かしているよね 経営に疎いとそれを探し出すこともできませんから、上からの言われっぱなしですよね 胃ろうを造らないのならば自然に口から食べられなくなれば、体重減少して自然に逝くしかないですよね、多少の栄養剤など使ったとしても 選択メニューも今だ、していないなんてそういうところあるの? どこでも大半もう、していますよ、バイキングなんて2~3回行えばどんなものならより多くの人が食べるか比較的こういうものは食べないとか解るわけで、よく食べるようなものは比較的多く出してもクレームなども少ないし、どちらに回っても安い法外の契約金額ではうまくいきません 栄養士の給料だってやすすぎれば、だれも来ないのと同じですよね、食費だって施設施設により多少は違うわけで、値上げすればいいのでは、反対だって言われたって不可能なら仕方のないことで、不可の人はご家庭で見ればいいわけで もっとご家族に言わないと最低限のことが言えてないですね、まあ施設のトップが問題なのでは、医師も止めない当然肺炎はありえることで、入所するときに家族のわがままがどこまで通るなどボーダーラインを決めるとかしないと デイべートと言う会議みたいなことご存知ですよね、八方美人的な考えでは、どこへ行ってもうまくいきません、施設側なら施設側の断固とした考えを、委託で受ける方ならば受ける身としてはそこまでなら断固やらないとか、それぞれの立場で考えを推し進めていく固い気持ちがないと、どちらの言い分もとなり両方受けて考えていれば、まとまるものもまとまりません、追加の内容で感じたことでした、職場変わるのもいいかもですね、悔いのないよう頑張って。

2020/08/07
コメント

献立なのが含まれる、ということなので、献立でもいいし、他のものでもそれらが解ればいいということですね、食事計画案とか、食品構成などでもいいということですね、何度も読めば理解できますので、頑張って。

2020/06/21
コメント

35年やってきましたが、ミカン缶は皆さんおいしくもも缶同様召し上がっていました よく使ったのはアスパラ缶やマッシュポテトなども、生のジャガイモの時もありましたが当然、色々変えないとね しかしあなたのところは問題ありかなと思えば避ければいいのでは 定義があれば、全国統一になり、どこでも同じ内容になります 無いから医師からもいろいろ質問でてきたり、病院によって様々ですよね 摂食嚥下だってコードがあり、およそこんな感じでとなっていてもホントに様々で 今最先端はどうなっているか不明ですが、今後定義は作られる時代は当然来ると思います どちらかと言えば今躍起になっていると言っても過言ではないのでしょうか、疾患に対しDPCになっているので、食事も必ずや統一される時が来ますね 当院では術後や、回復しきれていないときは3分菜ですが、なんせ3分は繊維が入っても微量ですよね、豆類など軟らかく煮て越して出せば仮に繊維とて多量には入りませんから 基本胃腸にやさしいものでいいと思いますよ、なので食材一つ一つは大きな差はないわ、と判断しましたが、2~3品は、そりゃやはりそれぞれの考え方や互いの経験等により多少はねえ~ じゃあそこでいいか悪いかと白黒はっきりつけるとなれば、患者が召し上がって何の問題もなければそれは良しと言うことになりますから 頑張ってください、期待します。

2020/06/18
コメント

病院勤務でした、問題あるときなどは皆と相談しますが、食種が150~200種前後ありましたので、と言うか自分たちで作りました。

2020/06/14
コメント

おっしゃっているように、少しずつ行っていけば薬局の管理栄養士の算定もそう遠くはないと思います、しかしそのためには薬局同士の管理栄養士さんが一丸となってそれなりの成果必要性を訴えていけば必ずや数年後には法律そのものも変わると思います ぜひあなたのお力で変えて行ってくださいね、期待しています、頑張って。

2020/06/11
コメント

焦る気持ちは解りますが、ご自分である程度できるところで頑張りたいもの サルコペニアは、透析患者で高齢者が特に多いと思えばそこからでもよいし、高齢者が多いのは今の日本は当たり前で、何がより先に必要かですね 臨床栄養学を購入予定ならば、様々ありですが病態栄養ガイドブックが管理栄養士としては適切だと。。 栄養指導等に関しての基礎的なことは、無床とはいえ、今年度改訂の部分も栄養士会のホームぺージなどにもありますが、それは今までが解っている人であれば問題ないですが、基礎が不明な人は、看護関連施設基準、食事療養等の実際を読まれるのが、いいかと もちろん今年の10月か11月ごろ最新が出る予定だとは思いますが、なんせ今必要ならば 買って勉強されるのもいいかと、あとはネットでも十分可能かと もちろん最初からネットでもたくさん出ていますので可能ですが、どれが最新か古いものかが消されてはいませんので注意が必要 入職されれば当然ありますが、診療点数早見表 などの目次を観れば、成り立ちが解るし、入院、有床診療所、無床クリニックなどの内容が即わかると思いますし、そうすれば 最低限の内容も解ろうというもの もちろんこれらもどこかのホームページにはそこそこ出ていますよ、特養にて勤務だったとのこと、単に保健所に聞けばいいとかでなく、基本が解れば聞く前にご自分で勉強し、その後こうであるのになぜこうなのか、その疑問をぶつけるのならば保健所等でもよいが、いまどきは臨時も多く、不明な点もいっぱいです その姿勢を持たないと医師と対等に、また互いに切磋琢磨しながら同等のレベルで話ができにくくなります 。。どうしてもならばエイチエの基に聞けばアドレスやその他教えてくださると思います 頑張って。

2020/06/08
コメント

そのバランスがその人にとって、かかわってくることなら問題はそのうち出てくることはあるでしょうね~、使おうとするスタート時によく吟味しないとね~ そういうことがあったとしても今は、これしか他にない、となればその時点から少しの間は使うでしょうし、一概になんて言えませんね、その中身と患者さんのことを考えて栄養管理するのが管理栄養士ですから、頑張って。

2020/06/01
コメント

この食の上がり方はこれはこれでいいのでは、少し気になるのがハーフ 全員ハーフに分食は少なくなりすぎてしまうという感じも無きにしも非ずで、一般の全粥と違い少し少な目の特別のものの全粥でこれが8割くらい食べられればご心配ありませんよとか、全量は若い人やもともとが大食いの人など、御飯のケースや、全量いけているなど言う人も居ますし しかし良すぎる人は、イレウスや嘔吐がある場合がありますから、とにかく焦らないこと、ああ、多すぎたなあと言う感覚はあまり持たせない方が、そういう場合は 食後しばらくして、体とにかく動かせないといけないので、テレビ体操やラジオ体操入れるだとか。。自信もって頑張って。

2020/06/01
コメント

Q&A等にもあります。

2020/05/26
コメント

そういうことであれば、当病院は栄養情報提供加算は基本的に算定していますと、パンフレットやリーフレットに記載しておけば問題ないのでは?  それがしてあれば栄養指導時に一言その旨連絡すれば済むのでは?と思いますが 難しいというより看護師ならば、栄養情報考えるより退院時共同を考えられたほうがよろしいのでは? 違うのかしら と思いますが。

2020/05/25
コメント

じゃあ例えば、低すぎて頻繁に低血糖起こしているわけ? 低血糖の状態ではなかろうかとかの症状が出ているわけ? それこそ主治医に相談しなければ、いくら糖尿病専門医ではなくても、最低限は医師としては解るだろうからね 若い時と違って、比較的コントロールは取れているのではないのですか? 高齢者で頻繁にコントロール不良なんて場合は、大体があまいもの食いすぎたとか、好きなものしか食べないとかで、とにかく医師と一緒に毎日入所者をしっかり把握していきましょう。

2020/05/13
コメント

打撲程度で、薬が処方されていても痛みが取れていないのでは? 痛みが無くならなければアップはしないのでは? おっしゃるようにまずは口当たりのいいおいしいゼリーやプリンやおそうめんとかそのうえで補助食品昼1pつけるとすれば付けるのかな、3食なんてもってのほかで 必要量に達しないからつけりゃいいなんて考えはもってのほかで そのへんで回復できなければ、基礎の体力や免疫力、筋肉等が減少していて復帰は難しいのでは、復帰と言えど今までのレベルに戻すのによ、そこまで到達しないからとつければいいというものではありませんよね、頑張って、これで仮にステッタとしてもここまでしてあれば栄養管理に問題はありませんよね。

2020/05/13

お気に入り

みんなのQ&A

プロフィール

ツルキチ

  • [性別] 女性
  • [保有資格] 管理栄養士
  • [上記以外の資格] 調理師、元NST専門療法士、元病態栄養専門師、元DM療養指導士、その他もろもろ
  • [都道府県] 静岡県
  • [現在の職場] その他
  • [過去経験のある職場]
    病院・クリニック
  • [実務経験年数] 20年以上
  • [自己紹介]
    教職小中高8年ほど、後は急性期病院のみ経験、 1951年生。