ツルキチさんのマイページ

投稿履歴

献立レポ

お仕事Q&A

過去に投稿された質問はありません

なんでも相談

みんなのQ&A(回答)

回答

うんとどこに書かれていたか、今となっては不明ですが、かなり以前に調べた時には1年3年5年、20年、永久保存、後は施設施設で決められた保存期間と言うのがありますから、という感じだったと思います、で書類の内容ですが、献立表や日々の食事変更伝票等などやはり1年でした 会議関係のものは、その当時国機関では永久保存でした、国機関でなくてもおそらくどこでもこの辺はそうだと思います しかしおっしゃるように1年で破棄は心配ということで、自分の時にも1年物でも3年まで保存して後は、年度開けて5~6月頃に書類を整理する時破棄していました 一つ一つの書類に関してはまあ5年保存しておけば大体はOKですよね、もちろん断言は出来ませんが 笑 けれど今や電子の時代で、電子帳簿保存法などもあらたにできている時で、スキャナ保存やCOM保存などの時代でどんどん変化していますね こんなんですがよろしいでしょうか。

2022/08/14
回答

まず栄養指導以前の問題で、あなたご自身は、患者さんがどのような状態になった時にこの透析療法が必要なのか、始まるのかそれをまずご自分で基本のところを勉強することです 透析と言う言葉だけは何度も聞いているかもしれませんが、何をどうする治療法なのか具体的に知らないと 卑下しているとかそんな風に受け取らないでくださいね 管理でさえ知らない人が意外と多いですから >透析の栄養指導の際に絶対に必要な知識 ・病院で勤務していたのならばある程度もう理解済みと判断してよろしいのですかしら いろいろな方法がありますが、わたくしが推すのは、まず病態栄養ガイドブックの腎疾患のところざっと理解してその後CKDステージによる食事療法基準、血液透析や腹膜透析の食事基準をしっかりと理解して頭に入れてから→→献立は注意点を頭にいれて、作成してみることです ネットで透析療法とキーワード入れただけでも、相当詳しく今は解ります。。 これができてからいよいよ栄養指導です、頑張ってください、患者さんたちはたった1~2回の透析をやらなければもう明日の命がないということです、このことを肝に銘じて栄養指導に携わってほしいなと思わずにはいられません、期待します。

2022/08/11
回答

おっしゃるようにそれでいいですよね、ただ肝心なことはその課題が解決されないとかそのサービスの必要性が認められない時は、このサービスを修了する、ということが取り扱いの注意点です 詳しく書かれてもいますが栄養改善の効果が期待できると認められるものについては継続的に提供できるということです、頑張って。

2022/08/09
回答

こども園から高齢者ではなく、高齢者からこども園なのですね なぜ転職になったんでしょうかね~、判らなくもないが。。 >厨房業務を中心に行なって ・栄養士として採用なので、ある意味今度はあなたが中心になると思いますよ や、今まではそうではないとは申しませんが 覚えが悪くても覚えてしまえばこっちのもんで、自分から無能だなんて言うのやめよう そして本当に無能なのかどうかなど、これだけの文面では判りません、人間はすべてが疎いなんてことはないので、無能など言われるのならば私だったらこう言いたい 上司としてそのなんらかの良さを引っ張り出せなかったあなたの方が無能じゃないのと >貴方は周りから嫌われているってわかってる? ・そんなこと関係ないよ、言いたい人には言わせておけばいいんだから、とまあおそらくはあまり考えないで来られたと思うけど、そういう心大切だと思いますよ >上司からは「こっちからは辞めてって言えないんだよ?」 ・あまりにひどいけどまあ世の中には、ままあることですね >転職先ではどんな事を注意すれば ・こども園でも1日中こどもと接しているわけではないのだから、まずは栄養士として採用されるので、調理員ではなくて、ここ大切ですよ ということで、日本人の食事摂取基準 実践運用 という本の特に児童福祉施設のところの実践のありかたをまず熟読して理解してほしいなと感じます そうしたらそのことが実践で活かせるようにして、厨房内のことは順次覚えていけばいいので、場所は違えどまったくあり得ないほど違うなんてことは、おそらくないので、あなたの良さの粘り強さを活かしましょうよ そして一番大切なことは、アレルギー問題で、ミスは何があっても許されないので、この辺はガイドラインやマニュアルなど出ていますので、参考どころか勉強はしてほしいですね 自信もっていこう、焦らず必ずできると自分に言い聞かせ、前に進みましょう まずは自分の立ち位置を自分でつかみ取ろう! 期待しています

2022/08/06
回答

まず回答でなくて悪いのだけれど >委託給食会社と病院から内定をいただいており ・委託会社はともかく、病院の系統はどういう方面でしょうか、急性期の大病院や特定機能病院なのか、はたまたリハビリ回復関係の病院なのか、専門病院なのか、その辺が関係してくるような >管理栄養士のコミュニティの狭さに驚いたこと ・コミュニティの狭さ? 具体的にどういうことだろう、コミュニティって組織? 地域社会? 共同体? こんなところですよね、ネットのつながりみたいなことも言う??のかな  実習に行って最初からこういうことが関係してくる内容のことを学ばれたのですか 病院はあらゆる職種の人たちがいるし、すべての職種と話し、業務内容を把握し、そのうえで栄養指導や特別食だ、献立作成だ、チームで動くNST関係だとか限りないほどのことを学ぶと感じるが、その時にコミュニティを感じることがあった? コミュニケーションがあまりできていない? そういうことなのか それならば単にその病院が問題だと思いますが、しかし今はコロナもあり、なんともですね こういった急性期だって、ケースや場合によってはケアマネとか介護士と一緒に栄養指導聞いてもらう時などもある。。 療養病院とかの実習場所だったのかしら 福利厚生、給料などは病院関係が大変だから一番いいと思うけれど、違うということは個人医院とか? ちゃんと管理栄養士のライセンスを活かしきれていない、また成果を出していない場合などは当たり前ですよ 出している人はそれなりに収入だってあるのが現実だと思います、だから病院に就いた人は比較的辞めないのです 辞める人は、ついていけてなかったり人間関係をクリアーできていない人ではないのかな >栄養指導をしてみたいと思い、病院の管理栄養士を目指していましたが ・多くの人が勘違いをしているのかもですが、栄養指導はすればそれで終わりではなく、指導した後改善しているかどうかその後を見極めなければ意味がないので、改善していなければ他の方法や、やり方なども常に考えて成果をそれなりに出さなければ無意味の栄養指導で、それこそお金はいただけません、そのことを大学で肝に銘じて教えてもらっていますかね >今からでも民間の企業を受けてみるか迷って ・医学部を出て医者にならない、看護学科を出て看護師にならない、建築学科出て建築士にならない人等本当に少ないと思います、とにかく職に就いてそれから変更する人は居ると思いますが、就く前からその道に進まないということ言われると、本当に悲しい思いさえします なぜ選んだのこの道を! と問いたいくらい、考えが甘かったんではない?など感じてしまいます 臨時実習、校外実習の重要性、大切さを改めて知った感じがします >3年ほど管理栄養士として勤めて、転職するということも可能 ・可能ではないなど思いませんが、新たなところでの面接ではなぜライセンスがあるのにそちらへ進まないのか聞かれ、納得してもらえなければ、内に来ても多分だめやろうなと思われるのは必然です >この転職の時は、管理栄養士にはこだわらず、幅広くみて ・行こうと思えばどこでも行けますよ、標準的な人間であれば、そのうえ若さもあるし、無いことはないですね、己の気持ち次第です 残念です、でも自分の人生だから自分の思うままに、悔いのないように、どこかに就いて人生を生き抜いてほしい限りです。

2022/08/05
回答

栄養アセスメント加算であっても、体重は1月毎に測定や、リスクや課題の結果を家族に説明し、必要に応じ栄養管理上の課題に応じた栄養相談や情報提供は行うようになっていますよ、決して放置などではありません さらに栄養アセスメント加算と栄養改善加算は、基本原則同月には加算算定できないのでは?  そしてそのうえでおっしゃるように低栄養~またおそれのある者には、ケアマネと情報共有して栄養改善サービスの提供を検討し、やらなければとなり始めて栄養改善加算が登場するのでは なのでここで必要ならば、栄養アセスメント加算と栄養改善加算を算定できるわけで、すべてというわけではないので、ここの流れがちゃんと理解できていて、実施し、なおかつ改善した例があれば施設長もいいとは言わないと思いますが まして1日3食を観るのではなく、昼1食ですから、そう簡単にはいきません、施設で毎日3食観ている場合でもわたしから観れば、最適な食事提供がなかなかできていないのではなど判断する場合が多くありますから このアセスメント加算の目的は、管理栄養士と介護職員等との連携によるアセスメントの取り組みを評価する加算であること考えれば、納得できるのでは? さらにLIFEを用いて情報を提出し、フイードバッグ情報を活用し、PDCAサイクルによりサービスの質の管理を行うこと、ここまでしなければいけません あなたご自身が納得できなければなぜしなくてもよいか、追及しなければなりません そこまでやらなければ仕事は途中半端と言うことにはなりませんか、と思います 介護施設はどこでもやらなくていいになっているのでしょうかね~、せっかくのいろいろな加算報酬が管理栄養士の手によって活かされていないような気さえします、頑張ってほしい限りです、お粗末でした。。

2022/08/05
回答

そもそも厳密に言うと、経口補水液とスポーツドリンクは違うのでは? そこそこ成分を考えれば、おおよそ判断できるのでは? 経口補水液は、ナトリウム、カリウム、ブドウ糖が多く含まれる、そこで経口摂取が少なくなると当然電解質も少なくなる、少なくなれば水分も少なくなるわけで、高齢になればなおさら脱水になりやすい、下痢や嘔吐、熱発などにより脱水状態が考えれらる だからこれらが補給してあるドリンクを飲むということですよね スポーツドリンクでもナト、カリが多いのがあるけれど、まあそう多くはないと思う ということで、一方このスポーツドリンクはということで、そのままのごとくスポーツをした後とかに飲むことが多いと思う、どちらかと言えば脱水まではいっていない 寧ろ健康時、飲むことが多い 軽い汗を流した後とか、軽い運動をした後、入浴後とかに飲む人もいるでしょう、この辺が一般的ケースでは 早い話、運動なども極端にやりすぎて過度の発汗とかになりさらに長時間ともなれば、これじゃすまなくなるわけで >コロナ感染症を怖がり出てこないで、居室とトイレを往復 ・活動量は減っている >自ら無理な運動を取り入れようとして必要以上に筋肉を傷める ・極端にやるだけで持続性もないし、痛みが出るほどになればやっているという感覚に陥っている? 消費量が増えているなど考えられない、リハからの最適な運動指導の必要ありなのでは、Kg/30kcalでまったく問題がないように思う >直近のBMIは24.7。(脳性麻痺があり、歩行は自力 ・十分食べられていて補水する必要が、まずあるのかということ、基本の食事量が少なすぎて腹が減り、持ち込みが相当多い? しかも糖分などの、だから口が乾くというか甘いものを食べると水分が欲しくなるので飲むという悪循環に陥っているのでは? 体調不良等が特にないのならば、これ以上胃袋を大きくしない、体重ももうちょい少なめとかにしたほうが、1500Kcalということは㎏/21kcl、考えられない少なさ、なのにBMIが24.7と言うことは、いかに持ち込みが多いことか、 持ち込みの最適な量も指導していかないとね 飲み物はお茶で十分ですよね ア〇アソリタは補水液、ポ〇リはスポーツドリンク、まあ栄養管理しているんだから使い分けをちゃんとしたいものです 補水液は、ナト、カリ、ブドウ糖が多いし、高血圧、腎臓病、糖尿病とかあれば気を付けたいもの またスポーツドリンクのポ〇リなど、わざわざお金出して飲む必要性あるのか >上手な返答の仕方を助言頂けると助かります ・上記の内容からざっとでも計算してどのくらいならと言えばいいですね、辞める気がないのなら、また完全に辞めるべきなどは言いませんが、たまにはこの辺のドリンクもおやつに出して観るのもありなのでは? こんなところかしらね。

2022/08/03
回答

どんな場合でも食事を、水から始める場合はないのでは? 水分をとれとは言うものの、水からはね~ 一般的にイレウスで多いのは、ご存知でしょうが術後とかですよね まず流動からいきますね、若い人なのか年配者なのかとか、その個人の周りの状況とかも考えて1日1日、流動、3分、5分と順次上げていきませんか、7分くらいで少し足踏みをしてとか7分がなければ全粥で少し様子見て、となりますね なぜなったのかその原因や、その他のいろいろな状況を考えていきますので、ゆっくりよく噛んで焦らずで、なんとも言えませんね、病院によって術後の食事上がり方がどうなっているのか等にもよりますし、それまでのいろいろな経験上や、新しいガイドラインとかにもよるでしょうし、どんどん改善変化しているわけで そのスタイルを栄養士間同士で話し合いをして、また納得できなければ医師からの助言もいただいて参考にして作りあげなければいけませんし、またそれを作っていくのが病院管理栄養士の仕事だと思います、決めつけないで個人個人違いますし応用です、頑張って 1週間の人も居れば2週間の人も居れば3週間の人も居ます、1週間でも途中で失敗すればまた最初からやり直しで、回復は2~3週間の人よりも遅くなりますよね。

2022/08/03
回答

ううん、まず補食ゼリーを1日3回出すことは基本ありえないのでは、もうあと少しと言う場合などは別ですが どうしても入らなければ、まあ胃ろう造設等を考えるわけで 今その段階ならともかく。。 基本流動食の安い方の575円タイプですね、流動でなければというわけではなく、今回のゼリーと言うような場合も時としてありますが、長く続くようでしたらその食事提供自体最適ですかとなりますよね 自院で調理した流動食の場合は、流動でも通常の額を算定できます 少量の食品や飲料を提供した場合は2のタイプの575円です 胃ろうの場合は鼻腔栄養扱いになりますので、経口摂取不能のため薬価基準扱いの栄養剤を入れれば薬剤料算定、食品扱いの濃厚流動や半固形なら食品扱いになりますので食事として算定します なのでどちらかになります 診療点数早見表や食事療養等の実際と言う定期的(ある意味不定期ともいえるかな) な本を購入してもらうようにして、手元に置いて勉強されるのがよいかと思います。

2022/08/02
回答

私たちにしてみたら糖腎表は簡単ですが、使いこなせる人は思っているよりもはるかに少ないですよ、けど考えてもごらんなさい、ここ観ても判るように管理受かった人とか、栄養士さんでもカロリー計算さえできない人もいるわけで、そういう現状を観れば、5~6割前後ぐらいの人は理解できないのでは、要は比例の計算だけなんだけどね 私などからしたらおよそ信じられませんが、糖腎表一通り読み理解できれば、難しいことはないように思いますが、おっしゃるように当然記録観ればたんぱく質量およそ把握できますね 、またその本使うのならば管理栄養士はざっとでもアバウトで計算できなければ、そりゃ患者さんからだっていろいろ言われるでしょう 笑 砂糖や油、塩の分量とは違うわけで えっ?とか言われる人は自分の食べるもの1週間計ればおおよそできるようになりますよ でも以外と糖腎表って使っている人少ないのでは、其れ使うくらいなら普通の食品成分表を使いなさいと言う医師も結構居ますし。。 私など計算できない人には食品構成で連絡しましたよ、1日か2日分記録してきてもらい、ここが判らないと言えば、これがこうだからこうなりますよねと一緒に行いましたが、難しく考えることもないでしょとか、そうするとだんだん興味が持てるようになりますね それで少しずつでも結果は改善していきますから、単位配分と言われるが例がいくつか載っているので出来るでしょう、できなければ何回も読みましょうよ、そのうち理解できるようになりますよ たまにできないような推定でとんでもない栄養量言われる医師も居ますが、大半は何とか出来ますよ、頑張って。

2022/07/29
回答

人間最後になれば、勿論このケースがそうかどうかは不明ですが、栄養補給不可など結構あると思います、でも水分等だけは入っているのではないのですか? 水分もなしはちょっと考えられないので、経口摂取不能なら維持液とかの水分電解質等が何らか入るのでは? これだって静脈栄養に入りますから それが入らなければ、あともう1~2日ですもんね、問題はなぜ入らないのかカルテをしっかり熟読しても解らなければ医師に聞かなければ、そして解らない納得できない場合は医師と話し合いをしなくては、ではないのかしら、そこをしない栄養士が多いから問題ありきで、他職種からも栄養士なんてと言われている根源なのでは? なんてわたくしはつい考えてしまいます 栄養が専門は私たち管理栄養士なので、ここが最も重要だと思います 最後の最後になれば、老健も特養も介護医療院等そこそこはすべて同じだと思いますが、違うのかしら、私の意見ですが、何はともあれ頑張ってほしい限りです。

2022/07/28
回答

講義だけではさすがにがっかりですね、まあ解らないわけでもないのですが、でもね~ コロナももう数年たっているわけで。。。次世代の教育もそれこそきちっとやってもらわなければ後ひき続いてできないですもんね 臨地実習や校外実習でやるべきことをちゃんと指導していないから、勿論それだけではありませんが、其れだけなんて言えば現役の大学の先生たちに怒られちゃいますが 笑 管理あってもとんでもないこと言う人が結構いるし、他職種からは管理栄養士なんていったって、ふふん何ができるのみたいなこと言われている人も現状ではずいぶんいると思いますから、病院などは特にそうです ということで、あなたが本気で考えておられるならば、ネットにも出ているくらいだから 臨地実習及び校外実習の実際 2014年版など、ひも解いてみるといいのかなと 保健センターでは、どんなことを学ぶべきか、また実習が終わったらどんな事柄を知っていなければならないか、行政の栄養士としてはなど、おおよそ書かれているので学ぶ方としても参考にはなると思います でも返す返す実際の仕事柄をせめてビデオなどで観られると理解しやすいよね とにかく頑張ってほしい限りです、お粗末。

2022/07/27
回答

かなり以前とは違い、今どきはもうそれ用に1台冷凍庫などどこでも あると思いますよ でなければおっしゃるように単品小物品などある冷凍冷蔵庫はいっぱいで場所ありませんもの、要望書を出して購入してもらうことですね、頑張って。

2022/07/26
回答

まあ、はっきり言ってそこそこの現場では、そのように観られているのが常ですよ 笑 もちろん皆ではありませんが、病院内でも最低限のことが分からなければ、管理なんて言ったって医師の質問にも答えられないし、質問されても解らなければ緊急即答する努力もしないでそのまま放置の栄養士が多いんだもん、ある意味当然です 看護師は業務独占資格、一方栄養士は、名称独占業務、看護師などはできようができまいがそこに居るだけでいい? 笑、まあ医師並に考えて仕事している人も居ますが、たいていは医師に言われていることだけをしっかりやればまあ問題はない 一方栄養士は名称なので、栄養士・管理栄養士と名乗らなければ栄養指導や相談も食事管理もだれでも何でもできるわけで、まあお金はいただけませんが、仮にだれがやっても法律的に罰則にはならないという大きな違いがあります だから~~チームで何も言えない栄養士は、他職種に言われっぱなしで、でも一応参加しているからお金はいただけるという、おかしな状態になぅっているのも事実です、、早く外国のように管理栄養士だけで独立しないと.. 実が無い人??は管理なんて大きな声で言わないでよと言いたいくらい、あなたのその一言が立場をどんどん悪くしている、そんなふうにさえ思えてしまいます、本当にそのレベルですよ、国試そのものは難易度が高い方から2番目だというのに さらに暗記だけで取得でき実際面で活かされていないので、応用問題が増えてきているし 友達には、確かにそういう人も居るだろうが、私は本当に臨床の栄養指導や、根拠に基づいた栄養管理ができお金がいただける内容のものにするわと、だれでもできる内容とか成果の出ない内容ではなくてと、そこそこの結果が出せるものにするわ 等と言いたいですね その時には看護師さんたちあなたたちに栄養指導してあげるわよと 笑 そういうえらそう? 言う看護学生の立場だって、じゃああなたは1日今の状態で何キロカロリー必要なの? と聞いてみたら? 最適な答えがくればともかく、えっえ、そんなの判んないなんて大体なるのよ、それこそ何も解っちゃいないのに判った風なこと言わないでよと大きな顔で言えば? 笑 的確な回答だったらなぜそうなるのと逆質すれば? STが嚥下障害や呑み込みに対してこうこう、こうだと言ったら、私は管理栄養士なので、じゃあ、まず現時点でこういう形態の食事が最適であり、後この人の現在の病状や動き介護度等から総合的に判断して1日に何キロkcalの食事が最適ですねと言うことでその食事を提供します ということですね そこがSTにはできるとも思えませんが、しっかりと普通にできているところならば、病棟からはひっきりなしにいろいろな相談や指導の依頼があるし、介護福祉関係ならそのトップや周りからそれなりに相談がありますよ、とにかく患者やスタッフから信頼される管理栄養士になって下さいな、期待しています 若者よ、頑張~れ。

2022/07/25
回答

>主任は喧嘩をしたくない ・だれもケンカなどしたくはありませんよ、言いなりになっていると思えるならば完全になめられているということですね 抑々病院では、管理栄養士や栄養士が食事の提供たる療養部門では責任者になっていなければなりません、なので栄養士が調理すればいいのになど言われたら、じゃあ調理師さんたちが調理しないのならば何のためにここに居て何をしているのですかと逆質などすれば?違います? 献立表にそって調理するのが病院の調理師の仕事です、献立表が悪いとかいうのならどこがどう?としっかり分析して事実そうなのか確かめないとね 実際検食表にこのように書かれているとかならばまだしも、違います? たとえば新メニューの場合などは、まず栄養士が作り調理師に試食してもらい、これならできるとかにならなければ、どこがどう悪いのか、どうすればじゃあ調理師さんなら大量調理でこれよりおいしくできるのか、調味料の分量はこのほうがはるかにおいしいよとか、其れじゃあ塩辛すぎるよとか、一緒に話し合いしながら作り上げていかなければ だから車の両輪と言うのですよ、栄養士と調理師は! そうでなければ楽な調理だけの冷凍品にどんどん傾くのでは? 冷凍ものでも今はかなりおいしいものもありますが、時と場合、内容をよく見て使いたいですね 栄養士同士が調理場で業務連絡やおしゃべりなどしていれば、そりゃお前ら何やってるのだと、怒られるのは当然です、常に相手は年上、男性と言うこと意識しないと、変な意味じゃないですよ 当然栄養士は調理師を持ち上げることもあるし、あなたたちが居なければおいしい食事はできませんものと 厨房ばかりに居るからでは? 病棟に出て配膳して患者と話し合うこともあると元気出しますよ、もっとおいしいものを作ってあげなくてはとか ま、今は特にコロナなので、全員出ていないのかもですが、看護師や何とか助手に任せきりで、栄養士だけがすべて配膳するようになっているのならば、そりゃ業務内容を再確認する必要があるのでは? 一概には言えませんが 嫌気がさして来たら、改善して居心地の良いところにしないと 主任と、栄養士は二人だけですか? よく話し合いをして少しでも調理師と仲良く仕事が回るようにいろいろ考えて改善していかないと、いくら主任が責任者になっているとはいえ、上から目線でもなく、逃げることばかり考えないで、言われたらすべてやっているイエスマンなら責任者になっていないし、 あなたはあなたの立場で上司を補佐していく役目があるのでは? 旨くいってこそ患者さんからも、ここのお食事はおいしいねとなるのでは?  わたくしなども同じようにそれなりに多少は経験してきましたので本当によく判ります、でも必ずよくなっていきますよ、コツコツやっていけば、応援します、あなたの力を発揮して、今ここで それがあなたの実力ですよ、焦らず無理しないでリラックスしながら頑張って。

2022/07/25
回答

>施設で提供している食事基準が1500kcalなのですが ・では施設内基準の食事箋にはちゃんと書かれているわけですね >糖尿病食1500kcalの新規の方が入って来られました。施設食事基準と同じエネルギーでの加算は取れる ・算定は出来ませんよ、糖尿病食としての献立表がなければ まったく一緒などはありえないと、どこかかしこ違うものです >医師の食事せんは1500ででています。また加算を取れる場合、献立を糖尿病食1500として作る必要は有りますか? ・療養食として算定をするのならば献立表は必要ですし、医師には糖尿病食の食事だと書いてもらわなければ、それがないということは、食事箋扱いでなければ毎日その人だけに作られた献立表が必要になります >糖尿病食はうちの施設では1200〜1800で200刻みでだしていましたが ・施設内の食事箋が200刻みであれば、できる限り医師にも200刻みで先ずはおい願いをするようになりますね、でなければ施設内の食事箋の意味がありません >個別対応で1500だとしても基準の食事と同じ場合(特に内容調整しない場合)加算は ・もちろん算定できません こんなところですね。

2022/07/22
回答

ちょっと感じたことでした 抑々全粥とか軟菜食等の目的を考えれば、エネルギーの量云々ではなく第一に考えなければならないことは内容です きわめて不消化な食品は避けるとか、胃内の停滞時間の長い食品や調理法、刺激の強い香辛料等をできるだけ避ける等、たとえば病院ならば病状が完全に回復しきっていない時とか、胃腸の活動もにぶり比較的安定している時とか それ以外のところなどでは、栄養状態をよりよく保つように注意し、消化器系統に刺激圧迫など与えないよう常に質量に注意し保護することを最初に考える、栄養量はその次に考えることなのでは 全粥だって常食と同じように、例えばここで言えば1800kcalがあるということ、そういうことじゃないのでしょうかね~ その時点でやはりいろいろな問題点が他にもあるし1800は無理だということで1600や1 400が登場してくるのでは、まして自分の施設ではここまで栄養量必要な人は、ほとんど居ないので、例えば食事箋に載せてないとか そしてそこにきて御飯や粥の分量が多すぎるから半分とか、になればバランスが崩れるわけで当然いろいろ誤差が出てくるのはあたりまえで、其れではおかしいとか言うのはごくごく当たり前のことで、だから栄養計算がしてあり、ベストな状態がこのご飯の分量や粥の量となっているので、そのことを医師にも説得しなければ いい加減に流しているだけでは、そうなって当たり前ですが 粥の分量などは確かに多いので他の炭水化物で調整するとかにならないのかしら ハーフしか食べられないのなら、非加算ではあるが特別食として一つの食を立ち上げるとか、すべてをハーフにしてバランスの取れた内容にすることが肝心なのでは、たんぱくが足りないとかになれば、全部の食事のたんぱく質の割合を上げるべきです、 20年版などでは高齢者など上がっているようだし。。 管理栄養士としてはそういうことを考えることが必要なのでは、ちょっと考えさせられました、頑張って。

2022/07/22
回答

おっしゃるように居なければ、算定は不可です。

2022/07/21
回答

>特別料金の徴収は選択メニューを設けた場合などに適用されるものと解釈 ・実質同じような場合がともするとある場合でも、違いますので別物です まず選択メニューは、今まで通りの主菜メニューから選ぶ場合だけでは、17円の負担を求めることはできません、あくまで基本メニューと選択メニューが掲示している場合であって、患者が選択メニューを選択した場合に1食17円1日3回まで徴収できます あくまで基本が肉ならば選択は魚であるなど、患者の選択に資するものであることが必要です 特別メニューについては、あらかじめメニューは。。 ① 同じように掲示してあり、毎日か定められた日に患者の希望により選択ができること     ② 例えば1週間分の食事メニューの一覧表、基本メニューと区別して特別料金を示したもの、そしておっしゃるように文書で交付しわかりやすく説明すること  その他特別メニューに関してはいろいろ 患者の意に反して食事が提供された場合は、標準負担額になるとか 入院時食事療養の費用では提供が困難な高価な材料を使用し特別な調理を行う場合や、標準食と同レベルの材料と同程度の価格であっても異なる材料を用いるため、別途費用がかかる場合などで、その食事が特別料金の支払いを受けるのにふさわしいものでなければ、ブーということで なお複数メニュー等についてもそれなりに書かれています また毎年7月1日に内容や料金を地方厚生局長に報告をしなければなりません わたくしなども以前上から言われまして、今は基本メニューでもウナギや寿司、刺身、はもやおせち料理等がどんどん出る時代故、何が高価な材料? 何が特別? と断言できるのかということで選択メニューがあれば十分と言うことで上司に納得してもらったことがありました、そのために例えば一人の調理師をつきっきりにするとかはできないので、人件費利益等合わないということで納得してもらいやめましたね こんなんですが、ご理解していただけたでしょうか。

2022/07/21
回答

2年目め、頑張っていますね まず2人と違うからと言ってあなたがずれているとは、この情報だけで断定は出来ません、それに栄養指導2年目で自信? まだちょっと早いのではないですか 笑 自分が栄養指導した症例については、どの程度改善しているか、変わらずなのか、疾患的に悪化傾向であっても体重的にいわゆる総合栄養評価などそのへんは、後追いで当然統計を出し結果をまとめてみないことには本当の成果は分からないのでは そのような確かな成果を出すためには、栄養士同士でのカンファレンスを行わないと、そこでいろいろな情報が出てきて基本の考え方に間違いがあるのか、2人の指導結果はあなたがしているよリはるかに良い結果が出ているのか、そこが一番肝心なのでは? 最低限の内容だけ守られていれば、 決められた内容以外は、自分でいろいろオリジナル加えて、あとは個人個人の栄養指導内容により何処まででも広げることができるし、要は最短で最大の効果を出し、患者さんにとって苦しくなくナチュラルにできその落ち着いた内容が日々365日継続できれば、完治するなり改善するなり、低空飛行でも安定していれば検査結果はよくなるし、体調は良好になる それこそが成果ですよね 退院すれば活動が広がるから、多くする、その必要はないと感じますよ、厳密に言えばじゃああなたは仮に明日日曜日で仕事オフ、仕事している時と比べたら今日は1日家にいる、そのような状態の時自分の食べる分量減らしています? そこまでしなくても普通に食べていても適正体重維持できているのではないですか 今どきの患者さんは、入院していても忙しいから、病気があまり悪くないといいがと心配する、いろいろな検査はする、身体に負荷がかかる検査も多い、血液は採る、気は使う、神経は使う、いわゆる快食、快眠、快便そろっていますかなど、とにかく大変で総合評価すればそこまでしなくても±でイコール、じゃあそのままでほぼ改善するという結果につながります テレビなどでも言っているじゃないですか 笑 ボーッと生きていない限り、やがて自分に自信が自然についてきます、大丈夫、やることをちゃんとやっていけば、必ず徐々に自信はついてきます、頑張って。

2022/07/07
回答

肢体不自由の人たちは大変で、頑張っていただきたいが まずすぐ考えられること、考えなくてはいけないことは 食事摂取基準は、健康な人用なので健常者の尺度で採用はできない 車いすでの係数が、知的障害の人は多く必要なのは分かるがまだまだ不十分で、この値で計算はしたくない 笑 体重減少の原因はおおよそめどがついているのか、まったくつかめていないのか 身長が150cm以下の場合、いろいろな計算式にあてはめてみても差が大きく出るので信憑性が下がる >必要エネルギー量をこの数値をお伝えすることに戸惑いを ・当然で、しかしこの値は、99.9%ありえません まずこのままこの量で提供すれば、それこそ99.9%リフィーディング症候群を起こします 推定大まかで30㎏(現体重)×kcal/50以下で計算、最大50で計算しても1500kcal そのへんから始めるのが妥当だと思われます、そして何より大事なのは今現在はどのくらい入っているかも問題で >今後の体重の変化を見ながら ・そうですね、ここが大事で、個々の状態に合わせて、体調などよく観察して、今後もできることならば継続的に観ていかないと 介護度いくつなのか、総合支援法での区分は、手帳で何級かなどどれかでもないと、これだけでは患者さんの現状態が把握できかねるため、なかなかむずかしいものがあるように思います 1日の現時点での推定必要エネルギー量が出れば、あとはこっちのもんで 笑 医師にはこの旨しっかりと報告しスタートして、できうれば途中で血液検査を入れてもらうことです エネルギーを決定する方法はいろいろあり、間違っているということはあまりありませんが、最低限の事だけはクリアーしないと、削除法でいってもこの場合は1度に栄養摂りすぎのための症状が出ることはほぼ間違いないと思うし、だってkg/80kcalですから、赤ちゃんではないのだから 当然医師も考えているからこそ、そこを突っ込まれることは明白だし、そこがちゃんとしないと、何だ管理栄養士なのになにも解っちゃいないと、こいつは食えないやつだと思われます 笑 私がまず感じたことです、頑張って。

2022/07/05
回答

今年の4月の結果が書かれている、HDLだけが前年度と比較して下がったようであとは変わらず、とありますが、だったらなぜ今中性脂肪? なのかなと、気になるのは奥様なのか、医師からの指示書はどのような経路で栄養士に来たのか、たんに患者からの希望なのか、菓子が増えたから? 中性脂肪も単位が書いてないけど、この値まあ低くはないが、正常範囲なのでは? 許容範囲のような気がするが、違ったっけ? 事故等で高次脳機能障害なのか、それとも脳疾患等からなのか、元気な時の体重がどれくらいとかまったく詳細が不明なので、単純にうわべだけで判断するならば、まあまあの状態だとわたくしは思えるが 私だったら栄養指導はしないし、医師からの依頼ならばなぜ今なのか逆質します 高次脳から認知とかも出てきているのか、別物とはいえ症状進めばなかなか区分けがわかりにくく、奥方様の食生活内容に関してはなかなかのものだと感じるが、その人に何を栄養指導するというのかと言う感じがしないでもありません 昔からお菓子の間食が多い人だったのか、高次脳になってから食べ始めているのか こういう人に何をどうすれば理解してもらい行動内容が変容すると思うのかなと 車いすに乗るように? なってと言うのか、いずれにしてもこの値はまずまずでは HDLこれはもう普通歩行に比べたら、歩けなくなっているわけで、ごくごく普通だと思うし、修正する箇所等無いのではとさえ感じるが、言うならば車いすで可能なテレビ体操などやるのが今必要なことかなと 高次機能低下や認知症のレベルランクがMとかになればご家庭での介護など他人が何か言えるほどたやすいものではなく、余裕などまったくなく、介護鬱目の前の状態なのでは、と、当然そこまでは行ってないと思うが、介護度いくつなども全くかかわっていないのか、また障害者区分法での区分いくつかなどもなく、状態が判断できるものがないのでなんとも。。 医師も普通は依頼しないのではないかと思うが、依頼するということは、高次脳もひどくはなく、現在は普通に生活できているのかなと、すべて推定推測で。。  中性脂肪はお菓子だけでなくご存知の通り、アルコール、脂質や炭水化物制限 清涼飲料、運動不足、遺伝等々あり、体重はこれ以上落としたくないし、今ベストだし、奥さんが焦っているのかしらと、こんなんですが。

2022/07/05
回答

病院でいいのかしら、補助食品とおっしゃるが患者によってはメイバランス補助ではなく主にと言う患者さんもいるのでは 当然その分量が現時点において最適とあれば、もちろん提供しているので3食請求できますよね、既製品の場合などはと言うことで単価が安いほうでできますね。

2022/07/03
回答

スタートするときに、医師が行うのか栄養士が行うのかよく話し合いをして、決めなかったのかしら、その時点で係らなかったのならば話し合いが必要です 入院時には必要なしでも、入院中に変更することもあるわけで、その場合はその時点から計画書を作成するので、全くない?というのはおよそ考えられないが。。 管理栄養士としての最低限の栄養管理は、どのようにやっていたのかしら、モニタリングはしているとのことなので、その結果は電カルの中の決められた場所にて入力はしていないのか、記載しない?ということ自体考えられないが 加算スタイルの有床診療所でない限りは、過去のものについては返還と言うこともあるけれど、それは栄養管理体制が整っていない場合のことで、基本管理が居るので最低限の体制は整っているのでは? 返還にはならないとわたくしは認識しますが でも健康増進法での最低限の栄養管理などは、どのように?と問われると、口ごもってしまうのではないのかなと、なんだかんだ考えるならば全員した方が統計も取れるし、成果も判るし、改善できる方向へも、もっていけるし特別な管理は必要なくても普通の管理は行わないとと、思いませんか 違うのかしらね~ それをやらないのなら管理栄養士が居る必要性もないし、栄養士で減点されたほうがいいような気もしますが 笑 。

2022/07/03
回答

新卒が大変なのはわかりますが、まずあなたはとても優秀な人だと思います なぜなら管理になるのに一番大変なコースで取得された方だから ましてやまわりに誰も居ないとなると、辞められた人に解らない部分があったら連絡してくださいね、できる限りフォローするとか、なかったのかしら 無いとなるとそりゃもう大海に、蟻が放り出されたのと同じようだと感じますのでお察ししますが、愚痴っていても解決しません 回りがどう思おうと関係ないじゃない? 何と言っても管理はあなたしかいないんだから、まわりの自分に対する評価など最初から気にしないでよ、書かれているように何が起ころうと自分で何とか対応しなければいけないわけで、誰かがやってくれるわけではありません なんでそう思われると自信がなくなるのかな、裏を返せば自分はだれよりも優秀だからと、常に思っているということにつながりません? 笑 人は人、今ここでこれらを私はやらなければ患者さんがと思わないと、大丈夫必ずできますよ、だって本当に優秀なんだから、短大出て取得されるのは人が思っているほどたやすいことではないと思うし、それを成し遂げてきたあなただから もっと自信をもって少しずつ進もう 何か言われたら新卒なので、もう少しお待ちください、必ず何らかの対策ができるようにしますので、広い心で見守ってと、堂々と言えばいいのよ 大きな病院になればなるほど時間はかかります、人と比較などしなくてもあなた自身が誇れるに値する仕事をするように心がけていけば、いいのでは そのことが患者さんに伝わり、必ず報われます、知らず知らずの間に、胸を張ってさっそうとしている毎日の姿に自分がなっています、リラックスして励みましょう、辞めるなんて、むいていないなんてとんでもないことよん、どんなことでもそうですが慣れは早い人も遅い人もいます、頑張~れ、期待しています。

2022/07/02
回答

算定が取れないとは? タイトルは加算について この書き方ではわかりにくいですよ、と言うか私には判りません、透析で通院されている人が施設で何の算定ができるのか、聞いているのかな 加算て何の加算項目名ですか、特養では栄養部門関係もたくさんありますから 医療と介護の給付調整として、そこそこは告示されていますから、不明な部分は事務方に聞けば当施設は云々と教えていただけますよ 配置医師と通院先の透析の医師とのことなのか、医療内容は医療保険で、施設での配置医師の診察などは介護保険で評価されているので算定はできません、でもお聞きしたいのはこれじゃないですよね? 例えば栄養マネジメント強化加算とかなのか、この加算とかに限らず普通は算定できると思いますが、入所者の所得内容により段階があり区分割合が決まってきますので、一概にこうだとは言えない部分もありなのでは? 事務方に聞けば納得できる回答が得られます まずは聞いて、納得し、例えばその旨入所者が納得できるようにちゃんと説明しよう、頑張って。

2022/07/02
回答

ううん、何と言いましょうかね~ この場合は部署内のトップが断然問題ありですね 笑 わずか3か月で一気に、指導にメニュー作成、病棟管理も任されて、パソコンを理解把握、操作でき、医師、看護師の質問に答えるなど到底できません、私に言わせれば、~~長だかトップだか知らないが、ぶん殴りたい気分です、ちょっと新人の教育が信じられません まあ愚痴っていても仕方ありませんが 、できることなら電話などでお応えしてあげたいくらい 笑 不安になるのは当然です、でも焦らないで >1人の患者さんを見るのに時間が ・おっしゃることはもっともな話で、何十年も前のこと言っても今の時代通用しないことも多いと思うが、自分も夜は医者などと同じように8時9時~など朝はもちろん早番あってもやりました、凡人はそのくらいやらないと 笑、とにかくこなさなければいけないわけで >適切な栄養管理ができるのか心配です ・それはだんだんできるようになるから大丈夫、心配しないで、今は病院と言う特殊な世界、そうでしょ、周りはスタッフ以外皆病気なんだから、そういう職員の中に管理栄養士として順調に事が運ぶよう歯車に乗れること考えるのが一番です 先輩に聞くのは、どんなに聞きずらくても特に迅速に処理しなければいけないこともあるわけで、どんどん聞いていかないと、しり込みしないで、人間なんだから限度がある、とどっしり構えてほしい、そのくらいの気持ちでやってほしいな >新人だから許されていたことも許されなく ・1年目は大丈夫、でも大病院は大方のことが把握できるようになり、一人でも大半処理できるようになるには普通3~4年はかかります、もっと早い人ももちろん居ますが 笑 >もう分からないことが星の数ほどあります ・あってあたりまえ、だから臨床を専門に学ぶとよけい、病院に就きたくなるし、それがごく自然なことです  >先生や看護師さんから電話が ・病院の管理栄養士は、存在感のあるところでは皆から信頼されるし頼られるんです、忙しいときは即出られないこと看護師長さんに言っておくのもいいですよ >すぐに頭が回らず、ドギマギしまくりで ・そういう場合はできるだけ早く調べてご連絡しますと言えばいいのよ、何か言われたら新卒だし、これに関して即答はまだ無理ですよと、堂々と言えばいいのよ >どのように勉強され、どのように業務に慣れましたか? ・どのように勉強って、毎日がすべてが症例で勉強なので、自然にだんだんと頭に入るようになりますよ、すべての内容が違うわけではないし、2~3割は、どんな事柄に対しても同じような内容があるわけで >ちゃんと自信を持って働ける日は来る ・もちろん来ます、大丈夫、猛暑だししっかり食べて睡眠をよくとり、焦りすぎないで毎日を過ごそう、自分がどんな風に思われているとか、できないと思われているのだろうななど余分なことは考えないこと、必ずちゃんとできるようになりますから、安心して1歩1歩進もう。

2022/07/02
回答

アイスクリームは、乳脂肪が8%という規定があるにせよ、各社の内容が違い、さらに時間の経過とともに形状が変化していき、粘土やLST値が変わります 嚥下機能により、かまなくてもよい、や舌でつぶせる、若干の送り込み能力が必要や食塊保持と送り込み能力、舌と口蓋間の押しつぶし能力以上が必要などなど考えると、ここだ!には、今の考え方において決定はできないのでは? 東京大学の耳鼻咽喉科、頭頚部外科の医師たちが、論文書かれています、もちろん今はこれだけじゃないでしょうが、市販アイスクリーム類の食品テクスチャー特製の経時的変化について 熟読してみてくださいな 口当たりがよく、手軽に栄養補給、水分摂取ができるし、嚥下障害のある方でもあまりむせこむことなく食べられると言うメリットもある食品だと感じます、こんなことしか言えませんが頑張って。

2022/07/02
回答

わかるわけではないが、責任者や~~長からよく聞くこととして この病院にもしあなたが採用された場合 あなたは管理栄養士として何がしたいですか、             何ができると思いますか             どんな成果を出すことができると思いますか等等 あなたの考えを800字以内で述べなさい。。などなど 笑     病院と簡単に言いますが、じゃあその定義を述べてみてと言われて、今ならさしずめ19床まではナンタラカンタラ。。。とか、総合病院と言う分類は今は無くなっただとか、じゃああなたが希望している病院はどんな病院ですか。。などなど そういうところで働きたいと思っている割には全然わからないという人があまりに多いような気がします 急性期に行ってマイペースでとか、療養型などに行って栄養指導バンバンやりたいとか、そんなん言えば何考えているのになりかねないし、大学受験でさえなぜこの学部とかなぜ管理栄養士専攻などあったはずだし、大学によっては受験で臨床方面で腎臓食の必要性をパワーポイントにて5分で発表してくださいなどの課題もいまやある時代 一般の場合の小論文なら、当然他職種と同じ扱いになることが多いのでその場合などは否定的なことや消極的、感情的なことは減点になるだろうが、管栄とか病院とかになると上記のタイトルになりやすいかな? 笑  感情的なと言うよりは熱意や自分の思いをしっかりと伝える、くみ取ってもらいたい、などになるのでは? 緊張しすぎず、いつもの自分でごくごく普通に、さわやかに頑張って。

2022/07/01
回答

要は経口維持加算の基準をクリアーしていれば算定できるのでそこを観てみると 看護師や医師の確保は別として *嚥下の機能が医師の判断により適切に評価されている *誤嚥等が発生した場合の管理体制が整備されている *食形態に係る配慮など誤嚥防止のための適切な配慮がされている→まさに今回など其れですよね *各職種が共同して実施するための体制が整備されている   と言うことで問題なくクリアーしているのでOKですね、頑張って。

2022/06/28

みんなのQ&A(コメント)

コメント

鼻腔栄養の事ではありません、食事療養の最初のところの事務連絡のところ、医科2021年4月現在の診療報酬点数表の1008頁にありますが。。現時点でも変更はないと思いますよ、平成18年度からですから、もし変更ならば事務レセプト担当者に内容詳細に聞いた方がよいかと思います。

2021/10/06
コメント

診療点数早見表に記載されています。

2021/10/06
コメント

DM食でムースだから加算算定できますが、ムースだけでは現在のところ非加算だと思いますよ、そしてムースは療養食だけれどムースだけでは非加算ですね 今回は加算算定でOKですが、ちゃんと1200入っていなかったということなのでは? 何度も何度も読み返して理解してから使いたものです、再度頑張って。

2021/09/03
コメント

血糖コントロール不良になることは、十分あり得ることですが、実際に減らそうという考えを持っている医師がいるかどうか把握できません、がおそらくそういう医師も居ることでしょう そのことが現在担当している患者にどのくらい影響あるかが問題で、すべての医師とタイアップしたわけではないし、常にモニタリングおろそかにせず観ていけば即影響しそうな患者かそうでないかは医師のご経験とか患者の他の疾患いかんで判断できるのではないのかしら どちらかと言えばもともと肥満傾向の人は、まずプアコントロールにはなりやすいでしょうし、スリム傾向の人は比較的良好なケースが多いのではと。。。

2021/08/29
コメント

??同じじゃないですよ、透析をしているということは腎臓の機能がほとんどないということですよ、透析患者の体重評価は基本がドライウエイト、中1日置いて何%増えているか、中2日置いて何%増えているかが問題です、それがおおよその基本より増えすぎていればどっちに転んだって大半は食いすぎ、飲みすぎと言うことで 一概には言えませんね もともと長い人生において、18前後でずっと来た人なのか23~24で生きてきた人なのかなどにもよりますし、患者さんがとてもそんなんではエラクテできそうにないとか言えば、医師に言ってあげたりしないといけない場合もありますし もともとドライウエイトは透析医が決めますので、管理栄養士がじゃあアップしましょう、少し下げましょうなんて簡単に言えることではありません エネルギーアップと言いますが、基本透析が始まれば塩分水分やカリウムリンなど、気にしなければいけないことはたくさんありますがごくごく普通のエネルギーで問題ないし、そのときこれじゃ腹減ってしょうがない、もう少し増やしてくれとか言われたらまずは体重の×30kclぐらい、それこそ一概には言えませんが許容範囲は35kcalぐらいでしょう、ガイドラインなどにも出ていますよね 蛋白質だって普通に摂取すればいいのですよ、補助食品って? 患者さんの 普通に食べたものを詳細に栄養価科計算してみました?何の栄養素が足りてないですか? 多くなりすぎないことが肝心で、何の栄養素が多すぎですか しっかり食べなくては、食べれば当然それなりにBUNは上がってきますが、それを透析で下げるわけで、上がらないような食べ方を今はしなければいけないのですか?? 当然たんぱく取っていれば上がってきますし、その上がり方が問題で上がりすぎていれば透析でも引ききれないし、体がエラクなるし、要するに食いすぎと言うことで 1~1.2g/体重/日あすたりが基本ではないのですか? これはいわゆる普通の量じゃないのですか 、そりゃ中にはいろんな患者がいるから上りが少ない人も居ますが、食べていて本当に少ないのか、怖いから食べていないのかその辺を管理栄養士が本当のところをキャッチしないと、 とりあえずはこんなんかな。 何の補助食品? 低たんぱくの高エネルギー食品? 今は透析やっているわけで 必要あります? 透析にならないように腎不全の人などなら解りますが、すでになった人は透析が長期間順調に行えることが、できる限り合併症を予防し、良好コントロール保持が重要です。

2021/07/18
コメント

透析の人は透析前後で計るわけで、その他に計っても意味がほとんどありませんよ、まあ途中これだけ増えているからって透析は中1日置いて休みは2日おいて、ほぼどのくらい増えているかでコントロールの状態を観ていくのでそのまた真ん中で計っても、まあ若い人で極端に増加などは多少は意味ありかもですが 特養ではね、意味ないですよね、まあ皆同じでないとと言う意味で計測しているのでは? 管理栄養士ならばその旨きちんと指導して、こうなんですよと、でもね~ 看護師もいるのだろうに、お気の毒様~。

2021/07/06
コメント

計ってないからと言うより適切な最低限の栄養と言う意味です。力ある方だと思いますので必ずできますよ、頑張って。

2021/06/06
コメント

えっ、認知のある人は胃ろうは作らないとは言っていません、ケースバイケースです、 この方は94歳、平均寿命もとっくに過ぎている、いろいろありだからですよ 例えば70歳で基礎疾患無し認知症重度だとしても造設するのでは?、一概には言えませんが また莫大な財産があり、家族の意向であと半年はどうしても等の時には、活かせることいわゆる延命だってする場合ありですよ、要するに人によりさまざま、それら総合的に判断してどうするかが重要です、それらを医師ともども理解したいですね、思ったことでした。

2021/03/08
コメント

経管栄養法により提供したときにとちゃんと書かれていますよ、診療点数早見表にもしっかり書かれています、詳しく経口経管問わずとあります >市販品のみを経口摂取で召し上がっている場合は経管栄養法を用いていないので、流動食のみを提供する場合であってもカウントできないのではないのでしょうか ・えっ、基本の基本が理解できていないのでは? じゃあ、食事代はどうするの? どこからいただくの? DPCでも食事は基本出来高ですよ、なぜ流動食のみの額で算定できないのですか?? 市販品の栄養剤の分は、患者には提供して、お金はどうするの?どこから出てくるの? 給食で購入して患者に提供しているのではないのですか? 食品材料になりませんか いただけなければ赤字も莫大になっていくのでは これが自院で作ったものなら(2)以外と言うことで常食扱いいわゆる640円算定できるということですよ >経鼻経管栄養になりそうです。そうなれば、流動食のみ提供の分で算定できる ・なぜこれはそう思うのですか、もちろん当然そうですよ >常食でもないので常食でのカウントは出来ません ・飯でなくてはカウントできないということではないのですよ 自院で作ったものなら流動だろうと3分だろうと常食と同じ640円いただけるということで、常食扱いと言う意味ですよ 書かれていることが全く。。のような気がして、読解力の問題ですかしら 医師に聞けば一発で、教えてくれますよ! 私たち凡人の頭とは違うので 私たちは10学んで7~8やっと理解できるけれど医師は2~3学べば10を知ります、話していてもうまくやれば多くのことが学べて、こちらのことを簡単に理解してくれ、悩んでいればそれはそうした方がいいねとアドバイスまでいただけます、それが医師ですよ、まあわたくしの経験からですが、頑張って。

2021/03/02
コメント

ウウン、ここに書いたことご理解できませんか? 食事療養何度も何度も読み直していただきたいです、カウントできますね 数本で補食とは? あくまで補食ならば主になる食事があるのでは? 一般流動とか、静脈栄養とかそれら考えれば、理解できていればお判りになるはずですが さもなければこの食事提供自体が適切とは言えないのでは? だんだんとアップにしろ、そうでないにしろだったらなにがしかの静脈栄養が入るとか 様子見だとか、何らかがあるはずですよね、とにかく何度も何度も読み返して下さいね 常食扱いなのか流動のみの額か判断できると思います。

2021/03/02
コメント

経鼻で高カロリー輸液が入っている場合は食事算定不可と言うことです 本来は入らないのが普通なので 経鼻でリーナレンは、高カロリー輸液ではないですから、食事は算定可です。

2021/02/28
コメント

くまくまさんへ、病弱者加算などは介護保険法でなく老人福祉法での公助の分類です 他に被服費加算とかその他たくさんいろいろありますよ、当然クリアーした人だけですから だれもかれもができるわけではありませんが、自治体で調査した結果認められた人だけです その施設のトップから今回の介護保険法と同じように改定になっている部分もあると思いますのでしっかり聞いてみたり調べられるといいですね、頑張って。

2021/02/09
コメント

焦って書いたせいか、誤字だらけごめんあそばせ 笑 。

2021/01/30
コメント

ううん、だから、なんですが胃切後は、非加算なので、膵流動だって非加算で、上がっていく場合は流動で安い単価のほうでなく普通の単価でいいですよと言うことではないの? 、 今現在は、だから非加算で、上がっていく場合は安い流動単科ではなく、普通の方だということで、とにかく3分のようにどんな状態でも米粒が入っている場合は、加算算定コースの場合は加算算定OKですね、あくまで流動の場合は加算にはなりませんよね、上記を読んでもそうだと言えるとそう解釈していますが。 診療報酬の方と入院時の実際のリォユ法を読むと、なんとなく解る。ような気がすると思うのですが

2021/01/30
コメント

ううん、今は責任者管理か栄養士でないとだめのようですね、令和2年度から変わっています! あ~よかった、食事療養の実際のところに書かれていました、ごめんあそばせ さしずめ私たちのころはよかったものですから。

2021/01/29
コメント

ううんそういう考え方ではなく、1算定予定病棟に一人専任でいて給食管理とかも行えば問題ないですね、他の病棟へは考えたくないですね、実績指数40以上はそんなに簡単ではないのでは、栄養だけでなくリハの職種の人たちと常に連携を取りながらなので、他の病棟何処ではないと感じますが もともと療養型病院でしょ、あと二人いて210床担当十分とはいかないのかもですが、可能だと思います、なのでここで一人非常勤栄養士を入れていただき全体を観てもらうようにする、とか食数担当とか食数も委託がやっているのか、給食も施設側でやっているのなら管理栄養士がもともと不足気味のような、詳細を聞かなければなんともです 他の病棟へ行くことは、それで専任の仕事果たせていますかなど、しっかり対処できますか行ってはいけないとかでなく、休みの日はできるだけ課題などでないようにしてあるとはいえ、どうしてもかかわらなければいけないことが出てきますのでその時にのみ、二人が交代制で受け持っていますとかになれば納得してもらえると思いますが データ算出などそんな簡単ではないと思いますが。。良いところだけピックアップすれば改ざんになるし。。いずれにしても頑張って。

2021/01/22
コメント

より正しい栄養管理、皆に解ってもらうよう言い続けること辞めないで 1例でも言い続けた結果よくなった改善例を、施設内で発表して成果を見えるかの状態にして 他職種に解ってもらえるよう奮闘し続けてほしい限りです、それをしない人があまりに多く 皆辞めてしまうので、栄養士なんて名ばかりだと言われ国民には信頼されにくくなり地位も名誉などもほど遠く、最悪意味ないじゃん、栄養士でいい、内は栄養マネジメントなんてとか言われてしないところがまだまだ多いのでは この4月からどう変わるのかも楽しみと言えば楽しみですが、恥の上塗りでもないのかと、時として感じてしまいます、要は高齢者医療に関して現役引退して勤務すれば、委託医であろうと嘱託医であろうとある程度お金がもらえると考える医師も多いので、問題ですが 若いころから高齢者医療に命がけで頑張っている医師に来てもらうとがらりと変わると思うが夢の話か、いずれにしても負けないで頑張ってほしい限りです。

2021/01/17
コメント

言いたいことが伝わっていないようですね 大方同じようなことだと推察します、あくまで基本で 介護保険持ってると診療報酬では算定できません。 ここの部分が、基本どういう意味か不明です。

2020/12/22
コメント

お世話になります 介護保険は65歳以上になれば全員持っています、支援・介護度が認定されているかどうかだけが問題で 特養や老健入所者は委託であろうとその医師のみの診察しか基本受けられないけど、だから介護保険、しかし特養でもショートロングなどでは特養の医師には看てもらえません 療養病棟などに入院すれば、もちろん通常は介護保険ではなく医療保険 介護度1や3の人で何らかのサービス利用者だって、自宅にいて医師にかかれば当然医療保険です、今は違うのですか、周りのデイなどに行っている人も皆医療保険で痛いところなどあれば医者に行きお金払っていますよん 今回は特別な?住宅にいてなので、質問者さんがおっしゃるようにその時にはどうですかと質問しています、で一切ダメなんですか? もともとがこういう場合は介護度が基本はついていない人が入所していてま、支援ですよね、今は他のサービス会社と契約を結び支援ではなく介護度は1とか2、ついているのかもですが、しかしその場合として、自分で行けない、で医師にに来てもらう、もうそのことが介護保険でないと診察には来てもらえないということかしら、なぜなのか納得できなくて。。 質問者さんにしてみれば全く逆のことで、悪しからず、真実が解りましたらどうぞご指導お願いいたします。

2020/12/21
コメント

エネルギー制限と言うよりは、適切なエネルギー量が不明な場合は、どんな場合でも糖尿病食の場合の算定は不可でしょう。

2020/11/12
コメント

指導する人だってこっちのほうが大事?など思うかもしれないし、医療現場はそれのカンファなどがあり話し合いで決まりますし(簡単な場合はすべておなじになりますよね)、介護福祉関係はあくまで介護保険で行うし、痩せや肥満とはいえ、その人の人生で長い間どうだったのか、体調良好の時はどのくらいと、許容範囲であれば問題ないでしょうし、だから人により違う、要するに一人一人生きている人間なのでその人にあったフオローをしないと、応用力ですね 最後に書いてあげればよかったとあとで思ったんだけど、そうもっと自信をもっていちいち全部上司に報告もね、そこまで指導してくれてあるのだからもっともっと自信をもって進みましょう。 優先順位とはいうものの、とにかく今行わなければならないことは何? ですよ 何に関してもあるでしょ、全然食べられていない人は最初に観るだろうし、栄養状態比較的良い人は多少はのんびり構えてもとなりません? もちろん差別ではないですよ。

2020/10/17
コメント

お金をいただくことなので、診療点数早見表ですよ。

2020/08/31
コメント

失礼1670でしたね

2020/08/20
コメント

生きている人間でだれも詳細に言えば違うわけで、インアウトのバランスが取れていれば それがその人にとっては最適です、マニュアルとかガイドラインとかあってもそれはあくまで基本なのでそこから一人一人皆ちがうということ その違いを判断していくのが口から入れるものでもちろん今は静脈や胃ろうとかもありますが、適切な判断をしていくのが管理栄養士だと思います 例えばこれだけ!ならば、ライセンスの必要はありません、そう感じます。

2020/08/16
コメント

契約金額が羽がるためとは?? どういう意味か不明で、下がるでいいのか、だったら基本が間違っていますよね、内容と金額はどんな場合でも記載されているのが普通ですし、あるべき姿ですから 利用者にリハビリは・・・特養など今は基本行うようにはなっては居ませんが人間は生きている限り疾患上現時点で動いてはいけない、動かしてはいけないなど以外は、やるのが普通ですし、またやるように法律を変えていかなくてはよくなる場合もまずはよくなりません 当然あなたのところだけが問題ではありませんが 自力摂取形のあるもの食べることが不可能ならば、介護度5とか4とかになる可能性も高いし、それなりの介護士の介護があり、食事も食べられるものだけ、飲めるものだけとかになりますね、管理だから形のあるもの、どんな人でも食べられるようになるなんてありえないです 可能な限り食べさせてとは言うものの、限度がありそれほど家で食べさせることができるのならなぜ入れているの、ご家庭で最後までフォローするよう伝えれば 家族もそれでいい、と言うことで医師も止めない、ならば多少何が起こってもとなりませんか、当然不足分もありでしょうね 入所させるときの上の問題ですね、一人ずつでも栄養士としてはモニタリングしっかり行い、悪化するにも統計出して一つのラインを作らないとと思います ご家族の言うこと聞きすぎでない? まともじゃないような、口から食べられる場合は確かに野菜など入りますが野菜全体の分量や果物などほとんど常識的な分量入っていないものね、金がないって考えられないそれなりの食費もいただいているわけで お金がお金が言う場合はどこかで誰かが、何かしているよね 経営に疎いとそれを探し出すこともできませんから、上からの言われっぱなしですよね 胃ろうを造らないのならば自然に口から食べられなくなれば、体重減少して自然に逝くしかないですよね、多少の栄養剤など使ったとしても 選択メニューも今だ、していないなんてそういうところあるの? どこでも大半もう、していますよ、バイキングなんて2~3回行えばどんなものならより多くの人が食べるか比較的こういうものは食べないとか解るわけで、よく食べるようなものは比較的多く出してもクレームなども少ないし、どちらに回っても安い法外の契約金額ではうまくいきません 栄養士の給料だってやすすぎれば、だれも来ないのと同じですよね、食費だって施設施設により多少は違うわけで、値上げすればいいのでは、反対だって言われたって不可能なら仕方のないことで、不可の人はご家庭で見ればいいわけで もっとご家族に言わないと最低限のことが言えてないですね、まあ施設のトップが問題なのでは、医師も止めない当然肺炎はありえることで、入所するときに家族のわがままがどこまで通るなどボーダーラインを決めるとかしないと デイべートと言う会議みたいなことご存知ですよね、八方美人的な考えでは、どこへ行ってもうまくいきません、施設側なら施設側の断固とした考えを、委託で受ける方ならば受ける身としてはそこまでなら断固やらないとか、それぞれの立場で考えを推し進めていく固い気持ちがないと、どちらの言い分もとなり両方受けて考えていれば、まとまるものもまとまりません、追加の内容で感じたことでした、職場変わるのもいいかもですね、悔いのないよう頑張って。

2020/08/07
コメント

献立なのが含まれる、ということなので、献立でもいいし、他のものでもそれらが解ればいいということですね、食事計画案とか、食品構成などでもいいということですね、何度も読めば理解できますので、頑張って。

2020/06/21
コメント

35年やってきましたが、ミカン缶は皆さんおいしくもも缶同様召し上がっていました よく使ったのはアスパラ缶やマッシュポテトなども、生のジャガイモの時もありましたが当然、色々変えないとね しかしあなたのところは問題ありかなと思えば避ければいいのでは 定義があれば、全国統一になり、どこでも同じ内容になります 無いから医師からもいろいろ質問でてきたり、病院によって様々ですよね 摂食嚥下だってコードがあり、およそこんな感じでとなっていてもホントに様々で 今最先端はどうなっているか不明ですが、今後定義は作られる時代は当然来ると思います どちらかと言えば今躍起になっていると言っても過言ではないのでしょうか、疾患に対しDPCになっているので、食事も必ずや統一される時が来ますね 当院では術後や、回復しきれていないときは3分菜ですが、なんせ3分は繊維が入っても微量ですよね、豆類など軟らかく煮て越して出せば仮に繊維とて多量には入りませんから 基本胃腸にやさしいものでいいと思いますよ、なので食材一つ一つは大きな差はないわ、と判断しましたが、2~3品は、そりゃやはりそれぞれの考え方や互いの経験等により多少はねえ~ じゃあそこでいいか悪いかと白黒はっきりつけるとなれば、患者が召し上がって何の問題もなければそれは良しと言うことになりますから 頑張ってください、期待します。

2020/06/18
コメント

病院勤務でした、問題あるときなどは皆と相談しますが、食種が150~200種前後ありましたので、と言うか自分たちで作りました。

2020/06/14
コメント

おっしゃっているように、少しずつ行っていけば薬局の管理栄養士の算定もそう遠くはないと思います、しかしそのためには薬局同士の管理栄養士さんが一丸となってそれなりの成果必要性を訴えていけば必ずや数年後には法律そのものも変わると思います ぜひあなたのお力で変えて行ってくださいね、期待しています、頑張って。

2020/06/11
コメント

焦る気持ちは解りますが、ご自分である程度できるところで頑張りたいもの サルコペニアは、透析患者で高齢者が特に多いと思えばそこからでもよいし、高齢者が多いのは今の日本は当たり前で、何がより先に必要かですね 臨床栄養学を購入予定ならば、様々ありですが病態栄養ガイドブックが管理栄養士としては適切だと。。 栄養指導等に関しての基礎的なことは、無床とはいえ、今年度改訂の部分も栄養士会のホームぺージなどにもありますが、それは今までが解っている人であれば問題ないですが、基礎が不明な人は、看護関連施設基準、食事療養等の実際を読まれるのが、いいかと もちろん今年の10月か11月ごろ最新が出る予定だとは思いますが、なんせ今必要ならば 買って勉強されるのもいいかと、あとはネットでも十分可能かと もちろん最初からネットでもたくさん出ていますので可能ですが、どれが最新か古いものかが消されてはいませんので注意が必要 入職されれば当然ありますが、診療点数早見表 などの目次を観れば、成り立ちが解るし、入院、有床診療所、無床クリニックなどの内容が即わかると思いますし、そうすれば 最低限の内容も解ろうというもの もちろんこれらもどこかのホームページにはそこそこ出ていますよ、特養にて勤務だったとのこと、単に保健所に聞けばいいとかでなく、基本が解れば聞く前にご自分で勉強し、その後こうであるのになぜこうなのか、その疑問をぶつけるのならば保健所等でもよいが、いまどきは臨時も多く、不明な点もいっぱいです その姿勢を持たないと医師と対等に、また互いに切磋琢磨しながら同等のレベルで話ができにくくなります 。。どうしてもならばエイチエの基に聞けばアドレスやその他教えてくださると思います 頑張って。

2020/06/08

お気に入り

みんなのQ&A

ブロックしたユーザー

プロフィール

ツルキチ

  • [性別] 女性
  • [保有資格] 管理栄養士
  • [上記以外の資格] 調理師、元NST専門療法士、元病態栄養専門師、元DM療養指導士、その他もろもろ
  • [都道府県] 静岡県
  • [現在の職場] その他
  • [過去経験のある職場]
  • [実務経験年数] 20年以上
  • [自己紹介]
    教職小中高10年ほど、後は特定機能病院のみ経験