ツルキチさんのマイページ

投稿履歴

献立レポ

お仕事Q&A

過去に投稿された質問はありません

なんでも相談

みんなのQ&A(回答)

回答

研修会は本来は自己で行くものが多いと思いますが、今回は参加必須 普通はそのパート時間内に行くのがノーマルかと思うが、なので給料は出る、交通費はマイカーなどが多いのでそこまでは出ないケースもありかと、まあ大都会で結構かかる場合は当然交通費も出るかと 給料が出る1日何時から何時が勤務時間になっているのか、で今回の研修時間は何時から何時かが問題ですよね、勤務時間内? でしょ? 違うの 時間内なので普通は給料が出るケースが多いと思うけど、実際に給食業務を行うわけではない? これは言い訳や屁理屈と言うものですよね、ま出ないにしても研修ならば自分の勉強になると思い普通に参加されたらいかがですか? 本来は時間内なので給料は当然出る、しかし勤務時間外ならば必須とはいえ、出ませんとはっきりお断りすればいいと思いますよ、参加が嫌ならば、それは法律上でも通ると思いますが。。

2020/11/22
回答

いろいろなやり方やその施設にのっとった最適な方法があるとは思いますが、まずは推定エネルギー必要量を算出しますよね そして食事制限? とは、人はおおよその分量内容等年齢階級別で出ています、基本は何もそれらを制限しませんよね、そこに何らかの疾患があるとか、どうしようもない状況でいまこの症状や診断名があるということで疾患内容が加わってくる、そこでさらにそれらの内容が加味され決められる、まあこれが妥当なプロセスやあり方ですよね 療養食加算は、算定していないところ結構ありますね、僭越ですがお粗末な内容なら取らない方がいいですから しかしそのエネルギー必要量・他も看護師が決めるというのがなんともある意味素人には言われたくないと思われません? 仮にそうであるならばあなたの力で、少なくも一般食の場合は管理栄養士が自信をもって決めていきたいもの、またそういう風に持っていくのが本当なら正常な在り方だと思いません? ある意味日本だけではないですか、医師が栄養量を決めるというのは、考えてみればおかしな話ですが、まだまだそこまで日本の管理栄養士のレベルが上がっていないのも一つの原因ですよね、興味がない委託医ならこうですよね、これでいいですね、実施しますねと、常に相談報告しながら行けば、この栄養士やる気だねとおそらくだんだん高齢者医療について医師自身も興味をわくようになると思いますが お若い方には頑張っていただきたいですね、自信もって、それだけの勉強をわたくしたちはしてきているのですから。

2020/11/22
回答

本当にお疲れ様です 大変ですね、手に取るように解ります お断りしなければ今居る人たちの栄養管理は低下、激悪、多少のお金が入ったとしても 現在の人数で、そう最低の人数で最大の成果が出ているのに、その人のために他の人達が 悪化すれば元も子もないどころか批判増加、コロナ渦の中、何かトラブったらどう対処できるとお思いかなどつめよりたいもの せめてコロナ渦でなく人数は2人増加してくれるなら可能だが、そうでなければ回らない、早い話飯提供は不可だと言いましょう あくまで基本はそういう方を入れるのが嫌だとかでなく、この大変な時にまだまだコロナ渦はおさまる風潮も感じないし、下手すりゃみな自分の身が危ない時期です コロナ患者を受け入れる予定のところで、出ているなど、感染力は強いし、まだまだ不明なことが多い今、到底不可能だと、こんなんですかね、わたしだったらこれくらい言って説き伏せようと思ってはいますが。

2020/11/21
回答

ええ? でも果物に限らず、野菜だって大幅に不足ですよね 果物を勧めるというよりは、成分表の食品群の18だっけ? 17だっけ? の項目のものをバランスよく食べるというのが基本と学びませんでしたか 果物は特に水分を多く含む、糖質も食物繊維も含んでいる、食べ物は何でもそうですが栄養素を複合的に含んでいるということ考えなければ、単品でいいということではありません 無機質では特にカリウム、カルシウムなども多い、また特にビタミンCが多い、生食なのでビタミンCの供給源として重要、コンセンサスがどこまで得られているかなど今ここで詳細は、改めて観てみないとですが果物をしっかり食べている人は健康的な人が多いとか 栄養素で言えばカロテンなども多く含まれている また日本は四季折々に豊かな果物があり、ユネスコにも和食は登録されています 食欲増進をさせるとか、嗜好満足だとかあらゆることがあります、単純に考えるのではなくそれなりの必要性、良さなどちゃんと伝えたいもの しかも高血圧などなら一般的には、特にカリウム多くしないといけないし、果物は最低でも週2回か3回は食べたいもの、そう思いませんか、さらに野菜だって最低1食に100gは食べたいもの、肉類食べすぎとか、このほかいろいろありなのでは? 食塩相当量、アルコールなども。。 果物は毎日ちゃんと比較的食べている人はハイレベル家庭の人に多いとは出ているが、最低限健康が維持できる分量は、そうね週2~3回、経済的に無理ならば週1回でも食べたいもの どういう高血圧か、他の疾患とのからみとか、他の血液検査の結果なども踏まえ現時点でその人にとってどうなのかを詳細に把握して栄養指導したいもの、そういうことが管理栄養士ではありませんか、私が感じたことです。

2020/11/21
回答

私の思ったこと少しつらつらと。。 >某市内中核の急性期病院への転職 ・とはいえ入院料1から7まであるわけで、内容は少しずつ違いますし、あなたはどういう急性期のところで何がやりたいかです、でも好きなことしかやらない、できない、のでは、どこでも高い評価などありえません >大学卒業からグループホームに4ヶ月勤務し ・普通この期間で履歴書などには書かないわよね、今は別なのか >精神科病院へ3年、今はまた違う精神科病院に ・なぜなのかしら、最初の精神科病院でどんな成果をあげられたのか、もう吸収することはなかったのか、転職理由がはっきりしません >入職直前の3月にクリニックがなくなってしまい、同敷地内のグループホーム ・無くなることは当然すでに決まっていることだったと思うけど、事前の調査不足ではないのかな >上司は空いた私のスケジュールに自分の仕事を私にやらせる ・普通は上司の仕事やるのは、一つ前進の意味だと誰でも思うけど、やらせられてと感じると、もう受け取りが基本からずれていると感じるわ >栄養課内で見れてしまうため病棟に足を運ぶ頻度が大幅に減っていました ・そんなのどちらかと言えばむしろ時間始まる前に皆少しでもと観るのが普通で、今までよりはるかに病棟へ行く時間が普通は長くしないと電子カルテの意味も半減するのでは? >お世話になった方(今の上司)の病院で欠員、その方と一緒に働きたいと考え、転職 ・失礼だけどそれだけで自分の全人生をかけた職場や仕事って変わるのかなあ >多くの患者さまに介入したい。管理栄養士としての自身の技能を高めたい ・介入とか高めるとかでなく、病院の場合はそれぞれの立場で管理栄養士は食事栄養面から治療することがまず第一の使命なのでは >栄養ソフトが入ったpcが栄養課詰所に1台しかない ・今どきそんなことありえないので何年かかっても要望書出すとかなぜしないのか、最低限必要なことでは? >他の栄養士の方のスケジュールを伺いつつ業務を行う必要 ・皆で仕事がやりやすいように少しずつでも工夫改善していこうとなぜしないのか、文句言うのは簡単其れを変えてこそほんとに力あると言えるのでは それこそが栄養指導に通じます、そこではじめて結果もついてくるのでは、それが高めるということに自然につながるのではないのかしら >食札管理も一苦労です ・市内中核の急性期病院ともなればオーダリングシステムがあると思います、今度はそこでがんばれば、ある所ではそのように頑張ればいいが無い場合はなぜ工夫改善し、新システム入れてもらうなど考慮しないのか、不思議なことだらけです >結婚を考えている方の最寄駅に近いこと ・すでにしたわけではないのでしょ、あくまで予定は予定です >外から見てどう映るのが気になります ・他人がどう見ようと評価することなど気にしなくていいのでは、自分の信ずるところの道をまっすぐに進めば 人が不足で急募などでない場合は、正直申し上げて採用わたくしは難しいと感じます、 しかし人それぞれ他を差し置いて採用もあり得るわけで頑張ってほしい限りです。

2020/11/20
回答

>コロナが流行する前、汁物とご飯を給仕を行なっていた ・委託業務内容がそうなっているのですね >コロナが流行りだして中止となり、厨房で全てよそっての提供 ・思いもよらずで、突発事項が発生した場合の取り組み方が、基本的に問題になるのでしょうが、四の五の言ってる場合ではないのでは? なんといってもそちらではなくて他でとは言え、日本のどこかではかなりの死者も出ているわけで >今月の初めごろに仕をするように言われたの ・ウウン、だから結局契約内容が肝心になってくるよね しかしこういうことはインフルや他の感染症、食中毒等が発生した時などの取り扱い方が基本になってくるだろうし、今回のコロナの未曽有の事、解っていないことがあまりに多く経済面ではない世界的恐慌のことなので、むずかしいですよね 私は基本的には契約事項の中に記載がなければ受けるのが、本来の筋かと。。プロだから受けるのでは? 違うのかしらね、いろいろな考え方がありますが >「それならコロナ慰労金はそちらにあげることはできない」でした ・コロナ慰労金は、直接的に接触している人にと言うことで、接し方の内容等で金額が分れれています、持ち込まないように気は休まらないけど、だから慰労金が出るのでは? お断りすれば、ある意味では慰労金いただけないかもは、今回はまあ事実で、どちらかと言えば当然のことではないのかな >今後給仕を行うかどうかを上司と相談中です ・まあ、はっきり言ってやばいからやりたくないわけでしょ、やばいことするからしているからこそ、慰労金は出るのですよ >感染症が流行っている中厨房スタッフが給仕を行うべきだ ・簡単にべきなんて言えません、契約内容がまず第一、今回のように突発事項の扱い方が問題で、最初に変更を言われたからと、ああそうですかと即撤退したことも問題ですね >厨房スタッフが給仕を行っている場合、どのようなことに気をつけていますか? ・それは今あらゆるところであらゆることを考えながら、皆それぞれのところでそれなりに頑張っているわけで、第3波、しかも市中感染になっているわけで、明日は我が身です、そこをしっかりと考えていきたいですね、誰かに聞けばとかよりニュースなどでは毎日どこかであらゆること言っています、参考にしながら自施設でできることを焦らずやりたいもの >コロナ慰労金をあげれないという施設長の考えはどう思われますか? ・一方的なところもあるが、まあ並と思いますよ、トップなら当然の事 と私は思いますが。

2020/11/14
回答

>研修医の先生の食事は平日は毎日朝昼夕3食分(お金は病院もちで)提供している ・病院そのものの考えがおかしくありません? 飯がただで食えるなんてありえないでしょ? ある意味みんな飯のために働いているのではないの >税務署のほうから指摘があったそうです。(1食300円とすると1日で900円 ・当たり前中のあたりまえですよ、だったら福利厚生とかで飯代いくら補助とかして給料に入れれば問題ないのに なんで研修医には飯を出すわけ? それを出さないと研修医が来ないとか、そういう慣例を作ってしまうとまあなかなか来なくなりますね >全部検食ということにしてはどうですか? 当然一人は検食でいいですよね >検食した人はみんな検食簿を書かなくてはならないのではないか?と聞かれ ・当たり前でしょ、何のために検食が行われているか、目的がぶっとんでいるような >検食は何名で食べてもOKで、検食簿は最低1人が書いていれば特に問題はない ・えっ? 食べても書かなければ問題ではありませんか? 書かなければただ飯でいわゆる単にもらっただけ! になりますよね、世の中飯をタダでくれるところってあります? やはり税務署からは指導が入りますよね 災害等でボランティアだとか私費で寄付と言うことで皆さんに提供ならともかく、意味合いが全然違いますからね、検食の意味とか目的とかもう一度病院全体で考える必要があるのではありませんかね~ 今どきはケチなこと言うわけではありませんが、検食の数もカウントに入れ委託側などは お金請求が普通の事ではないのですか? そりゃそうですよね、いくら予定発注とはいえ、それらが普通だと改めて感じますけどね。

2020/11/12
回答

最初の急性だけでなく慢性も可ですね 脂質の算定基準ってあります? これは健康な場合は20~30%、そのうえで疾患ありの場合は大体脂質10g/日以下、順調で可能なら30gまで増量可、このへんかしら、患者さんの血液検査結果、臨床症状、状態を観ながらですよね 慢性でも糖尿病合併と言うことで、糖尿病食でとれるよね、膵食であってもとれますね、今も変わりはないと思いますが。

2020/11/11
回答

少し感じたことを >高齢の方(特に疾患を持ち合わせた方)を元気に ・病院も今では様々で、基本は最終的にはそりゃ元気にすることだけど、まずは病気を治療すること、其れの食事面からフオローと言うことなので、ちょっと違うような、まずは治療ですから >食事からのアプローチは予防医療にも貢献でき ・すでに何らかの病気の人で予防と言うよりは、治療がうまくいくように、その間に栄養状態が悪化しないように、よくない人は改善させて治療が受けられるようにするとか、それが基本であくまで予防医療としては特定健診関係とかではないのかしら 急性期病院でも入院基本料1の場合は、かなりわかりやすいし、改善させることできていますよ、当然療養病棟とかリハビリ関係などそんなに簡単には改善はしないですよね、1か月間3か月間毎日患者のところへ通うなんて当たり前ですよ、入院料1の病院だってなかなか思うようにいかない場合は当然そういうこともありますから >管理栄養士としての意義 ・意義か~、価値? 値打ち? やりがい? 何と言いましょうかね~ 人によりさまざまで。。 細かい内容はまた後程、だって字数もありますし でも委託だと栄養管理はほぼできないので、やりがいなどはなかなか難しいかと あくまで栄養士で可能な給食管理が大半ですから、栄養管理は直営に就かないと、と感じます、まあ中には委託でもやりがいをもって就いている人も居るでしょうが。

2020/11/09
回答

どちらがと言われても殺菌されて、もともと衛生的になっているので、このうえ温め方で変わってくるの? すでに衛生的でそれより飲む人にどうかとなれば最も刺激の少ない体温肌を基準に42~43度がベストなのでは、もちろん消化吸収的にも でもその温度は味的には一番まずく感じる温度なので、さて60~70℃くらいかと。。 何を第一のポイントにして飲んでいただくかですね。

2020/11/08
回答

なぜ現役の方から回答がないのでしょうね~ 問題があるとかないとかより、これで何日間続けたら治る可能性があると思われるのか どのように計算してこの値で、いつごろまでに一応計算上は治るのかとか そういうこと関係なく単純におっしゃっているのか、そこら辺の真意が解りかねます これでいいのかどうかは食べている人のヘモグロビンやフェリチンの値が関係してきますので特養ならば年1回とか半年に1回検査ですよね、けどどうしても必要ならご家族、特養の医師に連絡して検査してもらわねばならないし、加算食なのでこの期間やってみてどの程度回復されたか観るのが普通なのでは? そういうこと関係なくただ普通より少し多いだけで、OKかどうか言われたら、私の家族でしたら、断固拒否しますね、普通の食事で沢山だと、毎日鉄強化ゼリーをとりあえず3か月間つけてみてくれとか、他は一緒なら既製品と同じことで、考え方は流動と同じなのでは?と考え、お金取るなら辞めてくれと 笑 週に1回だけで治るとも思えませんが。。。10年前に現役を去った者の感想です、回答でなくて悪しからず。

2020/11/07
回答

いましたということでもう過去の事なんですか? 私はつくづく思います、ここのホームページの人たちってなぜ論理的に科学的に考えないのかなあとそして人様に聞く場合でもこのようにある、私はこう思う、何故ならこうだから皆さんはいかがですか、ならともかくも これはいいですか、ダメですか、それなりにいいとかダメとか書けばそれでチョン 中にはでもここにはこのようにある、ではその場合はどういうことですかなら本当に納得 当然そういう疑問出るよね、その場合はこういう場合のことを言っているのですよと、あればそういうことか、ならば納得と言うことで解決する、その他の場合も今後は考えられるようになる、と私は感じます 今までのこと関係ないですが 回答ですが、一応加算算定できると思いますよ、まして今は栄養指導でも算定できるようになりましたし、ただ中には介護報酬ではないにしても自治体で不可の場合もありと以前聞いたことあり なぜなのか 手術内容が開腹か腹腔鏡か、全部摘出なのか一部摘出なのかにより予後は雲泥の差になります、あらゆる後遺症が出てきます、ダンピングに始まり様々な消化器症状、貧血等々出てきます、それら考えて急性期で術後1か月後なのか3か月後なのか等もあり、ノーマルなら通ると思いますが、日にちもかなり立っていれば徐々に普通食になっていくのが普通ではないですか? など問われようものならちゃんとお答えできますかと 侵襲の大きな消化管術後において胃潰瘍食なので可ではないの? 不可の場合は侵襲が大きくないのか? うんだって開腹に比べたら腹腔鏡の場合はね となる、でもそういわれれば実際そうだからでは不可となる、ここで分れるのではないの? 今最先端はどうなんですか、ほぼ10年前は食事は胃潰瘍食で加算OK 、栄養指導は不可でしたから 今栄養指導もOKですからね 本省の監査の時の監査員などは、栄養士がちゃんと言ってくれなければこちらとしては判らないこともたくさんあります、あなたたちが変えていこうとしなければ変わりません、ちゃんと訴えてくださいと言われます 話は変わりますが、心不全の場合は以前可、不可両方の場合があちこちででて、今では診療点数表には可、いあわゆる認められると書いてあります、そういうことです、頑張って。

2020/11/07
回答

でもたまにしてもお弁当を作っているわけで、仮に月に1回でも検査は必要ではないのですか? まあ何かあった場合は、一切私は責任ございませんのでと頑として言わないとねと感じました、さもなくば、一切作らない、厨房にも入らない、別室でお仕事かしら 笑 思ったことでした。

2020/11/06
回答

算定は、ちゃんとした糖尿病献立表が作成されているかです さらに約束された食事箋がなかった場合は、一人一人にあっているかどうかですので、その人は何calなのかが判り蛋白質はどのくらい、脂質はと言うことになります そういうことが判らなければ糖尿病献立表とは言えないのでは? そうなれば算定は不可ですね。

2020/11/06
回答

抑々ヒヤリハットと事故と比較しているところって少ないのでは 基本はインシデントかアクシデントで区別するだろうし、またそれで統計も取っていると思うのですが その中のインシデントの中でヒヤリハットと言う一つの方法と言うか、再発防止と言うか兎に角注意しましょうよ、と言うことのひとつの方法ではないのかなあ~ 看護部などは、それ多いけど ヒヤリで統計とる場合などはどんな事柄かが問題で ヒヤッとした、はっとした、でも何事もなくよかったということでの経験などのことです よね、事件や事故のように起きているわけではないのでは、未然に防げているわけで違うの?ああ大きなことにならなくて事前に防げてよかったという、事でとらえる場合が多いのでは インシデントは事件、アクシデントは大変なことになったということで事故と言うことになりますよね ヒヤリは未然に防いでいる、ここの違いが問題です >青虫の混入があったが、でも配膳前に確認で見つけることできたと判断、被る人は否かったという場合 ・これがなんで事故なの? 虫が入ったという一つの事件だけで これこそがインシデント報告ですよね、俗にいうのならば自分の家庭でもああ、虫が入っていたなんて経験、人生の中でだれでも1度や2度あるのでは よく解っている人などは、おいしい野菜などは虫が食うぐらいでなければだめだわとか言うくらいで インシデントかヒヤリですよね >調理してしまっている時点で事故なのでは? ・それによって何か起こったの?と言うことです ここで事故とかヒヤリとか考えるよりも、どうしたら虫が入らない野菜を購入するか、検収の時判らなかったの? さらに調理する人も見つけられなかったの? けど最後の?確認で見つけることできた、今後どうしたらこれらのことが無くなるだろうかを考えたいですよね 提供する前に見つけることできたのだから、やはりよく観てやらないとねとか、無駄話などしないで集中すれば未然に防げるよねとか、見つけることできたからやはり最終確認は重要視しなければねとか、そういうことを今後考えていくのでは、それらが大切で >金属片やガラス片など危険物の場合は、給食室内外問わず事故 ・単純に言えませんよね、たとえば事前に園児が見つければ何事もなかった一つの事件でインシデント、これは区分けの種類とはいえヒヤリには相当しないでしょう、未然に防げなかったわけで、何故なら園児のところにもう配膳されているわけで そしていわゆるアクシデントは、これを食べて唇が少し切れたとなれば初めて事故と言うことで完全なアクシデント扱いになりますよね インシデントやアクシデント、ヒヤリなどは、栄養士として指導注意するのもいいが、自分がちゃんと解っていて、リスクマネジャーと言う地位などはないにしても、ヒヤリ~、インシ~、アクシ~などなどしっかり把握されてその旨しっかり知らしめて、何かがあった場合は報告を全員にして、どのレベルでも再発防止に気を付けることを再確認再検討していきたいものです、保育士とか栄養士とか関係なくそういうことだと思います まあ園長がしっかりしないとごちゃごちゃになってしまいますね、頑張って、多少はすっきりしたかしら。

2020/11/06
回答

特別食加算を算定するのならば、しっかりと献立表が作成されてないと算定できません 今まで通ってきたのは見つからなかっただけのことで、何かの折に見つかった場合は明らかに返金になります 貧血食の献立表があれば、その中身は基本がエネコン食でもそれに鉄牛乳が付加されていればいいですね、例えば+7.5mgだとか、合計すれば14~15mgにはなりますものね しかも対象となる患者は、血中ヘモグロビン濃度が10g/dl以下でその原因が鉄分の欠乏に由来する患者でなければ算定はできません こんなんですよ。

2020/11/05
回答

衛生管理基準や大量調理マニュアル等で行うようには、なっているわけで、当然定期的には求めますがその頻度が問題ですよね 細菌検査は毎月、夏は云々とかありますし 業者も毎月行ってはいるわけで、それを毎月提出なのか、3か月に1度の報告とかですよね 微生物関係は1年に1回か3か月に1回か、まさか自分たちと同じ細菌検査並なのか、 毎月なんてことはないよね? 過去に疑義があったとか、ならば2か月に1回とかもあるでしょうが、学校関係の法規等には具体的には書かれていないのかしら もちろん出入りする人だけでいいですが、業者とて定期的に行われているので 頻度が書いてなければ、結果について検査結果を保管して適切でない場合はそれなりに適切な措置を講じていれば問題ないですよね、基本は行っているということで。 厳しく求めないということではなくて、業者は業者でそれこそ定期的に検査しているわけで、何事もなければ信頼をして、単に頻繁に行えばいいというものでもありません、時と状況に応じてでいいのでは? わたくしはそう思いますが。

2020/11/04
回答

そういうことって、おおよそでも自分でこんな感じなのかなあと判らないとなると、今が標準レベルに達していないと判断されるのでは? あなたは公立病院の管理栄養士として何ができると思われますか? 仮に採用されたら何がしたいですか? 栄養指導? どんな疾患の? 糖尿病? じゃあ私が1型の糖尿病だとしてできる範囲内で、今ここでしてみてください なんて 笑 あなたがとらえている病院とは、どういうものなのですか?  地域に根差した病院を目指しているのだが、あなたが仮に採用されたらどんな病院にしていきたいですか そこで管理栄養士として地域の皆さんに何が出来どんな成果を出すことができると思いますか? あなた一人だけ1~3年は栄養指導できないかもしれません、それでも腐ることなく皆と一緒に仕事できますか  あなたがという指名でクレームが届きました、あなたとしては今後そのことに対してどう対処しますか等等 口述試験は本気ならばいろいろ聞かれますよ、上記のようなことからかなり専門的なことまで 簡単なことならば、緑黄食野菜の説明をしてくださいとか 笑 小論文はテーマ自体と言うより、短い文であっても起承転結がちゃんとできているとか、とても判りやすくまとめられているとかいうことの方がポイントだと感じます とにかく頑張って。

2020/11/03
回答

まさか、それを言うのなら一般食材と同じで、糖分はより歯に定着していきますので虫歯になりやすいということは言えるが、人によっては歯を磨かなくてもその菌自体が口中に大量にない人は虫歯になりにくいものね、違いますか? しら でもそういう人はわずかだと思うから、普通は食後に歯を磨いて歯に穴が開かないように予防をするわけで。

2020/11/03
回答

どちらを飲んでも、解消、改善はされないのでは? と私は思います なぜたまりやすいかその原因を見つけ其れに対して必要なことはしないとね~ なぜガスがたまりやすいか、そこがポイントです 抑々だれだって食事する時、ある程度の空気は飲み込みます、でも 発酵食品ばかり食べるとか食物繊維ばかり食べるとか、そうではなくいわゆるあらゆる面から見てバランスの取れた食事、適度な運動、痛み止めや抗生剤などの薬なども飲んでいない、 便秘や下痢などもない、早食いなどもない等々、いろいろなことがあります、それらの中でその人は特にどの面がより大きく影響しているのかを把握しない限り。。 把握してその予防をすくなからずしなければ、少しも改善しないのではと思われます 高齢者は特に運動不足と言うか、生活活動量自体ダントツに少なくなっているので、腸にそれなりの刺激を与えないとね、鼠径部の上のところから時計回りに指にそれなりの力を入れてなぞるとか(こんなんは大学で聞きませんでした?)、うつ伏せやあおむけを繰り返すとか、まだまだ様々あるけど、こういうことが栄養マネジメントなのではと思います、頑張って。

2020/11/03
回答

ウウンダメとかでなく、オーダーリングシステムで食札が発行されていると思うので(違うの?)その場合は、基本メニューが違うわけでそこしっかりメニュー書けば食札には当然おかしいので記載されませんよ もし仮に手書きだとすると、じゃあそれだれが書くの?となりません? うっかりするほうが悪いとこうなってしまうのでは、人間がやることでこの場合はだれが担当しても、落とすミスです、委託だからの事ではありません、超忙しいときなどなおさらです経験上 委託側ならば、それらのシステムを入れてもらうように頼むか、おっしゃるように書いてもらう、でもそれ頼めば落とすほうが悪いからと、結局委託料を値上げして確認する人を常時おくようにするのがベターなのかな?  薬の内服に関して種類によっては禁止食品、多くはたくさん摂取しなければと抽象的な言葉で言われます、納豆、クロレラ、グレープフルーツ等々、どこでも基本納豆だけは禁止にしているところ多いと思うけど 他は一般的な食生活ならば問題はありませんと言われることが多いのでは? あなたがおっしゃるようにそうですね、当然食事に関することだけが書かれているのがベストですね、薬の名前まで書いてあるの? すごいね おそらく本人が理解できないから、介助者たちが即わかるようにいちいち調べなくてもいいように書かれているのだと思います しかし本当にあなたがおっしゃるように禁止食品だって2種類や3種類ではないわけで、ショック死などあったら大変、はずすべき(言えるでしょう)でしょうね、私も感じます、表示する必要はないと。

2020/11/02
回答

目標量が妥当であるか否かなどは、摂取量とBMIから判断し、適切でない場合は再検討が必要など、日本人の食事摂取基準の実践運用等に詳しく書かれていますよ、特に高齢者云々はエネルギー産生栄養素バランスなどこうあるのがと。。、 頑張って。

2020/11/01
回答

交換表以外と言うことであれば ちょっと整形と腎臓って結びつかないが。。 でもこういう本ですなんてあるのかしら? 抑々腎臓食言っても低たんぱく、普通のたんぱく、高たんぱく、カリウム制限、やカリウムは普通でいいとか。。考えればきりがありません 患者さんにとってどういう内容の本が必要かは、本の固有名詞など上げるのならば、責任をもって今こういう状態で、こういうことが一番大切だからこういう本が一番必要なのではとちゃんと論理的に話して、そのうえでだからこういう本がいいんですよとか指導してあげなければ、通常はこれがいい! など言えないと思います そういうことより栄養指導をせっかくやっている?のならば、今こういう状態でだからこういうことが大切なのでそれらが解りやく書かれている本がいいですよ、たくさん出ているから腎臓(食)コーナーであなた自身がじっくり観て選択してくださいと言うべきなのではと思うけれど そうでなくて一般的ならば、まず交換表? 薦めない人も居ます、食品成分表をと言う人も多いです、腎臓(食)コーナーのところにいっぱいあるからそこで一般的な内容の本を選んでという場合もありで、今どのような状態とここがポイントで あとはどうしても読んでほしいとかいう本があるのなら、自分のところの病院の売店に数冊置いてくださいと頼み、置いてもらうのがいいのでは いろいろな考え方がありますが、わたくしはそんな風に感じましたが。

2020/11/01
回答

介護関係では、どこでも全量摂取しているからいいとよく言います、すべての施設でより適正なエネルギー量が入っているなんて、僭越ですがとても私には思えません 必要量の全量ならば、何も言うことはございません、問題は一人一人の必要量が解らないとかで全員同じとか、わけのわからない食事が提供されているところも結構ありで >食事は全量摂取されるが、体重減少傾向(半年間で6kg)でエネルギーを1600→1800へ ・この場合ももともとは本当に1600でよかったのか、で今回減ってきたから増加した、でもその減少原因は? 減るかもしれない! この疾患からとか、何らかが少しでも見当たるのか、それとも全く不明なのか 半年間そういうこと考えなかったのか 減ったから飯どうする? ってどんな場合でも食事・運動・休養のバランスが取れていれば 老健とてそこそこは維持できるはず 当然原因不明の場合もありでしょう、たとえば95歳、100歳の男性ともなれば症例事態かなり少ないわけだし >補助食を付加し食事量を減らして提供してみたのですが ・そうは言われてもそんなにうまくはいきませんよね、最小の分量で最大の栄養量が欲しいわけで、当然栄養剤だって吟味していわゆる少量で高栄養のものを欲しいが。。 始めてともなれば飲むのだかどうかもわからない、ゆっくり噛むように少しずつ飲みましょうなどもアドバイス必要でしょうし、さらに食事時には観に行かないといけないし 人様に聞いてこの変ですなんて詳しくなど言えないのでは さらにとろみなどにしなくてもよいかなど次から次へ課題が出てきます >STからは「嚥下状態が悪いので今の量を摂取するのは怖い。どこまでならエネルギーを ・まあざっくり考えてBMI18~17ぐらいが限度か、人によりさまざまでなんとも言えませんね 一人一人の状態が皆違うわけで、だから常に統計とったり求めたりして、どういう人はどの辺まで許容範囲なのか、そちらの施設ではこのへんかとあらかじめ、つねにあらゆる事を把握し出さないといけないのでは? 介護度いくつの人はリハビリではどのくらい平均消費とか。。 >量が多いという理由でエネルギーを落とすことはありますか ・当然ありますね、ただどういう理由でかが大事ですよね、これ以上この人の場合は入れれば若い時と違い、おそらくイレウス起こす可能性出てくるだろうとか、今回のように肺炎リスク高くなるとか、そりゃ様々ありますよね じゃあリハビリは最大から最小にして、栄養剤の内容も考慮でBMI落ちても18弱とか思われるのでは? 16になればほぼ亡くなられていることが多いとか思えば、自然にどのくらいとか多少は判断できるのでは? 人に聞くより今までの入所者の状態と比較するとか改善して家に帰られた人の場合とか、最後まで改善しなかった人だとか   >またエネルギーをどこまで落とすべきか考えた際、何に視点をあてて ・落とすべきかなんて、べきなんてないのでは、 人により皆違うわけでここまでいいかなあと医師と相談してやったって結核になってしまったとか、でも隔離治療されて戻ってきたらまた元気になったとか、何に視点をってその人の状態すべて丸ごと把握してその中で何が一番問題になってくるかですよね、病気だけなら急性期病院へ行けばいいわけで、高齢と言うこともかかわってくるので老健や特養にいるので、そういうことを考えるのが介護施設のお金がいただける管理栄養士の栄養マネジメントなのでは?  とわたくしはそう思いますが、頑張っていただきたい限りです。

2020/11/01
回答

まずわたくしが感じたことです 90歳、女性、147cm前後? 7月入居時57.6kg、BMI26.7 (以下単位略称)、Alb3.4 10月、54.8kg、BMI25.4、Alb2.8 ここで入所時、どういう根拠に基づいて推定目標エネルギーはいくつにしたのか 長い人生で体重は何kgぐらいが体調良好で今日まできたのか、御飯何g、水分、ゼリー云々以前に何kcal提供していたのか、さらに蛋白質の%エネルギー(まいわゆるPFC)がいくつ前後で提供していたのか 例えば月平均でいくつと約束食事箋などにあったとしても目の前の彼女に提供している食事摂取内容を詳細に計算して、いうなれば少しはPFCのP比率 多くなっているのかな?とそこ考えていますかと言いたいです サプリ以前にやるべきことやっているのかなと しかもBMIだけをあまりに過信していませんか、もちろん栄養マネジメントでこれが基本にはなっていますが、あくまでも目安の一つです、どちらかと言えば147cm前後で身長低い、妥当性も薄れる? 筋肉や体脂肪率はどう? 組成系で計りたいなとかサプリの前に感じます そしてそこそこのことが判り、比率はもうこれ以上は多くは無理だろう、アミノ酸化なども十分考えている、以前より実際たんぱく質も多くなっている、にもかかわらずなかなか改善もされていないとなって初めてでは経費もかかるが、サプリ考えようかとか、待てよでも90歳か、まあ無理をする必要もないのかな、自然で行こうか~とか、家族の意思なども、もう1度確認したいとか 、主治医はどんな風にお考えですかと話し合うのもいいだろうし ただ外面的には月1kg減少しているようなので、日々200~240kcal少なくなっていてエネルギーそのものについては、大きな問題などはとりあえずと。。なんといってもたんぱく質、水分量もこの人にとってより適切な分量かと再確認したいですね いずれにしても本人を観ていないので側面からの感じだけで、なんともです、施設で負担できないということは、仮に基本ではそうなっていても恥ずかしいことではないと思います、どのようにやりくりしてもできない時はできないです だったらできない原因とか、なかなか成果出ないことなど、症例等用いて学会で発表して法律自体変えていかなければです、そうでなければ介護施設など経営維持できないですとか 。。そういうことだと思います、いずれにしても頑張ってください。

2020/10/29
回答

私は現在現場にはおりませんが、箸、スプーン、ナイフ、フォーク等はすべて持参と入院のしおり等に、大部分のところで書かれてはいないのでしょうか ましてこんな時期はどちらかと言えば、自身のものに限るのではないのかしら? まあ療養型で寝たきりがほとんどなどのところでは、すべて同じ方がやりやすいためなどもあり、施設側で統一するということもありでしょう、まあいろいろなタイプがありますが。

2020/10/28
回答

事務に言われるって何かひどい話ね だったら会計は事務が担当なので、事務方から話すのがあるべき姿ではないのと言いたいね~ 笑 ま、そういうことより、今までここの施設には管理栄養士が居なかったので、確かな栄養管理ができていなかったのです、しかし今回施設の方針で管理栄養士が雇用され、栄養マネジメントができるようになりました、ほぼどちらでも当然行っていることです、ついてはそれについてもサービスが適用されるので、少しその分が毎月の経費に今後は加算されます、どうぞご了承ください、とか お断りはできないですかと聞かれれば、介護報酬にて定められていることですのでと こんなんでよろしいのでは? 笑 その説明はまた施設内に掲示するのが普通ですね、この施設ではやるべきことをやっている施設と言う意味で施設内に知らしめて皆に理解してもらうことです まあ施設と言うかトップが少し無責任のような気がします、そんな人たちにちゃんとこういう加算の項目があり今後は算定できるものはすべてしていきますので、ご協力のほどよろしくと、お願いをすることですね、頑張って。

2020/10/27
回答

ウウン、確かにそうですが、今の栄養相談、食事相談は無料ですからね 病院や介護施設のように算定されているところとは違いますから 抑々薬局は薬剤師の城で、そこに薬のほかサプリや、今や生活に必要なすべてと言っても過言ではないものが置かれて売られるようになりました、そのついでではないが、じゃあこのサプリどういう時? が最適と聞いているうち雑談から食事のことが出てきて、じゃあ栄養士さんにと回ってきて、どこの薬局でも管理栄養士はいますよね 薬局の信頼が落ちる? まあこれは管理栄養士の話し方やそれなりの知識があればそこそこは大丈夫ではないかしら、根拠となるものがないので確かなことはやはり言えない、ごくごく一般的なことで、そのことが今目の前にいる人に当てはまるかどうかが問題で 基本はおっしゃるように診断された人は病院から薬が出て、その薬に関しては薬剤師がきちんと話をする、その時にじゃあ食べ物に関してはどう?と言うことで初めてこちらに回ってくる そうですね、相当勉強しないと手がかりになるものがそこそこしかないと難しいですし、否定も肯定も簡単には言えません、あくまで一般論としてしか、まあこれからはメンタル部分でもいいし、検査結果でもいいし、何らかの成果をそれなりに出さないと、まだまだ必置は相当難しいと感じます 私などは具体的な詳細事項よりも、心のよりどころとして、まずはこんなお食事が今は最適だろうと思える内容を言ってあげたり、勇気づけてあげたり、お客さんからは栄養士さんとお話するとなぜかほっとするよね、など言われる立場になりたいとか思うけど 今後どのようにがベストは、難しいですね、人それぞれで、何と言っても必置のところではないからね、自分たちで作り上げていくしかないわけで、それこそそれなりの成果を出して行けばやがては今の時代、本当に必要ならば当然算定の方向へ行くでしょうし、薬剤師の隣に居る飾り者で終わるのかは、現在勤務している人たちのこうありたいと願う気持ち次第で、どのようにでもなる分野と言えるのではないのでしょうか。

2020/10/27
回答

>多系統萎縮症の方 ・大変な病気ですよね、しかし今のレベルがどうなのかあなたご自身は判断や理解がされているのでしょうか、体重だけでなく、疾患の内容を! 事前指示書なども提出済みなのかしら 指定難病の疾病ですもんね >3ヶ月に1回、専門病院に定期受診 ・おそらくご家族・ご本人には連絡済みのように思います、進行状態が兎に角大変だからとBMI22でも特養に入られた? >5月はBMI22台でしたが6月に3%台の体重減少 ・この時点でなぜ増加しなかったのかしら、当然しても減小するだろうけどそれが特養での勤めなのでは? >摂取のため、標準体重であることから様子観察 ・入所してきた時から、注意は他の人より厳重にするのがプロフェッショナルだと感じるけど 補助食品もつけるのが遅すぎませんか、もちろん今だから言えることだと言われればそれまでと言う感じもあるけど >施設の看護師主任に毎月、体重減少と食事の様子を伝え ・あなたご自身がたとえ専門医ではないにしても特養の医師にそれなりに相談とかしなかったのかしら、そう「病気だからしょうがない」は理解しているが、激変している時だし今何かが完全に動き回っていることは判り、3か月に1度受診は判るが、次回まで待てないような気がするのだが、先生どうなんでしょうとか。。 特養の医師でも、専門医にかかっている入所者の場合は、専門関係は一切関与しないというのが、常だろうけど まあ大半はこの疾患の場合の基本の路線を歩いているだろうから、まあ焦らず定期的にでいいでしょうとは言われるかな 仮にそう言われたとしても、自分で最大限のことをした、納得できたとかになりませんか >今すぐにでも専門医に受診したほうがよいのでは ・急を要してもどうすることもできないと思いますが、これが多系統と。。なるのでは 現時点でするべきことはすべてしていると思いますが、そのうえで介護保険サービスを受けられているのでは?  わたくしはそう思いますが、最後の最後まで管理栄養士としての栄養管理をあなたにとっても入所者にとっても悔いないように行ってほしい限りです。

2020/10/26
回答

詳しくはないが、回答がないので まず何食ぐらい担当しているのかしら、1万食とかかしら? そもそも汚染区域から非汚染区域に行く際で、着替えるところはそうそう多くはないと感じますが、本当にそれほど不衛生なのか、例えば畑からとってきた、ほうれん草そのままで多くの泥土などがついているとか、ならば解りますが 配缶準備がどういう作業なのか、あくまで配缶だから、缶詰めなど配る程度ではないのか、基本、そう不衛生ではないですよね、抑々それが入っている段ボールなどが不衛生なので下処理コーナーなどで先ず箱から出しましょうとか、検品後箱から出して冷蔵庫へとかが普通のケースなのでは? >汚染区域で肉や魚の検品後は、非汚染区域に行ったとしても、洗浄専門の担当になって ・過程がおかしい? 検品するところあえて汚染区域と言うのか、そういう場合もありですね まあセンターなのでないのかもしれないが、例えばお刺身検品とかカットフルーツいくら袋入りなどであったとしても、汚染区域で受け取るの?? 給食の場で、汚染区域は下膳してきたものを置くとかではないのか、 検品コーナー、下処理コーナー、配膳車コーナー、衛生区域、汚染区域と普通はなるのでは、センターだと一般の現場とは違うとは思いますが まあいろいろなコーナーが総まとめ的に、ここは衛生区域、準衛生区域、汚染区域と大きく別れているのでは? >どうして肉や魚の検品後は、配缶等できないのでしょうか? ・その施設で疑問点として議題に上げ、皆で話し合いをして、より安全で衛生的に行えるように改善案を出してみたらいかがですか? 施設によりさまざまで、詳細は時代とともに変化もしますし、自分たちが最も仕事しやすくより早くしかも絶対的といえるほど安全に行える内容を工夫して変更していったらいいと思います 食中毒に最終的につながることに関しては、絶対これなんてありません、何故ならそのようにやっていても出るところでは出る、ええこのやり方で? とビックリするようなやり方でもまったく出ないところもありですから、簡単ではないかもしれませんが、おかしいと感じるならばそうやってかえていくべきです、とわたくしは感じますが、頑張って。

2020/10/24

みんなのQ&A(コメント)

コメント

エネルギー制限と言うよりは、適切なエネルギー量が不明な場合は、どんな場合でも糖尿病食の場合の算定は不可でしょう。

2020/11/12
コメント

指導する人だってこっちのほうが大事?など思うかもしれないし、医療現場はそれのカンファなどがあり話し合いで決まりますし(簡単な場合はすべておなじになりますよね)、介護福祉関係はあくまで介護保険で行うし、痩せや肥満とはいえ、その人の人生で長い間どうだったのか、体調良好の時はどのくらいと、許容範囲であれば問題ないでしょうし、だから人により違う、要するに一人一人生きている人間なのでその人にあったフオローをしないと、応用力ですね 最後に書いてあげればよかったとあとで思ったんだけど、そうもっと自信をもっていちいち全部上司に報告もね、そこまで指導してくれてあるのだからもっともっと自信をもって進みましょう。 優先順位とはいうものの、とにかく今行わなければならないことは何? ですよ 何に関してもあるでしょ、全然食べられていない人は最初に観るだろうし、栄養状態比較的良い人は多少はのんびり構えてもとなりません? もちろん差別ではないですよ。

2020/10/17
コメント

お金をいただくことなので、診療点数早見表ですよ。

2020/08/31
コメント

失礼1670でしたね

2020/08/20
コメント

生きている人間でだれも詳細に言えば違うわけで、インアウトのバランスが取れていれば それがその人にとっては最適です、マニュアルとかガイドラインとかあってもそれはあくまで基本なのでそこから一人一人皆ちがうということ その違いを判断していくのが口から入れるものでもちろん今は静脈や胃ろうとかもありますが、適切な判断をしていくのが管理栄養士だと思います 例えばこれだけ!ならば、ライセンスの必要はありません、そう感じます。

2020/08/16
コメント

契約金額が羽がるためとは?? どういう意味か不明で、下がるでいいのか、だったら基本が間違っていますよね、内容と金額はどんな場合でも記載されているのが普通ですし、あるべき姿ですから 利用者にリハビリは・・・特養など今は基本行うようにはなっては居ませんが人間は生きている限り疾患上現時点で動いてはいけない、動かしてはいけないなど以外は、やるのが普通ですし、またやるように法律を変えていかなくてはよくなる場合もまずはよくなりません 当然あなたのところだけが問題ではありませんが 自力摂取形のあるもの食べることが不可能ならば、介護度5とか4とかになる可能性も高いし、それなりの介護士の介護があり、食事も食べられるものだけ、飲めるものだけとかになりますね、管理だから形のあるもの、どんな人でも食べられるようになるなんてありえないです 可能な限り食べさせてとは言うものの、限度がありそれほど家で食べさせることができるのならなぜ入れているの、ご家庭で最後までフォローするよう伝えれば 家族もそれでいい、と言うことで医師も止めない、ならば多少何が起こってもとなりませんか、当然不足分もありでしょうね 入所させるときの上の問題ですね、一人ずつでも栄養士としてはモニタリングしっかり行い、悪化するにも統計出して一つのラインを作らないとと思います ご家族の言うこと聞きすぎでない? まともじゃないような、口から食べられる場合は確かに野菜など入りますが野菜全体の分量や果物などほとんど常識的な分量入っていないものね、金がないって考えられないそれなりの食費もいただいているわけで お金がお金が言う場合はどこかで誰かが、何かしているよね 経営に疎いとそれを探し出すこともできませんから、上からの言われっぱなしですよね 胃ろうを造らないのならば自然に口から食べられなくなれば、体重減少して自然に逝くしかないですよね、多少の栄養剤など使ったとしても 選択メニューも今だ、していないなんてそういうところあるの? どこでも大半もう、していますよ、バイキングなんて2~3回行えばどんなものならより多くの人が食べるか比較的こういうものは食べないとか解るわけで、よく食べるようなものは比較的多く出してもクレームなども少ないし、どちらに回っても安い法外の契約金額ではうまくいきません 栄養士の給料だってやすすぎれば、だれも来ないのと同じですよね、食費だって施設施設により多少は違うわけで、値上げすればいいのでは、反対だって言われたって不可能なら仕方のないことで、不可の人はご家庭で見ればいいわけで もっとご家族に言わないと最低限のことが言えてないですね、まあ施設のトップが問題なのでは、医師も止めない当然肺炎はありえることで、入所するときに家族のわがままがどこまで通るなどボーダーラインを決めるとかしないと デイべートと言う会議みたいなことご存知ですよね、八方美人的な考えでは、どこへ行ってもうまくいきません、施設側なら施設側の断固とした考えを、委託で受ける方ならば受ける身としてはそこまでなら断固やらないとか、それぞれの立場で考えを推し進めていく固い気持ちがないと、どちらの言い分もとなり両方受けて考えていれば、まとまるものもまとまりません、追加の内容で感じたことでした、職場変わるのもいいかもですね、悔いのないよう頑張って。

2020/08/07
コメント

献立なのが含まれる、ということなので、献立でもいいし、他のものでもそれらが解ればいいということですね、食事計画案とか、食品構成などでもいいということですね、何度も読めば理解できますので、頑張って。

2020/06/21
コメント

35年やってきましたが、ミカン缶は皆さんおいしくもも缶同様召し上がっていました よく使ったのはアスパラ缶やマッシュポテトなども、生のジャガイモの時もありましたが当然、色々変えないとね しかしあなたのところは問題ありかなと思えば避ければいいのでは 定義があれば、全国統一になり、どこでも同じ内容になります 無いから医師からもいろいろ質問でてきたり、病院によって様々ですよね 摂食嚥下だってコードがあり、およそこんな感じでとなっていてもホントに様々で 今最先端はどうなっているか不明ですが、今後定義は作られる時代は当然来ると思います どちらかと言えば今躍起になっていると言っても過言ではないのでしょうか、疾患に対しDPCになっているので、食事も必ずや統一される時が来ますね 当院では術後や、回復しきれていないときは3分菜ですが、なんせ3分は繊維が入っても微量ですよね、豆類など軟らかく煮て越して出せば仮に繊維とて多量には入りませんから 基本胃腸にやさしいものでいいと思いますよ、なので食材一つ一つは大きな差はないわ、と判断しましたが、2~3品は、そりゃやはりそれぞれの考え方や互いの経験等により多少はねえ~ じゃあそこでいいか悪いかと白黒はっきりつけるとなれば、患者が召し上がって何の問題もなければそれは良しと言うことになりますから 頑張ってください、期待します。

2020/06/18
コメント

病院勤務でした、問題あるときなどは皆と相談しますが、食種が150~200種前後ありましたので、と言うか自分たちで作りました。

2020/06/14
コメント

おっしゃっているように、少しずつ行っていけば薬局の管理栄養士の算定もそう遠くはないと思います、しかしそのためには薬局同士の管理栄養士さんが一丸となってそれなりの成果必要性を訴えていけば必ずや数年後には法律そのものも変わると思います ぜひあなたのお力で変えて行ってくださいね、期待しています、頑張って。

2020/06/11
コメント

焦る気持ちは解りますが、ご自分である程度できるところで頑張りたいもの サルコペニアは、透析患者で高齢者が特に多いと思えばそこからでもよいし、高齢者が多いのは今の日本は当たり前で、何がより先に必要かですね 臨床栄養学を購入予定ならば、様々ありですが病態栄養ガイドブックが管理栄養士としては適切だと。。 栄養指導等に関しての基礎的なことは、無床とはいえ、今年度改訂の部分も栄養士会のホームぺージなどにもありますが、それは今までが解っている人であれば問題ないですが、基礎が不明な人は、看護関連施設基準、食事療養等の実際を読まれるのが、いいかと もちろん今年の10月か11月ごろ最新が出る予定だとは思いますが、なんせ今必要ならば 買って勉強されるのもいいかと、あとはネットでも十分可能かと もちろん最初からネットでもたくさん出ていますので可能ですが、どれが最新か古いものかが消されてはいませんので注意が必要 入職されれば当然ありますが、診療点数早見表 などの目次を観れば、成り立ちが解るし、入院、有床診療所、無床クリニックなどの内容が即わかると思いますし、そうすれば 最低限の内容も解ろうというもの もちろんこれらもどこかのホームページにはそこそこ出ていますよ、特養にて勤務だったとのこと、単に保健所に聞けばいいとかでなく、基本が解れば聞く前にご自分で勉強し、その後こうであるのになぜこうなのか、その疑問をぶつけるのならば保健所等でもよいが、いまどきは臨時も多く、不明な点もいっぱいです その姿勢を持たないと医師と対等に、また互いに切磋琢磨しながら同等のレベルで話ができにくくなります 。。どうしてもならばエイチエの基に聞けばアドレスやその他教えてくださると思います 頑張って。

2020/06/08
コメント

そのバランスがその人にとって、かかわってくることなら問題はそのうち出てくることはあるでしょうね~、使おうとするスタート時によく吟味しないとね~ そういうことがあったとしても今は、これしか他にない、となればその時点から少しの間は使うでしょうし、一概になんて言えませんね、その中身と患者さんのことを考えて栄養管理するのが管理栄養士ですから、頑張って。

2020/06/01
コメント

この食の上がり方はこれはこれでいいのでは、少し気になるのがハーフ 全員ハーフに分食は少なくなりすぎてしまうという感じも無きにしも非ずで、一般の全粥と違い少し少な目の特別のものの全粥でこれが8割くらい食べられればご心配ありませんよとか、全量は若い人やもともとが大食いの人など、御飯のケースや、全量いけているなど言う人も居ますし しかし良すぎる人は、イレウスや嘔吐がある場合がありますから、とにかく焦らないこと、ああ、多すぎたなあと言う感覚はあまり持たせない方が、そういう場合は 食後しばらくして、体とにかく動かせないといけないので、テレビ体操やラジオ体操入れるだとか。。自信もって頑張って。

2020/06/01
コメント

Q&A等にもあります。

2020/05/26
コメント

そういうことであれば、当病院は栄養情報提供加算は基本的に算定していますと、パンフレットやリーフレットに記載しておけば問題ないのでは?  それがしてあれば栄養指導時に一言その旨連絡すれば済むのでは?と思いますが 難しいというより看護師ならば、栄養情報考えるより退院時共同を考えられたほうがよろしいのでは? 違うのかしら と思いますが。

2020/05/25
コメント

じゃあ例えば、低すぎて頻繁に低血糖起こしているわけ? 低血糖の状態ではなかろうかとかの症状が出ているわけ? それこそ主治医に相談しなければ、いくら糖尿病専門医ではなくても、最低限は医師としては解るだろうからね 若い時と違って、比較的コントロールは取れているのではないのですか? 高齢者で頻繁にコントロール不良なんて場合は、大体があまいもの食いすぎたとか、好きなものしか食べないとかで、とにかく医師と一緒に毎日入所者をしっかり把握していきましょう。

2020/05/13
コメント

打撲程度で、薬が処方されていても痛みが取れていないのでは? 痛みが無くならなければアップはしないのでは? おっしゃるようにまずは口当たりのいいおいしいゼリーやプリンやおそうめんとかそのうえで補助食品昼1pつけるとすれば付けるのかな、3食なんてもってのほかで 必要量に達しないからつけりゃいいなんて考えはもってのほかで そのへんで回復できなければ、基礎の体力や免疫力、筋肉等が減少していて復帰は難しいのでは、復帰と言えど今までのレベルに戻すのによ、そこまで到達しないからとつければいいというものではありませんよね、頑張って、これで仮にステッタとしてもここまでしてあれば栄養管理に問題はありませんよね。

2020/05/13
コメント

全額免除だなんて、そうそう多くいるものではありません、仮にレベルがあるにしてもですよ、今はランク下げて全額狙う人も居るようですが、それにしてもそんなに簡単にはなれません、もっともっと自信持とうよ あなたなら確実にできますよ、根拠?特にないが、面接の時だって、例えば全額免除で自力にて卒業しましたなど言っただけで、うん、この人採用しようなどなるのでは、ちっとやそっとのことではへこたれへんわと一般的には人事の人など思うと思うけどな、どんなことでもよい方向へ転換して使わなければ 笑 そういう一つ一つのことを、自信につなげていかなくては、頑張って、そしてお互いこういう気持ちでコロナ乗り越えましょ。

2020/03/29
コメント

もちろんそうならばとれますね。

2020/03/16
コメント

もちろん算定して問題ないと思います、仮に自分だったら当然取ります。

2020/03/04
コメント

もともと低栄養状態のリスクを考えるとき、無い場合はそれで把握することになっていますし、その人の程度や個々人の状態等に応じて判断とあるわけで当然のことですよ。

2020/02/18
コメント

追加 指示せんがいわゆる依頼書になるので献立は欲しいよね。

2020/02/05
コメント

介護報酬早見表などに詳しく書かれていますので、この本は事務にありますので借りるか1冊給食部署用で用意してもらうといいですよ、そんなのいらないと言われたら給食部門で最大限のことをしたいからとアピールもかねて 笑   療養食加算を算定する場合は、施設内の約束食事箋(あらかじめ決められている基本の食事内容が書かれているもの)があったほうがいいと思いますよ、でないとすべての人の個人献立が必要になりますから 当然召し上がる人が居た場合、やや、医師からの療養食の依頼書がほしいし、療養食の献立はちゃんとしたものが欲しいですよ この辺も詳しく書かれていますので是非一読をお勧めします、頑張って。

2020/02/05
コメント

かにみそさん、アイドルさん、あなたたちのようなこと言っているから 管理栄養士の地位はいつまでたっても上がらないし国民に認知もされない 嫌われている? いようがいまいがそんなことは関係ないわ、オホホホ 言っとくわ、68歳でも常勤にの話はたくさんあるし既婚40年でもいまだにプロポーズもあるわ、男も女も相談に来るし、仕事のオファーはたくさんあるし、非常勤で沢山です、レベルの低い人たちを底上げしたらどうですか、それこそが使命なのでは? ベテランならば、そうでなければ引っ込んでいろよん ここ観たって業務の回答は0なのもあるのに、へ?と思うものばかりに解答がある そういうことが問題です、ア^悲しいね、これからの日本を任せられる人の誕生を そう今まで以上に考えるわ 笑 。  

2020/01/21
コメント

そんなあなたのような人がこれからの令和の時代を背負っていくのです、またいけるのです、解ってもらってこれほどうれしいことはありません、期待します。

2020/01/05
コメント

このように書いてあることですべて納得しているのかな まずこれはこれで今回の場合はこの入所者?Aさんとする 腎臓が悪いってどの程度悪いわけ? 検査値が正常範囲からはずれているから? 大体検査値ってこれだけなんてないわけでこのくらいからこのくらいという 範囲がありますね、そこから逸脱しているから? すべてその範囲でなくてはなんてことは、他の状況環境等調べてみないと一概には言えないのでは、そしてまあ許容範囲なのではとかなるのでは、だから医師とお話ししないとだめですよ、たとえばこの人は体小さいからとかスポーツしている人だからとか、まあこの辺までいいのではとかあるし でAさんは、いままでの生き方そのもののプロフィールなど何も情報がない今の状態で、最低限のこと考えるとまず、BMIは超ベスト、しっかり必要量全量食べられている、尿量も普通にある、本人としての体調はまずまず、普通食でどんどん悪化している状態ではない、 だるくて起き上がれなくなったとか、尿が出なくなってきたとか、極端に尿量が減ってきたとか、眼瞼が腫れているとか、足にむくみがひどいとか、こういう症状がなにがしかあるわけ? 老廃物を作り出す食品がどうのというより、そこそこ腎臓の機能が働いているからちゃんと尿量もあるということでいわゆる食べた後にでる老廃物が尿中に出ているということですね、体外へ放出されているということは腎臓の機能が保たれているということですよね、例えばこれが検査値が20~30歳代になればちょっと何かざわついているかなとかなるだろうけど この年齢で今この瞬間穏やかに普通に時を刻めていないのですか、そういうところからですね、まずはバランスの取れた普通食をPFC等考えてごくごく普通に食べるのが一番現時点ではいいのではと思いますが、肉魚制限?今はどこまでも言いますがまずバランスの取れたおいしい普通食が一番なのでは 実際いくらとってもいいのなら、なぜ長い間多くの医療者がそうしてこなかったのですか いまそういうことが問題になっていて多くの論文が出ていてコンセンサスが得られるのを待っている状態なのかしら、わたくしの考えですが。

2019/12/23
コメント

他の職場ですね、自分のところはしていないと研修が行われていませんね、参加者少ないですねなど監査では言われますからね 笑 病院として指導していませんねと 勉強会、研修会、学会、講習会など何らかのものがすべてどこかでほぼ毎日行われていますよ、月金のみならず土日だって、だから変則勤務でもどこかかしこは行けます、当然これだけは行きたいなと思っても仕事が入っていて行けない時もありますしね 独自のコミュニティ? いいえしていませんでした 解らないこと? 医師に聞けば何時でもお付き合いしていただけますよ 笑 例えば学会の資料作りだっていまはそんなことないのかなあ、時代が違う? ううん 夜8時や9時からならいいですよとか言って何科の医師も指導してくれたし、資料もいただけました、やる気があれば夜中12時でも1対1で教えていただきましたよ ううん素敵ですね、私など誇りに思える管理栄養士の先輩は一人しかいなくてその人は忙しすぎて私などとお話しする時間などない人でした、よっぽど医師のほうが楽しくて 近くにいるし信頼できましたが 笑。

2019/12/22
コメント

基本医事課の中でレセプト専門にやっている部分というか人がいます その人達は診療報酬に関しての事務専門というか行政の立場としてやっているので、どんなことでも知っているのが当たり前です まあ一番大半なのでそこを委託しているケースも多いのが実情です 栄養士が決めるわけではなく、きめがありそれにのっとって行われているということです  医事課がしっかりしていなければ調査などは大半引っかかります 笑 それゆえ大半は栄養士がこうなのでとやっていて違う場合は、指導する立場にありますので本来は指導してもらえるのが普通です、師長は勉強している人は別ですが、一般的にはほぼ無理です。

2019/12/14
コメント

追加  病棟に専任がいるのならその人たちがテーブル配膳は当たり前ですね 笑 。

2019/12/08
コメント

ええっ 手書き献立? で病棟に専任の管理栄養士? 最も肝心な給食管理面が大幅に遅れているのですね、まあ栄養のトップが問題ですね というより栄養指導よりまず適切な食事を提供することが最初で、その根本がおろそかにされているのですね それを重視しておいしいお食事を提供して、初めて栄養指導管理云々になりますものね おっしゃりたいことがようやく理解できました、ここを突破して管理、指導に入れば 素晴らしい管理栄養士としてのお仕事ができると確信します、頑張って。

2019/12/08

お気に入り

みんなのQ&A

プロフィール

ツルキチ

  • [性別] 女性
  • [保有資格] 管理栄養士
  • [上記以外の資格] 調理師、NST専門療法士、病態栄養専門師、元DM療養指導士、その他
  • [都道府県] 静岡県
  • [現在の職場] その他
  • [過去経験のある職場]
    病院・クリニック
  • [実務経験年数] 20年以上
  • [自己紹介]
    教職小中高8年ほど、後は急性期病院のみ経験、 1951年生。