ライフワークさんのマイページ

投稿履歴

献立レポ

お仕事Q&A

過去に投稿された質問はありません

なんでも相談

過去に投稿された相談はありません

みんなのQ&A(回答)

回答

こんにちは。 頑張ってお取りになられました管理栄養士の資格、そして希望の管理栄養士職として入職し、その後がうまくいかなかった感じでしょうか。 早期離職とはいえ、おつかれさまでした。 短期での離職では失業給付対象外、確かにお金のことはもても心配にもなり、未来のことも不安になりますよね。 やはり他の方もアドバイスなされるように、国民健康保険への切り替えの手続き等々をなさりに役所の担当課窓口へいきませんか。 また国民年金の免除、減額などのご相談もなさられてみてはいかがでしょうか。

2022/06/06
回答

こんばんは。 おつかれさまです、 副主任さんについて、労働基準監督署へご相談してみられては、いかがでしょうか。

2022/05/19
回答

こんばんは。 おつかれさまです。 愚痴を吐いてみて… 今のご気分はいかがでしょうか。

2022/05/19
回答

こんばんは。 「希望」とありますから園長先生や主任の方がそのようにおっしゃられることも、あながち間違いではないように、私は思います。 本当に辞める、辞めたいのならば「辞意」を先方に伝えることが一般的であり、また正式的なあり方や方法ではありませんか。 具体的な退職日を決めて、先方へお話なされてはいかがでしょうか。 ご参考までに。

2022/05/18
回答

こんばんは。 産後に関わらす、妊産婦さんのトータル的なサポートができる助産師はいかがでしょうか。 まずは看護師、そして助産師資格でしょうか。 ただ、私がお会いしました助産師さんのお話では、栄養士・管理栄養士の有資格者に対してコンプレックスがあるとおっしゃられていました。 ご参考までに。

2022/04/30
回答

おはようございます。 こういったケースは転職あるあるですよね。 外の世界から来た人から見ると、ちょっと変わっていたり、非効率だったり、自分の常識とは違っている非常識と感じられることを見つけがちになりますよね。 職業病とは、ググるとわかるかと思いますが… この場合は職業柄でしょうか。 とまとさんは専門職としての常識ある方であるとお見受けします。 よきタイミングで感染対策、衛生管理の観点から改善に着手なられることをオススメします。

2022/04/15
回答

こんばんは。 辞める背中を押して欲しい、話を聞いて欲しいだけ… その気持ちを引き留められるのは、登録販売者資格取得まで。 で、投稿してからそのお気持ちに何らかの変化はありましたでしょうか。

2022/04/14
回答

こんばんは。 もしも、みーさんが転職なされるのならば、対象の栄養士さんのことは、そのままでいいのではありませんか。 転職はしたくはないので、どう対処したらいいでしょうか、その方法を教えて下さい。 で、今回のご質問はよろしいでしょうか?

2022/04/14
回答

こんばんは。 創業や起業となれば、まずは横のつがりや仲間作りが大切になります。 そして現実的な問題として資金調達の次に宣伝力、広報力がどなたも悩みどころになります。 今の時代は宣伝や広報にInstagramを活用していらっしゃる方がほとんどでしょうか。 その方法を学ぶのもよろしいかとおもいます。 お住まいの自治体で開催されている創業、起業セミナー等々に参加なさると仲間も、横のつがりもできますし、創業や起業に必要な知識や相談機関も教えていただけますよ。 一度参加なされば以後セミナーの告知等々のお知らせも届きますから、その点ではご安心ください。

2022/04/11
回答

おつかれさまです。 現在派遣なされていらっしゃる園での給食運営に貢献されたご様子、そしてそのお仕事ぶりの評価の高さや意識の高さ、すばらしいです。 園長先生のお言葉にある派遣は高い…、新卒者を育成し、主力としたいとあるのならば、やはり人件費が問題なのではありませんか。 コロペさんの経歴、これまでのご経験年数から新卒者と比較するならば、直雇用となったとしても明らかに給与は高くなることも事実。 コロペさんとの契約は半年、すなわち新卒者さんの試用期間、正式採用になるまでということでしょうか。 残念なお話かとおもいますが、コロペさんのなさるお仕事への信頼は高いと私は思います。

2022/04/09
回答

おつかれさまです。 数日目で、できないほうがむしろ当たり前ではありませんか。 新卒で、就職したばかりであれば、よく頑張られていらっしゃるのではありませんか。 職場の方も即戦力が欲しければ、現場経験のある管理栄養士さんを募集し、入職させるのではありませんか。 すでに体調を崩していらっしゃるので、頑張りすぎではありませんか。

2022/04/08
回答

おつかれさまです。 そのような職場環境で流されることなく、ご自分の信念、良心にブレることなく頑張られたこと、素晴らしいです。 愚痴や不満という形ではなく、問題点、改善点として伝え方を考えて言う方法もあるのではありませんか。 タイトルや投稿内容からも普段から愚痴や不満を言う方ではないと思いますので、適切な言葉を選んで話す方であるように思います。 実際に転職するとなれば、以後の職場等々では知り得た情報を口外しないとの誓約書も書く可能性もあるワケですから、後任者の皆さんのためにできる、立つ鳥後を濁さずの形もあるのではないでしょうか。 応援しています。

2022/04/07
回答

おはようございます。 例えば、離乳食食器、赤ちゃんはお皿を投げたり、ひっくり返すこともあります。 食器の材質にもこだわるとよいかもしれません。 贈る側にとっても見栄えのする、またInstagram等々では映えるギフトではありますが、陶器製の材質では実用的ではないかもしれません。 以前の職場のお話ですが、当時の職場が産婦人科クリニックでご出産なされた患者さんのお子様の一歳のお誕生日のお祝いギフトとして、NIKKO製のベビー食器を配送するサービスをしていました。 看護師スタッフがご自身の働いている職場で出産し、1年後に一歳のお誕生日お祝いギフトを受け取り、実際お子様に使った感想です。 陶器製の食器は子供が投げたりして、割れる危険もあり、怪我も心配だから向いてない。 そののち、その意見が採用になり、別のモノになりました。 レトルト離乳食も子育て方針も人それぞれですから、ナチュラル志向、手作り派の方ではない頑張らない育児、子育て派の方であれば喜ばれるかもしれません。 看護師スタッフの皆さんが仲間の出産祝いには、紙オムツを贈っていました。 それは看護師らしさ、看護師の立場からのギフトでしょうか。 職務や立場をアピールすることはどちらかといえば、押し麦さんが喜ぶことであり、事務員さんが離乳食食器やレトルト離乳食をもらって喜ぶかは、、わからないことではありませんか。 お祝い等々は相手が喜ぶ、喜ばれる視点で選ぶこと、相手の趣味や志向、好みを知ることや考えることも選ぶ際には、必要ではありませんか。

2022/04/06
回答

おつかれさまです。 そぐわない回答でしたら、申し訳ございません。 例えば、本来生食するサラダほうれん草のような軟らかい葉物を茹でて差し上げるのはいかがでしょうか。 もしくは、義歯を嫌がるのはなんでだろうか、など視点を変えて相手を理解する風にコミュニケーションしてみられるのはいかがでしょうか。 スベラカーゼミート等の使用が経費的に困難である、又は葉先のみの発注が難しいのであるのならば、そして食形態を下げてムースやミキサーなどの嚥下調整食にしたくないのであれば、です。

2022/04/05
回答

おつかれさまです。 ちなみに、調理員さんはおいくつの方でしょうか。

2022/04/01
回答

こんばんは。 拒食、過食症状については、やはり心療内科のお医者様にご相談なされてはいかがでしょうか。 拝読しての感想は、あいさんは、ご自分にとても厳しい方である印象です。 そのご自身の長所を活かす方向性で、考えてみるのもよいのではありませんか。 例えば、自分の中に目標があり、そのための努力を惜しまない。 達成するまでは、努力を続ける意志の強さがある。 将来はアスリートを支援するようなスポーツ栄養士として学んだり、ご活躍する方法もありませんか。

2022/03/31
回答

おつかれさまです。 この場合、保育士の皆さんも検便するから…との理由によって事務の人たちに、で、あればやはり違うのではありませんかね。 本来の目的は、安心安全な給食を提供するため、ですから、やはり栄養士でないと…との事務方の皆さんの意見が正しいのではありませんかね。 厨房や調理室、又は給食室でのリーダーさんが周知して集め、その後には事務方のスタッフを介して検査会社へ提出するケースもありますからね。

2022/03/31
回答

こんにちは。 退職が決まり、おめでとうございます。 さてぴかちゅうさんは転職において、何に悩み、又何が心配だったり、何が不安なのでしょうか。 ぴかちゅうさんが本当に聞きたいこと、質問したいこと、相談したいことは何でしょうかね。

2022/03/30
回答

こんにちは。 就業規則にどうあるのでしょうか。 有給を使うことなくお仕事をされて来られて、自分へのご褒美としての有給消化をご計画なされての退職でしょうか。 おつかれさまでした。 数日の引き継ぎや引き継ぎ書類では施設の運営に支障があるとの上司の方のご判断からなのかもしれませんし、また強制はできないことから「引き継ぎきてくれるよね?」だったり、これまでjunkooroさんが有給取らずに貢献してくれたこともあってのお言葉でしょうか。 私の場合、過去に引き継ぎをしたがらない、1週間あった引き継ぎ期間を数日でする前任者がいました。 junkoroさんの職場にも過去にそのようなトラブルがもしもあれば、施設長さんがご心配されたり、不安になられることも致し方ないのかもしれません。 ご参考までに。

2022/03/18
回答

おはようございます。 この場合、もしもシャオさんが20代の方の立場であれば、意地悪されたと思う、、、でしょうか。 実際20代の方に聞いてみないと本当のところはわかりませんが、知的好奇心と諦めない姿勢、そしてチャレンジしたい意欲をとても感じる20代さんですね。 20代さんは、3年間とても頑張られた方ではありませんか。 50代さんとキャリア差はあれど、貴園では20代さんは先に入った先輩であり、そのお立場やプライドもあるでしょうから。 20代さんは入ったばかりの50代さんがリーダーになることは、とても納得がいかない感じでしょうか。

2022/03/18
回答

こんばんは。 これは… 辞められる職場の5月からの体制等々に関する質問でしょうか。 在籍していらっしゃる栄養士さんに栄養マネジメント作成を引き継ぐべきか、どうか的なことでしょうか。 ぴかちゅうさんの職場の上司の方に同じ質問してみてはいかがですか。

2022/03/15
回答

こんにちは。 私は「求人票の情報は鵜呑みにしない」ですね。 かつての私が退職後、いた職場の求人票をみて感じ、学んだことです。 仕事内容にはほぼ相違はないが、職場独自の方針やルールや人間関係は実際に入ってみないとわからないですから、話が違うとなることはおおいにあるかと思われます。 私がいた職場の求人をみて、私の知り合いの友人の方がどんな職場なのか、仕事の内容など話を聞きたいと尋ねてこられたこともありました。 私の場合「愚痴は言わないよね〜」と当時の上司の方が言うくらい、過去の職場が不利益になるような情報は口外しないです。 求人票にある職場にお勤めの方や過去にその職場でお仕事をされた方に直に、又は人を介して聞くことも、1つの方法かもしれません。

2022/03/15
回答

私の経験では同職の人、年上ではあるが栄養士歴が浅い先輩がそのような感じでした。 もちろん私にだけでなく、その人が来てから前任の先輩の皆さんをそのようなことをして、次々と辞めさせたというような方でした。 上司はクレームを聞きつつも、人員不足であるからそのような人間性に問題がある人材と把握しつつも人が居ないよりはマシ、現場に任せるような感じでした。 当時は私だけにその人が意地悪する訳ではありませんでしたから、同じ目にあう人が他にもいたので、その人たちと愚痴り、共感しあうことで発散していました。 もちろん、可哀想な人、満たされてない人、暇な人と思うようにもしましたが、それも困難となり… 結果としては、その人も私も辞めました。 そのような職場環境で精神維持を保つことは難しく、むしろ精神的疾患に3ままさんがなる可能性があるのではありませんかね。

2022/03/15
回答

新卒で入りました保育園栄養士は1ヶ月ほどで辞めましたが、その後すぐにご縁がありました産婦人科クリニック栄養士として20年勤めました。 そのクリニックの方針にもよるかもしれませんが、私の場合はほぼ新卒で開業したばかりの産婦人科クリニックでの栄養士職、仕事はできました。 新卒でなくても、私も産婦人科クリニック栄養士希望でネット検索することもあります。 やはり、産婦人科クリニック栄養士専門の委託会社も近年は多く、直営での雇用は少なく、委託会社での雇用契約で派遣になるケースになるようですね。 ご参考まで。

2022/03/15
回答

つむぎさん、はじめまして。 拝読して感じましたこと、そして私の体験談になります。 私がつむぎさんの年齢の頃は全く行政栄養士など、自信がなくて応募することもありませんでした。 が、40代になって行政栄養士職、産休代理、臨時職員募集をハローワーク求人で見つけ、ブランクありましたが、応募しチャレンジしました。 半年間の雇用契約期間でしたが、お仕事をさせていただき、今も本当に良かったと思います。 私は半年間で辞めましたが、臨時職員採用から本採用職員になられた方々も多く、既存の職員よりも優秀な印象でした。 確かに、新採ではなく他の職場での実務経験がある先輩(私より年下)のいらっしゃる環境でもありました。 つむぎさんさえ、諦めなければ行政職のチャンスは巡ってくるかもしれませんし、その前につむぎさんにとってより相応しい職場に恵まれる可能性もあるのではありませんかね。 今後の人生は無限の可能性があり、楽しみであることは確かなのです。 つむぎさんの未来を心から私は応援しています。

2022/03/15
回答

ご卒業おめでとうございます。 のぞさん、おつかれさまでした。

2022/03/14
回答

こんばんは。 メディカ出版「栄養ケア・マネジメントQ&A40」おすすめします。 高齢者の食事支援におけるアプローチ方法が具体的かつわかりやすくて、とても参考になります。

2022/02/21
回答

引き継ぎない状態での入職、おつかれさまです。 家族側からの意見とするならば、同意書やサインはあったほうが良いですし、万が一トラブルがあったら場合も家族の同意書、家族のサインがとりっきーさんを守る術でもあるように私は思います。 初めてのことばかりでは、一つ一つ不安に感じ、心配になるものですよね。 とりっきーさんの繊細な感性、感受性は素晴らしいものですから、自信を持っていただければと思います。

2022/02/21
回答

こんばんは。 すみません! 私は高齢者栄養管理に関しては初心者レベルで申し訳ございませんが、エイチエさんの過去ログから情報をたくさんいただき、救われているひとりです。 最近私がとても参考になりました文献ご紹介になりますが、三輪書店さんの「おうちで食べる!飲み込みが困難な人のための食事づくりQ&A」めちゃくちゃ参考になりました。 誰かに聞くのも早くて効率がよい場合もありますが、自主的に学んだり、調べる方法もより自信にもなる気がします。 そのような方法もあることを頭の片隅にでも置いていただければ幸いです。

2022/02/21
回答

お久しぶりです。 バレンタインデーのチャンスを活かせましたでしょうか。

2022/02/14

みんなのQ&A(コメント)

コメント

そうでしたか、保険証の手続きはお済みで、何よりです。 実は私も新卒、早期離職した経験があります。 保険証返却のため、当時通院していました産婦人科クリニックで保険証がないこと、今日の診察は自費になる、だけどお金のことも心配であるご相談しましたら、その産婦人科クリニックでのお仕事が決まり、以後20年勤務したことがあります。 離職時の私も栄養士職への自信喪失から一般職への転職も視野に入れていました。 起こることは必然であり、今後良きことにもなりうる、素晴らしい流れであるかもしれません。 陰ながら応援していますね。

2022/06/06
コメント

おはようございます。 そうでしたか、とまとさんの専門性やモラル、良心だけでは困難なのでしょうかね。 ちなみに、総務省の行政手続法にこのような内容がありました。 Q14 行政指導を受けたのですが、必ず従わなければならないのでしょうか? A  行政指導は、処分のように、相手方に義務を課したり権利を制限したりするような法律上の拘束力はなく、相手方の自主的な協力を前提としています。したがって、行政指導を受けた者に、その行政指導に必ず従わなければならない義務が生じるものではありません。  また、行政指導は、行政指導を行う役所の任務や所掌する事務の範囲内で行われなくてはなりません。 (第35条第1項) ご参考まで。  

2022/04/16
コメント

ですよね。 栄養士目線、立場からの贈りモノも素敵かとおもいますが、ママ目線でのセレクトも親しみが湧いて、今後のお付き合いにも良い影響があるのではないでしょうか。

2022/04/11
コメント

そうでしたか、これまでの新卒さん半年もつか、もたないかの基準が6ヶ月。 雇入日から6ヶ月間継続すれは、年次休暇取得もできますからね。 子どもたちが喜ぶ給食、コロペさんのその思いが多くの皆さんへ伝わりますように。 コロペさんがより良いお仕事、職場との出会いを応援しています。

2022/04/10
コメント

新卒でのねこさんの頑張り、先輩さんの期待も感じられるお話ですね。 今後ねこさんと新しいパートさんだけの日のシフトがあるとするのならば、より心配と不安も大きいのではありませんか。 新卒採用で、最初の職場がご自身に合った職場であれば何よりですが、違うこともあるかと私の経験上思います。 とにかく、ご無理をなさらず、第二新卒枠も視野に考えてみられるのもアリかと老婆心ながら思います。 もちろん、今の職場で3年頑張れることもアリでしょうし、職歴にも3年は頑張った証となるでしょうから、人生に無駄はないのではありませんか。

2022/04/08
コメント

おつかれさまです。 中には同じ目に遭う人、そんな話を共有できる人もいるでしょうから、ガス抜きしつつ…ですね。 3ままさんがおっしゃられるように、そのような人材と関わることで一時的に病んだとしても、皆さん、よりスキルアップした職場へと転職した人も多いのも事実です。 無理なされない程度に頑張りつつ、未来の職場への意識、そのためのご自身のスキルアップに頑張られるとよいかもしれませんね。 陰ながら応援しています。

2022/04/02
コメント

どんぐらこさんよりも年上の調理員さんでしょうか。 皆で新しい園の方針に向かって、意見を出し合いながら、新しいやり方を見つける楽しみもありますが、いろいろと大変ですよね。 同じ系列園から異動してきた調理員が古いやり方をするために足並みが揃わず、困るんです。 どうしたらいいでしょうか? と、いったお悩みでしょうか。

2022/04/02
コメント

そうでしたか、jnnkoroさんはご自分にとても厳しい方なのですね。 そして、とても優秀な方なのですね。 例えば、ご褒美、リセット、もしくは辞められるのならば有給は要らない等々、受け止め方ややり方は自由ではありませんかね。 新米、中堅、ベテラン問わず栄養士、管理栄養士の皆さんすべてがあなたと能力が同じであるのでしょうか。 そもそも、職場や施設長に対しての不満からの転職ではありませんか。 新天地でのご活躍をお祈りいたしています。

2022/03/18
コメント

産休に入られた後のゴタゴタ、おつかれさまです。 無事にご出産なさり、母子共に健康でありますように。 さて1番にはなれない、永遠の2番手という存在もありますからね。 産休と言うことは育休復帰も考えていらっしゃるのでしょうか。 と、なれば… 20代さんは2番手からも降格の3番手でしょうか。 外部からきた人がリーダーになることは、一般的に内部反発を受けやすいとして、敬遠する経営者の方も世の中にはいらっしゃいます。 理由は割愛とのことですから、園長先生は20代さんの独自的な価値観での暴走傾向を予測していたのか、想定外だったか、どうなのでしょうか。 会社の相談室へ20代さんがご相談されたのならば、今後は調査も入るでしょうからそのご報告を待たれてみるのもよいかもしれません。

2022/03/18
コメント

追伸、板挟みでお辛い、しんどい思いをなされたとのことから、今回のご質問にあります辞められる職場を心配なさるお気持ちから、また過去の職場と新しい職場の精神的な板挟みがある可能性を感じての回答になりました。 ぴかちゅうさんの責任感は強みであり、魅力ですからね。

2022/03/17
コメント

おつかれさまです。 辞める職場の5月からの体制、引き継ぎ等々の問題に対する心配でしょうか。 5月まで、まだ日はあるわけですから、新しい方、後任者が来られる可能性もありませんか。 5月からは過去の職場になるわけですから、ぴかちゅうさんの新しい職場での5月からの体制やお仕事内容等々に意識を向けられてみてはいかがでしょうか。 新しい職場でぴかちゅうさんがご活躍されることを心から応援しています。

2022/03/16
コメント

「退職したら2年間は…」あるのならば、ダブルワーク先の括りはないのではありませんか。 ですが、これは会社への確認することが確実ではありませんか。 そもそもそのような相談ができない会社や上司との関係性であることもゆーさんの問題や課題ではありませんか。 保育園の献立作成となれば、今お勤めの保育園の情報、類似献立作成、同じメニューにもなりかねませんから情報漏洩と受け取られる可能性は大きいのではありませんか。 私は入社時にそのような誓約書を書いたことは一度もないですが、退社時には知り得た情報を口外しないとの誓約書ならば書いたことがあります。 やはり誓約書を書いたことがある職場の話はしないですね。 ただ、関係性悪くして職場の場合であれば、同業職、類似職場には元同僚がいることも多く就職妨害にあうこともありますが、同業職、類似職場には逆に推してくださる方もいます。 ゆーさんの場合、バレれば同業種、類似職場へのゆーさんが今後ますます就職しにくくなるのではありませんか。

2022/02/11
コメント

そうですね。 すべての自治体がそうとはかぎらず、あくまでも私の自治体の場合でのお話です。 行政栄養士職であれば、教育委員会、こども子育て課(当自治体の名称、一般的には児童福祉に関する課)、健康センター配属。 学校給食管理は教育委員会配属の栄養士、保育所給食管理はこども子育て課、健康センターでは市民の健康に関する栄養士職です。 学校給食や保育所給食管理であれば、栄養管理や献立作成、衛生巡回指導、食育等々、そして事務が主な仕事内容です。 保育所給食であれば各所の調理員を集めての月1献立会議、調理員への指導や管理。 学校教育委員会の行政栄養士職でれば、学校給食栄養士への指導や管理、それらに関わる事務業務。 おおまかには自治体の管轄下の保育所、学校すべての栄養管理、又は市民の健康管理ですね。

2022/02/11
コメント

職場の皆さんでいろいろと考えられて対応され、理由があってのひとり席なのですね。 その利用者さんは、ご自分の好き、嫌いに素直な方なんですね。 別件でですが「お母様に正しいことは、繰り返し教えてあげてくださいね。そのうちに本人が納得すれば、次に違うテーマへお母様の意識が移りますから…」と副看護師長さんにもアドバイスいただいています。 ですから、荷物に差し入れを入れて〜と、話すうちの母には私からも「焼きそばやスシが食べたいんだね。だけど、荷物に焼きそばやスシを入れることはできないんだよ。」「差し入れには主治医の先生の許可がいるんだよ。」「病院の皆さんが母の差し入れやオヤツを管理してくださっているのは母の栄養のこと、身体のことを考えてのことだからね。」 母はリモート面会で話すので、当然母に付いてくださっているスタッフさんも母の話す内容を聞いています。 私からも「母がオヤツや差し入れを自分で管理したがっているようです。」と言葉を変えて看護師さんに話してみたり、もちろんステロイド治療の副作用の糖尿病もありますから、母の現状困難ですよね。と、話し添えたり… そののちも別件で作業療法士さんの話す機会があった際にも母の行動、私に話してくれた内容、父と母の電話での会話の一部を話題、情報提供としてシェアもし母のチームの皆さんと共有するようにしています。 が、利用者さんのご家族が本人に、施設の皆さんに任せきりな方もたくさんいらっしゃるでしょうから卯早na2さんも大変ですね。

2022/02/03
コメント

お疲れさまです。 うちの母は、昨年12月に転院しましたから、退院調整に入った面談時に、回復期リハビリテーション病院の方からオリエンテーション的な感じで、食堂での患者同士の食べ物や飲み物の受け渡しはしないでくださいと案内がありました。 その理由は、食形態レベルが患者さん一人一人違うので、嚥下食調整食の人に常食のおかずは適さず、誤飲、喉をつまらせる等々の事故にもなりかねませんのでご遠慮ください。 と、説明を受けています。 また、差し入れも主治医の許可を得ないモノは原則お預かりしません。 と聞いていますから、看護師さんを介しての主治医の先生の許可を得たモノ(プリンやゼリー、ムース、ババロア)や担当の言語聴覚士さんと面談させていただいて、訓練として「やわらかおかき」を取り入れてくださりました。 うちは、昨年12月の転院なので、そういった病院のルール、話し合いでの内容は覚えています。 10年もいらっしゃる利用者さんやそのご家族ともなれば、そのようなルールを忘れてしまっているかもしれませんね。 そして、スタッフ間での連携や情報共有、周知徹底することなどのシステム的なところや人間関係なども卯早na2☆さんの職場の問題や課題があるのではありませんかね。 その方を実際に私はみたワケではありませんが、 その方がいることで、他の利用者さんとのつながり形成や食堂の雰囲気がグッと良くなったりもするのではありませんかね。 新しく入った利用者さんを輪に入れてあげられるようなムードメーカー的な存在にもなっていませんかね。 本来食事は楽しい雰囲気で和気あいあいと食べることも、また誰と食べるかも大事ですからね。 家族と離れていることは皆さん共通なワケですから、いる人同士で仲良くなり笑顔で過ごしていただけることも家族としては安心です。 卯早na2がおっしゃられるその食事が栄養管理された内容であれば、ベストなのですけれど… そのご利用者さんは、とても寂しいのではありませんかね。

2022/02/02
コメント

元々連絡がマメではない彼が頑張って合わせてくれていたのかもしれませんね。

2022/01/24
コメント

いい質問をいただきました。 カウンセラーとなった経緯ですね。 20年働いたので、当時興味があったこと、初めてカウンセリングを受けて良かったと感じたこと、1番はエイチエさんが今回テーマとしている自分の味方がいると気づけたこと、そして私も誰かの味方でいたい、誰かのしあわせを私も心から応援したいと強く思ったことでしょうか。

2022/01/22
コメント

お疲れさまでした。 ボンドさんご自身の感じたことや思いを素直に表現することが社会貢献にもなります。 ボンドさんに相応しい職場や人との出会いがありますように。

2022/01/22
コメント

私の場合、職場で味方を求めなくても自然に築かれる人間関係もあり、むしろ自然に人間関係を築くことができるから、人間関係で苦労する方からの嫉妬にはあいます。 ご参考までに。

2022/01/22
コメント

お金の問題や課題については、何をするにも常にありますよね。 私はありがたいことに、食費や給食費に関して経費をいかに少なく?又は安くするか?というお金の制約のない職場の経験しかないため、発想が自由なところが私にはあります。 そして、お金のことは一旦横に置いといて、この場では自由に話しましょうという感じで、発案や企画案に制約を持たないことにしています。 もしくは、その制約をゲーム感覚にとらえて、簡単なステージよりも困難なステージがおもしろいと思うようになりました。 さて… おかげさまで、うちの母の嚥下調整食、食形態レベルが「2-1」から「4」になりました。 「やわらかおかき」に関しても言語聴覚士さんが母のリハビリ時に食べさせてくださるそうです。 エイチエに参加していらっしゃる皆さんの経験や知恵のおかげでもあります。 リリーさんの頑張りを心から応援していますね。

2022/01/20
コメント

もちろん、開催はコロナ問題が終わりましたらのお話です。

2022/01/18
コメント

例えば… 言語聴覚士さんと管理栄養士さん主催の嚥下食試食会を企画、実施するのはいかがでしょうか。 私は興味があります。 施設内の栄養管理が行き届いている優秀施設のリリーさんさんご考案の嚥下食レシピなど、とても気になります。 一般の皆さんは、高齢者家族が飲み込みが困難になることがきっかけで「嚥下食」を知ってても「味」「食感」は未体験ではありませんか。 「美味しい」と評判のリリーさんのお勤めの施設でご提供されているご飯のおかずからスイーツ、栄養強化おやつレシピや嚥下食のノウハウ等々を紹介していただく機会があれば、利用者のご家族の皆さんもより一層安心されたりしませんか。 また、相談会を開催して、利用者さまの声やご家族さまからのご相談に答えるのはいかがでしょうか。 職場内の管理が行き届いて仕事がないのならば、そのような形の新しい仕事を作るのもおもしろいのではありませんか。 リリーさんの今後ますますのご活躍を応援しています。 うちの母へお心遣い、温かなお言葉をありがとうございます。 入院生活支援する家族の励みなります。

2022/01/18
コメント

お礼と感謝のコメントです。 過去ログでの皆さんのコメントを拝読して、フードケアのやわらかおかきの存在を知り、そして今母がいる回復期リハビリテーション病院へ試供品として食べてみてもらえませんか?とソーシャルワーカーさんを介してリクエストしました。 たとえ、母の嚥下障害、食形態レベルでは無理であったとしても、他の母よりも食形態レベルの高い患者さんやそのご家族、病院スタッフ皆さんにも有益な情報や役立つ商品である可能性もあります。と、私から申請しました。 事前に取り扱い店でやわらかおかきを直に購入しました。 通販配送料でもう1つ買えるので二味を買い、自身も試食しました。 後日、母の担当STさんと面談を調整してくださることになりました。 家族としても言語聴覚士さんと直にお話ができる機会をいただけましたこと、ありがたいです。 リリーさんもいつか言語聴覚士さんと連携したお仕事ができることをお祈りします。

2022/01/17
コメント

私が20年勤めました職場の前は、新卒で入職した保育園を1ヶ月ほどで辞めました。 就職失敗、失意のなかで当時婦人科に通院していましたから、健康保険を返却したことを話してみましたら、お金がかからないように診察してくださりました。 職場を辞めたことや職種がカルテにあることから、主治医の院長先生とその話題をすることになり、しかも今うちは栄養士を募集しているとおっしゃられ、診察室から厨房にいる人事担当者、厨房責任者である院長先生の奥様との面接になり、就職失敗から私は栄養士職に自信をなくしていましたから、求職活動しながらアルバイトで働かせていただくことにしました。 私の働きぶりに院長先生も奥様も気に入ってくださり、正社員登用のお話をいただき、お世話になることを決めて、20年が経ちました。 当時は院長先生と奥様に気に入られ、院内での人間関係や他の部門との連携も良好で、厨房のメンバーともチームワークよく、天職に感じられていました。 仕事内容にも、給与等々の待遇面や人間関係も満足していたことが、私の場合は長く続いたように思います。

2022/01/16
コメント

対人関係を良好に築く方法やコミュニケーションスキルを磨かれると良いかもしれません。

2022/01/16
コメント

管理栄養士さん、なんですね。 さて独身時代に、最長6年とのことですから… 結婚以降、又はお子様が誕生されたことをきっかけにお仕事が続かないとの解釈です。 よってお子様が小さなうちは、子育て優先でいらっしゃるのかしら?ということです。 私は最長20年勤めました。 以後は続かないと言うか、そもそもあえて契約期間のある仕事や2年ほどで職場を変えますから、続かないことは私には悩みではありません。 仕事が続かないことが悩みになるか、ならないか、自分次第です。 仕事が続くことがいいこと、続かないことは悪いこと、世間一般な意見が基準にあるのでしょうか。

2022/01/16
コメント

強み、私はそう思います。 人間関係でイヤになりやすい、めちゃくちゃよくわかります。 では、お子様の子育てが一段落する頃を目標に管理栄養士資格取得、正社員、正社員登用等々を目指されてもいいのではありませんかね。

2022/01/15
コメント

正社員、最長6年とは、ご結婚前の独身時代でしょうか、お子様が生まれる前でしょうか。 好奇心旺盛、いろんな職場に就職できるほどの実力も職歴もエイチエ22さんの強みではありませんか。

2022/01/15
コメント

まずは利用者さん、対象者さんと信頼関係を築くことでしょうか。 声掛けしなくても、毎日同時刻に顔を出すとかはいかがでしょうか。 全員に好かれる必要はありませんが、コミュニケーション上手な利用者さん、対象者さんも中にはいらっしゃるのではありませんか。 その方とリリーさんとの会話する様子をみて、他の利用者さんが入って来る場合もあるでしょうし、なければそれはそれでルーティーン化すれば、とにかく顔は覚えていただけたり、何かあれば話しかけてくださる場合もあります。

2022/01/15
コメント

なるほど〜、そうなんですね。 元々、前任者共に暇な職場なのですね。 人にはそれぞれの価値観の違いがあって、仕事がないのに毎日行くだけで給与がもらえる、社会的信用も得られ、会社に健康保険や雇用保険等々支払ってもらえるラッキーと喜んでいらっしゃる方や羨ましいと感じる人も多く、贅沢な悩みと受け取る皆さんもたくさんいるのではありませんかね。 そのような状況で産休も育休もあれば、気を使って育休される皆さんも世の中には多いワケですから、リリーさんの在籍する職場は福利厚生充実抜群な環境、職場ではありませんかね。 1度行っただけ、1つの施設では、すべての施設が同じではないかもしれません。 それこそ、保障された職場に在籍しつつ、他の業種への適正や管理栄養士職にもいろんな職場があるワケですから、余剰する時間をスキルアップに活用するなどにも役立ててみてはいかがでしょうか。 参考にできる方がいないのであれば、リリーさんがリーダーシップをとる、参考にされる人になれるチャンスでもあります。

2022/01/15

お気に入り

みんなのQ&A

ブロックしたユーザー

プロフィール

ライフワーク

  • [性別] 女性
  • [保有資格] 栄養士
  • [上記以外の資格] 心理カウンセラー
  • [都道府県] 石川県
  • [現在の職場] フリーランス・自宅
  • [過去経験のある職場]
    病院・クリニック 社員食堂・外食 保健所・行政機関
  • [実務経験年数] 20年以上
  • [自己紹介]