現実が見えていない ※長文です

回答:32件閲覧数:10313
2014/12/12 11:37:11

みなさま日々の業務お疲れ様です。

先日「初の転職を考えています・・・」というトピックで転職の相談をさせていただいたたい焼きです。
そちらではたくさんのアドバイス本当にありがとうございました。
個別にお返事ができていなくて申し訳ありません。
こちらではその後の報告と新たな相談をさせていただきたいと思います。
長文ですがお付き合い願います。

先日、上司に「来年の3月で退職したい」という話をしてきました。
結論を言うと「退職希望は受けられない。人数が減るから退職自体を考え直してほしい」とのことでした。(今月~来年の春に退職と産休で常勤の約1/4がいなくなる上に、来年度は新人も入ってこないそうです)

理由を上手く話せなかった私が悪いのですが、経済面の大変さに関してはボーナスの年間合計金額と使い道を聞かれ、ボーナスがあっても貯金ができないないなら手当ての出る早出・遅出・休日出勤を増やしてはどうか、早く結婚すればなんとかなるのではないか(彼氏いません)、奨学金の残りは一括か2回か3回に分けて払ってしまえば後が楽になるのでは?と言われました。
家計簿をつけていない私が悪いのですが、ボーナスの使い道なんて買い物や旅行、ライブに使った場合は覚えていますが、あとは帰省時の交通費や日々の生活費、交際費の足しとして使っているので正直覚えていません。
奨学金の残りは現在の手取りであと4ヶ月分ほどです。
貯金ができないという現実があるのに、一括や2回か3回で分けて返したら?などを言われても到底無理です。

仕事や病院勤務に疲れたということに関しては「仕事が嫌なのか?」と聞かれ「はい」と答えたことが悪かったのですが、
「考えが甘い。仕事量を『配慮してあげてる』のに同じ失敗を何度もするし、周りに迷惑ばかりかけていて社会人失格」
「あなたに即戦力はない。間違っても経験者ですなんて言わないで」
「世間は即戦力を求めてるから、あなたはどこに行っても雇ってもらえない」
「転職するなら未経験と偽った方がいい」と言われました。
仕事をこなすこともままならない私が悪いのでどれも言われて当然なのですが、
「即戦力はない、経験者と名乗ってほしくない、未経験と偽った方がいい」という言葉にすごく傷付きました。

その言葉で私の9年間が全て否定された気がしました。
私は管理栄養士を持っていないので、栄養管理の経験はありません。
社員食堂の運営を担当していた1年間を除き、ずっと調理場で仕事をしてきたので、お恥ずかしい話ですが献立や発注の経験もほとんどありません。
それでも病院の栄養士として調理場で大量調理、食材の納品~お膳の下膳・食器の洗浄まで行い、調理の基礎は身に付けてきたと思っていたのに、それは勘違いだったのか。
患者様においしい食事で元気になってもらいたい!その一心でひどい手荒れとひび割れで手も腕もボロボロになりながらも毎日必死で調理をしてきたのに。
私は9年間ずっとお金をもらいながら「自称・栄養士」として「おままごと」をしてきたのか、そう思うと悲しくなって上司の前で号泣してしまいました。

面談の最後に「私は現実をお伝えしただけ。ここ(今の職場)はとにかく生ぬるいからね。ロクに勉強もしないで転職したいなんて考えが甘すぎる」と言われました。
本当に恥ずかしい話ですが、この一件で自分がいかに栄養士として社会人として底辺なのかを9年目にしてやっと痛感しました。自業自得です。
ですが、それ以上に「即戦力はない、経験者と名乗ってほしくない、未経験と偽った方がいい」という言葉に対するショックが大きくて落ち込んでいます。
現実を教えていただいたことに関しては感謝していますが、上司についていくことが怖くなってしまいました。

面談以来「即戦力はない、経験者と名乗ってほしくない、未経験と偽った方がいい」という言葉がずっと頭に残っていて、調理場で何かあると、誰かが困っていたり苛立っているのを見ると、全部私が悪いと思うようになってきました。
「社会人失格、考えが甘い」という言葉もふっと頭をよぎるため上司だけでなく、社会人の友人に話しかけることさえも怖くなってきました。

姉や同期は「たい焼きは悪くない。9年間よく頑張った。上司がなぜそんなことを言うのか理解できない」と肩を持ってくれますが、果たして本当にそうなのか。
どんなに厳しいお言葉でも構いません。ご意見いただけるとありがたいです。

※こちらの質問は投稿から30日を経過したため、回答の受付は終了しました

32人が回答し、9人が拍手をしています。