まさぽんさんのマイページ

投稿履歴

献立レポ

お仕事Q&A

なんでも相談

みんなのQ&A(回答)

回答

業務用なら「ブリーチ」で、市販品ならドラッグストアで「ピューラックス」が売ってますよ。

2020/09/30
回答

頻繁にではないですけど、非常食的にたまに食べることがあります。 なんなら、外からも身内からも栄養士は絶対食べないと思われているマクドナルドなどのファストフードのハンバーガー等も食べますよ(笑) ハンバーガー系のファストフードは栄養士的に毒と思われているので、敬遠してる栄養士さんからは叩かれますね(^^;)

2020/09/15
回答

自分はご飯が左、汁物が右、おかずが上というふうに三角形に配置してましたけど、パートさんはおかずが下、ごはんが左上、汁物が右上という配置にしてました。 でもそれにもちゃんと理由があって、ごはんと汁物に使うお椀が同じ大きさで、おかずの皿の直径がお椀より大きいので、逆三角形に配置するとミッキーマウスの顔のようになるんです。隠れミッキーってやつですね。実際に子どもたちに配膳する時は正しい位置で配ってますけど、写真は少しくらいユーモアがあってもいいかなあとは思います。 保護者からもクレームはなかったです。私立園だったし、何事も楽しくがモットーだったので、その辺は緩かったですね。

2020/09/07
回答

委託栄養士です。自分も病院に配属されています。配食数は1食につき120〜130くらいです。 栄養士業務としては、食札の準備と禁止食品対応の指示出し、変更処理、配膳前チェックが毎食の業務で、それ以外に献立管理、発注、在庫管理、衛生書類の取りまとめ、会社への売り上げ報告等があります。 献立はサイクル化されていますが、毎週病院側の栄養士さんに確認してもらい、変更がある場合にはコメント付きで帰ってくるので直してから再提出し、病院長の決済をいただいて実施しています。 人手が足りない時は、調理、盛付け、トレーセット、洗浄、仕込み等厨房の業務を行うこともあります。 業務内容は、契約内容や施設の種類、食数等によるので、現場ごとで全然違うと思います。忙しい現場は忙しいし、そうでない現場はほどほどでちょうどいいところもあります。 自分の現場は、忙しくてやることも細かく、休憩1時間なんて取ってられません。 かといえば、以前応援に出ていた現場は、食札や変更処理、盛付け、チェックとそれなりにやることはありましたが、各食配膳後には確実に休憩を取れて、もっと余裕な時は配膳前にも休憩が取れたりしました。 どんな仕事がしたいのかエリア担当に話をして、可能であれば異動を願い出てみてはいかがでしょうか?

2020/08/19
回答

栄養計算上の塩分は、調味料以外の分もあるので、調理の際に多少調味料は調整しても良いとは思います。でも子ども時代の味覚形成が大事なので、薄味を心がけてあげてください。ご家庭には、給食だより等で薄味の大切さを伝えていくしかないですね💦 自分の配属先の栄養士さんは、「書類上の塩分で美味しく食べられるわけがない。だから、治療食以外はごはんが進むような味付けにしてあげてほしい」と多少調整することを許可してくださってます。

2020/08/08
回答

その方の年齢や保育園給食、調理に対して思い描いていることを伺って、こちらの実情をお話しし、その上で応募するということであれば、とりあえず3日間トライアル(お試し)で働いていただいて、その後に続けていけそうかご本人に確認し、その方の仕事ぶりや態度を評価して採用を検討しますね。 人柄だけでは、選べませんね。

2020/08/07
回答

温泉卵は再加熱せず割卵して提供するので、生食扱いでエンボス手袋をつけて割卵します。絶対手指が温泉卵の中身に一切触れないという保証はないですし。 同様に皮付きフルーツも消毒後はエンボス手袋つけます。 サラダや和物、加熱調理済みの食品と同様、盛付け後は口に入る状態のものなので、衛生的な取り扱いが必要だと思います。

2020/08/06
回答

んー、保育園を運営している会社が栄養士に何を求めているかと、その栄養士さんのやる気によると思います。 自分も小規模企業が運営する保育園に勤めていたことがありますけど、採用された時に食育やクッキングを企画運営してほしいと言われたので、保育士の先生と相談しながらやってました。給食だよりも役所から送られてくるものだけを配ってましたけど、自分でエンオリジナルの給食だよりの発行もやりました(採用後1〜2年して様子がわかってきてからでしたけど)。献立も私が採用されるまで前任の栄養士さんや役所からもらっていた献立を使っていたのを、園オリジナルの献立でやってほしいと言われていたので、それまで使っていたものをそのまま使ったり、少しアレンジし直したり、自分なりの献立を加えてみたりといろいろやりました。もちろんパートさんだけでは回らないこともあるので、調理もしてました。 子どもたちの様子も自分はすごく気になったので、保育中や食事中にクラスを見回ったりしてました。保育補助に入ることもありましたし。子どもたちの食事に対する感想をみんな教えてくれるし(おいしかったとか、まずかったとか、あれは嫌いとか)、美味しかったものは保護者にも話してるみたいで登降園時にお母さんたちからその話を聞いたり、作り方を教えてほしいとか言われて「では、給食だよりにレシピ載せますね」みたいな返事をしたり、食事を通じて保護者の信頼を得ることもできたので、いい経験でした。 午前の活動で疲れて食事中に寝ちゃう子どもがいたんですけど、先生に断って廊下を散歩させて目を覚まさせたこともあります(笑)。

2020/07/28
回答

事前に塩素消毒ときちんと乾燥が出来ていて、使用前にアルコールスプレーをかければ、ペットボトルの使用は問題ないと思います。 そのペットボトルで作ったバターを子どもたちに食べさせることも、自分は良いと思います。その場で体験したことが子どもたちの記憶に残れば食育として最高なので。 食育やクッキングでは、給食と違い、最低限家庭と同じ程度の衛生管理でOKくらいの気持ちでやるといいと思います。そうでないと、衛生面を気にしすぎるあまり、楽しくなかったり、やりたいことが出来なかったりしてしまうので。

2020/07/28
回答

委託栄養士です。自分は献立を持ったことはないですけど、直営の保育園で働いてた時に自分で献立を作ってました。 委託の2年目だと、まだその施設しか経験がなく、献立のバリエーションも少ないと思います。なので、食材や調味など、具体的に指示してあげると2年目さんの勉強にもなると思います。育ててあげるくらいのつもりで手直ししてあげてください。

2020/07/25
回答

もう10年以上前の話になりますけど、長年学校給食で栄養士として仕事をしてきた方から、乾燥わかめには大腸菌が付着しているので、水で戻すだけでなくきちんと加熱処理をしなくてはならないと教わり、それが基本だと思って海藻類を使用してきました。 加熱処理をして中心温度85℃以上を確認して、きちんと冷却して衛生的に調理・盛付けができるのであれば使用しても構わないと思います。もし気になるのであれば、乾物は使用期限が長いので数ヶ月献立から外すのもいいと思います。 とにかく、話し合いですね。

2020/07/14
回答

委託栄養士です。うちの現場・・・いえ、給食業界はどこも同じだと思いますけど、パートさんは高齢の方が増えてます。 うちの現場にも70歳を超えた人が数名います。1人の方は最初盛付けのパートとして採用になり、その後仕込み担当の1人として担当替えになりました。仕込み専門で他の業務はありません。それでも、たまに食材の出し忘れ、仕込み忘れがあります。何度か話をしましたけど、一つ治ると他のことでミスが発生します。だから、ある意味仕方ないと諦めモードです。仕込みは速いんですけど。 もう1人の仕込み担当の人も70歳前後ですが、こちらの方は仕事は遅いけど、出し忘れ等はないです。 盛付け担当にも70代の方がいて、前より動きがゆっくりになってきているみたいです。今の現場で、委託会社が変わっても15年以上働いてくれている方なのですけど、ご自分でもここ数年でスピードが落ちたと感じておられるようです。 洗浄専門のパートさん2人も70代です。 どうしても高齢になるといろいろ支障が出てきます。だんだんと出来なくなってくる人には、一つの作業に集中するようなポジションに変えたりっていうのもいいと思います。 それが難しいとなると、やっぱりご本人と面談して実際のミスを提示して、ご本人に納得していただくようにするしかないと思います。でも、どちらにとっても辛いことですよね。

2020/07/09
回答

民間の認可保育園で働いていたときのことですが、台風や大雪等でも基本開園してました。ご家庭の判断でお休みの子どもが多かったですが、止むを得ず仕事に行かなければならない保護者もおられるため、その場合保育が必要になるので食事も通常の献立で対応してました。 当時、私は自宅は園から車で40〜50分のところでしたが、冬の大雪の日は電車が止まっていない限り、徒歩で50分くらいかけて駅まで行き、トータル2時間くらいかけてなんとか出勤してました。台風の日も車で通勤してました。幸いパートの調理師さんや調理員さんは園から最寄りに住んでおられたので、欠勤にはならず給食も提供できてました。 保育士等の他のスタッフも可能な限り出勤するような体勢でした。子どもが1〜2クラス分くらいの人数しか来ないこともあるので、多少保育スタッフが足りなくてもなんとかなってましたし。 私は大雪の日は、早めに行って駐車場の雪かきをしてましたね。

2020/07/09
回答

スーパーなどでは、ペットボトルや段ボールの回収でポイントを提供しているところもありますから、そういうところに捨てに行っているということも考えられますね。 町内会等での廃品回収では何ももらえないでしょうし。 昔なら、ちり紙交換、今ならトイレットペーパーと交換というサービスもあるかもしれまんね。

2020/07/09
回答

委託栄養士ですけど、すみません(^^;) 庫内を衛生的に保てること、掃除のしやすさ、排水タンクが庫内でなく外に設置されていること、トレイをリバーシブルでセットできることくらいですかね。 今の受託先の温冷配膳車は、庫内の中央部に排水をためるところが剥き出しで設置されているので、庫内に湿気がたまり、カビや腐食の原因になり、とても困っています。長年使っているものでもあるので、致し方ないのかもしれませんけど。排水タンクが庫内にあるとしても、湿気がこもらない設計がいいですね。

2020/07/08
回答

爪ブラシの共用での使用は、食中毒菌や感染症を広めてしまう原因になるので、だいぶ前に使用を控えるような風潮になったと思います。

2020/07/08
回答

というか、施設側に設置の理由の説明や許可を得ていない上、設置について見過ごせるような大きさの機器ではないと思うので、きちんと説明を求めて許可を得るように伝えた方がいいと思います。 洗濯機は、汚染区域なら良いと思いますが、食品を取り扱う場所の近くはよくないと思います。

2020/07/08
回答

委託栄養士です。洗浄ではたく時に、残菜は専用のザルと水分を受ける用の樽のセットに入れて、きちんと計量し記録しています。それを病院さんに報告しています。

2020/07/05
回答

保育園経験者ですけど、ミニトマトは3歳以上児が畑で作ったものは、3歳以上児に提供し、未満児には湯むきしたトマトの角切りで対応しました。献立に組み込んでるものは、湯むきトマトの角切りを野菜サラダ(和えるサラダ)に入れてました。 あとは、毎年夏の恒例行事で、5歳児クラスのお泊まり保育の夕食のクッキングで、毎年固定でピザ作りにしてたので、そのトッピングの一つに夏野菜としてミニトマト使ってました。生地作りと焼き調理は給食室でやってましたけど、ケチャップを塗ったりチーズや野菜を乗せる作業は子どもたちにやってもらってました。みんな、自分たちで作ったピザを美味しそうに食べてましたね。

2020/07/05
回答

赤ちゃんの口のサイズに合うスプーンてことじゃないですか?量のことではないと思います。離乳食は、食べることに慣れる、そして食べ物に慣れる練習なので。

2020/07/05
回答

委託栄養士です。自分の配属先でも温泉卵を提供していますが、既製品を購入し割卵して提供しています。購入しているのは赤玉です。異物混入がわかりやすいようにです。一度別の食器に割り、確認してから小鉢に移しています。 それと、会社の規定で現場で温泉卵を作ることは禁止事項になっており、足りない時は近くのスーパーに買い出しにいっています。 もしスチコンで作るなら、スチコンのマニュアルにレシピ集がついてないでしょうか?もしついていなくても、メーカーのサイトにレシピ集があると思いますので探してみてはいかがでしょうか?

2020/07/04
回答

保育士も看護師も介護士も、保育・看護・介護のことは自分たちの方が専門職で、食事のことしかわからない人間は口出し無用という、専門職あるあるなんだと思います。あとは、その対象者のことも自分たちの方がよくわかってるという自信もあるんだと思います。 自分も保育園に勤めていたことありますけど、そこは小規模企業系の保育園で、まあ入社した当初はやはり立場が下の方だったので、あまり口出しすることはできませんでしたけど、2年目以降は自分なりに勉強したり参考書や厚労省とかから発行されている指針やマニュアルを集めまくって、食育やクッキングを企画して保育士さんに相談を持ちかけたり、給食だよりを作ったり、行事の役割分担にもきちんと参加したり、退職者や冬のインフルエンザの流行で職員もかかってしまったりで人手不足の時もあったので、保育士さんの負担を減らすために保育補助に入ったりして、いろいろコミュニケーションを取っていたので、少しずつ信頼してもらえるようになりました。 ベテランの保育士さんは、時代が変わっても保育の基本は変わらないので、何かあっても対処する術を知っています。もちろん時代とともに変わってきたこともあるでしょうけど、保育士さんは保育協議会の研修会に積極的に参加して、新しい知識を身につけたり、他園の保育士さんとグループディスカッションしたりして情報の共有もしています。 自分も保育協議会の給食部会の研修会には毎回参加していました。 昔の試験制度はわかりませんが、現代では保育士はペーパーだけでは取れません。確かに保育の専門課程を修了していない人でも一定の学歴や職歴があれば保育士試験を受けられます。自分も保育園時代には周りの保育士に「保育士取ればいいのにー」と言われたこともあります。でも、そのテキストを見てみると、管理栄養士の国家試験より内容が難しく、専門課程を修めていない人にとっては結構難関です。筆記試験に合格しないと実技試験を受けることができません。そして今では国家資格です。保護者の生活に寄り添いその子どもの命を預かり育む仕事だからです。 だから、保育園栄養士として力を付けること、保育士と常にコミュニケーションをとることが、信頼を得るための近道です。 それは病院でも同じです。病院栄養士さんも、病態や治療、その食事療法や栄養管理の方法を自ら学び、医師や看護師と常にコミュニケーションを取ってる人は、信頼が厚いです。 信頼を得られれば、専門職としてきっと認めてくれると思います。

2020/07/04
回答

普通に、普通食はなんの制限もなく、糖尿病食はエネルギー制限と塩分制限でよくないですか?逆に糖尿病食の指定でないと、保険診療点数で糖尿病の加算が取れませんと付け加えるといいと思います。病院が困りますよ?って。 委託栄養士ですが、自分の配属先では、普通食は1日に2回汁物がつきますが、糖尿病食は1回だけです。あと、糖尿病食は揚げ物は出さず、1日2回合わせて1単位分の果物を提供しています。糖尿病食の献立は、病院栄養士さんの意向で食品交換表の単位数に合わせるようになっています。 糖尿病食の方で主食小盛の設定があるので、その方には表1の食品を単位数の不足分おかずとして提供しています。

2020/07/04
回答

保育園栄養士経験者です。 自分がやっていたときは、3歳未満児はごはん90gで、3歳以上児は100〜120gくらいにしていました。給与栄養基準量に合わせて変えてました。 3歳以上児は年度内に何回か主食の提供量を変えてました。 まず、年度始めは3歳児は2歳児と一緒にして、不足分をお代わりで提供していました。2歳児クラスから3歳児クラスへの進級は、教室や保育士が変わるので環境の変化で食事摂取にも影響がでるためです。それに3月31日から4月1日と1日跨いだだけで提供量が増えるため、最初から全量摂取できるわけでもないので。 5歳児ついては、年度が進むと成長の早い子どもは提供量では足りない場合があるので(実際に保護者から「子どもがお腹が空くと言うんです」と直接伺ったこともありました)、盛付け量は統一しますが、こちらも主食と副食のお代わりを用意していました。その際にどの子どもに優先的にお代わりをして欲しいかを、保育士に伝えていました。

2020/07/04
回答

委託栄養士です。ポトフさんの投稿を見て、委託会社のどこもがこのようなことをやっていると思われるのは、同業の人間としてとてもイヤなので、私の配属先でのことをコメントさせていただきます。 <献立について> 献立は委託側で作成しています。サイクル献立を採用していますが、各週の献立は必ず施設側の栄養士さんに確認していただいています。その後院長先生の決済をいただいてから実施という流れになっています。 <発注について> 短期入院の多い急性期の病棟や入院日数の長いリハビリ病棟と内科病棟もあり、比較的入退院によって食数が変動しますが、大体の予測の食数で献立通りの使用量を発注かけています。ただ、副食小盛の設定があるため、主菜に使う切り身の肉や魚は副食小盛の人数に応じて減らすこともあります。これは、生肉に関しては無駄な量を調理し使わなかった分が廃棄になることを防ぐためです。また冷凍の魚の切り身については、無駄な在庫を抱えすぎないようにです。ただ、先ほども書きましたが入退院による食数の変動があるため、予測より食数が少ないとどうしても在庫を抱えてしまいますし、多いと食材が不足してしまうので、発注量や抱える在庫量に調整には苦労しています。 <調理・盛付け> 献立通り調理をし盛り付けています。ただ、どうしても献立上の分量を盛ろうとすると、使用する食器に入りきらないということもあり、栄養素量を満たすような食材の分量をその通り盛ることが出来なくて、止む無く廃棄しなくてはならないこともあります。 <会社への売り上げ報告> 毎日の納品伝票の金額や提供食数を会社指定のフォーマットに入力して月内に何度か定期的に報告します。納品業者から別途会社の方の請求書が届くので、発注段階で改ざんが行われない限り、現場での金額の改ざんは出来ない仕組みになっています。また報告した内容と業者からの請求書に相違のあった場合には、確認するように必ず連絡がきます。 当社の他の事業所のことはよくわかりませんが、自分の現場では上記のようになっています。 この仕事は、受託先施設様と受託会社側との信頼が一番です。そして、喫食者のことを考えて、施設栄養士様と委託栄養士また調理師とができるだけ協力し合うことが大切だと、日々の業務で痛感しています。 ポトフさんやコメントされている施設側の栄養士さんの施設と契約している一部の委託会社、またその現場責任者、献立・発注担当者の良くない振る舞いで、真面目に業務に当たっている同業者たちも同じように見られるのがたまらなくイヤです。 うちの会社のエリア担当の中にも、施設側からの要望を無視して自分勝手に現場での作業内容を変えて、結局施設側からクレームが入り、作業内容の見直しをしなければならないということもありました。その人は他県に異動になりました。 当社では無いと信じたいですが、現場は真面目にやろうとしているのに、会社やエリア担当が利益アップのために悪巧みをしていることもあると思います。会社なので利益を生まなければ、会社の存続や従業員の生活を守ることが出来ないのも事実です。委託だからって安く買い叩いて契約し、その結果委託会社の方で利益を生み出すために、発注量を減らしたり、従業員に対して一切の残業代を認めないという悪循環が生まれることもあると思います。 持ちつ持たれつの上手な関係を築けている現場は幸せだと思います。 でも、委託会社に対するクレームの件数や内容を見ていると、給食も委託化の時代が終わり、また直営の時代がやってくるのではないか?と思う日々です。直営の方が栄養士さんたちの思いがダイレクトに実施できるような気もしています。 長文、大変失礼いたしました。

2020/06/17
回答

とりあえず、ご自分の今の状況を人事を担当している方に相談して、フルタイムで週に3〜4日勤務してもらえるパートの栄養士さんの求人を検討してもらえるようにお話ししてみてはいかがでしょうか?最悪でも4〜5時間で週3〜4日勤務とか。

2020/06/08
回答

 栄養Proとかエクセル栄養君とか、ネットで検索するといくつかは出てくると思いますけど、Mac対応だとそんなにないですよねー。ネット環境が整っているのであれば、クラウド形式の栄養計算ソフトも使えそうですけど、月々の利用料が必要になるので園から支出してもらえるかがキーポイントですね。  あとは、もしお使いのMacでBoot Campが使えるようであれば、WindowsのOSを入れてBoot CampでOSを切り替えてWindows側に栄養価計算ソフトを入れて使うという方法もあるかもしれませんけど、それはメーカーに問合せしてみる必要があると思います。  ちなみに、私も自宅のメインPCが今はMacなのですが、Parallel Desktopという仮想ソフト(Mac上で他のOSを同時に使える、いわゆるエミュレーター)を入れ、さらにWindows10もインストールし、その仮想ソフト内でWindowsを起動して昔購入したマッシュルームソフトの『Healthy Maker Pro』という栄養価計算ソフトをインストールして使っています。  エミュレーターを使うと、いちいちBoot Campを使ってOSを切り替える必要がなく、MacもWindowsも同時に使えるところが利点ですが、こちらもネット環境が必要で、さらに年間利用料がかかるものがあるので、支出してもらえるかが課題だと思います。  にしても、Windowsが主流の時代にMacを活用しているなんて、珍しい保育園ですね。

2020/06/08
回答

次亜塩素酸でなくても、キッチンハイターで十分だと思います。その方が安価だし。 浸け置きで消毒して、水でしっかりすすいで、蓋付きの水切りカゴ等で乾燥させて、使用前に消毒用アルコールを噴霧して、ペーパータオルで拭き取れば、良いかと思います。 もし、ハイターなどの殺菌漂白剤を使わないのであれば、中性洗剤で汚れをきちんと洗い落としてすすぎ、あとは乾燥させて使用前にアルコール消毒でいいと思います。 とにかく、汚れを残さないことと、しっかり乾燥させることで、雑菌の繁殖は抑えられると思います。

2020/05/25
回答

委託栄養士です。納品時の検収で賞味期限の確認はもちろんしておりますが、先入先出しがなかなか徹底できず、同じジャムなのに賞味期限が前後して使用していることも実際にあります。他の現場で賞味期限切れの食品を提供した事例があったようで、その後トレーセットする際に必ずジャムやふりかけなどのパック類、朝食につける牛乳などの乳製品の賞味期限を再度確認し記録用紙に記入することを徹底しています。

2020/05/20
回答

自分が保育園に勤めていたときは、基本毎日汁物をつけて欲しいと言われていたので、麺の日以外は常に汁物を含めて献立を考えていました。子どもたちが苦手な食べ物が出てきたときに、とりあえずごはんと食べられるおかずと汁物で食事を進めていくという考えがあってのことだと思います。苦手の克服も大事なんですけど、それは保育の中で長期スパン(都合6年は保育園で生活するので)でやっていくので焦りません。 魚って煮ても焼いても、パサパサして食べると口の中でモソモソするので、子どもたちの人気はイマイチなんですよね。あとは、臭い消しのための生姜もそんなに多くは使えないので、魚の生臭みで嫌いな子は多いと思います。煮魚や焼き魚も献立には入れますけど、たまに変化球でおろしあんかけや野菜あんかけ、クリームかけ、カレー風味揚げ、みそマヨネーズ焼き、ピザ焼きなど、変化球の魚料理も入れてました。 自分も献立作成の時は、和洋中、調理方法、味付けのバランスを考えて、自分が食べたいものを組み込んでました。もちろん、子ども向けばかりではなく大人向けのメニューも少しアレンジしたり、前任者の献立を参考にさせてもらったりして、いろいろ考えて作ってましたね。卵焼きの料理ひとつとっても、中に混ぜる具材でバリエーションを複数考えたりして、使いまわしていました。

2020/05/20

みんなのQ&A(コメント)

コメント

もし使用するなら人数分用意して、使用後に消毒殺菌乾燥が必要ですね。 ちなみに、自分の職場では、使ってません。

2020/07/09
コメント

>ポトフさん 私は・・・一応現場では二番手のポジションですけど、中途採用3年目の出戻り社員です。ただ転職歴が数回あり、年齢的にも経歴的にもいろいろな経験をしているだけなんです。栄養士の中では一番年上ですが(笑) 会社(エリア担当)と現場での温度差は、どこでも少なからずあります。エリア担当は利益優先、現場は喫食者優先で仕事をしていますから。受託先からのリクエストも現場ごとに違いますし。委託会社である以上、利益を上げないと成り立たない。その一方、受託先栄養士様からの喫食者を考えてのリクエスト(個別対応を含めて)はできる限り叶えて差し上げたとは、常日頃思っています。どっちかっていうと、自分は売り上げとかには無頓着で、実際に数字的な指示を受けているのは別の社員(献立発注担当)ですし、どっちかっていうと栄養士という立場上患者様に食べてもらうための個人対応も、できる限り対応したいと思っているので、その辺も会社からしたら「あいつ何やってんだ?」って感じかもしれません。うちの現場の病院栄養士さんも、一応ホントはこうして欲しいけど難しかったらこれくらいはして欲しいとこちらのことを考えてくれてはいます。たまに暴走することもありますけど(^^;) うちの現場の調理師は、禁食対応の多さや個別対応について「面倒くさい」しかいいません。その指示を考えて出す私たち栄養士側も面倒臭いのは承知で出しているのですけど、「めんどくせーなー」と言われるとカチンときます。禁食の指示も、できるだけまとめようとしてはいますけど、2種類以上禁止食品が被るとバリエーションが増えてしまうので、この辺は堪えて欲しいなあとは思います。 会社ごと、現場ごとでいろいろ違うので、私の個人的な思いということで。

2020/07/04
コメント

追記ですが、月初に調味料を含めて未開封や開封済みの在庫食品の賞味期限を確認し、当月中に期限を迎えるものはメモを貼るということも実施しています。

2020/05/20
コメント

乳児は生後0ヶ月〜離乳完了期(生後18ヶ月くらいまで)を目安とした呼び方だと思うので、1歳児、2歳児クラスの子どもたちは、幼児あるいは3歳未満児と表記した方が伝わると思います。ご参考までに。

2020/05/20
コメント

ああ、みんなに嫌われている方なんですね。それなら、そういう事情(嫌われていること)かコロナのことを利用して会社のエリア担当から本人に訪問を辞めてもらうように伝えてもらうしかないですね。@イトさんからはきっと本人には言いにくいでしょうから。 ちなみに、自分も応援に出る立場にあったのですけど、応援先の市町村でコロナ陽性の住民の方の報告があった上、自分の現場の急な欠員があったため、施設側から会社にクレームが入り、応援はしばらく中止になりました。応援先も人員不足で会社のエリア担当が応援に入ってますけど、エリア担当もそこだけに縛られてるわけにもいかないので、なんとか私を応援に組み込みたいみたいなんですけど、まだちょっと人員不足が解決していないので、なんともできない状況です。

2020/05/04
コメント

うちは千葉でも田舎の方なので、職場へは各々自動車通勤がメインですが、公共の交通機関を使って通勤しておられる方々は、きっと不安なことも多いと思います。

2020/04/16
コメント

自分が勤めていた私立の保育園では、給食のスタッフだけでなく、保育士や保育補助、事務員も含めて、全員腸内細菌検査をしていました。

2019/07/12
コメント

いや、給食での葉物の下処理は、切ってから流水で洗う、出来れば流水で3回洗うのが基本ですって言いますけどね。根元を先に切り落とすのは、根元に畑の土や砂が多く入っているので、異物混入を防ぐ意味でも重要な行程です。給食での作業は家庭での調理とは違うということを、理解してもらわないと衛生的な調理って難しいと思います。 これ、食数の多い病院とかでも、同様の下処理の仕方でやってると思いますけど。

2019/05/22
コメント

普段の摂取量がどれくらいあるのかにもよると思います。常に10割摂取であれば減塩の対応が必要になると思いますけど、例えば、極端に5割程度しか摂取してないのであれば、普通食で提供しても塩分摂取は控えられると思います。 主治医はどうお考えなのでしょう? 母体にも胎児にも安全な出産となる様に、食べられるものを提供して体力をつけてもらうのか、加算を取るために食べていただけない食事を提供し続けるのか、なにを優先して食事を提供していくのかって感じではないでしょうか。

2019/04/25
コメント

前の配属先の病院では、肉のとき荒きとか、野菜のみ荒きとか、細かいオーダーも受けてましたね。療養型の病院だったせいもあるかもしれません。一度入院したら長くいらっしゃる患者さんばかりでしたので、もう生活の場となっており、食事のリクエストは極力受けるような体制になってました。 そこここの施設で、対応の線引きなどいろいろあると思うので、無理のないようにやれるといいですね。

2018/06/29
コメント

保育園の場合、アレルギーが治療や成長段階で完治する可能性があるので、年一で検査をしてもらうようになってるのだと思います。 卵アレルギーでは3歳までに治らなかったら一生もんのアレルギーだと言われていました。 なので、幼児以降で食物アレルギーがある場合は、完治の可能性が低くなるのだと思います。そういう面で、年齢的に完治の可能性がないので、年一の検査の必要はなく、一度申請された内容でアレルギー対応するのではないかと思います。

2018/06/28
コメント

ああー、調理と盛付けが間に合うなら、11時配膳でもいいと思います。 自分が働いていた園では、11時には3歳児、11:15に4・5歳児という感じでした。 でも、そこの園は、前日仕込みで9時前から調理開始で、園児数60名程度だったので、出来たのかもしれません。昼食の作業人員は2人で、電化調理でした。

2018/05/15
コメント

管理栄養士として採用されたのに、管理栄養士の業務が出来ないのであれば、退職を考えてもいいと思います。直営なのに扱いがひどいですね。 給食を作るだけなら、調理師さんの仕切りだけでも十分やれますよ。献立作成から発注、検収、最古管理、衛生管理、シフト管理まで調理師さんに全部やってもらえばいいんです。 盛付け要員が必要なら、無資格の時間給で働く人を入れてもらえば、安く済む話です。 事務長には、自分はどういう職種で採用になったのか、なんで採用したのかを聞いてみた方がいいですね。 それでも、管理栄養士の業務が出来ないのであれば、辞めるだけです。 あとは、事務長を飛び越して、直接施設長に訴えるとか。それでもダメならほんとに辞めたほうがいいです。 10年のキャリアがもったいないですもん。

2018/04/08
コメント

厳密にやるなら普通食とアレルギー食の調理器具は分けた方がいいと思いますけど、自分のところではは共有していましたね。 その代わり、コンタミしないようにアレルギー用を先に作ったらラップしておいたりとか、そういうことは気を付けていました。 あと、食器もアレルギー児についてはそれ専用にして、普通食とは違う食器を使って、食器の違いで間違えないようにしていました。それは、アレルギーの対応があるなしに関わらず、アレルギー児の食器は別にしていました。そして食札も作って付けてました。 卵アレルギーは鶏肉OKだし、乳アレも牛肉はOKですよ?だって、アレルゲンの成分は、原因食品にだけ含まれていて、その親となる動物の肉には含まれていないのですから。

2018/01/27
コメント

うちでお出ししている麺類のきざみには2種類あって。一つは献立通りの麺類を粗く刻んだもの、もう一つは通常の麺類献立が行かないきざみ食の方用に、うどんを刻んでゆで汁と一緒に盛り、別にかけ汁を提供するスタイルになっています。 形から荒きざみの麺の方には割り箸とスプーン、細かいきざみのうどんの方にはスプーンのみ付けるようになっています。 また付け加えますと、麺の時にはフォークや介助フォーク付きの指定のある方もいて、そのリクエストはきちんと対応していますが、そんなに多くはありませんね。

2017/12/27
コメント

すみません。委託会社の栄養士で献立作成にまで関わってはいませんが、予定献立表の栄養価を見る限りは、考慮されていると思います。

2017/11/23
コメント

カレーは普通に常食と同じものを提供しています。 ただ、汁物に関しては減塩対応にして、常食や軟食で3食汁物が付く日は、朝昼のみ汁物を付けて、1食は生フルーツに置き換えてます。 ちなみに、麺類も常食と同じものを提供しています。麺の量だけ並盛、小盛で区別して対応しています。

2017/11/19
コメント

栄養士が行事に駆り出されるかどうかは園ごとに違うと思いますが、自分は私立の認可保育園に勤めていましたが、運動会など保護者が来るような行事はいつも土曜日開催でした。それで必ず役割を振られて、事前や前日準備から手伝ったこともあります。もちろん、その分代休を取らせてもらうことは可能なので、行事の後お休みをちゃんといただいていましたよ。 また、自分はPC操作が得意な方なのですが、運動会や年度末の発表会など音響係が必要な時は必ず音響担当でしたし、発表会や卒園式で流すスライドショーも途中から任されるようになりました。 栄養士だから行事に参加しないというのではなく、園の職員の一人なので園の行事には参加するのが普通というスタンスでいた方がいいと思います。

2017/11/19
コメント

確かに煮物や煮魚の時は、煮汁が副菜についてしまうことになりますけど、煮魚の時は調理後に煮汁を別にして水溶き片栗粉でとろみをつけて、魚の上からかけてました。煮物や炒め物でどうしても水分が出てしまう場合は、出来るだけ汁気をに飛ばしてましたね。それでも無理な時は少し手間ですけど副菜をアルミカップに盛って乗せてました。野菜や肉が多めの炒め物の時は、副菜をこふき芋にして汁気がついても気にならないようにしてましたね。じゃがいもなら、どの味付けでも汁気がついても大丈夫だと思うので。

2017/11/11
コメント

あと、ほかの方への返信を見て思ったんですけど、委託にいらっしゃったということで、別の委託会社で給食受託以外の事業展開をしていない大手全国区の委託会社を当ってみてはどうでしょうか?そういうところ何社かありますよね?いろいろ事業展開している会社だと、畑違いの事業部門に異動・転属になる可能性があるので、給食一筋の会社がいいと思いますよ。直営がなかなか見つからなかったら、検討してみてください。

2017/11/11
コメント

今の時代、本当に募集したい人材に絞った条件の出し方は、たぶん男女雇用機会均等法やら労働基準法やらいろいろな法律に引っかかって、公平な求人・雇用に繋がらないって理由で、性別や年齢制限もホントは条件にしたいのにできないんだと思います。だから、書類選考や面接で落とすっていう形が多いんだと思います。

2017/11/10
コメント

ああ、それなら、設定した給与栄養基準量から、食品構成表を作るといいと思いますよ。 保健所の巡回指導で、「食品構成表は作られてませんか?出来たら作ってください」と言われたことがあり、栄養計算ソフトの会社の別ソフトで作ったことがあります。 手計算でも作れないことことはないんですけど、一回保健所の研修会で習ったことがありましたが、割と理解するのが大変でした(;^ω^)作り慣れちゃえばそうでもないのかもしれませんけどね。食品構成表の作り方も、給食関係の参考書に出ていることがあるので、調べてみるといいと思います。

2017/09/26
コメント

ああ、ごめんなさい。お二人に対するものではなくて、どっちかっていうと栄養士さんが「そのくらい察しなさい」と言ったことに対してだったのですけど、横からコメント付けたせいで、へんな誤解と混乱をさせてしまいましたね。 私がいちさんの返信の内容を読み間違えてしまったのかな?とにかく、お二人に対する批判などではなく、学校栄養士さんの強気っていうか上から目線すぎるところにちょっと物申したかっただけなんです。 察しろ発言は、栄養士さんからではなかったのでしょうか? ホントにごめんなさい。

2017/09/22
コメント

横からすみません。 「それを察するのが仕事でしょ!」はちょっと勘違いな発言ですよね(;^ω^) 確かに察しと思いやりは大事ですけど、伝えたいことをきちんと伝えないで、察しろというのは、ちょっと違うと思います 察しと思いやりは、お互いの信頼関係に基づくものだと思うので。 それもなしに「察しろ」と言ってくるのは、ただのわがままです。 お互いのポイントがずれたままだと、すっと平行線だし、栄養士さん側からの歩み寄りがなければ、状況は改善されないと思うんですよね。難しい問題ですね。

2017/09/22
コメント

まあ、園によって事情が違いますから、そのへんは致し方ない部分もありますよね(;^ω^) 自分の場合は、そこに勤める前からそういうことになっていたので、そのまま引き継ぎました。水分補給は、普段は水道水、夏場は麦茶になってましたけど、特に甘い飲み物を使うことはなかったので、時たま担任の先生がさっと水洗いする程度で、日中は使いまわしでした。 保護者の方の準備に関しても、例えば入園前の面談できちんとクラス担任から説明をしてもらい、入園案内の冊子にの中に日々の持ち物のリストに加えてます。今までクレームが出たことはなかったと思います。 今では100円ショップでもキャラものや子供向けの持ち手付きのプラスティックカップが売られているので、さほど手間を感じる保護者はいないと思います。それに、壊れたり書かれているイラストが薄くなってきたりなくしたりしない限りは、幼児の5年間はずっと使えますから経済的にも負担は少ないですしね。 まあ、手間といえば、家で洗って通園の荷物に入れることくらいでしょうか?(;^ω^)でも、特定のご家庭を除けば、カップ忘れはほとんどありませんでしたね。 子どもも自分の好きなキャラクターのだったり、特に何もなくても自分専用カップなら、嬉しそうにそして大事に使いますしね。 実は、勤めていた当時、栄養士のママが数名いてその中には市内の公立園の栄養士さんもいましたが、なにも言われませんでした。ということは、市内の公立園も同じ対応をしてるのかな?って今思いましたw 最初にも書きましたが、良くも悪くも園の事情次第なので、そのへんはばっさーさんの状況判断でいいと思います。自分のコメントは、「ああ、そういうところもあるんだなあー」と思ってもらえるだけで充分ですよ(^_-)-☆

2017/09/22
コメント

かわうそさんの勤めてる保育園は、私立の認可保育園ということでしょうか? 自分が勤めていたところも私立の認可保育園でしたが、厚生労働省のマニュアルに基づいて市役所で作ったアレルギー対応マニュアルが、公立だけでなく私立にも配布されて、それに従ってアレルギー対応してくださいと通達があったので、従ってました。まあ、すべてまるまんま従ってるとやりづらい部分もあったので、自分で応用して記録の書式を作ったりしてましたけど。 あ、要するに、行政から食物アレルギーの対応についてマニュアルの配布とか、通達はなかったですか?何だったら、役所に問い合わせするのも手ですよ?違うことやって怒られるのは、損なので(;^ω^) 基本、私立園も認可の場合は、大抵のことで役所の指示通りにしないといけないですから。

2017/09/12
コメント

>いるかとライオンさん 受験資格って、幅広いですもんね(; ^ω^)そりゃ、みんな取りまくってたら、増えますよね・・・。昔は加算取るために、引く手あまたでしたし。

2016/03/21
コメント

>TMKGさん やっぱ国家資格ですし、突破するのは難しいですよねー(^ω^;) 栄養士が保育士取って喜ぶのは、保育園の方ですよねー。正規の保育士が足りない時に、良いように使われそうですもんねー。

2016/03/20
コメント

>RYN09さん 男性保育士は、乳児や未満児を担当するのは難しいですよねー。女児のオムツ替えのこともそうですし、男性用の更衣室やトイレなど受け入れるための用意がないという理由で、採用も困難なようですね。 国試の過去問を見てみましたけど、管理栄養士の国試より出題ご難しくて大変そうですよねー。うちの園にも、今度3年目の受験を控えてるスタッフがいるので、大変そうです。 二次試験は実技なので、これまた大変そうですしね。

2016/03/20
コメント

>はるさん 経営?いやー、それはないですね。うちは小さい株式会社の運営で、経営者はちゃんといて、社長は40代ですし、園長は社員のはずなのに週3くらいしか来ないで、フルタイムの給料ですから、園長をやめる気はないでしょうしね。 まあ、知識として勉強してその結果国家試験を受けるって感じが良さそうですね。ただ、過去問を見てみたら、管理栄養士の国家試験より出題の仕方が細かくて、見ただけで頭痛くなりました(笑)あと、二次試験は実技なので、これまた大変なのですけどね(^ω^;)

2016/03/20

お気に入り

みんなのQ&A

プロフィール

まさぽん

  • [性別] 男性
  • [保有資格] 管理栄養士
  • [上記以外の資格] 臨床栄養学修士、衛生検査技師
  • [都道府県] 千葉県
  • [現在の職場] 病院・クリニック
  • [過去経験のある職場]
    病院・クリニック 保育園・幼稚園 その他
  • [実務経験年数] 10年以上20年未満
  • [自己紹介]
    2浪して1996年4月に大学に入学し2000年3月に大学卒業。卒業後は大学院に進学。2000年7月に管理栄養士免許取得。修士取得後博士課程に進むも2年で中退。 管理栄養士養成課程のある大学で4年助手を勤めた後転職して、委託の栄養士として3年弱勤め、2011年2月より総合病院の管理栄養士として勤務し、同年5月末に諸事情で退職しました。 2011年12月より、保育所の栄養士として4年半ほど働きましたが、個人的な事情でまた退職しました。 2017年9月から再び委託会社で働き始めました。 (最終更新:2017年9月20日)