黒豆さんのマイページ

投稿履歴

献立レポ

お仕事Q&A

なんでも相談

みんなのQ&A(回答)

回答

これが正解かは分かりませんが、私の施設での記入方法です。 科学的介護加算の評価日とは別に、栄養評価日の記入箇所がありますよね。その2つでずれがあってもいいと考えているので、栄養マネジメント強化加算の数値と同数値で入力しています。 ただし、栄養マネジメント強化加算には退所時の記入が義務ではないので、最後の強化加算入力は退所月と異なる場合もあります。その場合は退所月のどこかで再評価したものを科学的介護加算に入力するので、栄養マネジメント強化加算の数値とは異なる場合もあります。

2022/06/28
回答

特養ですが、夕食の配膳時間は17時で提出しています。 できればもう少し遅く…。最低でもこれ以上は早くならないように。 といわれただけで減点にまではなっていません。 が、業種が変わればとっている加算の算定要件も変わると思いますので、加算の算定要件に夕食を6時以降に出すことと書かれているのであれば、減点の可能性もあるかもしれませんねl。

2022/06/26
回答

うちで他に使用しているのは、たら、さわら、さんま、ブリ、あたりでしょうか。 後はメルルーサやシルバーなど、スーパーではあまり見かけないけど安い魚たち。 ブリはパサパサなので不評ですが、白身魚はそこそこ食べて下さります。 あと、ビックリしたのが太刀魚の骨なしがあるようです。あんなのどうやって骨取るの?と聞いたところ、業者から直接聞いた訳ではないけど以前にテレビで見たところによると、一度完全にほぐしてから再形成しているとの事。加工過程を聞くとちょっと引いてしまいますが、見た目は普通に太刀魚で、非常に食べやすいです。

2022/06/21
回答

常食。粗刻み食(1cm角程度)、刻み食(5mm角程度)、極刻み(コード2-2)、ミキサー(コード2-1) 形態の種類は多いですが、コード3、コード4に相当するものがなく、みんな極刻みになってしまいます。本当はソフト食が欲しいのですが、委託との契約の問題もあるのでなかなか難しいです。施設長がもう少し理解してくれるとありがたいんですが、味と値段だけしか見てくれないので。 逆にとろみ調整していない刻み食がサイズ違いで2種類もあるので、本当は1種類にしたいんですけどね…。こちらも介護職員さんの理解がなかなか進まず。 半分愚痴になってしまってすいません。厨房入札、大仕事で大変でしょうが頑張ってください。

2022/06/18
回答

言われている通り体重が維持できていればいいのでは? 減らした栄養量で維持できるのであれば、必要栄養量が現状のままでいいのか再検討してもいいと思います。 体重も落ちる、食事量も増やせない(食べられない)ならば、補助食品を付けるしかないかと思います。費用面はなかなか難しい問題ですが、どうしても必要ならば施設なり家族なり(本来は施設負担)に理由を説明していくしかないかと思います。

2022/06/16
回答

介護士さんからの報告は全件報告でいいのではないでしょうか? 聞いた上でインシデント報告上げるかは栄養士側で判断という事で。軽微な物は報告なしとしてしまうと、どこからが軽微か分からなくなって、逆に報告が来なくなってしまっても困るように思います。 個人的に読んで思ったのは、鍋底の焦げはまだしも、人参の混入は…。 絶対混入してはいけない生物はゾーン分けしてあって混入しないとしても、プリンに使用することない人参が混入してしまう作業環境は見直して欲しいなと思いました。

2022/06/16
回答

食べないといけないという事はないと思います。 新卒で働いていた時に「食べないでどうやって給食管理するの?」と先輩栄養士から言われてしまい、 その名残で今も頼んでいますが、正直高いし負担大きいよな~と思っています。 今の施設では前任者も検食以外食べていなかったようで、入ったばかりの頃逆に驚かれました。

2022/06/16
回答

① それで合ってます。計画書が変わらないならば同意は不要のはずですが、施設のやり方として必ず3ヵ月毎に更新して同意をもらっている話もよく聞きます。(うちもそうですが)そこは施設としての方針を確認した方が良いかと思います。 ② 特に決まりはないので、今までの施設のやり方を参考にしつつ、Maaaさんのやりやすいようにしては。 ③ 前任者から引継ぎがあれば、そのまま流れに乗ってもよいのでは?前任者が退職されてから時間がたっているのであれば、スクリーニングから全員やり直した方が無難かと。 ④ 栄養ケアにはスクリーニングアセスメントモニタリングと計画書があればいいですが、それぞれの更新頻度だったり、計画書作成の際に協議しなくてはならない職種だったり(ということは協議した証拠はそれなりに用意しておいた方が安心です)、等細かな決まりがあります。 強化加算は取れないとの事ですが、療養食加算や経口維持は?もし算定する可能性があるのならばそれぞれに必要な準備書類が必要です。一度赤本を確認された方がいいと思います。

2022/06/14
回答

私はため込みがある方にはアイソカルHCをよく使います。寒天と増粘多糖類を使っているのでゼラチンは入っていません。ブリックゼリーに比べるとエネルギー量もたんぱく質量も落ちますが。 あとは、もう春さんもあげておられるメイバランスゼリーも使いやすいですよね。メイバランスゼリーは値段が高価ですが、購入先に制限がないのならば、類似商品のパワミナも調べてみてください。 ただ、看取り期には絶対補助食品を付けないという事はありませんが、基本的には、嚥下機能に大きな問題がないこと、その方が補助食品を好まれている事という2点はクリアしている方にしか付けていません。家族様から補助食品の意向を言われることもありますが、誤嚥性肺炎のリスクを考えて断ることも多いです。 看取り期間が約5年とのことで、5年前にどういう経緯で契約を結ばれたか分かりませんが、今も変わらず家族様は覚悟を持っておられるんでしょうか? 補助食品の中止も含めて今後の食事内容を話し合う時期にこられているかもしれないと文面を読んで感じました。

2022/06/14
回答

先日うちの施設でもありました。 介護職員さんが一口大に切るためにハサミを入れると中がピンクっぽいと報告があり。 本来魚の日で禁止食の代替品であったこともあり、まさか中心温度の計測せずに生焼けで提供したのかと厨房に確認すると、中心温度は計測しているが介護士さんが気になるなら取り替えますよと言ってくださいました。 そんなことがあるとは私も知らず、勉強不足でした。 全く回答でなく申し訳ないですが、ありがとうございます。

2022/06/14
回答

介護ソフトを導入しているので、栄養ケア関連はできるだけソフトを使用するようにしています。 が、膝高から身長を計算するのは介護ソフトではできないので、Excelシートで自動計算できるようにシートを作っています。 あと、1番役立っているのは給与栄養目標量の算出。前任者の栄養士さんがパソコン関係得意な方だったので、数値を入れていったら自動的に必要エネルギー量の平均値だったりPFCバランスだったりを計算してくれる表を作って下さってたのでそれを引き継いで使用しています。最初はどこがどうなって計算されているのか分からずに、使いこなすのに苦労しましたが(笑)今となってはなかったらどんなに大変かと思うと、自分では1から作れないので本当にありがたいばかりです。基本は年に1回しか見直ししないですが、結構大きな業務ですからね…。 他にも、複雑な数式までは使用してないですが、食数の管理や衛生管理等で使っています。 介護ソフトがあればそちらがメインになりますが、考えてみたらかなりお世話になっていますね。

2022/06/14
回答

あくまでも家庭的な食事時間でと昔習いました。 夕食は厨房も早く片付けたい、看護師も日勤が帰って食事介助がしにくい、などの理由で決めておかないとどんどん早くなってしまうので。 昼食は決めなくとも12時前後で提供するでしょうが、言われてみれば朝も決めておかないと(厨房がその方が楽だから)どんどん遅くなってしまいそうですよね。

2022/06/12
回答

確かに看取り期以外で完全食止めの持ち込みのみ対応は私もしたことがありません。 ので、これから書くことはあくまでも私ならこう対応するだろうなーというだけの話で、加算的に問題があるかどうかは絶対的なことは言えません。すいません。 そもそも大前提として、パンのみの食事で栄養状態は維持できているのでしょうか? 体重が緩やかに低下とかなら、補助食品や、その先の話をしないといけないような気がします。 栄養状態が問題ないとして、パンのみの摂取で気になるのは栄養の偏りです。家族様はどのような物を持ち込まれる予定でしょうか?食べないからパンだけ持ち込まれる予定でしょうか? 栄養面、衛生面等家族様に指導した上で必要分を持ち込まれるのであれば、食事は個別対応することとなっていますし、加算を算定できないということはないように思います。 ただ、どうせ食べないのでパンだけ持って来ました。となるのであれば、その方に必要な栄養量は満たしてないことになります。確かに食べないのでしょうが、「食べないのと出さないのは違います。うちの施設では栄養管理に入らせていただいているので、必要量を大幅に下回った提供内容を続けることはできません」と私なら断ります。

2022/06/12
回答

同じくほのぼのNEXT使用しています。 うちの施設ではケース記録の種別に『ミールラウンド』というのを作り、そこに入力しています。 栄養ケアの経過記録に入力することも考えましたが、経過記録には食事形態変更等の大きな経過を入れているので、ミールラウンドの記録でそういった記録を探すのが大変になるのが嫌で…。 文面は○○のミールラウンド実施。と入力し、その後気付いた点等入力しています。できるだけ姿勢、咀嚼状況、食欲等確認するようにと言われているポイントを中心に観察して記録を打ってます。あとは、ご本人と話した内容だったり、介護職員さんから聞き取った内容だったり。ただ、BMIだけが問題で中リスクになっている場合、咀嚼嚥下も問題なく全量食べられていることも多いので、本当に何もなければ、特変なく全量摂取。の1文で終わってしまうこともありますが…。

2022/06/10
回答

うちの施設で使用しているソフトでは、ずっと前から主食と副食です。 強化加算を算定するのにあたり、副食を主菜と副菜に分けて欲しいと要望を出していますが変更なしです。なので、手書きの表にのみ主食・主菜・副菜に分けて食事量を記録しています。 本当は汁物は別枠だよなーと思いながらも、これ以上細かく記録すると介護職員も混乱するので、汁物は副菜に振り分けています。 特別な理由もなく主菜と副菜になっているのかも…。ソフトの開発会社に問い合わせてみてもいいかもしれません。

2022/06/09
回答

コンタクトレンズ禁止は聞いたことありませんが…。 ただ、昔食品製造工場でバイトしていた時に、他のバイトの子がコンタクトレンズがない!と途中で言いだして(落ちた時に気付かないのか?…と思いましたが)何十個と製品をひっくり返して(ひっくり返した製品は廃棄するしかない)大騒ぎになったことがありました。結局床に落ちていたのを発見して事なきを得ましたが。

2022/06/03
回答

私も飲み会嫌いです。一部の人でやる飲み会はいいですが、コロナ前は大々的な忘年会をホテルでしていたので苦痛でした。 コロナ以降、飲み会がなくなり、その点ではストレスフリーで助かっています。高齢者施設なこともあって、コロナ対策は過剰なほど言われます。今でも個人での外食も控えて欲しいと言われていて(みんな行ってますが笑)職場の飲み会なんて当分ないだろうと安心しているのですが…。 福祉の現場でももう飲み会の話が出るほど世間では日常に戻りつつあることに驚きました。 まあ、職場の雰囲気で断れないことありますよね(汗)頑張ってください!

2022/06/03
回答

私も給食委員会の議題作りに毎回苦戦しているので、一緒に他の方の回答見させていただきました。 うちでは①アクシデント・インシデントレポートがあればその報告②来月の行事食の予定③その他栄養士やユニットから報告があれば、の3点はいつも固定ですが、これだと5分程度で終わってしまうことがほとんどです。 なので、毎年度給食委員会の目標をたて、その内容について話し合っています。 例えば、今年度は水分補給についてです。水分を飲んでくださらず、水分量不足の方がどのユニットにも多数おられるので、各ユニット1名ずつ選び、「このような方法を考えて実施しました。結果はこうでした」というのを報告していきます。改善しました。ならもちろんいいですが、そう簡単には改善しないと思うので、毎月委員会で色んな意見を出していけたらと思っています。

2022/06/03
回答

本人が了承されたなら問題ないと思います。どの形態の老人ホームか分かりませんが、栄養マネジメントに入っているなら、体重管理は栄養士の仕事の一つです。 特に何キロカロリーという明確な決め方はしていませんでしたが、常識の範囲内で10時に1回小皿1皿分(午後3時は施設のお菓子が出るので)とか、小袋1袋を1日2回までというような決め方をしていることが多いです。その内容も栄養計画書に落とし込んで、その提供量では本人様が満足しないとか、逆に全く食べられなくなったという場合には都度話し合いの場を持って提供量の検討をしています。 何名か認知症の加減もあってどうしても1日に多量に間食を食べないと周囲の方に危険が及ぶほど怒り出されるという方を見てきましたが、その場合は特に制限していませんでした。(家族様には体重増加や糖尿病等のリスクを説明して了承を得ています。)

2022/06/03
回答

介護保険法についてと嚥下知識ですかね~。 29床なら強化加算算定されているのでしょうか?してなかったとしても栄養マネジメントはされているでしょうし、どの頻度でモニタリングして、計画書立てて、計画書の作成にはどの職種と協議が必要で…。と監査の時には細かなことで指摘がくることもあるので、抜けなくマネジメント業務が必要です。 栄養士会とか、後は補助食品やとろみ剤などを購入している業者の方に聞くと研修会情報くれることもありますよ。

2022/06/01
回答

よく出る意見ですよね。私も何度か言われたことがあります。 なので私は極力食事介助しながらミールラウンドするようにしています。でもウィザードさんももうされているんですよね…。機会がなくて言われていないだけで実は私も思われているのかな?…。 利用者の目線では言われたのであれば改善できると思います。後はコミュニケーション取りながらとかありきたりな改善策しか思い浮かばないですが。 介護士さんの多くは加算のことについてはよく知らないように感じています。加算を取る必要性や加算をとるために必要なことであることを説明できる機会とかあれば少しは変わるのかなと思いました。

2022/05/31
回答

私の施設では形態が変われば提供栄養量も変えています。 とはいっても、おおまかに15%減にして…という感じですが。 補助食品の栄養量も、一部本人様の嗜好で食べているという方を除き、補助食品含めた栄養量を算出しています。

2022/05/31
回答

特養ってそんなもんなんですかね~ うちも全く一緒です。ひどい時は発熱の為の緊急受診に付き添いで半日以上潰れたり…(汗)

2022/05/30
回答

先輩栄養士さんの言われる通り、自分なりの方法を作るしかないと思います。 不安がって接していると入居者様も気づきます。他の職員も自信なさげな栄養士さんだと相談もできません。 ご自身で精いっぱい勉強した上で、「私経験が浅くて分からないこと多いので教えてください!」という姿勢で行った方がいいとは思います。 とはいえ、性格もあるのでなかなか難しいですけどね…。私も最初の数年はずっとおどおどしていた気がします(汗)

2022/05/23
回答

言いにくいとは思いますが、それ言ってもいいと思います…。 私もどちらかというと埃とかゴミとか気にしないタイプで…(汗)さすがにゴミ箱があふれかえっていたら捨てますが、掃除なんかは気を付けないといつも他の方にさせてしまいがちです。 案外、気付いてないだけということもあるのかも…。

2022/05/23
回答

主食はゼリー粥で副食は刻みとかおられましたよ。 最初に確認した委託の栄養士さんが「ん?」と思ってきかれるかもしれませんが、 厨房内の食数管理はホワイトボードに主食と副食で分けてそれぞれの形態ごとで表にしてあると思うので、そこまでややこしくはないかと思います。 まあ、うちはユニット配膳なのでややこしさも軽減されるという面はあるとは思いますが。

2022/05/23
回答

恐らく本当に何も分からない状態で困っておられるのだと思います。4年前ということは、間は管理栄養士不在だったのでしょうか?だとすると、現在は全入居者様のスクリーニングをして計画書作成段階ということでしょうか? 中リスクの方に何を変更したらという質問でしたが、中リスクになった理由にもよります。 必要栄養量は満たしているのに体重減少率が高いのか、食べられないのか、単に元々BMIが低いのか…。 男性で活動量が高くてそこそこ若くて…というならば提供量が不足している可能性もありますが、寝たきりの高齢女性が全量食べているのに不足しているというのは普通あり得ません。その場合、体重が落ちている原因は他を探した方がいいです。加齢による物なのか、他の疾患があるのか…。そこは看護師さんに相談するといいと思います。 元からBMIが低いなら、無理に体重増やしても体脂肪が増えるだけで介護も大変ですし現状維持でいいと思います。 食事が食べられないけど補助食品なら食べられるというならば補助食品は必要なので、説明して購入してもらうしかありません。(本来は施設が負担する必要がありますが、今までその方法ならすぐの改善は難しいでしょう。根回しもある程度必要ですし、今そこに労力を払うのはしんどいと思うのでとりあえず家族様に買っていただいても仕方ないかと思います。) アッセンブリー方式とのことですが、そもそもの施設全体の提供量はどのような契約になっているのでしょうか?特養ならば1400kcal前後の提供量のことが多いかと思いますが、実態に合っていない提供量のせいで不足している方が何名もおられるようならばその契約は見直す必要があります。ただ、その栄養量で何年も過ごしていたはずですから、恐らくはそう大きな問題はないと思いますが。 後は、ご飯の量の変更や差し入れ、補助食品で微調整していくしかないのが、多くの特養での現状です。補助食品の場合、食品での購入は高額になりますが、エンシュアやラコールを処方してもらえるならば安価に提供できます。(独特な味なので人によったら飲んでくれないかもしれませんが…) 大変かと思いますが頑張ってください。栄養士会に入会して研修会に参加すると(コロナ渦でオンラインになっているかもしれませんが…)近隣の施設の栄養士さんとお知り合いになれる可能性もあります。栄養ケアの方法や介護保険法についても学べると思うので、頼れる方がいない環境下では1つの手かもしれません。

2022/05/22
回答

介護保険法的には3ヵ月を越えなければ問題ないです。 あとは、つづかそママさんの施設で計画書更新のタイミングでカンファレンスをされているとのことなので、更新のタイミングが変わっても大丈夫かという事ではないでしょうか? 1つの月にカンファレンス件数が偏らないように分配してあるならば、期間を短くしてでも当初の計画書期間までを一区切りとしないといけないでしょうし。

2022/05/22
回答

私のやり方ですが、退院時にスクリーニング兼モニタリングで入力します。 骨折の1週間程度の入院では食事状況変わらないかもしれませんが、入院を機に食事量の低下や嚥下状態の低下は起こりがちです。 1週間程度の入院ならば退院時のモニタリングは必須ではないと思いますが、入院していた期間はなかったものとは出来ないので、少なくとも当初予定していた日程でのモニタリング(例の場合だと6月15日)にはモニタリングが必要かと思います。 もし、これが入院期間6月10日~6月20日の場合は、入院中に無理にモニタリングしなくても、退院してから6月20日辺りでモニタリングでも良いかとは思いますが。

2022/05/17
回答

私は介護経験もあることもあり、やっとくよ!と移乗もしてしまいます。 でもADLにもよりますが、全介助の方の移乗はそれなりに大変ですし、不安もあると思います。 私もやっとくよ。とは言うものの、介護士さんは気を使ってか「いいの?」と言われることも多いので、できれば介護士さんにお願いしています。それで事故が起きた時の責任問題もあるでしょうし、介護士さんのペースもあるのかなと。ベッドのギャッジアップ程度ならいいのかなと思いますが、不安がある部分は介護士さんにお願いしてもいいと思います。 それで「それぐらいやってよ…」という雰囲気なら一度介護主任さんとかと話し合いが必要かもしれませんが。

2022/05/17

みんなのQ&A(コメント)

コメント

その状態までくると確かにペースト食の方が多いです。 一方、主食はミキサーにかけるだけではベトベトとしてしまうので形態として設けておらず、代わりにゼリー粥で対応しています。 ゼリー状が食べやすい方もおられれば、ペースト状が食べやすい方もおられるのは承知ですが、ゼリー粥もゲル化材の分量を色々変えて試行錯誤で作ったもので、ペースト食と変わりなく食べられるはずではあるのですが… これが介護職員からは不評で、ペースト食に比べてこわいという意見が多いです。 そのせいもあるのかもしれないですね…。 ご家族様も専門職が言うなら任せます。とあまり意向がない場合も多いです。 特に理由がない場合は計画書にも記載してないので、もう少しバランスよく食べてもらえるように話し合ってみたいと思います。 ありがとうございました。

2022/06/05
コメント

回答ありがとうございます。 看取り介護中だと栄養より嗜好の考えになるのですが、看取り契約前だととにかく栄養を摂らせなきゃという考えになってしまいます。それでも表情ででも本人様が好まれているものが分かると本人様の意向に添うように介助させていただきますが、認知症で全く意思疎通が取れないとなると、ほとんどの職員が主菜優先の1品食べになっています。 話し合いの中では、補助食品がある場合は優先するように話していますが、食事について優先順位をつける話はほとんどしたことがないです。 主菜から食べて最後に主食ばかり残る食べ方は違和感を感じますが、それはダメという程ではないかと特に意見はしてこなかったです。 ただこの前「食べられないのに主食なんてカロリーはあるだろうけどほとんど栄養もないものでお腹膨らませてもね。」という発言も聞いてびっくりしました。その時には訂正もしたのですが、「栄養ないっていうのは極端だったかもしれないけど、どっちか食べるとしたら主菜でしょ。」とあまり理解もされず。結局どっちかしか食べられないならどっちがいいのだろう?と思ったので質問させていただきました。

2022/06/05
コメント

60床の特養で、3ヵ月に1回の更新なので平均20名。 ですが、CMも半年に1度は更新しますし、個別機能訓練の計画書も3ヵ月に1度の更新です。なので、多職種で分け合えば1か月に多くても7件程度です。 このように協力し合うために、それぞれの計画書の更新タイミングは合わせていますl。

2022/05/23
コメント

計画期間の3ヵ月の間で変更が起きた場合、 すぐに変更しないといけないのか、 それとも3ヵ月の期間終了まで待ってもいいかということでしょうか? それはどの程度の変更かによると思います。 本来、計画書内容に変更があればすぐに作り直すということになっています。 ただ、米飯から粥になったとか、量が小盛になったとか、 少しの変更で計画書まで作り直していたら業務が回りません。なので、あらかじめ計画書には「適宜食事内容を変更する」等の1文を入れておき、些細な変更の場合は3ヵ月の更新のタイミングまで計画書の変更は待ちます。 ただ、明らかに状態変化があって変更点が多数の場合は、施設で決めたカンファレンスまで待っていられないので、その時点でケアマネに相談して緊急カンファレンスの開催をする場合もあります。 ちなみに、どこからが些細なのか、どこからが計画書の変更が必要なのか、ははっきりと明記されていません。 が、リスク変更、褥瘡、あたりは間違いなく計画書作り直しの必要があると思います。

2022/05/23
コメント

パートさんの立場で働かれたことのある方の意見が聞けて良かったです。ありがとうございました。 仕事の割り振りや指示の出し方等もう一度検討してみます。

2022/05/05
コメント

回答ありがとうございます。 事故報告は、パートさん採用前も後も、見つけた時に施設栄養士が出勤していれば施設栄養士→厨房栄養士に報告、出勤していなければ厨房栄養士へ報告後、施設栄養士へはメモにて報告としていました。 それが守られていなかったというのも緊張感の足りなかった職場と言われてしまえばそれまでかもしれません。ただ、特養という特徴もあり、施設全体の考えとして家庭的な雰囲気を求めています。監視されているみたいという意見は入居者様からも出ており、緊張感とは別と考えています。 皆様の意見をお聞きし、パートさんへ求める内容が違っていたのかなと思いました。もう少し上手く指示が出せるよう、私自身頑張っていこうと思います。

2022/05/05
コメント

回答ありがとうございます。 給食提供の事故は、異物混入でした。 ケアワーカーから栄養士に報告があった時点で事故発生から1日経ってしまっていたのも問題ですが、その後その栄養士さんから私への報告は異物混入があったというメモのみ。私はその日公休だったので、次の日メモを見て厨房に伝えましたが、事故発生からすでに2日経過。事実の報告は確かに必要ですが、先に厨房に伝えてほしかった…。と思いました。(ご本人にも伝えましたが) ミールラウンド中の相談も、「こんな相談がありました」と報告を受けたので、栄養士として考えられているご自身の見解を伝えてもらっていいと伝えましたが、結局私に対して「こう思います」と伝えられただけで他職種との相談は私が行ないました。(後日他職種から再度私に相談が来たため) 監視されている~というのは表現は変えていますがご本人にも伝えています。 給食管理については、献立表の確認、実施栄養量の確認、ディスポ食器の在庫管理と発注、掲示用献立表の作成あたりです。その点については大きな問題なくお願いできていますが、委託なのであまり仕事量は多くないです。 施設としては栄養士2人いることで栄養士不在の日を減らし、問題発生時には速やかに対処できるようにしてほしいと言われていますが、正直非常勤さんのみ出勤日に問題が発生しても次の日私のデスクにメモが置いてあるだけです。「こういう問題があったのでこうしておきました」となってくれたら理想ではありますが、やはりこの勤務時間の非常勤さんには求めすぎだったのかなともみなさんのコメントを見て感じています。

2022/05/04
コメント

回答ありがとうございます。 お互い同じ専門職であり、相手の方の方が経験豊富といういことから、上司・部下という関係より横並びで考えてしまっていたのかもしれないとコメントを読んで思いました。 話し合いながら頑張っていきたいと思います。

2022/05/04
コメント

Dt.S様助言ありがとうございます。 確かに「日本人の食事摂取基準2020」では75歳以上の目指すべきBMIは21.5~24.9となっています。ただ、厚生労働省が発表している低栄養リスクの判定基準はBMI18.5未満が中リスクとなっています。 なので私は18.5未満を中リスクとしています。できればモニタリング頻度やミールラウンド対象者は減らしたいですから。

2022/04/23
コメント

選択メニューが必ずしもないといけないわけでもないですし、やめるのも一つだと思います。 ただ、中には選択メニューを楽しみにされている方もおられるかもしれないですし、他の職員の意見はどうでしょうか? そういうのを給食委員会で話し合ってもいいのでは?

2022/04/07
コメント

特養60床、SS10床の施設で勤務しています。管理栄養士の人数は1.3(常勤の私1人と、週3回4時間のみの非常勤1人)です。 発注、検品、検収は全て委託にお任せで、1か月分まとめて記録のみ確認。献立も原案は委託栄養士さんが作成し、確認して修正して欲しい点のみ伝えて修正してもらっています。 受診付き添いや家族連絡等、本来は相談員が行う業務の1部を手伝っているため忙しいは忙しいですが、栄養士業務のみであれば強化加算を算定するまでは私1人がやっていたことであり、それでも残業は月10時間もいくかどうかでした。

2022/04/05
コメント

委託していても栄養士の配置がない場合もあるんですね。 うちの場合は委託会社にも常勤管理栄養士が1名おられるので、施設の管理栄養士はそれらの確認、問題発生時に対応という形になります。だから給食管理専門栄養士がいたところで毎日毎日何をするのやら…という感じですが。 委員会やカンファレンスんは多いですが、研修会は年1回、行事も栄養士企画は年1~2回で、後は企画書が回ってくるので、気になる時だけ確認に行きますが、実施は介護職員さんにお任せです。 利用者様の食事の片付けもうちでは介護職員さんと委託さんにお任せですが、他の職種にふるのは難しいんでしょうか?強化加算を取り始めるとミールラウンドが必要になってくるので、食事時間のスケジュールがかなり大変だろうなと思います。

2022/04/03
コメント

エネルギー量もたんぱく質もその対応にしています!

2022/03/31
コメント

今まで2つの施設を経験していますが、両方ともご飯の量は大・中・小の3種類でした。個別対応は療養食の場合のみ対応していました。全員に個別対応できるならそれはそれでいいと思います。 おかずも全量と半量の2パターンです。

2022/03/25
コメント

私なら ・定期的にモニタリング実施すること ・口腔内を湿らせる対応について あたりを計画書に書きます。後は、こういう理由で食事提供行わない。と記載するのもいいと思います。本人様の食欲の問題なら提供するけど食べれないになると思うので、提供してなかったということは嚥下の問題か何かで出してなかったんでしょうか? LIFEのデータは体重は空欄、その他は分かる範囲で入れたらいいと思います。必須項目が空欄でも受け付けてはくれますよ。 この場合私がいつも悩むのは必要栄養量なんですよねー、、。体重がないから出せないし、いやそもそも食べられないのだから0でいいのか?と。

2022/03/02
コメント

丁寧な回答ありがとうございます。 まだもやもやとはしていますが、結局のところ、従来の算出方法から大幅に変わった八訂と、その八訂発表より前から使われていた食事摂取基準2020を併用するのは無理があるように思いました。 国としてはできるだけ早く八訂への以降を勧めているように思いますが、しばらくの間は従来通りの数値を使うのも手なのかなと思っています。

2022/02/27
コメント

回答ありがとうございます。 確かにまだ、八訂を使った実績はないですもんね。意見参考にさせていただきます。

2022/02/27
コメント

今まで栄養マネジメントをされていなかったということなので、家族様が栄養計画書を見るのは初めてになりますよね。 たさんの施設のやり方にもよるかもしれませんが、家族様からしても定期的に説明を聞いて、同意書にサインして…と少し手間をかけてしまいます。 事務さんで加算の同意は取られているとのことなので、たさんが家族様に一言あった方がとお考えなら、「今後このような計画書を作らせていただきますので、ご協力ください」みたいな文面を初めて計画書をお渡しする時につけてもいいかもしれませんね。 栄養マネジメントがされていない施設でいきなり強化加算を算定されるのは大変だと思います。頑張ってくださいね!

2022/02/25
コメント

お返事遅くなってすいません。 URLまで載せてくださってありがとうございます。 なんとなく食数が満たなくても大量調理マニュアルに従った方がいいんだろうなとは思ってましたが、しっかりと通知が出ていたとは知りませんでした。 ありがとうございます。

2022/02/18
コメント

追記拝見しました。 経過記録に何を記載しないといけないという決まりは私も聞いたことがありませんが、計画書に対してどのように対応したかとかを記録するんではないでしょうか?栄養ケアなので多くは食事内容の変更になるかと思います。 ただ私の施設でも経過記録は使用していません。理由は、りりーさんもおっしゃってるように多職種で使用するアプリなので多職種で経過を確認できた方がいいと思うからです。栄養ケアの経過記録なんて栄養士しか見ませんので…。私はケース記録に残してます。 でも施設の方針によっては全職種の記録をケースに残すとケースの量が増えて見にくいからやめてほしいという場合もあるかもしれませんし、どこに何を記録するのかも施設内で決めてあるかもしれないので確認してみては? スクリーニング、アセスメント、モニタリング、うちも全部同じ画面でモニタリングの頻度に合わせて全項目入力しています。あちらこちらに記録が分散すると後で経過を確認しにくいので。 けど、それぞれの意味の違いは栄養士として理解しておいた方がいいと思うので教科書等で確認してみては?

2022/02/17
コメント

回答ありがとうございます。 HACCPの義務化は把握していましたが、施設給食ではすでに対応がされているでしょうし特別な対策は必要ないです。と研修会で説明されたので内容を把握できていませんでした。しっかり読んでみたいと思います。

2022/02/08
コメント

1人は家族持参のおやつで補給(本人と家族様希望です) 1人は糖尿病なので、なくてもまあ必要栄養量は足りている 1人は不足しているけど、本人様の受け入れの問題で打つ手なし(そもそも食事量も不足している状態です) 基本的には、供給栄養量の計算する時はおやつ分引いてますが、だからといって他で補給はしていません。今までおやつなしの対応した方は頭がしっかりしていて自分の意志も強く、こちらの介入が難しいパターンか、看とりで食べられない方だけだったので…

2022/02/06
コメント

そうなんです(泣)入居者様は喜ばれるかもしれませんが、お茶は食費から提供しているのに飲料代がそんなに必要?…ともやもやしてしまいます。 厨房の常識をユニットに伝えるの難しいですよね。検体までしっかり採取できているのすごいです。うちもちゃんとしなきゃなと思いつつ行事はユニットお任せで衛生管理はほとんどできていないです。勝手日程決めてるので栄養士出勤日でないことも多々ありますしね。

2022/02/03
コメント

ユニット費ですが、正確にはユニット飲料代という名前でレクリエーション等に使うユニット費は別途あります、、。 お金がないという割にはそこに随分と予算を割くのが個人的には不思議ですが、ユニットの自由度を高めたいというのが施設長の考えみたいで。 ユニット費がないとレクリエーションの食材発注が厨房丸投げになるのですね。厨房とのやり取りはやはり栄養士を介してされてるんでしょうか? ユニット費があると楽ですが、栄養士が知らない間に「たこ焼き作りました!」とか、後からよくよく聞くと材料を1週間近く前に買っていたり…(汗)

2022/02/01
コメント

栄養マネジメントの経験は少なくても、栄養士としてたくさん経験積んでおられるので新しい環境に飛び込むのも全然ありじゃないですか? 長年勤めた職場でも、今しんどいから他の職場の面接にチャレンジされたのだと思いますし、思い切って転職もいいのかなーと思います。 けど、新しい職場って勝手も違いますし、人間関係も良さそうと思っても本当は?とか考えちゃうと勇気いりますよね、、 どちらの職場に行かれても、頑張ってください!

2022/02/01
コメント

やはり尿路感染症や発熱はどこも多いんですね、、、 ユニット費がないのも不便なような、飲料もすべて厨房で発注してもらえると思うと便利なような…。どのやり方も一長一短ですね。 食事中でもジュースなら飲んでくださる方多いですね。中には食席に着くなり「カルピス!」と言われている方もいます。一度ジュースで飲んでくださると次からはお茶は試しもせずにジュース提供。気付けばユニットの半分以上の方が食事中もジュース飲んでるなんてことも…。お茶ではダメなのか?常に検討を続けて欲しいなと栄養士としては思ってしまいます。

2022/02/01
コメント

回答ありがとうございます。 食事の際のお茶は厨房準備でしょうか? 私の施設でもお茶の種類は設けているんですが、何種類も沸かすのが面倒なようで、うちのユニットはほうじ茶しか使ってません。というようにユニットごとでお茶の種類が決まってしまっている状態です。 10時、15時は甘いものを提供するにしても、コーヒーや紅茶ならペットボトルジュースよりは糖分抑えられますしその方向に持っていきたいのですが、介護職員からしたらペットボトルの方が作る手間いらないし…と受け入れてもらえません。 入居者様も甘い物慣れしてしまっているらしく、うちではイオンサポートのほうじ茶ゼリーでさえ進みが悪かったようです…。 1度できてしまっている考えを変えていくのって難しいですね。 夜間のタイミングにまで声かけしてもらえているなんて職員全体の意識が素晴らしいなと思いました。 水分補給のためにお粥に変更は思いつきませんでしたが、行事で気分を変えてもらうなど、私もできる範囲内で協力していって、少しずつ全体の意識を変えていくしかないですね。

2022/01/31
コメント

回答ありがとうございます。 やはり食事時は基本お茶ですよね。私も10時、15時は甘いものでもいいかと思うのですが、「水分入らないからご飯の時もジュース出していいよね?」と当たり前のように言われると…。ジュースにするデメリットは伝えていますが、何分言うのは私だけなのと、施設全体として尿路感染症で入院される方が多く、とにかく水分重視な考え方が広がっています。 せめて紅茶やコーヒーならばジュースよりはカロリー落とせますし、特に気になる方はパルスイートの使用などの可能性も広がるのになと思うのですが、介護職員からしたらペットボトルジュースを注ぐだけの方が簡単なのでコーヒーよりもジュースの方が多いです。前任者がそれをOKとしていたので、ここからの変更は反発が多くて苦戦中です。 お茶ゼリーは他の回答者さんも不評と仰っていましたがやはりそうなんですね。確かに甘いものという先入観ありますもんね…。 嗜好品も厨房発注してもらえるとは羨ましいです。それも含めての食材費としているのでしょうか?

2022/01/31
コメント

私も研修会にも参加しましたが、実際に算定している施設の栄養士さんとの相談はしたことがなく手探り状態です。体制加算なので、抜けが一人あるだけで最悪全員分返戻と思うと不安ですよね。 データの送信は3ヵ月に1回なので、次は10月分でいいですが、それだと10月、1月、4月…と3ヵ月毎に業務が過密してしまうので7月以降は分散しています。元々、3ヵ月毎に計画書の更新を行うようにグループ分けをして表を作成していたので、8月以降は計画書作成月でデータ送信しています。

2022/01/31
コメント

追記を受けて カンファレンスに必要な職種は、介護保険法の解釈(青本)という本にこれらの職種と協議を行って作成すること。と書かれています。確か医師、歯科医師、看護師、介護職員、介護支援専門員等だったかと思います。ただし、本来はこれらの職種が一堂に会してカンファレンスを行うことを想定しているが、都合により医師等が参加できない場合はカンファレンス記録を参照してコメントをもらうことでもよい。とも書かれています。(ニュアンスだけなので、正確な文章は一度確認してみてくださいね。)医師から議事録にコメントをもらえるならばその方法でいいと思います。私の所ではそれも難しいため、医師が回診の時にしたコメントを拾って栄養士がコメントを打ち込んでいます。

2022/01/30

お気に入り

みんなのQ&A

ブロックしたユーザー

プロフィール

黒豆

  • [性別] 女性
  • [保有資格] 管理栄養士
  • [上記以外の資格]
  • [都道府県] 滋賀県
  • [現在の職場] 介護・福祉施設
  • [過去経験のある職場]
  • [実務経験年数] 1年以上5年未満
  • [自己紹介]